Skip to content →

タグ:

キムの名は

評価:5/10

一族の名前を作る神経衰弱。
北条投了さんの時事ネタゲーム。

コンポーネントは、カードを自分で切り離すタイプで、一昔前の同人クオリティ。
テーマ的にも危うさしか感じられない。
だが、システム的には神経衰弱を新しい角度でアレンジされていて面白い!
いけてるイラストとテーマだったら、もう少し話題になったかも。

キュボサウルス

Cubosaurs

評価:5/10

「キューバード」の続編っぽいゲーム。
デザイナーは違うし、システムも全然違う。

7種類の恐竜×7枚と卵カード6枚。
各プレイヤーに4枚ずつカードを配り、それを自分の前に表向きに置く。

スタートプレイヤーは山からカードを1枚引いて手札とする。
その手札を獲得して自分の前に置くか、手札を次のプレイヤーに回すか。
手札を渡す場合は、自分の前からカード1枚を取って手札に加えてから回さなければならない。
その際、手札に既にある恐竜は追加は不可。

これをひたすら繰り返して、最終的に自分の前の恐竜から得点。
恐竜の種類によって得点形式が違って、1枚だけ持っているのが高得点だったり、4枚以上集めるのが高得点だったりする。

ルールを読んだ感じは非常に好感触で、ワクワクして始めたのだが・・・
遊んでみると「何かおかしい・・・」

基本的に自分の前にカードが多い方が得点が取りやすいバランスになっているのが問題じゃないかな・・・
みんなカードを取りたがってしまって、基本システムと噛み合っていない。
取ったカード枚数が多いとマイナス点を食らうとか、何かしらの調整を入れたらもっと面白くなりそうなのだが・・・基本ルールに可能性を感じるのでもったいなく感じた。

キャサリン

Catherine: The Cities of the Tsarina

評価:5/10

少し変わったカードプレイの45分級ゲーム。
「モルタールへの入口」や「チームプレイ」デザイナー、dlp gamesの新作。

カードを自分の前に2枚ずつプレイしていくだけ。
このプレイ方法に特徴がある。
1枚はアクション効果やアイコンとして配置するメインカード。
もう1枚は、それまでにプレイしたメインカードを起動する為だけのサブカード。

手番は同時進行。
というのも、他プレイヤーと絡みがあるのは、ラウンド毎の「セブンワンダー」式の軍事力比べと、本アイコンのマジョリティボーナスだけ。
地図っぽいボードがあるので陣取りをしそうな雰囲気を感じるが、各エリアにそれぞれ1個ずつ置けるスペースがあるので、ここにインタラクションは無い。

大変ソロプレイなわけだが、手札管理とカードプレイの方に、そこそこやりがいがあるので気にはならない。
ここにインタラクションが入ってくるとパニックになりかねないので、丁度いいバランスなのかも。

ちょっと地味すぎる気がするけど、嫌いじゃない・・・
カードプレイのマニアックさも2回遊んだら飽きそうな薄っぺらさを感じるが・・・あるいは深みが見えてくるか?

ギャングスター(QANGO VERLAG)

Gang Star

評価:5/10

少し変わった手札交換ゲーム。
BGGに登録が無いのだが・・・おそらく新作。

6枚×6色+警官カード8枚+ジョーカード1枚の計45枚。(5人プレイ時)
カードは配り切り。

目的な手札に同色6枚を揃えること。

手番では、手元の同じ色のカードを1~3枚、任意のプレイヤーに渡す。
受け取ったプレイヤーは、その色のカードを渡された枚数以上持っていなかったら、そのままカードを受け取って終わり。
その色のカードを渡された枚数以上持っていたら、渡されたカードと同色同枚数のカードを添えて返さなければならない。

手元に同色6枚が揃ったら公開して1点獲得。

特殊札が少しある。
まず、警官カード。
これはいわゆる防御カードで、本来返さないといけないカードの代わりに警官カードを返すことが出来る。
警官カードは使われるとすぐに捨て札になるので、ゲームの収束性は守られている。

各色1枚ずつあるボスカード。
このカードは1枚渡すだけで、受け取ったプレイヤーはその色のカードを全て渡し返さなければならない。
非常に強力なカードだが、警官カード1枚で防御できてしまう。
出すタイミングが重要となるカード。

最後にジョーカード。
ブラフ用のカードで、受け取ったプレイヤーはただ手札に入れるだけ。
何か重要なカードが移動したように見せかけるのに使うのだろう。

ルールを読んだ段階だと、「ポンジスキーム」や「クーハンデル」のようなゲームかと思ったのだが・・・
実際遊んでみると各自の思惑が交錯する心理戦というよりも、序盤にたまたま取引が上手くいったor上手くいかなかったことで互いの手札が透けた2人の戦いが各所で繰り広げられる展開となってしまった・・・

何かちょっとした工夫で、他に無い傑作が生まれそうな予感がするのだが・・・
もしくは、楽しみ方を間違えたのだろうか?

