Skip to content →

タグ:

マゼラン・エルカノ

Magellan elcano

評価:5/10

1枚ずつお金を追加していくシンプルな競り。
シャハトの新作。ポルトガルのピタゴラスから。

赤、青、緑、3つの得点(5人プレイだともう1種類追加)を競り合う。
手番では手札からカードを1枚出すかパスアウトするか。
全員がパスした後に各色一番多く出しているプレイヤーが得点を獲得して、出したカードを捨てる。
競り負けたプレイヤーは出したカードを手札に戻して再び使える。
手札2枚をドローして次ラウンド。

ほとんどのカードは「赤5,青2」みたいに2つの数字が書かれている。
どちらの色で使うかの判断と観察が肝となってくる。

あと、同値だった場合、得点カードが次ラウンドにキャリーオーバーされるのだが、これも意味を持っている。

シャハトらしいと言えばらしいが、流石にストイックが過ぎるというか・・・
苦しさしかないデザイン・・・

シャハトなので5人プレイは多すぎてダメかな?と思ったのだが、意外と楽しめた。
でも、結局仕事した者負けな気がしなくはないが・・・
シャハトと言えば3人なので、少人数でも遊んでみたい。

マグノリア

Magnolia

評価:5/10

ソロプレイカードコンボ。
「ヴォーパルス」のデザイナー新作。

全体像は「ヴォーパルス」と似ているが、プレイ感は別物。
とにかく、スピード化がスゴイ!
同時プレイ&ソロプレイ。すごいテンポでゲームが進行していき大体5ラウンドでゲームが終わる。
1ラウンド2分ぐらいなので、本当に10分で終わる。
それでいて、しっかり遊んだ気にさせるデザイン技術は流石。

ただ、高速化、最適化が過ぎて、情緒が無いというか無個性と言うか・・・
丁寧には作られているんだけどね。
新味を求める僕のようなノンリプレイ派の心には響かないかも。
多少雑でも、個性が欲しい!
このスピード感が強烈な個性ではあるが・・・

「テラフォーミングマーズ」とかコンボ研究系が好きな人が軽く遊ぶゲームとしては最適なんじゃないだろうか。

マナ

Mana

評価:6/10

駒のマスに応じて移動歩数が変わる「チェス・将棋」系ゲーム。
Cosmoludoの2人用。

5つの浪人駒と1つの大名駒。
相手の大名駒を捕獲することが目的。

2種類の駒の移動方法に違いは無く、立っているマスのシンボルに応じて移動歩数が変わる。(1~3歩)
ちょうど相手の駒のマスで止まれると駒を捕獲できる。

移動後、止まったマスと同じシンボルのマスにマナバード駒を置く。
相手は、マナバード駒が置かれているマスのシンボルと同じシンボル上の駒しか動かせない。

「チェス・将棋」系ゲームは苦手意識があるんだけど、このゲームは選択肢の制限がキツいのでテンポ良く動く。
二人で流れを確認する感じで楽しかった。

盤面のマス配置が上手くデザインされていて、プレイヤーの好調不調の波があって面白い。

マハラジャ(新版)

Maharaja

評価:6/10

クラマー&キースリングの「マハラジャ」をルチアーニがデベロップした新版。

変更点は多い。
・ラウンド数が少なく。
・宮殿=得点では無くなり、得点経路が増えている。
・キャラクタータイルが16枚に増えて、そこからゲーム毎に使う7枚を選ぶようになった。
・プレイヤー人数が4人までに減少。
あたりが大きな変更点。

他にも
・決算時にマジョリティ順にボーナスタイルを獲得できる。
・家の移動アクションの削除。
・決算タイル移動が2歩から3歩に。
・宮殿配置時のボーナスの追加。
・決算都市以外での宮殿コストが割安に。
・外周宮殿の価値が1から2に。
等々、色々調整されている。

全体的にマイルドになっていて「今風に調整してきたなぁ」という感想。
旧版は一回離されると、かなり苦しい展開になるゲームだったからね。
ただ、その分、個性は弱くなっていて、バッティングの緊張感は減っている。

新版も旧版も、どっちも長所と短所がある感じで、どちらを手元に残すか悩ましい・・・
結局、どっちも残すことになりそう・・・

マップメーカー: 選挙区改変ゲーム

Mapmaker: The Gerrymandering Game

評価:5/10

「ナゲッツ」のようなエリア切り分け&エリアマジョリティ。
BGAにてプレイ。

棒駒を置いていってエリアを分けていく。
「ナゲッツ」と違って、マジョリティ争いで重要となる数字駒は最初から盤面にランダムで公開配置されている。

4マス以上8マス未満のエリアが出来るとエリア確定で、マジョリティチェック。
最終的により多くのエリアを支配したプレイヤーの勝ち。

エリアの大きさが4~7マスに制限されているのが特徴で、この制限を利用したテクニックがありそう。

数字が丸見えなので、セットアップが終わると運要素の無いガチアブストラクト。
イラストを動物にしてかわいく演出しているが、システム的には可愛げが無さすぎて、個人的には合わない。

マジックマネー

Magic Money

評価:5/10

競りに負けてもお金を消費する「Q.E.」。

基本ルールは「Q.E.」とほとんど同じ。
デザイナーは別人で「Q.E.よりも先に作ってたよ」とBGGのフォーラムで書いているので偶然の一致なのかも。

一番大きな違いは「競り負けても、消費扱いになる」と言う部分。
競り負けたプレイヤーの入札額は非公開だが、最後の脱落チェックには使用されてしまう。
ギリギリで競り負けるのが怖すぎて、絶対に落とす気で大きめに行くか、最低値である1を書くか、全員1を書くと読んで5,6あたりを書くか。
緊張感と言うよりも、ただ選択肢が狭まっているだけに感じた。

