Skip to content →

タグ:

ヴィヴァルディ

Vivaldi

評価:5/10

メイフォローの「ナポレオン」。

4スート1~10。
メイフォローだが、フォローしないと勝てない。
更に、切り札ありなので、切り札を持っているといつでも切れる・・・

基本的に取ったトリックのランク合計が得点なのだが、1スートがマイナススートとなり失点となる。

メイフォローは自由度が高く、かなり心理戦寄り。
心理戦的な悩みが多くなりプレイ感が重くなってしまっている・・・

ウェルカム・トゥ・ニュー・ラスベガス

Welcome to New Las Vegas

評価:6/10

「ウェルカムトゥ…」の続編。
色々拡張が出てたみたいだけど、今回はカード類も一新した独立新作。

3組のカードから1組選ぶっていう基本ルールは同じだけど、得点形式が大幅に複雑化している。
説明は大変そうだけど、各ルールに不思議な部分は無いので、一回聞けば頭から抜けることは無かった。

やりごたえは十分。
終了タイミングを読み間違えると大量失点を負うバランスになっているので、真剣に勝負するなら他プレイヤーのシートをちゃんと確認しないとダメっぽい。
「ウェルカムトゥ…」も良かったけど、今回も良いね。

今ならBGAで無料で遊べるよ。

ウィンターキングダム

Winter Kingdom

評価:6/10

「キングダムビルダー」のヴァッカリーノ色を強めた続編。
Tabletop Simulatorでプレイ。

手札1枚で、その土地に家を置いていくという基本ルールは同じ。

盤面に点在した能力タイルが手札の能力カードと言う形に変わった。
それに伴ってお金と言うリソースが追加されている。
お金を支払って、手札を自分の前に出すことで次から毎手番その能力を使えるようになる。
ちょっとエンジンビルドっぽくなっている。

能力カードは様々な能力があるうえに、最初からトンネルと言う特殊能力を持っているので、「キングダムビルダー」と比べるとかなり選択肢は増えている。

個人的にはトゥーマッチ。
能力カードが強すぎて、思いもしない所から他プレイヤーの家が現れるのが結構なストレス。
自分の手番になってから、自分の能力をコネコネして最前手を探すパズルをする感じ。

「キングダムビルダー」に窮屈さを感じていた人には良い改良なのかもしれない。

お金の獲得方法が決まる「経済カード」、基本ルールに変更を加える「ツイスターカード」によって毎ゲーム異なるルールが楽しめるようになっている。

ウォン オーバー

Won Over

評価:5/10

トリックテイキングでレース。
パーカーブラザーズ。83年。

4スート、1~14。特殊札が6枚。
マストフォロー切り札有りだが、切り札がコロコロ変わる!

一直線のコースを進んでいきゴールを目指す。
コースの各マスにはスートカラーが示されていて、トップのプレイヤーの足元のスートカラーが切り札となる。
1トリック毎に勝者の駒が進むので、同じディールの間にコロコロと切り札が変わることになる。

他プレイヤーのいるマスはスキップするので、連続して勝つよりも互い違に勝つ方が効率が良くなっていて、たまにペア戦のような展開になるのが面白い。

特殊カードとして、必勝のスーパートランプカード2枚と、トリック勝者を脱輪させる邪魔カード4枚が入っている。
邪魔カードの存在によってトップ独走が許されないようになっている。
時代を感じるバランスの取り方だが、上手く機能している。
この邪魔カードの存在で、自然と接戦になるようになっている。

連続して遊びたいゲームでは無いが、たまに遊んでみたくなるタイプのゲーム。

ヴィレッジ・グリーン

Village Green

評価:6/10

カードピックで庭作り。
「キング・イズ・デッド」デザイナーの新作。

自分の前に4×4にカードを並べて庭を作る。
外側に目標カード、内側にグリーンカードを置く。
目標カードには「丸い黄色の花ごとに3点」とか「木が1本も無ければ6点」みたいな得点条件が記されて、その列、行に置かれたグリーンカードが対象となる。
至って一般的。

プレイ方法も変わったところは無くて
・場からグリーンカードを1枚手札に入れて、手札から1枚配置。
・場から目標カードを1枚とってすぐに配置。
のいずれかを行うだけ。
至って一般的。

グリーンカードの配置制限が厳しくて、隣接する「全ての」グリーンカードと「花の色」か「花の形」が一致してないとダメ。
これがかなり厳しくて考えずに置いていくと終盤に手詰まり状態になることもある。

ルール読んだ段階だと全然期待して無かったのだが、遊んでみると面白い!
配置制限とカード獲得方法、手札3枚の意味、目標カードは上書き出来るというルール。
至って一般的だと思った全てのルールに意味があったことに気づかされて痺れた。
こういうさりげない上手さを見せられると惚れちゃうね。

