Skip to content →

タグ:

イオの庭

Gardens of Io

評価:5/10

火星の庭」の後続ゲーム。
得点形式だけ同じで、他は結構変わっている。

いわゆるクラマートラックで得点を記録するゲームなのだが、この得点駒の位置が大事になる。
得点駒から見て、直線上にあるマスに手持ちの駒を配置。
配置した駒と同じ色のグループの大きさによって得点が入る。

あと、各色の最後の駒を置くことが出来ると連続手番が行える。

前作「火星の庭」はダイスロールによる運要素があったけど、今作は運要素無しの完全なアブストラクトゲーム。

今回5人プレイだったので、多人数アブストラクトによくあるバランス調整展開になるかと思ったのだが、どう動くのかほとんどよめないので、流れに身を任せるプレイになった。
3人ぐらいだと考えて手を打てそうだけど、流石に5人だとその場その場の流行にのる手になっちゃうね。

個人的には「火星の庭」の方が遊びやすいし、考えどころがあって好き。

イグゾースト

Exhaust

評価:5/10

役を出し続けて脱落を免れる。
オカズブランドの新作。

手番では、手札から「1ペア」や「フラッシュ」といった役を出していく。
役が出せなくなってしまったら脱落。

同じ役を出す場合は、前の役よりも強いランクや多い枚数にしなければならない。
早めに強い役を出して、追い込むか、弱い役から出して様子を見るか。

プレイ感としては計画が崩れにくい「大富豪」という感じ。

これを今風に合わせてきたと捉えるか、駆け引きが薄れたと捉えるかで評価が分かれそう。

イッツ・ア・ワンダフル・キングダム

It's a Wonderful Kingdom

評価:5/10

イッツ・ア・ワンダフル・ワールド」を2人用にアレンジ。

基本ルールは同じなのだが、2人なのでブースタードラフトでは無くケーキの切り分け的な分配方法になっている。

山から2つのエリアにカードが1枚ずつ置かれる。
各プレイヤーは手札8枚ずつ。

1人のプレイヤーが手札からカード2枚を好きなエリアに配置する。
1枚ずつ置いても良いし、1つのエリアに2枚置いても良い。
逆のプレイヤーが1つのエリアを選択して、そこにあるカードを全て獲得する。(手札とは別にしておく)
場に残ったカードはそのままで、役割を交代して同じことを行う。
これを手札が無くなるまで手番を行う。

ここに心理戦要素をプラスしている。
マイナス点となるお邪魔カードの存在と裏向きに配置できる権利。
ルール読んだ段階だとアクセントとして効いているのかな?と思ったのだが、遊んでみると想像以上に心理戦要素が強いゲームになっていた。

個人的には、ちょっとこってりしすぎて好みではないバランス・・・
このシリーズの根幹となる拡大再生産と心理戦がミスマッチに感じた。

最初からモジュールが3つ付いていて、3種類の味が味わえるようになっている。
別のモジュールだと感覚が違うかもしれないので、そこに期待したいが・・・はたして。

いやどす

Iyadosu

評価:7/10

手札を2つに分割するトリックテイキング。
ゲームマーケット新作。

4スート、1~12。(4人プレイ時)
マストフォロー切り札あり。(ただし、一部メイフォローになる)

カードは配り切り。
「ボーナンザ」のように手札を並び替えてはイケナイ。
手札に「いやどすカード」を差し込んで手札を2つに分割する。
「いやどすカード」より左が通常手札。
「いやどすカード」より右が特殊手札。
この時の特殊手札の枚数が取るトリック数のビッドとなる。

基本は通常手札を使うのだが、条件がそろっていると特殊手札から出せる。
その条件は「通常手札にフォロースートがある」。(自分がリード時は不可)
特殊手札からカードを出す場合はメイフォローとなる。

特殊手札が0枚になると、自分の「いやどすカード」を場に出すのだが、このタイミングは他プレイヤーと比べて後に出す方が得点が高くなる。
ただし、特殊手札が0枚になる前に通常手札がなくなってしまうと脱落。

得点は「自分より前に出された「いやどすカード」の枚数+脱落プレイヤーの人数」がプラス点。
ビッドと実際に取ったトリックの差がマイナス点。

と、ざっとルールを書いたが、文章だけだとチンプンカンプンだろう・・・
実際、1ディール遊んでみないと各ルールがどう機能しているのか全く分からない。
が、遊ぶごとに次々と気づきがある。

「粗削りだなぁ・・・」と感じたかと思うと、次の瞬間には「いや、これはものすごいゲームなのかもしれない・・・」と思ったり、そんな掴み切れないゲーム構造が最大の魅力。

