Skip to content →

タグ: 7

コンテナ(10周年記念版)

Container

評価:7/10

コンポーネントが大きくなった新版をプレイ。
「投資銀行」という追加ルール付き。
旧版のショートルール(コンテナの総数を減らす)が通常ルールになっている。

プレイ自体久々。
自身の行動がバタフライ効果的に世界に影響を与える感じは、まさに経済ゲーム!

新版での追加要素である「投資銀行」は、金でコンテナを、コンテナで金を競ることが出来るようになっている。
やりたいことが無い時の逃げ道として機能するほか、借金や島での入札を断った際のお金が世界に循環するようになるので、序盤に起こりがちなデフレが緩和されている。
中々良い追加ルールなんじゃないでしょうか。

思い返してみると、色々考えがわいてくるので、そこまで間を置かずに再戦したい。

リフトフォース:ビヨンド

Riftforce:Beyond

評価:7/10

リフトフォース」の拡張。
キャラクター が追加されて、4人や3人でのペア戦ルールが追加された。
ソロルールも追加されている。

2人vs2人のペア戦をプレイ。
各プレイヤーは、キャラクターを3種類ずつ担当。(基本ゲームだと4種類)
チーム内には3×2=6種類存在することになる。

エリアも5エリアから6エリアに増えていて、さらに各プレイヤーの担当エリアが半分ずつに分割されている。
担当エリアと言っても、カードの配置や起動に影響は無くて、「カード補充&エリア得点」のアクションを選んだ際に自分の担当エリアからしか得点を得られないだけ。

他に大きな変更は無い。

純粋にペア戦が楽しい!
互いのキャラクターの能力が上手くコンボしたり、仲間が能力起動のカードをもっていることを賭けてのギャンブルプレイだったり。

新たに増えたキャラクターの能力もそこまで派手過ぎないが組み合わせ次第で活きそうな感じ。
とても良い拡張!

ウェスト オブ アフリカ 拡張

West of Africa Extra

評価:7/10

ウェスト オブ アフリカ」に5つの要素が追加されるミニ拡張。

対象の島のマジョリティからお金を奪う「海賊」
手番順を一つ上げられる「前方への押し進み」
特定のエリアの労働者を除去する「労働者の反乱」
対象の島の自分のワーカー価値を上げる「労働者階級の英雄」
船の積載量、移動力を上げる「大型船」
もともと選択肢の幅が狭いゲームなので、それが広がるので良いんじゃないでしょうか。

ただ、今回5人プレイだったのだが、「ウェスト オブ アフリカ」で5人は多すぎるかも・・・
序盤の事故で脱落するプレイヤーが生まれてしまう。
プレイヤー人数で調整入れてほしかった。

ドミニオン:繁栄

Dominion: Prosperity

評価:7/10

白金貨という高価値金カードと、植民地という高得点カードが追加された。

簡単に多くのお金が手に入るようになったので、停滞感が無くて気持ち良い。

でも、ちょっとコンボが過ぎる気もする。
ここらへんで僕の「ドミニオン」は終わりにしても良いかもしれない。

ツイン・イット:日本

Twin it! JAPAN

評価:7/10

ツイン・イット」の絵柄が日本っぽくなっているバージョン。
日本テーマだが、国内未発売。

「ボードゲームバージョン」もあったのだが、そっちはボードゲームへの思い入れが強すぎるのか、各絵柄のオリジナリティがありすぎて、スピード認識ゲームで大事な「似た模様の勘違い」が起こりづらかった・・・

日本バージョンは、そこら辺のバランスが絶妙!
「マリオだ!」「鳥居だ!」みたいなわかりやすいものが有りつつも、「囲碁とオセロ」や「様々な家紋」といった似たパターンも多くて混乱を誘う。

オリジナルのサイケデリックなパターンも良かったけど、日本版はもう少し落ち着いていて目に優しい。

そんなに期待せずに遊び始めたのだが、一番好きなバージョンとなった。

あ、あと初期の「ツイン・イット」は3種類のゲームだったけど、最近の「ツイン・イット」は日本バージョンに限らず4種類目のゲームが付いている。
といっても、基本の対戦ルールとほぼ同じ。
座る位置によって有利不利が出ないように、山の上や他プレイヤーの獲得札がペアの対象となる場合は「テーブル中央の山を叩く」っていうルールになっている。
確かにこっちのルールの方が不平は出にくいかも。
結局、興奮して対象の山を叩いちゃってたけど・・・

