Skip to content →

タグ:

翠色の習作

A Study in Emerald

評価:5/10

シャーロックホームズとクトゥルフが共存する不思議な世界観の同名小説のボードゲーム。
ワレス作。

クトゥルフ陣営と人間陣営に分かれる正体隠匿ゲームだが、勝敗は個人戦。
最下位のプレイヤーと同陣営のプレイヤーはマイナス点を被るので、程よく連帯感が生まれ、陣営に人数差が出ても成立するようになっている。上手いデザイン。

メインシステムはデッキビルド。
カードを獲得したり、モンスターを倒したり、他プレイヤーの駒を除去したりすることが主な目的となるのだが、それらの行動をするにはエリアでマジョリティを取っていないければならない。
なので、クトゥルフ系ゲームにありがちな「とんでもカードがいきなりドン!」ってことにはならない。

と、メインシステムはしっかりしているのだが、ワレス特有の枝葉の粗さは今作にも健在。
各エリアのカードの登場順が陣営の有利不利に大きく影響しそうな気がする・・・
まぁ、パーティー寄りのゲームと捉えれば許容範囲なのかな?

魅力はあるゲームなので、リプレイしてみたい。

エクストラ!エクストラ!

Extra! Extra!

評価:6/10

新聞編集テーマのワーカープレイスメント。

カードを集め、カードをコストとして支払って得た記事(タイル)を紙面(マイボード)上にレイアウトする。

箱絵が古いので、もっとイカツいゲームを想像したのだが、基本はカードを集めてセットコレクションを作る「チケット・トゥ・ライド」的なゲーム。
ワーカープレイスメント部分は、金を積めば置かれているワーカーも追い出せる競りに近いシステムなので、ヒリヒリした駆け引きもある。

見た目があまり面白く無さそうなので損をしている気がする。

エヴォラ

Evora

評価:6/10

神殿の柱を建設でマジョリティ争い。
ロンデル風のアクション選択。
ボット・ファクトリー」のラセルダじゃないほうのデザイナー。エッセン新作。

ロンデルは「次の連続する空きマス3つの中から1つを選ぶ」っていう変な捻りがはいった形式。
各マスの強さにそこまで差は無いのだが、左上の1マス「自駒を2つ置く」が強いので、そこを巡るやり取りがフックになってくる。

柱エリアに自駒を置いて階層に応じた得点が貰える。
さらに、最終的に柱内のマジョリティ得点と、階層毎のマジョリティ得点もある。

マスのアクションをする代わりにカード1枚ドローも選択できる。
マスのアクションでカードを2枚引くアクションがあるので、1枚だけドローするのは損な気がして誰も実行しなかったが、つまらないアクションしか選べない or 良いカードが引けるタイミングなら1枚でも全然ありだと感じた。

比較的オーソドックスなの作りで、アンコントローラブルな印象を与えそうだけど、結構考えどころはある気がしている。
もう一回遊んで、真価を見定めたい。

エレメント

Element

評価:6/10

右隣のプレイヤーを追い詰める多人数アブストラクト風ゲーム。

盤面に駒を配置しつつ、自駒を動かす。
誰かが自駒を動かせなくなったらゲーム終了。
動けなくなったプレイヤーの左隣のプレイヤーが勝ち!

このルールが多人数アブストラクトにつきまとうマルチ感に対する素晴らしい打開策。
左隣のプレイヤーには追い込まれるのに、自分は左隣のプレイヤーを助けるっていう妙な片思い状態が面白い。

この勝敗ルールは素晴らしいのだが、駒毎の特殊ルールがちょっと煩雑か・・・
もっと絞ったルールにした方がゲームとしての完成度は上がる気がするが・・・どうだろうか。

エスケープ:ロール&ライト

Escape Roll & Write

評価:5/10

協力リアルタイムダイスゲーム「エスケープ」を紙ペン化。
そして、リアルタイムじゃなくなった!

