Skip to content →

タグ:

レジサイド

Regicide

評価:6/10

トランプを使っても遊べる協力ゲーム。
BGAでプレイ。

J,Q,Kは敵のデッキとしてランクごとにわけてシャッフルしておく。
他のA、2~10がプレイヤーデッキ。

敵デッキから1枚敵が登場する。
最初は一番弱いJ。体力が20で攻撃力が10。

手番では、手札から1枚カードを出して攻撃する。
ランク分だけ体力を削れる。
その後、敵の攻撃を受ける。
ランク合計が敵の攻撃力以上になるだけカードを捨て札にする。

これだけだと、プレイヤー側が不利すぎるので、出したカードのスートに応じて追加効果がある。
スペードはランク分だけ相手の攻撃力を下げる。
クラブは体力を2倍削れる。
ダイヤは、ランク分だけカードドロー(プレイヤー間で均等にドロー)。
ハートは、ランク分だけ捨て札を山札の底に戻す。
ただし、敵のスートの能力は無効化されてしまう。

これを繰り返して、全ての敵を倒すことが目標となる。

あと、敵を倒すと味方になって自デッキに入るのだが、体力をちょうど0にして倒すと早めに使えるようになるっていう小技も効いている。

中々良く出来ていて、何度か挑戦してみたが、1枚目のKに到達するのがやっとだった・・・
全てのKを倒すなんて至難の業だと思うのだが・・・

よく出来たゲームなので、商品も買おうかなと思ったのだが、普通のトランプでも遊べてしまうっていうのが購入を迷わせる。
せめて、遊びやすくなる何かが付属していれば、それが後押しになるのだが・・・

レクト・ベルソ

Recto Verso

評価:6/10

ラ・ボカ」のリメイク。

カード内容まではわからないけど、ルールは全く同じじゃ無いかな。

箱が一回り小さくなっているので、ボードゲームの置き場所に困っている人には良いかも。

レイルロード・ダイス

Railroad Dice

評価:5/10

大量のダイスを使う鉄道ゲーム。
ダイスが線路やお金や株券になる。

可能性を感じる基本コンセプトなんだけど、まとまりきっていないというか平坦なプレイ感・・・
そう感じる人が多いのか、BGGでバリアント案がいくつか上がっている。

今回、その中のSOSヴァリアントを利用したけど、まだまだ・・・

レジェンド・オブ・ヘラス

Legends of Hellas

評価:5/10

協力して全てのモンスターを倒す。
BGAでプレイ。

手札からカードを出して、モンスターに置いていく。
モンスターに有効なカードを5枚たまると、モンスターは倒れる。

山札が0枚&手札が0枚のプレイヤーの手番が来てしまうと敗北。

アクションの種類は多くて
「手札1枚を自駒のいるモンスターに配置」
「手札1枚を捨てて自駒を別のモンスターに移動」
「手札を補充してから1枚捨てる」
「山札から6枚公開して、そこから1枚捨てて、残った5枚を任意の順番で山に戻す」
「他プレイヤーに手札1枚を渡す。渡されたプレイヤーは手札から1枚捨てる」

プレイ中の会話は禁止なので、意思疎通が難しい。
一番簡単なレベルで遊んだけど、ほとんど無駄な手は打てない。
難易度高めかも。

レディース・チョイス

Lady's Choice

評価:4/10

男女に分かれて結婚相手を探す。
BGAでプレイ。

2人が女性役、4人が男性役となる。(6人プレイ時)

女性はよりジェントル度が高い男性と結婚することを目指し、男性はジェントル度が低いのに女性から結婚を申し込まれることを目指す。

男性プレイヤーは、「手札1枚を皆に見せる。+1枚ドロー」or「1枚捨てて2枚ドロー」。
女性プレイヤーは「男性プレイヤー1人と付き合う」or「男性プレイヤー1人と結婚する」。
「付き合う」を選ぶと、そのプレイヤーの手札を4枚覗ける。
いずれかの女性プレイヤーが結婚するを選ぶと、他方の女性プレイヤーも強制的に結婚しなければならない。

結婚後、男性プレイヤー全員の手札を公開してジェントル度を比べる。
女性は結婚相手のジェントル度順位が高いほど得点が高くなる。
男性は結婚相手として選ばれなければそもそも0点。
結婚相手として選ばれても、ジェントル度順位が高いとあまり得点が貰えない。