チッタ・スタート(拡張)

Città-Stato: Expansion

評価:7/10

チッタ・スタート」の拡張。
新カードの追加と5人プレイへの対応。

メインボードに元から5人プレイ用のマスが存在するのだが、この拡張を買わないと5人で遊べない・・・

5人で遊んでも全く違和感は無い。
むしろ、政治体制がばらつくので、その辺の駆け引きが生まれて面白くなるかも。

新カードもそこまで派手じゃないので、違和感ない。

これって、もしかして・・・
最初から5人用で作っていたのを、無理やり拡張として切り分けただけなんじゃ・・・

スイート&スパイシー

Sweet & Spicy

評価:7/10

「スパイシー」の続編(?)。

大枠のルールに変更は無し。
複数付いていたバリアントが無くなって、1つ新しいバリアントが追加された。

新しいバリアントは「トータルワイルドカード」。
絶対に正しい値、正しい色となる最強のカード。
セットアップで各プレイヤーに1枚ずつ配られる。
裏からもそれであることがわかるので、絶対にチャレンジできない。
「トータルワイルドカード」 は1枚で5点分の価値があるので、これが登場するとブラフ合戦が途端に熱くなる。
盛り上がりの起伏を生むので良いバリアントなんじゃないかな。

普通の「スパイシー」でも、バリアントカードを「トータルワイルドカード」として使えば遊べるっちゃ遊べるんだけど・・・

まぁ、どちらも変わらず面白いので、好みのイラストの方を買えば良いと思うよ。

カーネギー

Carnegie

評価:7/10

前回Tabletop Simulatorでプレイして以来、今回は実物でプレイ。

当時からルールが変更されているみたい。
主に事業タイルのバランス調整っぽいのだが、僕の記憶力では全く違いがわからなかった。
あと、セットアップで最初に建てる事業タイルを予約するってのが大きな違いなのかな?

久々のプレイだったが、やっぱり面白い!

今回は、久々&初プレイのプレイヤーばかりだったので優しい展開になったが、慣れてくるともっと攻撃的な手も打てそうな気がする。

遊んだ日の夜に色々と思いを巡らせてくれる良いゲームだ。

サポテカ:クイックスタート

Zapotec: Quick Start

評価:7/10

サポテカ」のセットアップにボーナスがつく拡張。
ボード&ダイスの7作品のミニ拡張詰め合わせ「ルートボックス#1」より。

ゲーム開始時に、10枚のクイックスタートカードをシャッフルして2枚ずつ配り、1枚を選んで示されたボーナスを得る。

「サポテカ」の第1ラウンドは「家を2件建てて終わり」だったのだが、この拡張を入れると立ち上がりに変化をつけることが出来る。

思っていた以上にゲームに変化をもたらして、序盤の窮屈さが緩和されるし終盤にやることが無くなることも無い。

ただ、バランスがしっかりしているとは言えず、「任意の資材1つ+トウモロコシ1つ」と「無料で家1件」が同価値とは思えない・・・

パクパクパーク

Paku Paku Park

評価:7/10

動物を餌で呼び寄せる。
2人用アブストラクト。

「ロボトリー」のリメイク。

手番では「手元から餌を1つ配置」か「動物を餌に沿って移動」か「手元に餌の補充」のいずれかを行う。
ストックのいずれかの餌が切れた時点でゲーム終了。
自分の陣地に動物が多いプレイヤーの勝ちとなる。

犬は肉のみを食べ、猫は魚のみを食べる。
そして、肉も魚も食べるイレギュラーな存在である豚の存在が秀逸!
豚の存在によって一気にゲームに深みが生まれている。

また、餌は動物の道というだけでは無くて、逆の食材を置かれないようブロックとして機能することに気づいたときには唸らされた。

終了タイミングの設定も秀逸で、このトリガーを切れる状態になることも重要となってくる。

ルールは少ないが考える要素は多い。
理想的なアブストラクトゲーム。

見た目が子供用っぽくて損している気がする。
このゲームを面白がる層に届いていないんじゃないだろうか。

運要素が入るバリエーションもあるみたいなので、そっちも試してみたい。