Skip to content →

Board Game Memo Posts

パンタレイ

Pantareï

評価:6/10

駒をスタックして7段以上のスタックを作ることを目指す。
Cosmoludoの2人用アブストラクト。
「ホキト」と同じデザイナー。

一直線に並んだ黒と白の駒。(一つだけ中立の木目駒)
各駒の上には1~3のシンボルが示されていて、これが移動歩数となる。

手番では「隠れていない自分の駒1つを移動する」だけ。
この時、下の駒も一緒に移動できるのだが直下の駒しか一緒に移動できない。
つまり、最大で2駒までしか一緒に移動できない。

これを繰り返して7段以上のスタックを作れたプレイヤーの勝ち。

基本的に見えている相手の駒を減らして選択肢を潰していくのだが不用意に5段を作ると、ヒョイッと、7段作られて負けてしまう。

駒の移動以外に「自分の駒(スタック)同士の位置を丸っと交換」という選択肢もある。
手詰まりになった時に、思い出して窮地を脱せることも。

終盤はニムっぽい思考になってくるのだが、それに集中していると、重なって隠れた駒の数字がいくつだったかっていう記憶要素が急に飛び出てくる。

Cosmoludoの他作品同様、程よいボリュームのアブストラクト!
序盤、中盤、終盤にかけての思考の移り変わりも面白い!

ブルゴーニュプラス(チーム戦)

The Castles of Burgundy

評価:6/10

ブルゴーニュの新バージョン。
8種類のミニ拡張が付属。

拡張の中でも一番期待していた「チーム戦」を試してみた。

2vs2のチーム戦となる。
チームごとにボードが1枚。
2人で協力して1つのボードを埋めていく。

リソースのほとんどがチームで共用なのだが、タイルの保管場所だけ個人用2マスずつと共用2マスに分かれている。

「ブルゴーニュ」の欠点はダウンタイムの長さ。
最初に「ブルゴーニュ」を遊んだのが4人プレイですごく時間がかかって、それ以来苦手意識が有る。

2人プレイがベストと言われていることもあって、チーム戦だとそこら辺が解消されるかと思ったのだが・・・
結果としては、余計に時間がかかる!
二人で相談して行動を決めることになるので、人によっては中々まとまらない・・・

面白いは面白いが、結局少人数で遊ぶのが良さそう。

イベリアン・ゲージ

Iberian Gauge

評価:6/10

キャップストーンゲームズのアイアンレールシリーズ第3弾。
リメイク元は2017年発売。
現在プレオーダー中。
Tabletop Simulatorでプレイ。

デザイナーは第1弾の「アイリッシュゲージ」と同じデザイナー。
他だと、「ノーザンパシフィック」も同じ作者。

プレイヤーのお金と会社のお金が別になっているタイプ。
そうなると複雑そうに思えるが、もろもろ簡略化されていて1時間級の鉄道ゲームとなっている。

株を購入することで、その鉄道会社の鉄道を敷く権利が得られる。
普通の鉄道ゲームだと株を一番持っているプレイヤーが代表して敷設するが、このゲームでは、毎ラウンド、株を買った順に1マスずつ線路(鉄道駒)を置いていく。

株を多く持っていると置ける数が多くなるわけだが、1株だけ持っている奴が変な配置してきても誰にも反対されない!
貴重な資産を使って無謀なロングトンネルを作り出したりしだす・・・

あと、他の鉄道会社の線路と接続するとその線路を借りることも出来て、新たに線路を敷くよりも安く済む。
この時に、鉄道会社間で金のやり取りが生じるので、これをうまく使うことも大事になってくる。

肝だけを残してギリギリまでそぎ落とした感じでワクワクするゲームデザイン。

1回遊んだ段階だと、プレイ幅が狭い気がしたが・・・どうなんだろう。
本道から外れたプレイングが可能かどうかを確かめたい衝動には駆られる。
でも、変な動きしてハブられると脱落する怖さがあるからな・・・

巨大ヴィラ・パレッティ

Palazzo Paletti

評価:7/10

コンポーネントが大きくなった「ヴィラ・パレッティ」。

直径で言えば2倍、面積なら4倍、体積なら8倍ぐらいのスケール感。

ルール的な違いは無くて、ただただ巨大になっただけ!
でも、それが良い!

「崩したくない!」って気持ちと緊張感が増して面白い!

こういうプリミティブなゲームはとにかく大きくすれば良い!