かなり引き運のゲームで、男性側のプレイングの工夫はあまりなさそう・・・
まぁ、テーマとノリを楽しむゲームだろうから、そこら辺をヤイヤイ言うのは無粋か。

レピュテーション

Reputation

評価:5/10

「ビッダース」のリメイク。
時代が近未来になっている。

変更箇所は「プレイヤー毎の特殊能力」だけかと思っていたのだが・・・
結構、肝のルールが変わっていた!
「公共事業」と「民間事業」の競り方式が真逆になっている。

個人的にこの変更は改悪だと感じている。
「ビッダーズ」なら「マイナスを受ける」見返りにもらえる「報酬」を減らす。
わけだが、
「レピュテーション」だと「プラスを受ける」上にもらえる「おまけ」を減らす。
ことになる。

今回、5人プレイということもあってか、何も競り落とせないぐらいなら「おまけ」が0でも一向にかまわない!という思考になってしまって、公共事業の報酬をすぐに0にしてしまう。
このゲームの肝であろう2つの競りの報酬の分割がほぼ機能しなかった・・・
「公共事業の報酬が2金以下ならボーナス」等の個人特殊能力もその流れを後押ししてしまっていた・・・

どういう経緯で変更が加えられたのだろうか。
それとも、何かルールを勘違いしていたのかな・・・?

レキシオ

Lexio

評価:5/10

韓国発のギャンブル寄りの大富豪系ゲーム。
Tabletop Simulatorでプレイ。

1~15、4スート。(5人プレイ時)
基本ルールは大富豪と同じ。
役は「シングル」「ペア」「スリーカード」、そしてこのゲームの特徴となる「ポーカー」がある。
ポーカーとなる5枚の札が役となる。
ポーカー役が出された場合、より強いポーカー役であれば上書きできる。

ポーカー役で5枚も手札を減らせるので、非常に派手な展開の大富豪。

得点形式も派手で明らかに何かを賭けさせようとしているゲームデザイン。

レインボー7

Rainbow7

評価:6/10

7にのみ特殊効果のあるラミー系ゲーム。

7スート、1~7。ワイルドが4枚。
手札7枚。
捨て場が3か所。

手番では「任意の1枚」「同じ数字3枚以上」「同じスートの連番3枚以上」のいずれかの出し方で捨て札にする。
その後、捨て札にした以外の捨て場 or 山札から1枚ドロー。

手札の合計が7以下になっていたら、手番の開始時に「レインボー」宣言が出来て手札を公開。
「レインボー」宣言したプレイヤーよりも小さな手札のプレイヤーがいなければレインボー成功。
レインボー宣言したプレイヤー以外が2失点。
レインボー失敗した場合は、レインボー宣言したプレイヤーが3失点。
あと、レインボー宣言せずに手札を0枚にした場合は、そのプレイヤー以外が1失点。

7は「任意の1枚」以外の方法で捨てると、特殊効果を発動する。
そして、各プレイヤーの初期手札には7が1枚必ず含まれるようになっている。
これが、いきなり上がられるしょうもないラウンドが発生せず、7というわかりやすい駆け引きを生み出している。

多くのラミー系は誰かが上がった時に手札が失点になるのだが、このゲームは勝者以外全員が同失点。
捨て場が3か所になっている。
多少の深みを犠牲にしてでも遊びやすさを優先した調整。
時代に合わせている感じで良いんでは無いでしょうか。

レトロ・ルーナシィ

Retro Loonacy

評価:5/10

イラストをレトロにした「ルーナシィ」。
ゲーム性に変更は無い。

イラストの背景の色で大体の判断が出来てしまうので、簡単になっている。
元ぐらいの難度の方が好みかも。

レリッカーズ ファクトリアの発掘者たち

Relicers

評価:5/10

紙をちぎってくじ作り。
「ファクトリア」のよぐゲームズ。

各自が自分のシートを手でビリビリちぎって中身が見えないように折ってくじを作る。
全員のくじを混ぜてテーブル中央に置く。
外観から誰の物か、大きいのか小さいのかを予想して1つずつ獲得していく。

獲得したくじに描かれている資源を使って能力やら得点を得る。
様々な種類を集めると能力を取りやすく、同じものを集めると得点が取りやすい。

メインシステムであるくじ作りは今までにない面白さ!
自分だけにわかるように印を入れたり、あえて他の人の真似をして混乱させたり・・・

ただ、このくじシステムと能力獲得による拡大再生産はイマイチ嚙み合っていない気がする。