Skip to content →

タグ:

バイキング・サーガ

Die Wikinger Saga

評価:5/10

デッキビルドでチキンレース。
パール」や「ラングフィンガー」のデザイナーコンビ。2020年。
シュミットの大箱なのに、なぜか国内で全く話を聞かないゲーム。

ヴァイキングのアスガルドへ向かう旅。

最初は、みんな同じ構成のデッキを持っている。
お金で新たなヴァイキングカードを買ってデッキビルドする。

ステージが始まるとデッキからカードを引いて手札にするのだが、順位に応じて引ける枚数が異なる。弱者救済ルール。
まず、道カードが引かれて強制で全員がその歩数分だけ前進する。
その後、各自が手札からカードを1枚ずつプレイして、自駒をその歩数だけ進める。
到達マスに示されているボーナスやペナルティを受ける。
最後にカードを1枚ドロー。

これを繰り返して、ゴールエリア内のマスに着地したらステージを抜けられる。
が、残ってさらなるボーナスを狙うことも可能。
欲張りすぎると、コースアウトしてしまってペナルティ!

ステージが終わると、今回自分がプレイしたカードのうち1枚をヴァルハラに送れる。
途中までは要らないカードを除去する圧縮的な効果となるわけだが、最終ステージでは逆にヴァルハラにあるカードがデッキとなり、他のカードは捨てられてしまう。
2段階のデッキビルドになっていて、最後の大逆転を狙って強力なカードをヴァルハラに送っておく戦略もありそう。

と、概要を聞くにスゴイ期待できるルールなのだが・・・
実際に遊んでみると、さっぱりしすぎていて、淡々と進む。
初回オススメセットで遊んだのが原因だろうか・・・

パワーライン

Powerline

評価:5/10

エネルギー供給テーマの紙ペン風ゲーム。
アルハンブラ」のディルク・ヘン新作。
エッセン発売みたいだけど、現在Gamefoundで出資募集中。
Tabletop Simulatorでプレイ。

1人が代表して6色のダイスを振って、全員がその出目を使う。
赤ダイスが赤駒の数字、青ダイスが青駒の数字という感じの「ロレンツォ」的なダイスの使い方。
マイボード上の数字が一致するマスに駒を置いていってラインを形成していく。

この時、駒の配置順が決まっていて、
赤>黄>青>緑>白>黒 or 逆の黒>白>緑>青>黄>赤。
更に、ボード上の各ラインも一方向から順番に置いていかないとダメ。

これを15ラウンド繰り返すのだが、各ラウンドに置けるコマ数に制限がある。
1駒だけ置くのは2回、2駒置くのは3回、3駒置くのは3回、4駒置くのは3回、5駒置くのは2回、6駒置くのは2回、の計15ラウンド。
中間決算があるので、序盤は多くの駒を置きたいのだが、多めに置くのを使いすぎると「ここぞっ!」って時に4個しか置けずに歯がゆい思いをすることも・・・

遊んでいる最中は楽しいのだが、得点計算のルールがイケてないのか、ボード構成がダメなのか、最終的に全員似たり寄ったりな盤面&得点になって、妙に冷めてしまった。

パイオニア:クイーニー1

Pioneers: Queenie 1

評価:6/10

パイオニア」の拡張第1弾。
3つの追加予想。

1つ目は、ホテルタイル(ワイルドタイル)の差し替え。
基本ゲームだと「3金得る」という固定能力だったが、色んな能力に差し変わっている。

2つ目は、軍曹(青)の能力変更。
基本だと即時効果「追加で道を1本置く。既存の道の横にも可能」だったが、永続能力で「毎ラウンド無料で1歩移動できる」になった。
基本だと、序盤は銀行家(黄)の一強だったが、軍曹も悪くない選択肢となってくる。

