Skip to content →

タグ: ア

争いのタネ

Zankapfel

評価:6/10

ある村の伝統的行事であるリンゴ収穫祭がテーマ。
相場変動とバッティング。

5×5のマスで区切られた果樹園。
その周りに、赤、青、黄、緑の数字が記されている。
この数字が、その場所のリンゴの価値を表している。
例えば、左に近づくほど黄リンゴの価値は上がるが、赤リンゴの価値は下がる。

ラウンド毎に、各プレイヤーは「カードを出す(リンゴを収穫する)」か「カードを買う(リンゴの収穫権を獲得)」か。

全員が行動を決定したら、スタートプレイヤーが果樹園にいる村長コマを1歩動かして今回の収穫場所を決定。
伏せたカードをオープンにしてリンゴを収穫する。

同じ色のリンゴを伏せてしまうと争い勃発!
各自が持っている1~10の数字カードを1枚選んで伏せて出す。(数字カードは使い切り)
その後、振るダイスの数を決定(ダイス1個につき2点払う)して、ダイス結果+カード数値で勝負。
勝者のみが収穫でき、敗者は何も得られないし使用したリンゴカードまで失う・・・

敗者に容赦無い荒々しさがあるけど、だからこそ感情を揺さぶる面白さがある。

各マスには収穫チップが1枚ずつ置かれていて、村長が移動するとそのマスの収穫チップが取り除かれていく。
これが相場変動を予測させるようになっていて、
単純なバッティングゲームでなく、考えどころがあるゲームに仕上がっている。(とはいえ、要所でのバッティング回避やダイス運が大事になってくるが・・・)

このタイプのゲームは今後生み出されることが無さそうに思えて所有欲が刺激される

アタンダッラ

Attandarra

評価:6/10

ドイツのアタンダッラ地方を舞台にしたタイル配置ゲーム。

元はドイツの同人(セルフパブリッシュ)作品。
同人なのでインターフェースは洗練されて無いけど、妙な魅力がある。

毎ラウンド最初に12金を貰って、それを使って個人ボード上に建物を建てていく。

個人ボードへのタイル配置ゲームなのでソロプレイゲームかと思って挑んだのだが、いざ遊び始めてみると強烈なインタラクションが待ち受けていた。

共通の場に置かれている市民チップとコインチップの取り合い。
ここがこのゲーム一番の見所!
市民は横軸、コインは縦軸に並ぶ同種チップの枚数が購入価格になる。
基本的に先に買う方が高くつくので、睨み合いなのだが、各マスに置けるチップは1枚ずつしかないので、高くても取らなくてはならない状況も・・・
さらに、各マスには2枚のチップが置かれていて、市民の上にはコイン、コインの上には市民が重ねられている。
誰かが、市民を買うと下からコインが現れるので、それを狙うおこぼれ作戦もある。

個人ボードのゲームだが、他プレイヤーの個人ボードを頻繁にチラチラしなければイケナイ!

ドイツのボードゲーム好きが自分の好きなゲームを作った感じで、プレイしていて嬉しくなるゲーム。

上級ルールはイベントが追加されたり、細々と複雑になりそうなのでサマリ必須っぽい。
十分に準備してから挑みたい。

アニマル・ヴィレッジ

Animal Village

評価:3/10

非常にシンプルなワーカープレイスメント。
同人カードゲーム。

7ラウンド制で、1~4ラウンドは1ワーカーしか使えず、5~7は2ワーカーになる。
ラウンド毎にアクションエリアが1つずつ増えるようになっていて、この増える順番は固定。

アクションは「お金獲得」「スタートプレイヤーになる」「得点(3種)の獲得」「得点のアップグレード」。
得点札は表は1点なのだが、裏面は2~4点の振れ幅が合って、これがほぼゲームの勝敗を決める。

ワーカープレイスメントとしてはシンプルだが、カードめくりまでの過程と捉えると煩雑過ぎる・・・

アンブロシア

Ambrosia

評価:5/10

ミツバチとなってハチミツ集め。

環状のコースを時計回りに移動させ、得点の高い花に止まることを目指す。

各自、自分のディスクが6枚重なった状態でスタート。
その上から何枚かを取って、取った枚数と同じ歩数分だけ時計回りに移動する。
例えば、3枚のディスクを抜き取ったら、その3枚を3歩移動する。

1枚だけになったスタックは移動不能。
あと、基本的に他プレイヤーのいるマスで止まることは出来ないのだが、1枚だけになっている他プレイヤーのマスには重なることが出来る。
他プレイヤーの上に重なると、それ以上重ねられることは無いので、邪魔だけじゃなく利にもなっているのは上手い。