決して一般向きのゲームでは無いけど、変わったトリックテイキングを求めている人には是非体験してもらいたいゲーム。

プレイヤー人数分のダイス(ビッドを示す)とカードスタンド(特殊手札用)があると遊びやすくなると思うよ。

いちご王国カレンダー

評価:5/10

四則演算で15を作る。
ダイソーの100円ゲーム。

4枚並べられた数字カード。
これらの数字を足し引き掛け割りして15の答えを作る。
一番早く答えたプレイヤーが得点なのだが、
手番プレイヤーは何枚使って15を作っても良いのだが、他プレイヤーは4枚全て使って15を作らないとイケナイ。

手番プレイヤーがメインで、他のプレイヤーが暇にならないように難しいお題を与えている感じ。

勉強ゲームとしては良いかもしれないけど、楽しんで遊べる感じでは無いかな・・・
あからさまに得意不得意が出るし・・・

100円なのにカードにエンボスがかかっているのに驚いた。

イントゥ ザ ブルー

Into the Blue

評価:5/10

潜水がテーマのダイスゲーム。
クニツィアの新作。

1~5と宝箱の目のダイスが6個を「ヤッツィー」振り。
1種類の目を選んで、その目のエリアにダイス個数分の駒を置く。
だけど、1から連番でつながっている目しか選べない。
つまり、1,2,2,3,5,5の目だと1に1個 or 2に2個 or 3に1個しか選べず、5に2個は置けない。

あと、1,2,3,4,5,宝箱が出ると「パーフェクトダイブ」となり宝箱タイルを取ってもう1手番出来る。

最終的に、各エリアでマジョリティ得点を計算して、宝箱の得点と合わせて一番得点の高いプレイヤーの勝ち。
タイブレイクが一階層上のマジョリティというのが、クニツィアらしさかな。

シンプルなダイスゲームなので、盛り上がるは盛り上がるが・・・
ちょっと新味が無さすぎるか・・・

いろいろぐるり

Bunt Herum

評価:6/10

「ハゲタカまっさかさま」のリメイク元。

ルール的にはほどんど変更ない。
1~6のタイルに最初からイラストが描かれているのが違うところかな。
特にプレイに関係はない。

イエティ!セットゴー!

Yeti! Set GO!

評価:4/10

イエティがミットボールを氷山に蹴り入れる。

イエティの頭を叩いてミートボールを飛ばす。
この時、つっかかる感じがあって、イマイチ調整が決かない。
アクションゲームなのに上達する感じが無いのは良くない。

イラストリー

Illusstori

評価:5/10

用意された絵で行う「絵しりとり」。
日本の同人ゲームなだがBGAでプレイ可能!

イラストのみが描かれたカードを出して、しりとりをしていく。
ラストレター」を手番制にした感じかな。

「ラストレター」と比べると絵がシンプルなので、ワードセンスが試される。
更に手番制な分、大喜利感が増しているかな。

カードが出るたびに、その言葉を許すかどうかの判定が入る。
この部分が引っかかってしまった。
本気で勝ちに来るクレイジー野郎が大半だったらどんなに真っ当な答えでも否定し続けてしまうのではないか・・・?
そんな奴らと関わるなって話なのだが、何か引っかかってしまう。
「ラストレター」でも解決されてない問題なのだが、テンポで紛れてしまっていた・・・

2人のプレイヤーがカードと解答を出すようにして、どちらが良いかの投票式にすれば解決するかも・・・テンポが異常に悪くなりそうだが。

イベリアン・ゲージ

Iberian Gauge

評価:6/10

キャップストーンゲームズのアイアンレールシリーズ第3弾。
リメイク元は2017年発売。
現在プレオーダー中。
Tabletop Simulatorでプレイ。

デザイナーは第1弾の「アイリッシュゲージ」と同じデザイナー。
他だと、「ノーザンパシフィック」も同じ作者。

プレイヤーのお金と会社のお金が別になっているタイプ。
そうなると複雑そうに思えるが、もろもろ簡略化されていて1時間級の鉄道ゲームとなっている。

株を購入することで、その鉄道会社の鉄道を敷く権利が得られる。
普通の鉄道ゲームだと株を一番持っているプレイヤーが代表して敷設するが、このゲームでは、毎ラウンド、株を買った順に1マスずつ線路(鉄道駒)を置いていく。

株を多く持っていると置ける数が多くなるわけだが、1株だけ持っている奴が変な配置してきても誰にも反対されない!
貴重な資産を使って無謀なロングトンネルを作り出したりしだす・・・

あと、他の鉄道会社の線路と接続するとその線路を借りることも出来て、新たに線路を敷くよりも安く済む。
この時に、鉄道会社間で金のやり取りが生じるので、これをうまく使うことも大事になってくる。

肝だけを残してギリギリまでそぎ落とした感じでワクワクするゲームデザイン。

1回遊んだ段階だと、プレイ幅が狭い気がしたが・・・どうなんだろう。
本道から外れたプレイングが可能かどうかを確かめたい衝動には駆られる。
でも、変な動きしてハブられると脱落する怖さがあるからな・・・