手番プレイヤーは残っているダイスを振って、自分で使うか他プレイヤーの為に残すかを選ぶ。
この時、ダイスを2個ずつ振って都度都度判断するのが特徴。

手番プレイヤーは部屋を移動してアイテムや宝石を手に入れていく。
手番外プレイヤーは、残っているダイスを使ってセットコレクションを目指す。

基本的に手番プレイヤーがダイスを使った方が効率的なのだが、有効なセットが揃っていないとダイスが無駄になってしまうっていうのが悩み所。

規定数の宝石を集めて全員が中央のマスに集合できれば勝利。
規定ラウンド過ぎてしまうと敗北。

協力型の紙ペンゲームっていうのは新しいけど、これと言った面白ポイントが無い平凡なゲーム。

エクリプス:セカンド ドーン オブ ザ ギャラクシー

Eclipse: Second Dawn for the Galaxy

評価:5/10

「エクリプス」の第2版。
色々バランス調整されているみたいだけど、初版未プレイなのでよくわからず。

各プレイヤーが宇宙を探索して入植して収入を増やして、宇宙艦隊を作って殴り合うゲーム。

成長したりアクションをたくさんすると維持コストが高くなるって部分に少しユーロっぽさを感じるけど、基本はダイスロールでワーのアメゲー。

今回、序盤のタイルめくり運が悪くて、完全に遅れを取ってしまい、残り3時間、他プレイヤーの慈悲の心にすがるプレイとなった・・・
拡大再生産のゲームなので、序盤につまずくと挽回が難しい・・・

昔のアメゲーと比べると洗練されている気はするけど、決して相容れない類のゲームだった。

エンポリウム

Emporion

評価:6/10

宝石の煌き」フォロワー。
スペイン人デザイナー。2016年作。

基本は「宝石と煌き」と同じなのだが、色は5色ではなく3色、リソースチップは全てワイルド扱い、とリソース周りは簡略化されている。
その分、得点周り、カード補充あたりに特色を出して生きている。

なんとなく取れるカードを毎回取っていても良い勝負は出来るのだが、しっかり戦略を固めておかないと勝つのは難しい。

単なる「パクリ」と捨て置けない魅力があるゲームで、しっかり独自の面白さがある。
個人的には「宝石の煌き」よりも好み。
ただ、ルールライティングが悪くて、正しく遊ぶにはなかなかの根気が必要そう・・・

エイジオブリバイブ

Age of Revive

評価:6/10

ロンデルビルディング。
北条投了さん作。2014年。

ロンデルビルディングという発想はある程度ボードゲームを遊んでいれば誰しも思いつくシステムだと思うのだが、なかなかまとまりきらない。
グレート・ウェスタン・トレイル」と出会った時に「遂に完成したか・・・」と感じたのだが、その2年前に国産でこれほどの完成度のロンデルビルディングが生み出されていたとは・・・

共通ロンデルに自分の建物を建てて行くのだが、それらの建物は誰でも利用できる。
そうなると、自分で建物を建てるのが馬鹿らしくなりそうだが、ここに工夫がある!
各自が建設可能なエリアが決まっていて、ロンデルのリスタート位置が自分の建設エリアの直前となっている。
自分が建てた建物コンボは自分が一番使いやすいようになるわけだ。
自分の建設エリアを抜けると他プレイヤーの建設エリアに入ることになるので、ソロエンジンビルドだけにならないインタラクションも残されている。

センスに溢れたメインシステム。
世界でも戦えるクオリティだと思うんだけど、どこかから声掛かって無いのかな?

エコシステム

Ecosystem

評価:5/10

ブースタードラフトで生態系作り。

ブータスードラフトでカードを1枚ずつ取って自分の前にグリッド状に置いていく。

動物の種類によって得点形式が違うのが特徴だが・・・
動物の種類が多くて、確認が大変・・・

手軽に遊ぶなら「スシゴー」があるし、完成度では「セブンワンダー」に遠く及ばない。

数多あるブースタードラフトゲームの中であえてこれを選ぶ理由は見つからないか・・・

エスペライゼーション

Esperaization

評価:5/10

新たな言語を作るという変なゲーム。
ワードゲームでありながらプレイ時間2時間!
完全協力。同人ゲーム。

最初に「動物」「はい」「持つ」のような基本的な単語の新言語を15個作る。
例えば、「水」は「アペト」、「赤」は「タササ」みたいな感じ。

その後、1人が親となって追加される単語(お題)を新言語だけで説明する。
例えばお題が「血」だったら「タササ、アペト」みたいな感じ。
最初の内はジェスチャーも使えるので、比較的簡単に伝えることが出来る。

正解を重ねるとお題は難しくなり、回答回数が減ったり、ジェスチャーができなくなるので、どんどん難易度があがっていく。

既定回数内に何問正解できたかで最終評価が決まってくる。

非常に意欲的なゲームで、同人だからこそ生まれたゲーム!と感じる。
が、難点もあって、問題が難しくてわからない時に時間がかかり過ぎてダレてしまう・・・
本当にこのゲームが好きな人は、ダレずに、むしろその時間を楽しめるんだろうけど・・・

近々、製品化されるみたいなので、どれぐらい手が入るか注目したい。