Skip to content →

タグ:

シミロ

Similo

評価:5/10

「アンユージュアルサスペクツ」や「コードネーム」を簡易化したような協力ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

1人が親となり、お題のカードを子プレイヤーに使える協力ゲーム。

12枚の動物カードの中から1枚がお題となる。
親は、それらのカードとは別に手札が5枚。

手札から1枚を縦か横で出す。
縦だと「お題のカードは、このカードと似ている」
横だと「お題のカードは、このカードと似ていない」

このヒントを元に、子プレイヤーは相談してカードを除去していく。

5ラウンド制で、カードの除外枚数が、1枚、2枚、3枚、4枚、1枚となっている。
この除去枚数の設定が上手くて、自然と盛り上がる。
また、親の手札の出し順の工夫も必要になっている。

今回遊んだのは動物版だけど、童話キャラクター版、偉人版等、色々あるみたい。

ボードゲーム紹介での掴みのゲームとしては最適かも。

ショッテントッテン2

Schotten Totten2

評価:7/10

傑作2人用ゲーム「ショッテントッテン」の続編。
エッセン新作。

中世バトルラインぐらいのちょっとした変更かと思ったら、かなり手が入っていた。

一番の違いは「ゲーム全体を通して、攻撃側プレイヤーと防御側プレイヤーにわかれる」。
まさかの!クニツィアらしからぬ!非対称ゲーム!
攻撃側の目標は「同じ列で2回勝つ」or「4列で1回ずつ勝つ」。
その前に山札が切れると防御側の勝ち。

9列から7列に減って、各列毎に配置枚数が違ったり、出せる役に制限がかかったりする。
通常には無かった「合計が低い方が勝つ」列なんかもある。

カード構成も変わっている。
6スート1~9から、5スート0~11に。
同じスートの0と11が対面に置かれると対消滅するっていうルールも追加されている。

さらにさらに、攻撃側、防御側それぞれに特殊能力がある。
攻撃側は「退却」。
1列の自分側にあるカード全てを捨て札にする。
防御側は「油の大釜」。
攻撃側のカードを1枚除去できる。ゲームを通して使えるのは3回で、除去できるのはその列の一番古いカードのみ。

攻撃側のみが列の勝利宣言が出来て、証明まわりのルールは元と同じ。
ただし、「証明は手番の開始時」バリアントは無し。

かなりプレイ感は変わっていて、よりシビアでキツいプレイ感になっている。
列によっては2枚で勝負が決まるので、1枚目から決断を迫られる!

強い役が出来ても「油の大釜」や0と11の対消滅ルールがあるので、勝ちが確定できない。
これが結構ストレス。
防御側は防御側で相手のちょっと上のカードを出したら急に退却されるっていうスカされストレスがありそう。
この確定しにくさが「2」の特徴だろう。
列が減っているので、その分ゴニョゴニョしなさいってことかな。

ちょっと心理戦の色が濃くなってるかな。
「1」の徐々に戦場が形成されていく感じが好きだったんだけど、「2」はいきなり正念場って感じで情緒がないかな。
ルール的にも「1」の方がエレガントだし、全体としてみると「1」には及ばない気はするが・・・まぁ、これはこれでアリかもしれない。
防御側もプレイしてみたい。

「バトルライン」的な特殊カードルールも付いている。
特殊カードを入れると色々誤魔けて遊びやすくなる気もする。

じゃんけんノーボーダー

評価:6/10

量子系じゃんけん。
「アンリミテッド富豪」のぽんこつファーム。
2人用。

1~18のカード。
1はグーの絵、18はパーの絵。
中間の9、10付近はキョキの絵。
その間はチョキとグーの間やチョキとパーの間みたいな微妙な手の絵となっている。

2枚を抜いてから、各自に7枚ずつ配る。
1枚同時出しで5回勝負するのだが、勝負の結果は最後までわからない!
最後に手札に残った2枚のカードの小さい数字よりも小さいカードは「グー」、大きい数字よりも大きいカードは「パー」、2枚のカードの間のカードは「チョキ」だったことになる!

これだけなのに、ものすごい心理戦!
手札7枚を見て、その後の展開を考え出すと1枚目から既に悩ましい!
何も賭けてないのにここまで真剣に悩んだじゃんけんは初めて!

