Skip to content →

タグ:

パカルのロケット

Pacal's Rocket

評価:6/10

マヤ文明宇宙人説にそった(?)ピラミッド建設ゲーム。
ブルクハルト。

出た当初に遊んで、「なんか妙なプレイ感で面白い!もう1回遊んで評価しよう」と思って、長らく遊んでなかったが久々にプレイ。

自分の筒状のロケット駒をダイスで動かして、筒の中にブロックを入れる。
再び移動するとマスにブロックが残ることになる。
このブロックでパターンを作ってピラミッドを作っていく。
ピラミッド自体も他のピラミッド建設でブロックの代わりになるので、連鎖して建設できるような計画性が求められる。

また、他プレイヤーの筒にもブロックを入れられる。
ある程度、他プレイヤーの側にいることも大事になる。

他プレイヤーの動きで計画が台無しになることもあって、そこがちょっとストレスではあるけど、7点付けるか迷うくらい面白い。
何よりもオリジナリティの高さを評価したい。

出版社がピアトニックと言うこともあって「作ったのコロヴィーニ?」と感じた。
それぐらいコロヴィーニっぽい、変わってるけど軸のあるゲーム。
変わり種を求めている人には、ぜひ遊んでもらいたい。

バラージ(5人用拡張)

Barrage: 5-Player Expansion

評価:8/10

バラージ」を5人でも遊べるようにする拡張。

エリアが増えたメインボードと、追加のアクションエリア、追加の契約タイルが数枚、重役タイルも何枚か追加されている。
プレイヤーボードは付属しないのでオランダボードを含む「バラージ:拡張 レーフワーテル計画」が必須となる。

5人でも違和感は無く楽しめた。
追加のアクションエリアは2×2だけ。
上級ルールが必須となるので、窮屈さはそこまで感じなかった。

バラージは何回遊んでも面白さが色あせない。
評価7→8にアップ。

ハット

Hats

評価:6/10

ちょっと変わった動きをするカードゲーム。
スカイライナー」のデザイナー。

カード構成は1~6、7スート。
手札9枚ずつ。
メインボードには1~6の数字書かれたスペースがあり、それぞれにカードが表向きで置かれている。

手番では、手札から1枚をメインボード上のスペースに置いて、そのスペースに置かれていたカードを得点札として獲得する。
手札が1枚になるまでこれを続けて、メインボード上に置かれているカードによって得点札の色が決定される。

カードはどのスペースにでもプレイできるわけじゃなくて、
「同じ色のカード」もしくは「数字がより高いカード」しかプレイできない。
これが最初はピンとこないのだが、2、3手番回すと意味が分かってくる。

徐々にゲームの構造が見えてくる感じで遊んでいて楽しかった。
もう何回か遊んでみたい。
Tabletopiaでも遊べる!

4人プレイだとペア戦となる。
手番ごとにフリーアクションとして、パートナーと手札を1枚交換できるのだが、流石に「毎手番」ってのは多すぎてテンポを欠くし、見える情報が多すぎる。
最初に何枚かゲームから抜くとか、交換回数を制限するかした方が締まる気がする。

万里の長城(シド・サクソン)

