Skip to content →

タグ:

マジックマネー

Magic Money

評価:5/10

競りに負けてもお金を消費する「Q.E.」。

基本ルールは「Q.E.」とほとんど同じ。
デザイナーは別人で「Q.E.よりも先に作ってたよ」とBGGのフォーラムで書いているので偶然の一致なのかも。

一番大きな違いは「競り負けても、消費扱いになる」と言う部分。
競り負けたプレイヤーの入札額は非公開だが、最後の脱落チェックには使用されてしまう。
ギリギリで競り負けるのが怖すぎて、絶対に落とす気で大きめに行くか、最低値である1を書くか、全員1を書くと読んで5,6あたりを書くか。
緊張感と言うよりも、ただ選択肢が狭まっているだけに感じた。

あと、競り落としたプレイヤーが次の親プレイヤーになるのだが、親プレイヤーのオープンビッドの最大額が「前回の落札額の10%まで」となっている。
異常なインフレを防止するっていう意味合いなんだろうけど、流石にセーフティーが過ぎる・・・
負けても消費扱いになるんだから、「最大が前回の落札額」ぐらいでも十分機能するんじゃないかな。

あと、落札対象となるカードにも色んな特殊効果が付いている。
「Q.E.」は狙うべきタイルが見えすぎていたところがあるので、ちょっとしたブレがあるのは良いかと思ったのだが・・・効果が派手だったり頓珍漢だったり・・・
特殊効果の選定具合で、デザイナーの信頼度を計っちゃうよね。

ちょっとしたルールの違いでここまでプレイ感が(個人的には評価も)が変わってくるのか・・・
ゲームデザインって繊細!

マジック メイズ オン マーズ

Magic Maze on Mars

評価:6/10

「マジックメイズ」の舞台を火星開拓に。
拡張じゃなくて、スタンドアロン。

マップがグリッドじゃ無くてラインマップに。
プレイヤーの担当も「移動方向とアクション」から「色」に変わった。
アクション自体は「生産」「移動」「開拓」等いろいろあるのだが、移動する道や、生産する物の「色」のプレイヤーがそのアクションを実行できるようになった。
より広い視野が必要になっているのだが、マップ読み解きは楽になっているので全体的な難度は下がっているように感じた。

ステージが5つ用意されていて、徐々に要素が増えていく。
ステージ5までクリアしても、更に難度を上げるためのタイルが結構用意されていて、むしろここからが本番なのかも。

無印版もオンマーズもどっちも良い所がある感じだけど、オンマーズの方が洗練はされているかな。

あと、ステージ2は「『ワイルドタイルの使い方が鍵』という記述がルールから抜けちゃったよ。」みたいなことをBGGで作者が書いてる。
それを知らない我々は少し戸惑った。

マリポサ

Mariposas

評価:5/10

「ウィングスパン」デザイナーの新作。
今度は「蝶」がテーマ。
「オオカバマダラ」という蝶は、メキシコのミチョアカンから夏は北米へ移り、秋になるとまたミチョアカンに戻る。

ゲーム自体はシンプル。
カードを1プレイ1ドロー。
カードに示された歩数だけ自分の蝶を移動する。
移動先の花を集めて、同じ花がいくつか集まると新たな蝶を生み出せる。
4~6手番で季節が移り、得点計算。
「ヒューストンより東の蝶1匹につき1点」とか「アトランタより北で緑エリアと黄エリアに蝶がいたら5点」等々・・・

目標を達成するためにマップ上に蝶が広がっていくのだが、ゲーム終了時にはスタート地点であるミチョアカンに戻ることで得点を得られる。

各季節の目標得点が大きすぎて、基本的にみんな同じような動きをすることになる。
他プレイヤーの駒が移動の邪魔になることもないので、同じ場所にワラワラと蝶が集まる感じは本物の虫っぽくてリアルではあるが・・・

やれば良いことは明確なので遊びやすいが、ちょっと単調過ぎるか・・・
コンボ的なことも無いので、「ウィングスパン」のシステムに惚れた人にも刺さらなそう・・・
「ウィングスパン」の雰囲気は多少継承してそうなので、そっちに惚れた人には良いかも。

マキシ・バンボレオ

Maxi Bamboleo

評価:6/10

「バンボレオ」の巨大版。
直径が2倍ぐらいになっている。

アクションゲームはデカくなるほど面白い!の法則に漏れず面白くなっている。
が、アッサリ終わるゲームなので、準備の手間を考えると効率が悪いか・・・
巨大「ヴィラ・パレッティ」と比べるとインパクトは薄い。

マジックスクール

Magic School

評価:6/10

「アイテム」とそのアイテムを持っている「人物」の協力神経衰弱。
今年のドイツ年間ゲーム大賞キッズ部門、推薦リスト入り。

カード総数は32枚。16枚がアイテムカード、16枚が人物カード。
「王冠」と「王様」のようにペアを作ることが目的。

まずカードを1枚めくって、全員に見せて裏向きでテーブルに伏せる。
次のカードをめくって全員に見せる。
それまでに伏せたカードとペアになるカードだと思ったら、そのカードの上に重ねて置く。
そうじゃないと思ったら、裏向きでテーブルに伏せる。

これを全てのカードをめくるまで繰り返して、何ペア作れたかの答え合わせ。

全く同じ絵をそろえるっていうんじゃなくて、アイテムと人物をそろえるっていう変化だけなのだが、思った以上に難しい!
山からカードを1枚ずつめくっていくというプレイ方法も、ちょっとしたことなのだが普通の神経衰弱とは違う面白さを生んでいる。

カード総数が32枚だけなのでバリエーションの無さが欠点か・・・
遊べば遊ぶほど、必ず上手くなるっていう意味では利点とも言えるが。

ちなみに、初回は2人プレイで11点だったが、1人で再挑戦してみると4点しか取れなかった・・・必ず上手くなるってことはないのか?

