Skip to content →

タグ:

パンドリア(トレイル)

Pandoria: Trolls & Trails

評価:6/10

「パンドリア」の追加マップ。

全体的に狭くなっていて、駒を盤面に残しにくくなっている。
脇道や船へ駒を配置して残すことが重要になってそう。

上級者向けのマップってことかな?
個人的には通常マップの方が好み。

ソロプレイルールも同梱されているので、そのうち遊んでみたい。

ハビタッツ 拡張XL

Habitats: XL Expansion

評価:6/10

いくつかのタイルが追加されるミニ拡張。
XLという名前だけあって、高コスト高得点のタイルが追加されている。

入れても入れなくても大きな変化はないかな。
どうせなら、ラウンドボーナスのバリエーションが欲しかった・・・

パリ:レトワール

Paris: l'Étoile

評価:6/10

クルマー&キースリングの「パリ」拡張。
新しいボーナスタイルとプレイヤー能力タイルの追加。

新しいボーナスタイルは、派手な効果は無いけどセットアップにバリエーションを生み出せるんで良いんじゃないでしょうか。

プレイヤー能力タイルは、各プレイヤーが1枚ずつ持っている能力。
凱旋門に鍵を置いたときに、場に残っている能力タイルと入れ替えることが可能。
能力は「銀行に鍵を置いたときに+2金貰える」や「3の建物で2金払わなくてもボーナスタイルを取れる」「鍵を除去して2VP」等々・・・

こっちの拡張はイマイチ・・・
序盤に良い能力、終盤に良い能力があるのだが、最初にランダムに配られる能力が良いタイルだと単純に有利になってしまう。

「パリ」は好きなゲームだけど、必ず必要な拡張って感じでは無いかな。

パスティーシュ〜最高傑作の誕生〜

Pastiche

評価:6/10

ラミネートラミー」のリメイク。
今作は数字カードも付属しているので、これ単体で遊べる。

テーマが書籍の出版に変わっているけど、内容は変わってなさそう。

「セブン」と「ラミネートラミー」2つを揃えないと遊べなかったのが、これだけ買えば遊べるようになったのは嬉しい。

ハーメルンケイブ

HAMELN CAVE

評価:6/10

崩れゆく亡霊の洞窟からの脱出。
2人用の協力型トリックテイキング。
ゲームマーケット新作。

3スート。1~9。
マストフォロー、切り札無し。

ゲーム開始時はランク1と2のカードは除去されていて、他21枚の内、手札9枚ずつ。ウィドウ3枚。

カードにはランクとは別にアイコンが割り振られていて、出されたカードのアイコンの組み合わせで様々なことが起こる。

基本は「船を進める」が大事になってくるのだが、まっすぐでは無くトリックの勝者側に斜め前に進む。
片方のプレイヤーが勝ち続けるとボード端で詰まって進めなくなってしまう。
交互に勝つことが大事になるのだが、切り札が無いので中々上手くいかない。
更に、片方が4トリック取った時点でラウンドは終わってしまう。
ラウンド数は限られているので、トリックは無駄に出来ない!

もう1つの重要な要素は「亡霊カードの除去」。
低ランクのカードは亡霊アイコンになっていて、亡霊アイコンと剣アイコンの組み合わせが出ると今回出した亡霊カードを除去エリアに移動できる。
除去エリアにカードが多いとウィドウが少なくなり、互いの手札が推理しやすくなる。
また、詳細は省くが除去エリアのカードが少なすぎるともう一方の敗北条件が加速するようになっている。

概要だけ聞くと単純なゲームを想像しちゃうけど、実は結構深い思考が要求される。

3ラウンドぐらいまでは「簡単だな。レベル低すぎたか?」と思わせておいて、徐々に難度が上がってきて結果ギリギリになる。
うまい演出!!

