Skip to content →

タグ:

銃士:女王に代わって

Musketier: Im Auftrag der Königin

評価:5/10

「三銃士」テーマ。
イゼンゼー2作目。
第1作の「古代マヤ遺跡探検」の系譜。
同じくみんなでルート上のイベントを解決していくタイプのゲーム。

より複雑に、よりイゼンゼー率が上がっている。

手札に「マスケット銃」「馬」「剣」を2枚ずつ、栄光カードを1枚持っている。

まずはイベントをめくって解決。
「マスケット銃を2つ支払い、馬を6つ得る。」
「剣2つを支払い、6つのマスケット銃を受け取る」
のような選択肢があるので、各自が1つを選んで実行する。

その後、誰が枢機卿と戦うかの競り。
まず、今回の枢機卿と戦うのに必要なアイテム(マスケット銃、馬、剣)が決まる。
その後、全員が栄光カードを1枚まで同時出し。
何も出さなかったり、一番栄光カードの値が小さかったプレイヤーが枢機卿と戦う。
必要なアイテムを3つ支払う。

4ラウンド目以降は、脱落フェイズが追加され、1人ずつ脱落していく。
脱落者の決定も、特定のアイテムを使用したちょっと変わった競り。

そうして、最後まで脱落せずに残ったプレイヤーの勝利。

結局は運が大部分を占める気がするが、「古代マヤ遺跡探検」同様、皆でイゼンゼーを感じ、体験するゲーム。

シドマイヤーズ シヴィライゼーション:新たな夜明け 未踏の大地

Civilization: A New Dawn – Terra Incognita

評価:6/10

「シヴィライゼーション:新たな夜明け」に探検、行政区の追加、軍事の改変、新たな文明や世界遺産が追加される拡張。

基本ゲームを発売当初に遊んで以来久々だったんだけど、インストがめちゃくちゃ面倒・・・
基本ルールを忘れていることもあって、拡張で変更されている部分を無駄に説明しちゃったりして・・・
このゲームの拡張ルールブックは「差分」じゃなくて、基本と統合したルールブックにして欲しかった。

「新たな夜明け」の「シヴィライゼーションにしてはシンプル」っていう特徴が削がれている気がして、個人的にはトゥーマッチ・・・
ゲームとしてポテンシャルは高いと思うんだけどね。
完璧なサマリが欲しい。

シープ・ブーム・バー

Sheep Boom Bah

評価:3/10

地雷原の中、羊を納屋に戻す。
80年代のカードゲームのような古臭さだが、2019年発売。
BGAでプレイ。

手番では羊を2マス移動させる。
裏向きのタイルマスに入ると表に向けて、地雷なら羊が爆死。
自分の納屋に戻すことが出来ると得点となる。

ここに様々なテキスト効果を持つカードプレイ。
カードプレイはフリーアクションな上に、手番最後に4枚まで補充されるので使い切ること推奨。
カード効果も雑・・・
やったやられたをワーワーいいあうおふざけゲーム。

白と黒でトリテ

評価:6/10

ダブルスート(?)のトリックテキング。
ゲームマーケット新作。

カードには白黒2色の数字が書かれていて、2つの数字を足すと37になるようになっている。
1~36の36枚。
配り切り。

リードプレイヤーは手札から1枚を出して、「白」か「黒」を選択してその色の数字が上にくるように出す。
以降のプレイヤーはその色をフォローして(その色の数字として)カードを出す。
一番大きい数字のプレイヤーがトリックを取る。
取ったトリックも色が大事なので向きを保持して置く。

最終的に白と黒の取ったトリック数が同じならプラス点。
1つでもズレていたらマイナス点となる。

トリックテイキングと言うよりは、タイミングと全体のバランス取りのゲーム。
だからと言ってつまらないわけじゃない!面白い!
ダブルスートのカードゲームの中だとトップクラスの面白さ。

1つのカードに複数のスートランクを持つカードゲームは「ダブル」だったり「大闘技場」があるけど、スートとランクのルールが無いのでイマイチ考えどころがあいまいだった・・・
今作は「合計が37」っていうシンプルなルールで思考は簡単。それでいて、悩み所は十分。
得点形式にも意味を感じられた。

中々すごいゲーム。

3人でしかプレイしたことが無いのだが、4人だとどうなんだろう・・・9トリックは少なすぎる気がしなくはない。

シャーマン

Shamans

評価:6/10

正体隠匿トリックテイキング。
「ルイス&クラーク」のデザイナー新作。

世界を滅ぼそうとするシャドウと、それを阻止するシャーマン。4人プレイだと、3人がシャーマン、1人がシャドウとなる。

1~6、6スート。(4人プレイ時)
メイフォローだが、フォローに意味がある。

フォロー出来ない場合、シャドウ駒が前進。
シャドウ駒がゴールしてしまうとシャドウ側の勝ち。
シャーマン側はフォローしないと負けてしまうし、シャドウもあからさま過ぎると疑われてしまう。

トリック自体にはフォローしないと勝てない。
最大だけでなく最小にもメリットがある。

最小のプレイヤーはアイテムタイルを獲得できる。
最大のプレイヤーはリードが取れるのと、後述する儀式をやりやすくなる。

各スートの最後のカードを出すとスートに応じた儀式を行える。
儀式によって、他プレイヤーを排除したり、得点したり。

ルールだけ聞くと「こんなのトリテじゃねぇ!」って言いたくなるが、トリックテイキングを知らないと正体隠匿の心理戦に到達できない。
同じく正体隠匿トリックテイキングである「レベル・ノックス」と同じ雰囲気を感じる。