マグヌムサル

Magnum Sal

評価:5/10

地下から塩を掘り出して城へ献上。
2010年の作品。

坑道へのワーカー配置、移動がこのゲームの特徴。
必ず入り口までいずれかのプレイヤーのワーカーが各マスに居る状態をキープしなければならない。
これによって、ワーカーを別の場所に移動したくても他プレイヤーの為に残り続けなければならなかったりする。

プレイ感は地味。
あるアクションによって自分が得をしているのか他プレイヤーが得をしているのかパッとわからない部分があったり、マニアックな絞り合いがあるので、通向けなゲームだろうか・・・

面倒になってザックリ勘定でプレイしてしまうほうなので、このゲームに向いてないかも・・・

マドリーノ

Madrino

評価:5/10

建築事務所となって、理想の間取りを作り上げる。
ゲームマーケット新作。

ダイスで決まる壁や窓を好きな位置に配置してく。
トイレやキッチンも配置していく。
最終的に、設計図のタイトルを決めてプレゼンして、多数決で最優秀賞を決める。

一度楽しむ分には良さそうだけど、バリエーションが乏しいかな・・・
毎回変わるテーマだったり、設置物があると良かったかも。

マイストーリー

My Story

評価:5/10

20~50歳の人生ゲーム。
台湾発。

デッキビルドで、人脈やストーリーを構築してより豊かな人生を目指す。

手番はテーベ式だが、システム的な意味合いよりも「人生の時間は有限だよ!」っていうメッセージっぽい。

お金、健康、家庭、知識等のリソース使って、新たなストーリーや人脈を構築していく拡大再生産。

システム的には普通中の普通!
キラキラした人生を疑似体験!

マグブラスト

Mag·Blast

評価:3/10

宇宙艦隊を組んでのビーム合戦!

中央の司令船を守る形で四方に艦船を配置する。
いずれかの方向の艦船が落ちたら、その穴から司令船を叩く。

昔ながらのバチバチビームバトル!
ビームカードを出す時に「バーン」とか「ズババババ!」と効果音を出さないと無効と言うルールがあることから、ゲームの意図は明らか!
その割に、変に細かいカードテキストもある。なんなんだ!?

マイ・シティ

My City

評価:6/10

「テイクイットイージー」式でやるシンプルなタイルパズルにレガシーシステム搭載。
今年のSDJノミネート。クニツィア作。

共通山から1枚めくって、そこに示されているタイルを全員がマイボードに配置していく。
最初の一枚は川沿い、それ以降は他のタイルに接するようにいていく。

最終的にボード上に見えている(タイルが置かれていない)木のマスはプラス点。
見えている岩のマスは大きなマイナス点。
空きマスもマイナス点となる。

と、非常にオーソドックスなタイルパズルなのだが、唯一変わっているのは全てのカードがめくられるっていう部分。(多くの同系統ゲームは、何枚かはめくられずにゲームが終わる。)
途中で置けない、もしくは置きたくないタイルが出てきた場合は減点を受けることでパスすることが出来る。
これがちょっとしたことなんだけど、ギャンブルに寄り過ぎないようになっていて良い。
その分、スコアリングの派手さは無いが・・・

あと、レガシー部分。
全8章からなっていて、各章は3ゲームで構成されているので、全24ゲーム。
最近よくあるなんちゃってレガシーでは無く、コンポーネントに書き込んだりするリプレイ性を犠牲にした本当のレガシーシステム。
ボード裏面はレガシー要素無しで、ずっと遊べるようになっている。

概要を聞いたときは「クニツィアがレガシー???無い無い無い!」って思ったのだが、遊んでみるとクニツィアなりのレガシーを生み出している。
「古代ローマの新しいゲーム」「ダイスゲーム百科」「ライナー・クニツィアのダイス・トランプゲーム集」等を見ると良くわかるが「クニツィアはバリアント大好き!」
最近の新作は過去作のバリアントレベルってことも・・・
とにかく、最小限の変更で最大限の変化を生み出す天才!
たった3行のルールで、プレイ感を変えてくる!
意外とレガシーと相性良いのかも?

まだ3ゲームしか遊んでないので、この先どうなるかわからないけど・・・


KDJノミネートの「キングスジレンマ」は、大賞発表までに遊ぶことは出来なさそうなので、ここでSDJ予想をしておこう。

KDJは
「カートグラファーズ」
「ザ・クルー」
「キングスジレンマ」

まぁ、「ザ・クルー」が固いだろう。
「ザ・クルー」はSDJかKDJを取るだろうと思っていて、どちらに割り振られるかに注目していた。
ドイツでのトリックテイキング知名度の噂を信じて、予想はSDJだったんだけどKDJだったか・・・

「ザ・クルー」の無いSDJは、うって変わって予想が難しい・・・
「マイ・シティ」
「ノヴァルナ」
「ピクチャーズ」

「ノヴァルナ」は各システムのかみ合わせがイマイチな感じがして、どうもシックリ来ない・・・
「マイ・シティ」を遊ぶまでは、消去法で「ピクチャーズ」かと思っていたのだが、遊んでみたら「マイ・シティ」が急浮上してきた。
自粛期間に家族でまったりチョコチョコ遊ぶのにも向いてるし。

ただ、「ケルト」に続いて「マイ・シティ」が受賞となると、つくづくクニツィアは受賞運が無いなぁ・・・
「ケルト」や「マイ・シティ」単体で見ると悪くないんだけど、もっとふさわしいクニツィアゲームがあるだろう・・・っていう意味でね。