3回遊んで、毎回ギリギリになった。
かなり丁寧に調整したんだろうなぁ。感服いたします。

バッド・カンパニー

Bad Compnay

評価:5/10

ギャングメンバーを編成して強盗を繰り返す。
街コロ」「スペースベース」の系譜。
オートマニア」のデザイナートリオと「マングロービア」のエイリフ・スヴェインソン。

基本は「スペースベース」とソックリ。
手番プレイヤーがゴールドダイス4個+警察ダイス1個を振って、ゴールドダイスの方が2組のペアにわけて、それぞれの合計値を宣言。
手番プレイヤーは両方の数字が実行できて、他のプレイヤーは片方だけ選んで実行できる。

カードをそこまで追加できなかったり、特殊効果が少なかったり。
地味になった「スペースベース」という感じ。
その分、他プレイヤーとのマジョリティ争いがあったり、パトカーとのカーチェイスで他プレイヤーを意識させたり、インタラクションが若干入っている。

後発にしては、ちょっとインパクトに欠ける印象。

パワーアップさせるとドンドン胴が伸びるメンバー達が一番の見所。
あと、選ぶのが楽しくなるメンバーイラストはグッド。

バタフライ・ガーデン

The Butterfly Garden

評価:5/10

蝶を捕まえてセットコレクション。
「ビブリオス」のスティーブ・フィンの新作。

手札3枚か1枚を出して、手番順決定+出したカードが自分のビンに保管される。
ビンに入ったカードに描かれた蝶のセットコレクションで得点札を獲得する。

場にプレイヤー人数分並んだ蝶カードを手番順に取って手札に入れる。
たくさん蝶が描かれているカードはセットコレクションで有利だが、手番は後になるようになっている。

獲得したカードが一回手札に入ってから、出すことでようやくセットコレクションに絡めるっていうのが特徴かな?
といっても、得点札はドンドン出てくるので、そこまで手番順を意識することは無い。

このデザイナーにしては、ちょっと工夫が無さすぎる気がする。

バック・トゥ・ザ・フューチャー:ダイス・スルー・タイム

Back to the Future: Dice Through Time

評価:5/10

バック トゥ ザ フューチャー:バック イン タイム」と同時期に発売されたダイスゲーム。
こっちはラベンスバーガー。

同じく協力ゲームで、こちらは3部作全てをまとめて扱っている。

各自が自分のデロリアン駒を動かして、問題を解決していく。
問題を解決するとアイテムを手に入れることが出来、このアイテムを元あった時代に返すことがゲームの目的となる。

手番自体はシンプルで、4つのダイスを振ってそれらのダイスを1つずつ使ってアクションしていくだけ。

使わないダイスは自分のいるマスに置いて他プレイヤーも使えるようにできるのだが、「同じ場所、且つ、その時代以降でしか使えない」!!
第3部でドクがデロリアンを洞窟に埋めて渡した方法だ。

この部分に若干の興奮を覚えつつも、ゲームとしてはそこまで起伏も無く、結構淡々としている。
難易度も低い気がして、あっさり勝利してしまった。

タイムトラベルって意味では今作の方が活かしてるんだけど、どちらに原作を感じるかって言うと「バック・イン・タイム」の方なんだよな。

バレット

Bullet♡

評価:5/10

デジタルゲームの弾幕シューティングがテーマ。
弾幕シューティングってジャンルは詳しく無いけど、どちらかというとプレイ感は落ち物パズル。

3分という制限時間内に、各自がパズルを解く。

袋の中からチップを引いてマイボード上に配置。
溢れてしまうとダメージとなってしまうので、適当な頃合いで除去しないとダメ。
アクションポイントを使ってチップを移動させて、自分の手持ち札に示されている形状を作ることで除去できる。

除去したチップは次ラウンド、隣のプレイヤーの袋に追加される。
ぷよぷよで言う「お邪魔ぷよ」みたいな感じ。

キャラクター毎にアクションやカードデッキが異なり、プレイ感が変わるみたい。
キャラクターは8人もいるし、協力して敵を倒すボス戦モードやチームプレイモードもあって、ボリュームはある。

リアルタイムゲーム好き、パズルゲーム好きとしては手元に持っておきたいのだが、イラストのタッチがその気持ちを減退させる・・・
「ゲームはテーマやイラストよりもシステム!」だとは思ってたけど、ちょっとイラスト圧が強すぎる・・・