3つ目は、農夫(緑)の能力変更。
基本だと「農夫同士は一気に同時置き可能」だったが、「無料で場者タイル1枚獲得」になった。
お金が無くても、自由に馬車を選択できるようになった。
個人的には、基本の能力の方が派手さがあって好み。

クイーニーらしい、元の良さを崩さずゲームにバリエーションを生み出す良い拡張。

パグ・イン・マグ

Pugs in Mags

評価:3/10

5色のマグカードを集めることを目指すシンプルなカードゲーム。
BGAでプレイ。

手番では、「山札からカードドロー」「特殊カードをプレイ」「カードセットを出してマグカードを獲得」を2アクション。

同じ色のカードを3枚集めると対応する色のマグカードを獲得。
各色1枚ずつをセットで出すと他プレイヤーの持っているマグカードを1枚奪える。

特殊カードは「他プレイヤーからカードを奪う」「カードを捨てさせる」「捨て札からカードピック」の3種類。

とにかく長い・・・
特殊カードやら5色セットでの強奪があるので、終盤まではプレイヤー間でやったやられたを繰り返してバランスを取るだけ・・・
終盤付近で運よくカードを引けた人が勝つだけだ・・・

マグカードは十分な数用意されているので、少しずつでも確実に収束するのが唯一の救いか・・・

パイル・ポイル

Pail Poil

評価:4/10

イラストを決まった文字数で表現するパーティゲーム。
エタニティ」のデザイナー。

カードをめくって、示されたイラストを示された文字数で言う。
フランス語のゲームなので、本当は音節数みたいなんだけど、上級ルールの角の数字を使って文字数で遊ぶで遊んでみた。

「ライオン」「カバン」みたいに簡単な答えなら自信満々に言えるが、「コウギョウチタイ」や「ホニュウルイ」みたいな無理やりな答えは勇気をもって言う必要がある。

場の空気と遊ぶメンバーによってのみに支えられているパーティーゲームなので、出す場は選びそう。

パレンケ

Palenque

評価:5/10

国境が動かせるエリアマジョリティ。

アクションポイント制。
手番最初にプレイしたカード色のマスに駒を置いたり、エリアの堺を動かしたり、モニュメントを建設したりする。
山札に4枚まぎれている決算カードがめくられると決算。
エリア内1位はエリア内の全員の駒数分だけ得点。2位は1位のプレイヤーの駒数の半分が得点。
王と枢機卿」式の格差をさらに広げた感じ。
この格差が怖くて、決算が起こりそうなら国境の綱引き合戦に。

盤面価値がのっぺりしているので動きは単調で地味。
レーベンヘルツ」や「王と枢機卿」のような似たプレイ感のレジェンドがいるので、あえてこれを遊ぶ理由を見つけづらい。

ハングリーハムスター

Hungry Hamsters

評価:5/10

シンプルな紙ペンゲーム。
NSVの小袋シリーズ。

ダイス1個を振って、全員が自分のシート上にその目の数だけチェックを付ける。
最初は中央の部屋からはじめて、ドンドン隣接する形でチェックしていくのだが、1回で複数の部屋をまたいでチェックしてはダメ。
前に部屋の入口の隣までチェックおいてから、隣の部屋の入口からチェックをしなければならない。
ダイス目ちょうどチェックしなければ全くチェックできないので、チェックを散らすことも大事なのだが、部屋全てを埋めないと得点は0点。

あと、1の目のルールだったり、ゲーム終了トリガーだったり、小袋ながらキッチリデザインされている。

ハングリーモンキー

Hungry Monky

評価:6/10

裏向きの4枚手札と通常手札3枚で行うゴーアウトゲーム。
ワーリング・ウィッチフラフト」のデザイナー。ハイデルベルグの新作。

1~11と?(ハングリーモンキー)。各6枚ずつ。
手札3枚と、自分の前に裏向きのカード4枚。この4枚は表を見てはダメ。

手番では、「手札から1枚以上のカードを出す(複数出す場合は同値)」か、「山から1枚めくってそれを出す」か。
最初はどのカードでも良いんだけど、その後は直前のカード以上のカードしか出せない。
手札から出す場合は、有効なカードしか出せないんだけど、山から無効なカードをめくってしまった場合は、それまでに出たカードも含めてすべて引き取って手札に入れる。
手番の最後に手札が3枚未満なら3枚になるように補充。

