Skip to content →

タグ: 7

アベカエサル(2022年版)

Ave Caesar

評価:7/10

1989年に発売された傑作レースゲームのリメイク。

コースが8種類、オプションルール5つ、バリアントルール7つが追加されている豪華バージョン。

「余った歩数は捨てる」っていう間違えたルールで遊ばれていたこともあるようで、そのルールもオプションルールの1つになっている。

今回は、バリアント2つを入れて遊んでみた。

1つはデッキ構成の変更。
通常のスタンダードデッキは1~6が4枚ずつ。
スピードデッキは6が1枚増え、1~3が1枚ずつ減る。
スーパースピードデッキでは6×6枚、5×5枚、4×3枚、3×2枚、2×2枚、1×1枚。

各自、好きなデッキを選んで使える。
スピードタイプの方が有利そうに感じるが、取り回しが難しそうで自由が効かない。
場をコントロールしやすいスタンダードデッキも善戦できた。

もう1つは、ゲーム開始時に各自デッキから1枚を裏向きで皇帝席に置く。
レース中に皇帝レーンに入ることで、そのカードを回収することが出来る。
そのカードが必要ないと判断したら、皇帝レーンを無視することも可能。

裏向きのカードは確認できないのだが、レースを進めるうちに「なんか大きいカードっぽいぞ」みたいなことが徐々にわかってくるので、そのうえで皇帝レーンに寄っていくかどうかを判断することになる。

アベカエサル」自体、久々に遊んだけど面白いね。
なんだが、ゲーム経験が増すごとに面白さが増すように感じる。
それとも、バリアントルールが(特にデッキ変更)が面白さに一役買ってる?

オープン

Open

評価:7/10

公開手札&賭けのある大富豪。
トリックと怪人」のデザイナー。
ゲームマーケット新作。

1~10、黒が2枚ずつと赤が1枚ずつ。(ただし、6~9の黒は1枚ずつ)
という変わったカード構成。

役はシングル、ペア、スリーカードのみ、なんだけど、色の構成もフォローしないとダメ。
例えば、「2黒・2赤」の後には、「5黒・5赤」とかを出さなければならず、「5黒・5黒」は出せない。

で、今作の特徴は公開手札4枚と通常手札2枚っていう公開の方が多い手札構成。
そして、全員の公開手札と自分の通常手札を見たうえで、「誰が一番に上がるか」を各自予想する。
もちろん、自分の手札を早く無くすことでも得点がもらえるのだが、この予想を当てる事でも同じぐらいの得点が貰えるバランスになっている。

ルールを聞いた段階だと、イマイチこの面白さがピンと来ないのだが、実際遊んでみると普通のペア戦とも違った、新しい形のペア戦が生まれていて、今までに体験したことのない面白さ!
それぞれが一方的に勝たせようとしている、妙な相関図が生まれる。
予想はラウンド終了まで公開しないので、プレイ中の「あー、あいつは僕を勝たせようとしてくれてるな」とか「この人、全員に好かれてるんじゃない?」みたいな推測も面白い。
(この予想&公開手札のシステムはトリックテキングにも流用できそうな可能性を感じるんだけど、既にあるのかな?)

無難な予想が当たっても得点にならない得点システム。
10が出た時は1が最強になるルールや前述した妙なカード構成が、予想ルールを最大限に生かしている。
すごく丁寧に調整されているように感じた。

ゲームマーケットで買わなかったことが悔やまれる・・・
この完成度だと、どこかから商品化の話があるだろうから、それを願って静かに待とう。

ヒート

Heat: Pedal to the Metal

評価:7/10

カードプレイでのレースゲーム。
フラム・ルージュ」のデザイナー。エッセン新作。

全体的なシステムは「フラム・ルージュ」と似ているのだが、遊んでみると感触はかなり違う。

全員、同じ構成のカードデッキを持って、そこから7枚引いて手札とする。
まず最初にギアチェンジをして、プレイする枚数を決める。
ギアを上げる程たくさんプレイ出来るので一気に進めるのだが、コーナーでは速度制限があって、高速で突っ込むとダメージを受けてしまう。

このダメージの表現の仕方が秀逸。
最初、手札や山札とは別に、ヒートカードってのをマイボード上に6枚持っている。
これが言わば、ライフポイントみたいなもので、無理をした時に捨て札に移動する。
ヒートカードは手札に入ってしまうと単なる邪魔もので、選択肢を狭めてくる。
ギアを下げると「クールダウン」出来て、手札のヒートカードをマイボード上に移してライフ回復できる。

このヒートカードとスピードの管理がゲームの肝となる。
遅れをとらないように、ヒート(ライフ)が尽きないように、コーナーをギリギリ攻めていく。

「フラム・ルージュ」はプレイしたカードが除去されたり、集団の先頭に配られる疲労カードで自転車レースの雰囲気を上手く表現していたが、今作もコーナーを同じターンに超えられるか超えられないかで大きな差が付く緊張感が、カーレースの熱を上手く表現している。
(どっちもリアルを知らないので想像でしかないが・・・)

マップは4つ付いているし、最初に特殊カードをドラフトする上級ルール、コースに特徴を加える天候ルール、自分のデッキ(車体)をカスタムしながら数レース行うキャンペーンモードと、ボリュームもたっぷりで、いきなりビックボックスの装い。
長く楽しめそうだ。

バス(新版)

Bus

評価:7/10

バス」の20周年版。

ルール的な変更は無し。
イラストが一新されて見やすくなっている。
すごい見やすい!