ほぼソロプレイのパズルゲームだけど、なぜか競っている感じはあって気にならない。
テンポが良いのと、パズル自体が難しいから気にならないのかな・・・?
終了トリガーをいつ切るかの探り合いだけでも十分インタラクションになってるのかも。

ウェイファインダー

Wayfinders

評価:4/10

水上飛行機で島々を開拓。
リソースを得て、島に格納庫を建てていく。

手番では「ワーカーを置く」か「ワーカーを回収&リソース獲得&移動&建設」の2択。

ワーカーは、8列あるリソース獲得エリアのいずれかに1つ置く。
各エリアには最大3ワーカーのみ。

ワーカー回収を選ぶと、対応するエリアからリソースを獲得。
それらのリソースを使って、飛行機を移動させて格納庫を建てる。
格納庫を建てると、特殊能力だったりボーナスリソースだったり得点が得られる。

誰かしらが格納庫を建てた場所はノーコストで移動できるようになるので、どんどん移動範囲が大きくなっていく。

視認性の問題だったり、リソース獲得システムの問題だったりで狙いが定まらない。
雰囲気は良いのだが、ゲームとしての完成度は低い。

ウォリアーズ 拡張1

Warriors: Dragon Hordes Expansion

評価:2/10

「ぼろ儲けカンパニー」的な枚数比べにダイスバトルをプラス!
アランムーン作。

自分の前にカードを並べて、最終的に色ごとの枚数が多いプレイヤーが得点。
カードプレイは簡略化されていて、7枚配られたカードの中から4枚を選んで配置。
その後、攻撃カードを出したプレイヤーが他プレイヤーにダイスロールバトルを仕掛ける!

このダイスロールが醍醐味なんだろうが、細かいルールが多くて全く入り込めなかった。
いきなり拡張入りで遊んだのも良くなかったのかもしれないが・・・
何にせよ大味なゲームということは変わらないだろう。

埋められた財宝

Buried Treasure

評価:4/10

順番に列の上からカードを取っていく、アブストラクト風ゲーム。 

ラウンド最初に6枚、5枚、4枚、3枚という構成の4列を作る。
その後、順番に列を選んで、一番上のカードを獲得。
カードによっては連続手番や、他プレイヤーから奪うアクションが付いている。
全部のカードが取られたら、色ごとのマジョリティ得点。  

手順自体は運要素が無いのに、セットアップに強烈な運要素が!
他プレイヤーから奪う効果のカードが多すぎて、ストレスが溜まる。時代を感じるね・・・

終わってから気づいたけど、色ごとに総枚数のバラツキがあるみたい。 
これを踏まえてやると多少はマシになるかもしれない。

ヴァイエン

Vejen

評価:5/10

デンマークとドイツ間の交易。
新人デザイナー。

2種類の貨幣を使うのが特徴。デンマークのクローネとドイツのターラー。
デンマーク国内での売買はクローネで行われ、ドイツ国内ではターラーが使われる。

ラウンド毎にそれぞれの貨幣価値が変わるので、これを利用して儲けを出していく。

資源売買で儲けを出す以外にも、資源を使って建物を作ることも出来る。
資源の積み込み場所を増やしたり、高級資源を作れるようにしたり、移動能力を上げたりできる。

ルールを読んだ段階だと、オリジナリティ有りつつ、バラエティある拡大要素もあって、絶対に面白い気がしたのだが・・・
実際遊んでみると、序盤以外は同じことをひたすら繰り返す単調なプレイに・・・
交易というテーマながら、他人との絡みがほとんど無く、ほぼソロプレイ。

ボードの雰囲気やコンセプトは良いもの持ってるのに・・・残念。

ウェーブレングス

Wavelength

評価:6/10

「座りやすい↔座りにくい」「悲しい映画↔楽しい映画」「ファンタジー↔SF」みたいな相対(?)するテーマを使ったパーティーゲーム。

ヴァルシュの新作。

チーム戦。

「冷たい↔熱い」みたいなお題が提示される。

ゲージの左端が「考えられるもっとも冷たいもの」、右端が「考えられるもっとも熱いもの」。

親にだけ、目標となる割合が与えられるので、ヒントの言葉を1つ言って、チームメイトに当ててもらう。

中央だったら「空気」、ちょっと右寄りなら「肉まん」、かなり右なら「溶岩」という感じ。

コンポーネントがしっかりしていて、それだけで「遊び」を「ゲーム」に引き上げてくれている。

「Small↔Tiny」みたいなネイティブじゃないとわかりにくいお題もあるけど、色んなお題があって飽きなさそう。