Skip to content →

タグ:

ブレーメン

Bremen

評価:6/10

トランプゲーム「ザ・トリテ」を製品化。
協力トリックテイキング。

4スート、1~13。トランプと同じ構成。
駒で遊ぶので裏からでも色はわかる。

マストフォロー切り札有り。

「1人が6トリック勝ち、1人が4トリック勝ち、1人が2トリック勝ち、1人は1トリックも取らない」
「12トリック終了後、各プレイヤーがが別々の動物を手元に残すようにする」
という2条件両方達成することを目指す。

「ザ・トリテ」は遊んだこと無かったんだけど、2つの勝利条件の設定が上手い!
1つを意識するともう1つが疎かになる・・・

最近の協力ゲームによくある「具体的なことを言わなければ相談OK」ルール。
あんまり相談しすぎると簡単にクリアできてしまうので、手札配られた時点で「〇トリック取ることを目指す」「最後に残す動物は〇〇」しか相談出来ないぐらいで良いんじゃないだろうか。

コンポーネントが木駒になっている。
「映えってやつか?」と、豪華コンポーネントには懐疑的な方なんだけど、これは良い!
とても遊びやすい!
裏から色がわかるカードゲームは、駒や牌の方が遊びやすい!
攻めた挑戦だったろうけど、この判断は成功じゃないかな。

同じ日に「ルイス」も遊んだんだけど、是非ともルイスも駒化してほしい!
(遠めの数字も見えないとダメだから、巨大にする必要がありそうだが・・・)

プロジェクトL

Project L

評価:6/10

「宝石の煌き」+「ウボンゴ」。
キック発の拡大再生産パズル。

「宝石の煌き」+「ウボンゴ」っていうのはまさにその通りで、ウボンゴパズルを完成させることで新たなピースを手に入れることが出来、そのピースを使ってより高難度のパズルを完成させていく。

3アクションポイント制で、アクションの種類は
「パズルにピースを1つ配置」
「1×1ピースの獲得」
「ピースのアップグレード」
「パズルの獲得」

あと、「各パズルにピースを1つずつ置く」っていうマスターアクションがあって、これは手番毎に1回しか出来ない。
このマスターアクションの存在によって、複数のパズルを同時進行することを余儀なくされる。
単調さを打開する非常に良いルール。

安易な合成ゲームのように思えたのだが、遊んでみると独自の面白さがある。
基本はソロプレイパズルで逆転性も低いので、冷静になるとなんてことはないゲームなんだが・・・
コンポーネントの良さ、テンポの良さ、成長曲線の程よさが相まって満足度の高いプレイ感を生み出している。

ファンタジーレルムズ

Fantasy Realms

評価:5/10

特殊効果ラミー。
KDJノミネート。

オールユニークのテキストカードが53枚。
手札7枚。
手番では、山から1枚ドローか、場に並んでいる捨て札から1枚ドロー。
そして、手札から1枚を場に捨てる。
これを繰り返して、場の捨て札が10枚になるとゲーム終了。

各自が手札の7枚から得点を得て、一番高得点のプレイヤーが勝ち。

カードプレイによる効果だったり、得点計算時にマジョリティ争い等が無いので、とにかく自分の得点効率に集中できるようになっている。
この遊びやすさは評価できるものの、元が全然趣味じゃないからな・・・


KDJは全部遊べたけど、大賞は「アルナック」か「パレオ」の2択だろう・・・
個人的には「アルナック」の方が完成度は高いと思うけど、選考委員が協力ゲームを押しまくっている傾向をみるに「パレオ」が有力かな。

ふつくひい

Bioutifoul

評価:5/10

絵画の売買と絵画を使った展覧会の開催。
フランスのカードゲーム。

4人の画家の絵画を売買してお金を稼ぎつつ、絵画も使って得点も得る。
絵画が金儲けの手段でもあり、得点獲得の手段でもあるっていうのは興味深いルール。

ただ、5人プレイと言うこともあって、めくり運が強すぎる気がした。
場の補充のタイミングに工夫があればもっと良くなった気がする・・・

ブラック・マンデー

Black Monday

評価:5/10

シンプルな株売買ゲーム。
シド・サクソン。1988年。

カードには4種類の銘柄のいずれかと株価と株数が書かれている。
手番では手札からカードを何枚かプレイする。
共通場にプレイすると株価変動となり、
自分の前に出すと株の購入となる。
自分の前のカードを捨て札にすると株の売却となる。
カードとは別に紙幣を持っていて、それで所持金を管理する。

安く株を買って、株価が上がったら売るを繰り返していくのだが、
高めの株価カードをプレイすることで大暴落させることが出来て、その銘柄の全ての株券は紙切れとなってしまう。

タイミングよく流行っている銘柄カードを持っているか、他プレイヤーを出し抜く大暴落を起こせるか、かなり運要素が強いゲーム。
だけど、「昔のゲームってこうだよなぁ・・・」と思いながら、この時代の空気感に体が慣らしていくと、中盤あたりから徐々にマッタリと楽しくなってくる。

今年リメイク出るのが決まっているみたい。
今、これを出すとは、中々チャレンジング!