いくつかの数字には特殊効果が付いている。
「1」は常に有効カードとして出せて、「1」以外の場に溜まったカードを全て手札に回収する。
「2」は手札1枚と自分の前の裏向きのカード1枚を交換する。
「3」は裏向きのカード1枚を覗き見る。(他プレイヤーのも可)
「7」は追加手番。
「8」は次のカードプレイは8以下が有効となる。(9以上は無効)
「11」は場のカードを全て流す。
「?」は直前のカードをコピー。

あと、場の一番上に同じ数字が4枚たまると「ギャング・オブ・フォー」となり、場のカードを全て流した上に追加手番。

山札が尽きた上に、手札もなくなるとようやく自分の前の裏向きのカードを出せるようになる。
この段階までに「2」や「3」の能力を使って、これらのカードを整えておく必要があるわけだ。

最初に、手札も自分の前の裏向きのカードも全て無くせたら勝ち。

山札が切れる終盤に備えて、手札を調整していく感じは同メーカーの「ブレイズ」に通ずるところがある。
この構成、じっくり準備してから突入する感じで面白い!
手札が沢山あっても、ギャング・オブ・フォーで大逆転!みたいなことも狙えそう。

最後の1人まで順位を決めるんだけど、最後の2人になるとグダグダした展開になることがあるので、最後の2人になったら、両者失点なり0点にすると良いかもね。

最近のハイデルベルグは、伝統ゲームに大幅に手を加えたようなゲームを出してくるね。
どれもワクワクさせてくれるので、今後もこの方向でがんばってほしい。
キラキラカードはやめたみたいだけど、あれは個人的には特に気に入ってなかったので嬉しい。

敗者の権利

Haisha no Kenri

評価:5/10

トリックテイキング+エリアマジョリティ。
ゲームマーケット新作。

5スート。1~10。
マストフォロー。切り札無し。

トリックの勝者以外はエリアマジョリティで重要となるチップを配置。
トリック勝者はエリアマジョリティで取り合う得点となるカードを配置。

序盤はカードを置くメリットが無いので負けたい。
中盤以降は自分のチップに合わせて高得点カードを置きたい。
という感じだろうか・・・?

トリックテイキング+エリアマジョリティという触れ込みだが、うまくリンクしているようには感じられなかった。
トリックテキングゲームというよりは、エリアマジョリティのゲームとして楽しんだ方が良いのかも。

パクパクパーク

Paku Paku Park

評価:7/10

動物を餌で呼び寄せる。
2人用アブストラクト。

「ロボトリー」のリメイク。

手番では「手元から餌を1つ配置」か「動物を餌に沿って移動」か「手元に餌の補充」のいずれかを行う。
ストックのいずれかの餌が切れた時点でゲーム終了。
自分の陣地に動物が多いプレイヤーの勝ちとなる。

犬は肉のみを食べ、猫は魚のみを食べる。
そして、肉も魚も食べるイレギュラーな存在である豚の存在が秀逸!
豚の存在によって一気にゲームに深みが生まれている。

また、餌は動物の道というだけでは無くて、逆の食材を置かれないようブロックとして機能することに気づいたときには唸らされた。

終了タイミングの設定も秀逸で、このトリガーを切れる状態になることも重要となってくる。

ルールは少ないが考える要素は多い。
理想的なアブストラクトゲーム。

見た目が子供用っぽくて損している気がする。
このゲームを面白がる層に届いていないんじゃないだろうか。

運要素が入るバリエーションもあるみたいなので、そっちも試してみたい。