自分の駒が一切動かせなくなったら、自分の駒が一番上にいるマスから得点。
自分の駒を1スタックにまとめたうえで、能力を持った駒を1つ選んで通常駒と変更できる。

かなり渋めなゲーム。
最初のうちは「どうすれば良いかわからん!」と言いつつ遊んでいると、徐々にやり方が見えてくる。
3人プレイだと、2人が争いだすと1人は伸びやかに動ける。
その1人に如何にしてなるかっていうゲームかもしれない。

アップダウン

Auf & Ab

評価:5/10

2つのランクを持つカードを使って「大富豪」。

チェンジカードが出ると、次のラウンドから強弱が逆転。
その上、使用するランクの色も変わる。

急にカードのランクが変わった時のクラっとする間隔は新鮮だが、ゲームとしての面白さに繋がっていないかな?
全てを把握して遊ぶには、どういう手札の持ち方が良いのだろうか。

アクアリン

Aqualin

評価:6/10

色グループ vs アイコングルーム。
コスモスのニュルンベルク新作。
2人用。

一方のプレイヤーは同じ色のグループを作ることを目指し、もう一方のプレイヤーは同じアイコンのグループを作ることを目指す。

場にタイルが6枚オープンされていて、そこから1枚選んで盤面に配置する。
配置の前に、すでに盤面に配置されているタイル1個を直線移動しても良いってのがポイント。
これがちょっとしたルールなのだが、思った以上にゲームに深みを生み出している。

配置できるタイルが制限されているのも、ガチガチになり過ぎなくて良い。

地味は地味だがネスターに比べたら若干華はある。
アブストラクト好きには受けそう。
コスモスの2人用は打率高いね。

悪循環

Teufelskreis

評価:5/10

両面タイルで行う神経衰弱。
エッセン新作。

5種類のイラストが描かれたタイル。
それぞれ、表裏は違うイラスト、かつ全く同じ組み合わせのタイルは無い。

お題となるイラスト4枚を全て表にすることを目指す。
間違えると、チップを1枚支払い、1枚正解を出すごとにチップを1枚獲得。
4枚目の正解を出すと場のチップ総取り+お題タイル獲得。

一捻り加えた神経衰弱で、子供受けは良いかも。
子供の記憶力に対して、大人は論理パズルで対抗できそうな気もするが、それにまして記憶がおぼつかない気がする・・・

アンドーンテッド:ノルマンディー

Undaunted: Normandy

評価:5/10

「ウォーチェスト」のデザイナー。

「ウォーチェスト」はデッキビルド + アブストラクトだったが、今作はデッキビルド + ウォーゲーム。
地形の防御力から、戦略を組み立てる感じなのだろう。

ユーロゲーム育ちの僕にとっては、ダイスロールによる戦闘は理不尽に感じてしまう・・・

カードめくりバーストゲームの確率計算は嬉々としてやるのに、なぜかダイスには白けてしまう。

もうここら辺は、個人の性癖だろうから何ともし難い部分。

アレゴリアの玉座

Throne of Allegoria

評価:5/10

女王死後の王座を狙う
シュピールワークスのエッセン新作。
「ビヨンド・ベーカーストリート」のデザイナーコンビ。

0~2のタイルをブラインドビッドしてアクション選択。
長時間ゲームでブラインドビッド!?しかもブラフあり!

アクションの種類数も多い!
その多くは、ほとんど同じルールなのだが、微妙に違う!
基本はシンプルなのに、(僕には)要らないと感じるルールを盛り込んできている・・・
絶対にもっとまとめられる!
このメーカーに慣れていない身からすると、「わざとややこしくしてるんじゃないの?」と感じるのだが・・・これが魅力なのかもしれない・・・

そこまでひどくは無いが、攻撃要素も少しある。
しかも、攻撃相手の選択は「勝ってそうだから」以外の理由がほぼ無い・・・
謎のマルチ味ふりかけ。

注目する部分も見当たらない・・・
メーカーファンじゃないと辛いんじゃないだろうか。

アウトフォックスト!

Outfoxed!

評価:5/10

手がかりを見つけて犯人を特定する。
協力捜査ゲーム。

容疑者カードが16枚裏向きで並んでいる。
この中に紛れる犯人を見つけ出すのが目的。

盤面に散らばる手がかりチップを集めて、犯人が身に着けていたものを特定していく。
また、容疑者カードは最初全て裏返っているので、これを表にしていくのも大事な行動となる。

犯人が身に着けている装飾品は3つだけなので記憶自体は簡単。
ただ、アクション成否ダイスロールのウェイトは高めなので、わかっていても負けることも多々ありそう。
手がかりチップをスロットに入れて、犯人が来ていたかどうかわかるギミックも特徴的ではあるが、そこまでの興奮は無い。