Skip to content →

タグ:

アホイ(レダーゲームズ)

Ahoy

評価:5/10

ヴァスト」「ルート」と、超非対称ゲームを作ってきたレダーゲームズの新作。

今作は非対称具合がマイルドになっている。
最大プレイ人数は4人で、そのうち2人はエリアマジョリティをし、残り2人はピック&デリバーをする。

ピック&デリバーをすればするほど、エリアの価値が上がっていき、それによってエリアマジョリティ組のエリア濃淡が出来るようになっている。

「ヴァスト」や「ルート」と違って、手番でやることは大体同じ。
ラウンド開始時に振った自分のダイスを、マイボード上に配置して対応するアクションをするだけ。
アクションの種類も7割方同じ。
インストは他2作と比べたら、だいぶ楽。

「クロマグロ中隊」は手数の多さと攻撃力でゴリ押ししていくパワー型。
それに対する「軟体動物連合」は特殊カードを上手くつかってマジョリティを取りに行くテクニック型。
後の2人は全く同じ能力の「密輸業者」。
ただひたすらに商品を運び続けるのだが、運んだカードが「クロマグロ中隊」か「軟体動物連合」の株券みたいな扱いになるので、状況次第では戦闘で一方を応援することも大事になってくる。

1時間ぐらいで終わるので、非対称ゲームの導入には良さそう。
でも、遊びやすくまとめた分、衝撃も薄いかも・・・

個人的には、もっとユーロ寄りの超非対称ゲームを待ち望んでるんだけどな・・・

アトリエ ~巨匠たちのスタジオ~

Atelier

評価:4/10

絵具を集めて絵画を描く(?)
デザイナー不明。

手番ではダイス4個を振って、出目に対応するアクションを実行。
出目が気に入らないダイスは残しておいても良くて、次の手番に残して置いたダイスを振りなおしてアクションを実行できる。

絵具のセットコレクションで絵画を獲得するのが目的。
絵具の獲得方法が特殊でまず自駒を色のエリアに配置する。
絵具獲得アクションをすると自分がマジョリティを取っている全てのエリアの絵具を1つずつ獲得できる。

絵具を一気に手に入れたいので駒をたくさん配置したいが、絵具の獲得の出目が出ないと何ともならない。
そこら辺のタイミングの取り合いが面白どころかな?

絵画カードに特殊効果と得点があるのだが、これのバランスがデタラメな印象。

アベカエサル(2022年版)

Ave Caesar

評価:7/10

1989年に発売された傑作レースゲームのリメイク。

コースが8種類、オプションルール5つ、バリアントルール7つが追加されている豪華バージョン。

「余った歩数は捨てる」っていう間違えたルールで遊ばれていたこともあるようで、そのルールもオプションルールの1つになっている。

今回は、バリアント2つを入れて遊んでみた。

1つはデッキ構成の変更。
通常のスタンダードデッキは1~6が4枚ずつ。
スピードデッキは6が1枚増え、1~3が1枚ずつ減る。
スーパースピードデッキでは6×6枚、5×5枚、4×3枚、3×2枚、2×2枚、1×1枚。

各自、好きなデッキを選んで使える。
スピードタイプの方が有利そうに感じるが、取り回しが難しそうで自由が効かない。
場をコントロールしやすいスタンダードデッキも善戦できた。

もう1つは、ゲーム開始時に各自デッキから1枚を裏向きで皇帝席に置く。
レース中に皇帝レーンに入ることで、そのカードを回収することが出来る。
そのカードが必要ないと判断したら、皇帝レーンを無視することも可能。

裏向きのカードは確認できないのだが、レースを進めるうちに「なんか大きいカードっぽいぞ」みたいなことが徐々にわかってくるので、そのうえで皇帝レーンに寄っていくかどうかを判断することになる。

アベカエサル」自体、久々に遊んだけど面白いね。
なんだが、ゲーム経験が増すごとに面白さが増すように感じる。
それとも、バリアントルールが(特にデッキ変更)が面白さに一役買ってる?

アクロポリス

Akropolis

評価:6/10

積み重ねるタイルパズル。
新人デザイナー。エッセン新作。

自分の前にタイルを配置していくタイルパズル。
タイルは何層にも重ねることが出来て、2段目は価値が2倍、3段目は価値が3倍・・・となる。
★付きのタイルもあって、それを配置することで対応する色の得点の乗数が追加される。
つまり、★が3個あって、その色のタイル価値が9の場合は3×9=27点となる。

色毎に得点化の条件が異なり、★がない色はいくら集めても0点なので、それぞれが自分の得意色を2,3色に絞っていく。
要らない色は思い切って土台にする決断が必要。

思った以上に解りやすく素直なタイルパズル。
パズル的には優しめに感じたので誰に出しても外さないだろうし、もちろん楽しさもある。
ただ、ちょっとリプレイ性には難があるかも・・・

アウト オブ サイト

Out of Sight

評価:5/10

足し算「タイムイズマネー」。

ダイス3つを振って、それらの目を足し合わせて、場に並んだ同じ数字のカードを取っていく。
30秒の砂時計が落ちきる前なら、いくらでもやって良い。
ただし、砂時計の落ち具合は見ることが出来ない。
自分の体内時計を信じて、良いところで終了宣言をしないとバースト!0点!