フォート

Fort

評価:6/10

子供の秘密基地づくりがテーマ。
「ルート」と同じイラストレーターなので、「ルートカードゲーム」的なゲームかと思っていたけど、全くの別物。
メーカーは同じだけど、デザイナーも違う人。

子供向けっぽい雰囲気だけど、ある程度高学年じゃないと遊べない難度。(推奨年齢10歳以上)むしろ、子供の頃の遊びを俯瞰で振り返られる大人の方がテーマに入り込めそう。

基本システムはデッキビルドなんだけど、自分の手番で使えるカードは1枚だけ。(同じスートは効果倍増用としてプレイできるけど)
他の手札は他プレイヤーの手番アクションをフォローする時に使える。
手札を使いきれずに残してしまうと、それらのカードは自分の前に公開されて、他のプレイヤーに獲得されてしまう状態となる。
「遊ばなかった友達は、疎遠になって他のプレイヤーの友達になってしまう」ってことみたい。

デッキビルドによってどんどん効果が強くなっていく加速感もあって楽しい。
1回遊んだだけだと、ゲーム展開の幅がどれぐらいあるか見えないけど、何回か遊んでみたい気になった。

ファミリーインク

Family inc.

評価:7/10

「チーキーモンキー」をシンプルにしたタイルめくりゲーム。
クニツィア&ピアトニックの新作。

場に1~10のタイルが沢山裏向きで置かれている。

手番では、好きなだけタイルをめくることが出来るのだが、同じ数字を2枚めくってしまったらバースト。
バーストする前にめくるのをやめることでタイルを確保できるのだが、実際に獲得して得点化できるのは、次の自分の手番の開始時。
その前に、他のプレイヤーが自分が確保しているタイルと同じ数字を確保すると、それらのタイルもまとめて一緒に確保されてしまう。

最初に100点に達したプレイヤーの勝ち。

基本的にはコレだけで、ルール聞いただけだと「クニツィアが適当に作ったパーティーゲーム」と思ったのだが、実際遊んでみると夢中にさせる魅力があるゲーム。

他プレイヤーの確保しているタイルや得点状況によって毎手番変わってくる判断箇所、
得点化やバーストによって無くなる数字タイルのカウンティング、
そして一番感心させられたのは弱者救済ルール。

3枚目まででバーストしてしまうと、宝石が1つ貰える。
宝石を3つ集めると50点となる。
これによって、終盤まで「絶対に勝てないプレイヤー」を生み出さないようになっている!
バーストゲームだと、2,3枚でバーストが続くと「ツイてない・・・おもしろくねー運ゲーだ運ゲーだ」と不貞腐れてしまうプレイヤーが発生しがちだが、これが起きない!
4枚目以降でバーストだと「自分の判断ミス!」と腑に落ちる。

基本ルールは誰でも思いつきそうなシンプルさなんだけど、バランスだけで傑作に引き上げている。
「何も特別なことをしていないのにスゴイ」っていう達人の業。

フラフープ

Hula-Hoo!

評価:6/10

動物たちのフラフープ大会。
最後まで生き残るかゴーアウトするか。
ドライハーゼン新作。

カード構成は1~13で、ジョーカーである7だけ枚数が多い。

非公開手札5枚と公開手札5枚。
カードを出して「ハイ」か「ロー」を宣言。
次のプレイヤーは指示通り、「より高い」か「より低い」カードを出さなければならない。

あと、直前と同じ数字を出すことで「ダブル」状態になって、同じ数字が1違いのカードかワイルドしか出せなくなる。

基本的に後手の出せるカードを縛っていくのだが、自分の手札次第では敢えて広い選択肢の方にスイッチさせることも必要となってくる。
この、場の流れを作る感じが面白い。

最初全然気づかなかったけど、「バッドバニー」のリメイクみたい。
公開手札が加わっていたり、1のジョーカーが無くなっていたり、自主的なパスが出来なくなっていたり、ダブル解除方法の追加だったり・・・と、別のゲームと言っても差し支えないぐらい変わっている。
好みのイラストになっているっていうのが大きそうだけど、今作の方が好き。

フン族

Huns

評価:4/10

フン族の長となることを目指す。
フランス人デザイナーのゲーム。

5色のダイスと5色のカードデッキ。
スタートプレイヤーが5色のダイスを振って、各自が1個ずつ順番にピックしていく。

ピックしたダイスの目Xで「その色のキューブをX個獲得する」か「その色のカードをX枚引いてそこから1枚を手に入れる」。
キューブは、自分の荷車に積み込んで全て埋まると得点。
カードは、永続効果や1回だけの効果等々のテキスト効果を持っている。

オールユニークのテキストカードばっかりなので、さぞ派手な展開かと思ったのだが、めちゃくちゃ地味!
ずっこけるぐらい地味!
カード取らずに普通にキューブ埋めてるだけで勝てる可能性があるぐらい地味。

カードテキスト好きにも、渋ゲー好きにもハマらない、どこがターゲットなのか・・・
謎なゲームだ。

ふくろキャッチ

Schnapp den Sack

評価:5/10

カードをめくって条件があったら袋を早取り!っていう反射神経系ゲーム。
クラマー+アミーゴ。

カードをめくって、同じ色が6個になったら袋を早取り!
カードは追加するだけじゃなくて、重ねて置くことで6個にしても良い。

これだけだが、重ね置きが良いアクセントになっている。
難し過ぎることもないので、テンポも良い。
なんといっても、ズタ袋が早取りゲームに丁度良い。