Skip to content →

タグ:

ハングリーモンキー

Hungry Monky

評価:6/10

裏向きの4枚手札と通常手札3枚で行うゴーアウトゲーム。
ワーリング・ウィッチフラフト」のデザイナー。ハイデルベルグの新作。

1~11と?(ハングリーモンキー)。各6枚ずつ。
手札3枚と、自分の前に裏向きのカード4枚。この4枚は表を見てはダメ。

手番では、「手札から1枚以上のカードを出す(複数出す場合は同値)」か、「山から1枚めくってそれを出す」か。
最初はどのカードでも良いんだけど、その後は直前のカード以上のカードしか出せない。
手札から出す場合は、有効なカードしか出せないんだけど、山から無効なカードをめくってしまった場合は、それまでに出たカードも含めてすべて引き取って手札に入れる。
手番の最後に手札が3枚未満なら3枚になるように補充。

いくつかの数字には特殊効果が付いている。
「1」は常に有効カードとして出せて、「1」以外の場に溜まったカードを全て手札に回収する。
「2」は手札1枚と自分の前の裏向きのカード1枚を交換する。
「3」は裏向きのカード1枚を覗き見る。(他プレイヤーのも可)
「7」は追加手番。
「8」は次のカードプレイは8以下が有効となる。(9以上は無効)
「11」は場のカードを全て流す。
「?」は直前のカードをコピー。

あと、場の一番上に同じ数字が4枚たまると「ギャング・オブ・フォー」となり、場のカードを全て流した上に追加手番。

山札が尽きた上に、手札もなくなるとようやく自分の前の裏向きのカードを出せるようになる。
この段階までに「2」や「3」の能力を使って、これらのカードを整えておく必要があるわけだ。

最初に、手札も自分の前の裏向きのカードも全て無くせたら勝ち。

山札が切れる終盤に備えて、手札を調整していく感じは同メーカーの「ブレイズ」に通ずるところがある。
この構成、じっくり準備してから突入する感じで面白い!
手札が沢山あっても、ギャング・オブ・フォーで大逆転!みたいなことも狙えそう。

最後の1人まで順位を決めるんだけど、最後の2人になるとグダグダした展開になることがあるので、最後の2人になったら、両者失点なり0点にすると良いかもね。

最近のハイデルベルグは、伝統ゲームに大幅に手を加えたようなゲームを出してくるね。
どれもワクワクさせてくれるので、今後もこの方向でがんばってほしい。
キラキラカードはやめたみたいだけど、あれは個人的には特に気に入ってなかったので嬉しい。

敗者の権利

Haisha no Kenri

評価:5/10

トリックテイキング+エリアマジョリティ。
ゲームマーケット新作。

5スート。1~10。
マストフォロー。切り札無し。

トリックの勝者以外はエリアマジョリティで重要となるチップを配置。
トリック勝者はエリアマジョリティで取り合う得点となるカードを配置。

序盤はカードを置くメリットが無いので負けたい。
中盤以降は自分のチップに合わせて高得点カードを置きたい。
という感じだろうか・・・?

トリックテイキング+エリアマジョリティという触れ込みだが、うまくリンクしているようには感じられなかった。
トリックテキングゲームというよりは、エリアマジョリティのゲームとして楽しんだ方が良いのかも。

パクパクパーク

Paku Paku Park

評価:7/10

動物を餌で呼び寄せる。
2人用アブストラクト。

「ロボトリー」のリメイク。

手番では「手元から餌を1つ配置」か「動物を餌に沿って移動」か「手元に餌の補充」のいずれかを行う。
ストックのいずれかの餌が切れた時点でゲーム終了。
自分の陣地に動物が多いプレイヤーの勝ちとなる。

犬は肉のみを食べ、猫は魚のみを食べる。
そして、肉も魚も食べるイレギュラーな存在である豚の存在が秀逸!
豚の存在によって一気にゲームに深みが生まれている。

また、餌は動物の道というだけでは無くて、逆の食材を置かれないようブロックとして機能することに気づいたときには唸らされた。

終了タイミングの設定も秀逸で、このトリガーを切れる状態になることも重要となってくる。

ルールは少ないが考える要素は多い。
理想的なアブストラクトゲーム。

見た目が子供用っぽくて損している気がする。
このゲームを面白がる層に届いていないんじゃないだろうか。

運要素が入るバリエーションもあるみたいなので、そっちも試してみたい。

白熱!MENKOマッチ プロレスEX

評価:3/10

双六的な駒移動+メンコ。
同人ゲーム。

タイルで構成されたコース。
ダイス目の分だけ自分の駒を動かして、止まったタイルをめくって自分の色だったらメンコチャレンジ!