ルール以上でも以下でも無い感じかな。
上級ルールだと、上位3色しか得点にならないので、ちょっとゲーム性が増して良いかもね。

アドベンチャーゲーム:ザ・ダンジョン

Adventure Games: The Dungeon

評価:4/10

完全協力の謎解き(?)ゲーム。

「アンロック」+「ゲームブック」という感じ。
アイテムカードを組み合わせて数字を導き出して、その数字をゲームブックから探して物語を進めていく。

「アンロック」のアプリに飼いならされた我々はゲームブックをペラペラめくって文章を音読するのが億劫で億劫で・・・

あと、謎解きの難易度は非常に低い。
むしろ、ゲームブック的な「どっちに行くのが良いかな?」を楽しむ比重が高い気がした。

TRPGとかが好きな人には良いかもしれない。

アッティラ

Attila

評価:6/10

様々な民族への影響力を調整しながらのヨーロッパの支配。
サンクトペテルブルク」や「ディマッヒャー」のシュミール作。2000年。

手番ではやることは非常にシンプル。
手札6枚から1枚をプレイして、その色の駒を配置して、自分のその色に対する影響力を1上げる。
同じマスに何種類の駒も共存できるのだが、駒が5個以上置かれると戦争。
手番プレイヤーから順番にカードを裏向きに出していく。(何枚でも可)
出したカードとそのマスの駒の数を足して、一番少ない色の駒が全滅。
その後、そのマスには征服タイルが置かれて、どの駒も配置できなくなる。

戦争が1回、3回、6回、10回起こったタイミングで決算。
各色の影響力1位と2位のプレイヤーが得点。
1位は盤面のその色の駒数分が得点。
2位は盤面のその色の駒が置かれているマス分が得点。

序盤は味方を増やすためにも、2位でも得点が高くなるようにどんどん新たな地域に駒を置いていくことになるのだが、徐々に盤面が埋まっていき自然と1位と2位の差が生まれるようになっている。

あと、決算が起こるごとに影響力の上昇率が上がっていき、影響力の逆転がしやすくなっていく。

このあたりのちょっとしたルールでゲームの流れをコントロールするようなゲームデザインには本当にセンスを感じる。

アミグダラ

Amygdala

評価:6/10

脳の感情をつかさどる部分である扁桃体がテーマのボードゲーム。
クラマー&キースリング。
Tabletopiaでプレイ。

アズール:王妃の庭園」と、オーソドックスなエリアマジョリティを組み合わせたようなゲーム。

メインボード上を周回しながらリソースを集めて、そのリソースを消費してマイボード上のチップをメインボード上に配置する。

マイボード上のタイル取得順に制限があるのだが、それと同時にメインボード上ではマジョリティ争いも考えないとダメ。
更に、リソースやらお金やらアイテムは、合計で10スロットに収めるという制限まである。
お金のスロットの占め方が面白くて、コインごとに1スロットを占める。
なので、10金だと1スロットで良いのだが、9金になると5金コイン+1金コイン×4個で5スロットも必要になる。

色んなことをパラレルで考えないとダメで大変大変。
しかも、適当な手を打ってると、立ち直れない状況に陥ることも・・・
このずーっと苦しいデザインは人を選びそう・・・

3人と4人で遊んだけど、4人だと盤面の狭さっていう苦しさがプラスされるので、最初は3人ぐらいで遊んだ方が良さそう。(ダウンタイムもあるゲームだし)

Gamefoundで出資募集してたけど、集まりが悪かったのかキャンセルされちゃったみたい。
確かに偏屈おじさん向けのゲームで、あんまりクラウドファンディング向きのゲームではない気はする・・・

リテール版が出たら僕は買うよ!でも、視認性もうちょっとなんとかして!

アドベンチャー・レルムズ

Adventure Realms

評価:4/10

「デューン:インペリウム」が好き過ぎて作ってしまったのであろう同人ゲーム。
Tabletop Simulatorでプレイ。

「デューン」を遊ぶ前に、こっちを先に遊んでしまったので当初はどれぐらい似ているのかわからなかったんだけど・・・
「デューン」を遊んだ後だとわかる!
ほぼ丸パクリ!

コストの数値だったり、アクション効果が少し変わっているのだが、個人的には改悪しているように感じた。
「デューン」で感じたリソースのカツカツさとそれによる行動制限があまり感じられなくて、よく言えば自由に、悪く言えばボンヤリ動けるようになっている。

それにしても、ちゃんと許可取っているのか心配になるレベルの模倣具合だけど・・・大丈夫なのかな・・・?

アルティメットレールロード(アジアンレイルロード)

Ultimate Railroads

評価:6/10

今までの全ての拡張に新拡張「アジアンレイルロード」が加わった全部入り「ロシア鉄道」。

今回は、その中から新拡張「アジアンレイルロード」をプレイ。

工業トラックが個人トラックじゃ無くて、共通トラックになったのが特徴。
誰かが建てた工場の恩恵も受けられるわけだが、工場を建てる事にもメリットがある。

この変更自体は特に問題ないのだが、個人的に良くなく感じたのは「行き過ぎたボーナスコンボ」。
線路トラックで貰えるボーナスの数が増えている印象で、1手番のうちに本人も把握しきれなくなるぐらいコンボして、半分パニック状態に陥る・・・

もちろん基本ゲームや他の拡張でも、すごいコンボが発生してそれが魅力でもあるのだが、今回のは回数的にも長さ的にもちょっとやり過ぎに感じた・・・

コンボ系ゲームが好きな人は凄い興奮できるのかも。