Die Chinesische Mauer

評価:5/10

ネットワーク系多人数アブストラクト。
シド・サクソン。1994年。

タイルを1枚ずつ共通の場に配置していって、4×4の形が出来たら得点計算。
(自分の一番大きなグループの四角の数)×(そのグループが接している辺の数)
が得点。

ラウンド毎に16枚のタイルが公開されて、そこから1枚選びとって配置していく。
ガチガチアブストラクト。

タイル総枚数は64枚で、16枚ずつ×4ラウンドの総得点で競う。
ラウンド毎に有利不利があるのが特徴。

多人数アブストラクトの例にもれずマルチ味が気になる。
4人プレイはペア戦のバリアントがあって、そっちの方が断然良い。

ハシ

Hashi

評価:6/10

パズル雑誌「ニコリ」で生まれた「橋を架けろ」と言うパズルをゲーム化。
「もっとホイップを」のアラーズ新作。

ベースルールは「橋を架けろ」のルールと同じで
「島の数字はその島に架かっている橋の合計本数」
「橋は交差してはイケナイ」

1つ違うのは「全ての島が繋がっている必要」は無い。

ゲームの進行は「テイクイットイージー」式。
山からカードを1枚めくって、そこに示された数字を島に書き、示された橋の本数だけ橋を架ける。

パズルのルール通り橋の数字と同数の橋を架けると島が完成して得点。
あと、早取りボーナスもある。

元となった「橋を架けろ」を遊んだことがあるのだが、パズルと今作の思考の共通部分は30%ぐらいかな。

パズルよりも気軽で誰もが楽しめる。
それでいて、しっかり考えどころはある。
紙ペンゲームのお手本のようなゲーム。

パズルの方も面白いよ。

パンタレイ

Pantareï

評価:6/10

駒をスタックして7段以上のスタックを作ることを目指す。
Cosmoludoの2人用アブストラクト。
「ホキト」と同じデザイナー。

一直線に並んだ黒と白の駒。(一つだけ中立の木目駒)
各駒の上には1~3のシンボルが示されていて、これが移動歩数となる。

手番では「隠れていない自分の駒1つを移動する」だけ。
この時、下の駒も一緒に移動できるのだが直下の駒しか一緒に移動できない。
つまり、最大で2駒までしか一緒に移動できない。

これを繰り返して7段以上のスタックを作れたプレイヤーの勝ち。

基本的に見えている相手の駒を減らして選択肢を潰していくのだが不用意に5段を作ると、ヒョイッと、7段作られて負けてしまう。

駒の移動以外に「自分の駒(スタック)同士の位置を丸っと交換」という選択肢もある。
手詰まりになった時に、思い出して窮地を脱せることも。

終盤はニムっぽい思考になってくるのだが、それに集中していると、重なって隠れた駒の数字がいくつだったかっていう記憶要素が急に飛び出てくる。

Cosmoludoの他作品同様、程よいボリュームのアブストラクト!
序盤、中盤、終盤にかけての思考の移り変わりも面白い!

馬鹿から大統領に

From Idiot to President

評価:4/10

アメリカの大統領選。
「フォーラムロマーナムの商人」のイゼンゼー作。

タイトルや箱絵(金髪の鷲)からトランプ批判のゲームだろう。
一応、システム的にも見る部分が無くは無いが・・・
ほぼ点数丸見えのマジョリティ争いなので、最終ラウンドの最後手番が非常に有利。
ラウンド毎にスタートプレイヤーは左隣に回るだけなので、最初から誰がその超有利プレイヤーなのかわかっている。
なので、途中でその超有利プレイヤーを潰せば良いわけだが、あんまり気分が良いものでは無い・・・
完全に全員でバランスを取ると最初に配られる秘密のボーナスカードの差がものを言うことになるし・・・なんともかんとも。

パンデミック:レガシー シーズン0

Pandemic Legary Season0

評価:7/10

「パンデミック:レガシー」シリーズの第3段。
シーズン1よりも過去、冷戦時代が舞台。

レガシーなのでゲーム内容に関してはあんまり書けないが・・・
シーズン1、2を遊んでなくても楽しめそう。
僕はシーズン2が途中終了してしまっているが、問題なく楽しめた。

むしろ0→1→2の順で遊んでも良いんじゃないかという話にもなった。

第3段ともなると若干システム的なネタ切れ感は否めないが・・・
その分、ナラティブ要素が少し強化されているように感じた。(シーズン2にもあったのかもしれないが・・・)

まだまだレガシーゲームの象徴足り得る貫禄。
2年後ぐらいに第4弾が出たらまた遊びたい。

パシフィックレイルズインク

Pacific Rails Inc

評価:5/10

ワーカープレイスメントで線路敷き。
新人デザイナー。

「スパイリウム」のようなエリア間に置くワーカープレイスメント。
ワーカーを置いたときか、ワーカーを回収した時に接するエリアのいずれかを起動できる。

ワーカープレイスメントアクションで
「資源獲得」→「資源を線路に変換」→「線路を盤面に配置」→「得点や能力獲得」
という流れ。

「資源を線路に変換」部分に簡単なエンジンビルドがある。
必要な線路をバランスよく変換できるように先読みした計画が必要になる。

各要素は、すごく面白そうでワクワクするのだが、実際遊んでみるとバランスが変。
別のゲームからの「借り物の要素」で構成されたゲームという感じで、デザイナーが自分のものに出来ていない印象を受けた。
ゲームに芯が無いというか、デザイナーのメッセージが伝わってこないというか・・・

単に僕が過去のゲームに縛られ過ぎている可能性もあるので、もう一回遊んでみたい気はする。

パリ 1889

Paris 1889

評価:6/10

「グリーンビル1989」の続編。
エッセン新作。

ストーリーも続いている。
前回の主人公たちが10年後に再開し、謎のポータルに飛び込んで110年前のパリにタイムスリップ。
再び、謎のモンスターが世界を滅ぼすのを阻止することになる。

ルールはほとんど同じ。
駒の進み方だったり、最後の大逆転チャンスが用意されていたり、盛り上がり所が出来ていて完成度は上がっている。

前作にも増してグロい描写がある気がするので、そういうのが苦手な人はキビしいかも。