あと、競り落としたプレイヤーが次の親プレイヤーになるのだが、親プレイヤーのオープンビッドの最大額が「前回の落札額の10%まで」となっている。
異常なインフレを防止するっていう意味合いなんだろうけど、流石にセーフティーが過ぎる・・・
負けても消費扱いになるんだから、「最大が前回の落札額」ぐらいでも十分機能するんじゃないかな。

あと、落札対象となるカードにも色んな特殊効果が付いている。
「Q.E.」は狙うべきタイルが見えすぎていたところがあるので、ちょっとしたブレがあるのは良いかと思ったのだが・・・効果が派手だったり頓珍漢だったり・・・
特殊効果の選定具合で、デザイナーの信頼度を計っちゃうよね。

ちょっとしたルールの違いでここまでプレイ感が(個人的には評価も)が変わってくるのか・・・
ゲームデザインって繊細!

マジック メイズ オン マーズ

Magic Maze on Mars

評価:6/10

「マジックメイズ」の舞台を火星開拓に。
拡張じゃなくて、スタンドアロン。

マップがグリッドじゃ無くてラインマップに。
プレイヤーの担当も「移動方向とアクション」から「色」に変わった。
アクション自体は「生産」「移動」「開拓」等いろいろあるのだが、移動する道や、生産する物の「色」のプレイヤーがそのアクションを実行できるようになった。
より広い視野が必要になっているのだが、マップ読み解きは楽になっているので全体的な難度は下がっているように感じた。

ステージが5つ用意されていて、徐々に要素が増えていく。
ステージ5までクリアしても、更に難度を上げるためのタイルが結構用意されていて、むしろここからが本番なのかも。

無印版もオンマーズもどっちも良い所がある感じだけど、オンマーズの方が洗練はされているかな。

あと、ステージ2は「『ワイルドタイルの使い方が鍵』という記述がルールから抜けちゃったよ。」みたいなことをBGGで作者が書いてる。
それを知らない我々は少し戸惑った。

マリポサ

Mariposas

評価:5/10

「ウィングスパン」デザイナーの新作。
今度は「蝶」がテーマ。
「オオカバマダラ」という蝶は、メキシコのミチョアカンから夏は北米へ移り、秋になるとまたミチョアカンに戻る。

ゲーム自体はシンプル。
カードを1プレイ1ドロー。
カードに示された歩数だけ自分の蝶を移動する。
移動先の花を集めて、同じ花がいくつか集まると新たな蝶を生み出せる。
4~6手番で季節が移り、得点計算。
「ヒューストンより東の蝶1匹につき1点」とか「アトランタより北で緑エリアと黄エリアに蝶がいたら5点」等々・・・

目標を達成するためにマップ上に蝶が広がっていくのだが、ゲーム終了時にはスタート地点であるミチョアカンに戻ることで得点を得られる。

各季節の目標得点が大きすぎて、基本的にみんな同じような動きをすることになる。
他プレイヤーの駒が移動の邪魔になることもないので、同じ場所にワラワラと蝶が集まる感じは本物の虫っぽくてリアルではあるが・・・

やれば良いことは明確なので遊びやすいが、ちょっと単調過ぎるか・・・
コンボ的なことも無いので、「ウィングスパン」のシステムに惚れた人にも刺さらなそう・・・
「ウィングスパン」の雰囲気は多少継承してそうなので、そっちに惚れた人には良いかも。

マキシ・バンボレオ

Maxi Bamboleo

評価:6/10

「バンボレオ」の巨大版。
直径が2倍ぐらいになっている。

アクションゲームはデカくなるほど面白い!の法則に漏れず面白くなっている。
が、アッサリ終わるゲームなので、準備の手間を考えると効率が悪いか・・・
巨大「ヴィラ・パレッティ」と比べるとインパクトは薄い。

マジックスクール

Magic School

評価:6/10

「アイテム」とそのアイテムを持っている「人物」の協力神経衰弱。
今年のドイツ年間ゲーム大賞キッズ部門、推薦リスト入り。

カード総数は32枚。16枚がアイテムカード、16枚が人物カード。
「王冠」と「王様」のようにペアを作ることが目的。

まずカードを1枚めくって、全員に見せて裏向きでテーブルに伏せる。
次のカードをめくって全員に見せる。
それまでに伏せたカードとペアになるカードだと思ったら、そのカードの上に重ねて置く。
そうじゃないと思ったら、裏向きでテーブルに伏せる。

これを全てのカードをめくるまで繰り返して、何ペア作れたかの答え合わせ。

全く同じ絵をそろえるっていうんじゃなくて、アイテムと人物をそろえるっていう変化だけなのだが、思った以上に難しい!
山からカードを1枚ずつめくっていくというプレイ方法も、ちょっとしたことなのだが普通の神経衰弱とは違う面白さを生んでいる。

カード総数が32枚だけなのでバリエーションの無さが欠点か・・・
遊べば遊ぶほど、必ず上手くなるっていう意味では利点とも言えるが。

ちなみに、初回は2人プレイで11点だったが、1人で再挑戦してみると4点しか取れなかった・・・必ず上手くなるってことはないのか?