儀式で排除する対象が自由に選べるマルチ要素がちょっと気にはなる・・・
既定点獲得で勝利のゲームなので、終盤になるほど陣営関係なく「全員、敵!」状態になって、それが際立ってくるしね・・・

カード構成的に5人プレイのほうが幅が出そうなので、5人でリプレイしてみたい。

シミロ

Similo

評価:5/10

「アンユージュアルサスペクツ」や「コードネーム」を簡易化したような協力ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

1人が親となり、お題のカードを子プレイヤーに使える協力ゲーム。

12枚の動物カードの中から1枚がお題となる。
親は、それらのカードとは別に手札が5枚。

手札から1枚を縦か横で出す。
縦だと「お題のカードは、このカードと似ている」
横だと「お題のカードは、このカードと似ていない」

このヒントを元に、子プレイヤーは相談してカードを除去していく。

5ラウンド制で、カードの除外枚数が、1枚、2枚、3枚、4枚、1枚となっている。
この除去枚数の設定が上手くて、自然と盛り上がる。
また、親の手札の出し順の工夫も必要になっている。

今回遊んだのは動物版だけど、童話キャラクター版、偉人版等、色々あるみたい。

ボードゲーム紹介での掴みのゲームとしては最適かも。

ショッテントッテン2

Schotten Totten2

評価:7/10

傑作2人用ゲーム「ショッテントッテン」の続編。
エッセン新作。

中世バトルラインぐらいのちょっとした変更かと思ったら、かなり手が入っていた。

一番の違いは「ゲーム全体を通して、攻撃側プレイヤーと防御側プレイヤーにわかれる」。
まさかの!クニツィアらしからぬ!非対称ゲーム!
攻撃側の目標は「同じ列で2回勝つ」or「4列で1回ずつ勝つ」。
その前に山札が切れると防御側の勝ち。

9列から7列に減って、各列毎に配置枚数が違ったり、出せる役に制限がかかったりする。
通常には無かった「合計が低い方が勝つ」列なんかもある。

カード構成も変わっている。
6スート1~9から、5スート0~11に。
同じスートの0と11が対面に置かれると対消滅するっていうルールも追加されている。

さらにさらに、攻撃側、防御側それぞれに特殊能力がある。
攻撃側は「退却」。
1列の自分側にあるカード全てを捨て札にする。
防御側は「油の大釜」。
攻撃側のカードを1枚除去できる。ゲームを通して使えるのは3回で、除去できるのはその列の一番古いカードのみ。

攻撃側のみが列の勝利宣言が出来て、証明まわりのルールは元と同じ。
ただし、「証明は手番の開始時」バリアントは無し。

かなりプレイ感は変わっていて、よりシビアでキツいプレイ感になっている。
列によっては2枚で勝負が決まるので、1枚目から決断を迫られる!

強い役が出来ても「油の大釜」や0と11の対消滅ルールがあるので、勝ちが確定できない。
これが結構ストレス。
防御側は防御側で相手のちょっと上のカードを出したら急に退却されるっていうスカされストレスがありそう。
この確定しにくさが「2」の特徴だろう。
列が減っているので、その分ゴニョゴニョしなさいってことかな。

ちょっと心理戦の色が濃くなってるかな。
「1」の徐々に戦場が形成されていく感じが好きだったんだけど、「2」はいきなり正念場って感じで情緒がないかな。
ルール的にも「1」の方がエレガントだし、全体としてみると「1」には及ばない気はするが・・・まぁ、これはこれでアリかもしれない。
防御側もプレイしてみたい。

「バトルライン」的な特殊カードルールも付いている。
特殊カードを入れると色々誤魔けて遊びやすくなる気もする。

じゃんけんノーボーダー

評価:6/10

量子系じゃんけん。
「アンリミテッド富豪」のぽんこつファーム。
2人用。

1~18のカード。
1はグーの絵、18はパーの絵。
中間の9、10付近はキョキの絵。
その間はチョキとグーの間やチョキとパーの間みたいな微妙な手の絵となっている。

2枚を抜いてから、各自に7枚ずつ配る。
1枚同時出しで5回勝負するのだが、勝負の結果は最後までわからない!
最後に手札に残った2枚のカードの小さい数字よりも小さいカードは「グー」、大きい数字よりも大きいカードは「パー」、2枚のカードの間のカードは「チョキ」だったことになる!

これだけなのに、ものすごい心理戦!
手札7枚を見て、その後の展開を考え出すと1枚目から既に悩ましい!
何も賭けてないのにここまで真剣に悩んだじゃんけんは初めて!

神殿之謎

Mystery of the Temples

評価:5/10

2重ロンデルで資源集め&セットコレクション。
台湾メーカー。

環状のコースを周回して、資源を得て、セットコレクションで得点化。
資源の保存方法に目新しさがあるが、活かしきれておらず普通のゲーム止まり。

城隍神と夜冥の将軍

Overseers

評価:5/10

ブースタードラフト+ブラフ。
台湾メーカー。

各自6枚持ったカードをブースタードラフト。
その後、3枚をオープン、2枚をクローズ、1枚を捨てる。
全プレイヤーのオープンカードやブースタードラフトの情報から最高得点を出しているプレイヤーをみんなで推理&討議。
もっとも疑われたプレイヤーは、「自分が最高得点だと思う」か「自分は最高得点ではない」を選んで、その成否でボーナスや罰則を受ける。
その後、全員が自分が出したカードに応じた得点を獲得。

これに、ラウンド毎に配られるキャラクターの特殊能力がプラス。

やりたいことはわからなくは無いが、討議部分がザックリ過ぎて古臭く泥臭い。
討論好き同士で遊ぶと盛り上がるかもしれないが、まどろっこしそうだ・・・
個人的には、もっとシステムで固めてほしかった。