神殿之謎

Mystery of the Temples

評価:5/10

2重ロンデルで資源集め&セットコレクション。
台湾メーカー。

環状のコースを周回して、資源を得て、セットコレクションで得点化。
資源の保存方法に目新しさがあるが、活かしきれておらず普通のゲーム止まり。

城隍神と夜冥の将軍

Overseers

評価:5/10

ブースタードラフト+ブラフ。
台湾メーカー。

各自6枚持ったカードをブースタードラフト。
その後、3枚をオープン、2枚をクローズ、1枚を捨てる。
全プレイヤーのオープンカードやブースタードラフトの情報から最高得点を出しているプレイヤーをみんなで推理&討議。
もっとも疑われたプレイヤーは、「自分が最高得点だと思う」か「自分は最高得点ではない」を選んで、その成否でボーナスや罰則を受ける。
その後、全員が自分が出したカードに応じた得点を獲得。

これに、ラウンド毎に配られるキャラクターの特殊能力がプラス。

やりたいことはわからなくは無いが、討議部分がザックリ過ぎて古臭く泥臭い。
討論好き同士で遊ぶと盛り上がるかもしれないが、まどろっこしそうだ・・・
個人的には、もっとシステムで固めてほしかった。

重箱

Jubako

評価:5/10

日本テーマ。重箱に料理を詰める。
クラマー&キースリングのニュルンベルク新作。

マグロ、海苔、ご飯、ブロッコリー、アボカド等々、12種類の料理のダブルタイルをマイボードに配置していく。
手札2枚で、手番では場から1枚ドローして、マイボードに1枚配置。
配置したタイルに記されている料理1つを選んで、盤面に見えているその料理の数分だけ得点。

重箱なのでタイルを重ねていくのだが、直下の料理と最低1か所は一致していないとイケナイ。
2か所とも一致している場合は、ボーナス点が入るので、主にこれを狙っていく。

キースリングの「ミヤビ」からの派生であるのは間違いなさそう。
「ミヤビ」にもあった、ワンテンポずれる戦略性はあるのだが、今作はそれを考える甲斐が無い・・・
他プレイヤーとの絡みも薄くて、ソロプレイパズル感が強い。

平凡・・・

タイル構成が、ほぼドミノなのでドミノ好きな人には見える面白さがあるのかも・・・
僕は「ドミノ」の面白さがイマイチわかってないもので・・・

ジョーズ

Jaws

評価:5/10

映画「ジョーズ」をボードゲーム化。ちゃんとしたライセンス商品。
ラベンスバーガーの名作映画シリーズ(?)。

1人がサメ役、残りがブロディ、クイント、フーパーを担当する。1 vs 3のゲーム。

2部構成。
第1部は「アミティ島」が舞台。観光客の被害を抑えつつ、サメに樽をぶつける。
第2部は「オルカ号」が舞台。サメと殺るか殺られるかの最終対決。

第1部は「スコットランドヤード」的な心理戦。
サメの姿は見えないが、観光客が襲われた場所や魚群探知機を使って居場所を絞り込んでいく。

第2部はモグラたたき的な心理戦&特殊効果バトル。
サメは船を破壊して、キャラクターを海に落として、そこに食らいつく。

映画「ジョーズ」自体を通しで見たことが無かったので、プレイ前に鑑賞。
序盤はサメの全貌を見せずに不安を煽り、サメが登場してから手に汗握る戦い!という展開が見事に再現されている。

主計将校:第二次世界大戦の補給戦

Quartermaster General

評価:7/10

「クォーターマスタージェネラル」の第2版。

ちょっとしたルール変更と、カードバランスの修正。
何よりも、カードもボードも日本語化されたことが素晴らしい!

1版では得点計算方法を間違えて遊んでいたのだが、カウントが面倒で気になっていた。
正しいルールだとスッキリしていてテンポが良い。

とはいえ、得点計算フェイズが抜けがちなのは変わらずで、欲を言えば、手番ごとに得点計算じゃなくて、ラウンド毎にして欲しかったところだが・・・
バランスを取りなおすのが大変だろうから仕方ないか。

アクションスケールを小さくすることで、チーム連携の大切さを強調しているデザインが秀逸。
カード効果ゲームが苦手な僕でも、リプレイ欲が刺激される良いゲーム。

テーマで毛嫌いしている人も是非1度遊んでみてほしい。

シカゴエクスプレス

Chicago Express

評価:5/10

クイーンが出した鉄道株ゲーム。

プレイヤーにバランス取りを投げているゲームな上に見通しが悪いので、わかっている者同士でやらないとワンサイドゲームになるのかも…(実際、今回そうなった)

終了後にどうすればよかったのか感想戦に花が咲いたので、やり込むと面白くなってくるのかも。

ただ、魅力を引き出すのが難しいゲームというのは間違いなさそう。

シティーズ:スカイライン

Cities: Skylines

評価:4/10

協力型「シムシティ」

同名デジタルゲームをボードゲーム化。

パラメーターマネジメントとタイルパズル。

多人数でやる意味はあまり感じられない。

出来るだけ少ない人数でやる方が良いだろう。