そのタイルをリングに投げつけて相手のレスラータイルをひっくり返したり場外に出せたら勝ち。

メンコ世代じゃないので、メンコが全然上手くできなくてダレるダレる・・・
逆にメンコ世代は1発で決めちゃうんじゃないか。

パイレーツ

Pirates

評価:5/10

ダイスロールで強奪合戦。
クニツィア2005年。

マップ上の砦を攻撃することで宝を得られるのだが、スタート地点まで戻らないと安全とは言えない。
他プレイヤーに攻撃されて撃沈すると宝を奪い取られてしまう。

一応、泥沼化しない工夫や、逆転の隙は作られているものの、クニツィアらしさは無い。

ハムレット

Hamlet

評価:5/10

資源を運んで村に建物を増やしていく街にする。
現在、キックスターターで出資募集中。
Tabletop Simulatorでプレイ。

盤面にある資源を使って建物を建てたり、上位資源に加工したりしていく。

麦畑や鉱山から原材料を生み出すのだが、その原材料はタイル上に残って誰でも使用可能。
生み出したプレイヤーは賃金としてお金がもらえる。
原材料を風車小屋等に運ぶことで上位資源に加工できる。
上位資源は原材料と違って、誰が生み出したのかわかるようになっていて、誰かが使用した時に勝利点やお金がもらえるようになっている。

原材料や上位資源を運んで新たな建物を建てたり、道を敷いたり、教会のパーツを作ったりしていく。

概要は「ロード&ボーツ」とソックリなのだが、あそこまで複雑じゃ無くてかなり遊びやすくなっている。

ルールだけ読んだ段階だと、まとまっているし、他にないシステムだし、で期待したのだが・・・
とにかく、バランスがおかしい!
早取りボーナスがあるので先手番が圧倒的に有利!
得点建物のバラツキもすごい!
ここからの調整次第で化ける可能性は秘めているが・・・はたして。

ハイクルー

Hiclue

評価:5/10

単語を繋げてお題を伝える連想ゲーム。
BGAでプレイ。

4つのお題カードが公開され、各プレイヤーに自分のお題が指定される。(複数のプレイヤーに同じお題が割り当てられることもある)

手札のカードを使って、自分のお題を他プレイヤーに伝える。
関係性があるカード同士をグループ化したり、単独に置いたりすることで若干ニュアンス付けが可能。

後はお互いに当て合いっこして、沢山当ててもらえたり、当てることで得点。

「ディクシット」のようなひねりは無く、素直にお題を伝えようとすれば良い。
昔からありそうなパーティーゲーム。
わかりやすくて盛り上がるは盛り上がるが、お金を出して買う気にはなれない・・・

パタパタくるりん

評価:6/10

自分で駒を作っていく感じのオセロ風ゲーム。
ダイソーの100円ゲーム。

各自がキャラクターを1つずつ担当するのだが秘密。
正体隠匿ゲーム!
手札3枚から、盤面にカードを表向きに置く。
カードには矢印が描かれていて、配置したカードの矢印の先のカードを裏返す。
裏向きのカードの上には別のカードが置けるようになり、そうすると裏向きのカードと表向きのカードが表裏一体の存在となる。

全てのマスが表向きのカードになるとゲーム終了でその時点で一番担当キャラクターが多いプレイヤーの勝ち。

正体隠匿、一捻りあるシステムとそれによる先の読めなさ、とてもコロヴィーニっぽいゲーム。
ダイソーのサンリオ100円ゲーム3作の中では一番面白かった。

この渋さはピアトニックから出ていても全然違和感が無い!

ハイク!

Hike!

評価:3/10

犬ぞりレースがテーマ。
Tabletopiaでプレイ。

まず犬を集めて犬ぞりチームを作ることから始めるのだが、それが終わるとほぼ自動処理となるので、ここがメイン。

山からカードを2枚めくって場に並べて、場から1枚を取って自分のチームに加える。
徐々に明らかになるコースを見ながら、そのコースにあった犬でチームを編成していく。

準備を出来たらレース開始。
レースが始まると運要素は一切なく、各自がひたすら犬を効率よく使ってコースを進んでいく。

概要だけ聞くと面白そうなのだが、調整が下手過ぎる・・・
準備段階が上手くいかなかった人は、絶対勝てないレースを死んだ目で淡々と進めるという苦行が待ち受けている。

・準備段階で全てのコースを公開しない。
・犬は全てのアイコンが使用できない限り起動できない。
あたりの調整を入れるだけで、普通のゲームぐらいまでは引き上げられるんじゃないかな。

バーダント

Verdant

評価:5/10

観葉植物の成長と管理。
「ポイントサラダ」デザイナーの新作。
Tabletopiaでプレイ。

植物カードとタイルと部屋カードが4枚ずつ並んでいる。
植物カード or 部屋カードとタイル1枚を獲得して自分の前に配置する。
植物と部屋は市松模様になるように配置しなければならない。

植物と部屋の日当たりアイコンが一致すると植物が成長する。
規定値まで成長すると完成して得点。

タイルは部屋に配置してセットコレクション点になったり、植物の成長を早めたりできる。

非常にオーソドックスな作りで普通に楽しめるが、色々と工夫されている他のゲームと比べると見劣りしてしまう。
特にダウンタイムへのケアが無いどころか、ダウンタイムが増すルールがあるし・・・