ギガンテン

Giganten

評価:5/10

石油発掘と輸送と売却。
「五番街」デザイナー。1999年。

トラックを進めて石油を掘って、列車を進めて輸送路を確保する。
石油は3つある会社に輸送する。

毎ラウンド、各会社で売却できるプレイヤーは1人だけ。
これは競りで決めるのだが、競りで使うのはお金では無くて売却許可書という別のリソース。
前述した移動をたくさんすると売却許可書はあまりもらえず、移動を抑えると売却許可書がたくさんもらえる。
このバランス取りがこのゲームの肝。

各会社に保存できる石油は2個までなので、いずれ売却権を競り落とさなければ掘った石油が無駄になってしまう。

安値で競り落とさせないために、ハイリスクノーリターンの捨て身のお仕事が発生する。時代を感じるデザイン。
それら辺を許容できれば、十分楽しめる。

持ってない額の競り値を言って競り落とすとペナルティがあるんだけど、お仕事やブラフとして持ってない額を言って落札額を上げさせることがあるのが新鮮だった。

恐竜発見!

Dino Detektive

評価:6/10

恐竜の化石の発掘。
「傭兵隊長」や「シラ」のデザイナーの古い作品。

ラウンド開始時にダイスを振って、対応するマスに化石タイルが裏向きで置かれる。

手番では「移動」か「発掘開始」の2択。

「移動」では、手札をプレイして自駒3つ(調査員、助手、犬)を移動させるのだが、手札を何枚プレイしても良い。
調査員の移動先のエリアのタイルは全て表向きになる。

「発掘」を選ぶと自駒のあるエリアの表向きのタイル1枚を獲得する。
ただし、一回発掘を選ぶと、そのラウンド中は移動できなくなる。

タイルのセットコレクションで得点。
各種、早取りボーナスがある。

犬駒の存在が秀逸。
犬は他プレイヤーの調査員か助手と一緒のエリアにいないと機能しない。
他の駒と比べて弱いのだが、「他プレイヤーに絡んで行けよ!」というデザイナーのメッセージを感じられて、とても良い!

あんまり話題になっていない古いゲームだけど、もうちょっと評価されても良さそうな隠れた名作。
ただ、早取りボーナスが強すぎる気がするので、マジョリティボーナスに変えたり、点数を減らした方が終盤まで勝敗が分からなくなって良さそう。

キングドミノ・オリジン

Kingdomino Origins

評価:6/10

原始時代版「キングドミノ」。
拡張では無く、これだけで遊べるスタンドアロン。

まず、リソースが追加された。
タイル配置時に示されたリソースも一緒に配置される。
リソース毎の数比べでボーナス得点。

上級ルールでは、リソースを消費して人物タイルを購入できる。
人物タイルは土地タイル上に配置して「周りに残っている魚1匹ごとに〇点」とか「人物タイルグループが得点」等々のボーナス点を得られる。

あと、土地タイルの中に火山が追加され、配置時に炎タイルを周辺に配置できる。
炎アイコンは通常の「キングドミノ」での王冠シンボルにあたるので、グループの得点を増やすことが出来る。

少し難しくなっているけど、頭がパンクするほどでは無い。
プレイ後に「ちょうど良いトゥーマッチ」という妙な評価が下された。

キング・オブ・ザ・バレー

King of the Valley

評価:5/10


シンプルなタイル獲得ゲーム。
ゲームマスターのエッセン新作。
スカウトアクション7位。

タイルが5×5に並べられた共通盤面の駒を動かしてタイルを獲得していく。
駒の移動は縦横斜めに一直線移動。
移動先のタイルを1枚獲得するか、通過した経路上の1種類のタイルを全て獲得するか。

高得点のタイルは枚数が少なく低得点のタイルは枚数が多い。

全種類を集めボーナスと同じ種類をたくさん集めてのボーナスがあるので、それを狙っていく。

まとまってはいるが、全体的にとても古臭く、目新しい部分は皆無。

今回、4人プレイだったけど、このルールを活かすなら少人数で遊ぶ方が良さそう。

ここまでネイティブなバタ臭イラストを生み出せるのは、今やゲームマスターだけだ!

キングス&クリーチャーズ

Kings & Creatures

評価:5/10

東海道」や「グレンモア」の手番システムをカードで表現したようなカードゲーム。
ツォッホのエッセン新作。
Tabletopiaでプレイ。

場からカードを1枚ずつ取っていくゲームなのだが、手番順が特徴。
最後に取ったカードの右上に示された数字が一番小さいプレイヤーが常に手番プレイヤーとなる。
小さい数字ほど手番を取りやすいのだが、大きい数字になるほど効果が強くなっている。
「3枚獲得する」か「直前のカードよりも小さいカードを取る」とパスアウト。

1枚目は中くらいのカード、2枚目は大きいカード、3枚目で小さいカードにして次ラウンドの先手番を取りやすくするのが理想。
一回大きいカードを取ってしまうと中々小さいカードを取れずヤキモキするが、結果的に接戦になったので、バランスは良いのかもしれない。

キーマーケット

Key Market

評価:6/10

キーシリーズだけど、デザイナーはリチャード・ブリーズじゃない。
でも、醸し出す雰囲気は十分キーシリーズのソレ。

共通盤面で陣取りして、作物を獲得。
その作物を使って、特殊能力を得たり、市場に売却してお金を得たり。
ワーカーには毎ラウンド賃金を払う必要もある。

元は2010年のゲームだけど、2019年に第2版が出て色々調整されているみたい。

選択肢の多さだったり、各ステップの処理が直観的じゃ無くて頭に入りにくく、今遊ぶにはちょっと野暮ったさが見えるけど、自分でルールの意味を解析していく楽しさはある。