乗り間違い

Auf falscher Faehrte

評価:6/10

勝利条件が徐々に明かされるトリックテイキング。
2001年。

0~12、4スート。配り切り。
マストフォロー、切り札有り。

カードが配られたら、各自カードを1枚伏せて出す。
これを混ぜて山にしておく。
2~5トリックの後に、山のカードを1枚ずつめくっていく。
これが4枚めくられたあとに、合計値が24以上なら、「トリックを取るゲーム」そうでなければ「トリックを取らないゲーム」になる。
「トリックを取るゲーム」にしたければ、トリックを取り易いハイカードを捨てなければならず、逆もまたしかり・・・ニクい設定だ。

ここまででも十分面白いのだが、もう一捻りが効いている!
ラスト4トリックになった時点で一番負けているプレイヤーが切り札を変更できる。
これによって、読みが外れても逆転の目が残るようになっている。

少ないルールでオリジナリティあるゲームに仕上がっている。
デザイナーはこのゲームしか作ってないみたい。もったいない・・・

クロストーク

Cross Talk

評価:6/10

「デクリプト」をシンプルにしたようなお題伝達ゲーム。
「ストックパイル」のデザイナー。

2チーム制。
各チームから1人ずつが親プレイヤーとなる。

親プレイヤーは共通のお題を見て、それを仲間に伝えることを目指す。
最初に、各親は自分の仲間にだけヒントを1つ伝える。
その後、親が交互に全員に対してヒントを1つずつ出していく。
ヒントを出した後に解答チャンスがあるのだが、ヒントを出したのと逆チームにしか解答権が無い。
最初に伝えた秘密のヒントをうまく生かして、仲間にのみ伝わるヒントを出すことが大事になる。

あと、上手いのはヒントボードの存在。
もちろん、親プレイヤーは子プレイヤーと会話してはダメなのだが、ヒントボードを使ってコミュニケーションが出来る。
各ヒントの関連性や重要性を記号で伝えられる。
親プレイヤーが孤独になるっていう問題を多少なりとも解消している。

尖った部分は無いけど、勘所が理解しやすくて良いパーティーゲーム。

トップテン

Top Ten

評価:5/10

「ゾンビ世界で生き残れる隠れ場所:生き残る確率」みたいなお題に対して1~10に対応するお題を考える。
フランスのパーティーゲーム。

完全協力ゲーム。
各自に1~10の数字カードが配られる。
お題に沿った、その数字ぐらいの度合いの解答をする。
例えば先ほどのお題なら2なら「廃屋」、8なら「軍事基地」とか。
その後、親プレイヤーが数字が小さいと思うプレイヤーのカードをめくっていく。
数字が昇順じゃなかったらダメージを負う。

規定のダメージを受ける前に5枚のお題を達成できると勝ち。

国産の「イト」とそっくりなゲーム。
「ウェーブレングス」も似ている。

これらの中では一番テンポが良くサクッと軽く遊べる。
とは言え、プレイ感はどれも似ているんで、どれか1つ持ってれば良さそう。

ウェルカム・トゥ・ニュー・ラスベガス

Welcome to New Las Vegas

評価:6/10

「ウェルカムトゥ…」の続編。
色々拡張が出てたみたいだけど、今回はカード類も一新した独立新作。

3組のカードから1組選ぶっていう基本ルールは同じだけど、得点形式が大幅に複雑化している。
説明は大変そうだけど、各ルールに不思議な部分は無いので、一回聞けば頭から抜けることは無かった。

やりごたえは十分。
終了タイミングを読み間違えると大量失点を負うバランスになっているので、真剣に勝負するなら他プレイヤーのシートをちゃんと確認しないとダメっぽい。
「ウェルカムトゥ…」も良かったけど、今回も良いね。

今ならBGAで無料で遊べるよ。

キャピタルラックス2

Capital Lux 2

評価:7/10

前にTabletopiaで遊んだ「キャピタルラックス2」を現物でプレイ。
今回はCセット。

前のBセットでも感じたけど、共通場に出した時のアクションが派手になっているので、みんな場にカードを出しがちに。
結果的にバーストが置きにくくなっているように感じた。

やっぱり1と同じルールのAセットが一番良いんじゃなかろうか・・・
と思い始めております。

ヘルロフ

Herrlof

評価:5/10

オーソドックスなビッド型トリックテイキング。
でも、2人用。

4スート、1~9+特殊カード2種×3枚ずつ。計42枚。
手札15枚ずつ。

マストフォロー切り札有り。
手札を見て、自分が取るトリック数をビッド。
ビッドは紙に書いておいて、全トリック終わるまで公開しない。

1トリック1点+ビッドが当たれば10点のボーナス。

特殊カードはいつでも出せて「最弱+リード権獲得」と「そのトリック自体を無かったことにする」。
ランクごとにも特殊能力がある。
1は「これで勝利すると、相手の獲得済みトリック1つ奪っても良い」
3は「直ちに山札を獲得して、手札から1枚を山の下に戻す」
6が「これで勝利すると相手の手札からババ抜きしてから、手札から1枚をあてに返す」
9は「勝っても、次トリックは相手がリードする」

特殊カードを持っているか持っていないかで、1トリックのズレは簡単に生じるので、そこまで痺れるプレイ感ではなく、軽いプレイ感。
2人専用である意味合いが薄い。
何でこれを2人用に限定したんだろうか・・・
「負けるけどリードを取る」「勝つけどリードを渡す」あたりの効果が肝なのかな?
軽いプレイ感の2人用トリックテイキングって意味では存在価値はあるかも。