旧版のボードも同梱されているバージョンを買ったのだが、旧版ボードはコレクター的な意味しか無さそう・・・

今回5人プレイだったのだが、少し窮屈すぎて2駒目でもやりたいことが無い状況が、良く起こった。
4人以下で遊ぶ方が無難かも。

コンテナ(10周年記念版)

Container

評価:7/10

コンポーネントが大きくなった新版をプレイ。
「投資銀行」という追加ルール付き。
旧版のショートルール(コンテナの総数を減らす)が通常ルールになっている。

プレイ自体久々。
自身の行動がバタフライ効果的に世界に影響を与える感じは、まさに経済ゲーム!

新版での追加要素である「投資銀行」は、金でコンテナを、コンテナで金を競ることが出来るようになっている。
やりたいことが無い時の逃げ道として機能するほか、借金や島での入札を断った際のお金が世界に循環するようになるので、序盤に起こりがちなデフレが緩和されている。
中々良い追加ルールなんじゃないでしょうか。

思い返してみると、色々考えがわいてくるので、そこまで間を置かずに再戦したい。

リフトフォース:ビヨンド

Riftforce:Beyond

評価:7/10

リフトフォース」の拡張。
キャラクター が追加されて、4人や3人でのペア戦ルールが追加された。
ソロルールも追加されている。

2人vs2人のペア戦をプレイ。
各プレイヤーは、キャラクターを3種類ずつ担当。(基本ゲームだと4種類)
チーム内には3×2=6種類存在することになる。

エリアも5エリアから6エリアに増えていて、さらに各プレイヤーの担当エリアが半分ずつに分割されている。
担当エリアと言っても、カードの配置や起動に影響は無くて、「カード補充&エリア得点」のアクションを選んだ際に自分の担当エリアからしか得点を得られないだけ。

他に大きな変更は無い。

純粋にペア戦が楽しい!
互いのキャラクターの能力が上手くコンボしたり、仲間が能力起動のカードをもっていることを賭けてのギャンブルプレイだったり。

新たに増えたキャラクターの能力もそこまで派手過ぎないが組み合わせ次第で活きそうな感じ。
とても良い拡張!

ウェスト オブ アフリカ 拡張

West of Africa Extra

評価:7/10

ウェスト オブ アフリカ」に5つの要素が追加されるミニ拡張。

対象の島のマジョリティからお金を奪う「海賊」
手番順を一つ上げられる「前方への押し進み」
特定のエリアの労働者を除去する「労働者の反乱」
対象の島の自分のワーカー価値を上げる「労働者階級の英雄」
船の積載量、移動力を上げる「大型船」
もともと選択肢の幅が狭いゲームなので、それが広がるので良いんじゃないでしょうか。

ただ、今回5人プレイだったのだが、「ウェスト オブ アフリカ」で5人は多すぎるかも・・・
序盤の事故で脱落するプレイヤーが生まれてしまう。
プレイヤー人数で調整入れてほしかった。

ドミニオン:繁栄

Dominion: Prosperity

評価:7/10

白金貨という高価値金カードと、植民地という高得点カードが追加された。

簡単に多くのお金が手に入るようになったので、停滞感が無くて気持ち良い。

でも、ちょっとコンボが過ぎる気もする。
ここらへんで僕の「ドミニオン」は終わりにしても良いかもしれない。

ツイン・イット:日本

Twin it! JAPAN

評価:7/10

ツイン・イット」の絵柄が日本っぽくなっているバージョン。
日本テーマだが、国内未発売。

「ボードゲームバージョン」もあったのだが、そっちはボードゲームへの思い入れが強すぎるのか、各絵柄のオリジナリティがありすぎて、スピード認識ゲームで大事な「似た模様の勘違い」が起こりづらかった・・・

日本バージョンは、そこら辺のバランスが絶妙!
「マリオだ!」「鳥居だ!」みたいなわかりやすいものが有りつつも、「囲碁とオセロ」や「様々な家紋」といった似たパターンも多くて混乱を誘う。

オリジナルのサイケデリックなパターンも良かったけど、日本版はもう少し落ち着いていて目に優しい。

そんなに期待せずに遊び始めたのだが、一番好きなバージョンとなった。

あ、あと初期の「ツイン・イット」は3種類のゲームだったけど、最近の「ツイン・イット」は日本バージョンに限らず4種類目のゲームが付いている。
といっても、基本の対戦ルールとほぼ同じ。
座る位置によって有利不利が出ないように、山の上や他プレイヤーの獲得札がペアの対象となる場合は「テーブル中央の山を叩く」っていうルールになっている。
確かにこっちのルールの方が不平は出にくいかも。
結局、興奮して対象の山を叩いちゃってたけど・・・

チッタ・スタート(拡張)

Città-Stato: Expansion

評価:7/10

チッタ・スタート」の拡張。
新カードの追加と5人プレイへの対応。

メインボードに元から5人プレイ用のマスが存在するのだが、この拡張を買わないと5人で遊べない・・・

5人で遊んでも全く違和感は無い。
むしろ、政治体制がばらつくので、その辺の駆け引きが生まれて面白くなるかも。

新カードもそこまで派手じゃないので、違和感ない。

これって、もしかして・・・
最初から5人用で作っていたのを、無理やり拡張として切り分けただけなんじゃ・・・