Skip to content →

Board Game Memo Posts

それは帽子ではありません

That's Not a Hat

評価:6/10

互いにプレゼントを贈り合って、間違えた物を贈らない、受け取らないようにするメモリーゲーム。
マジックメイズ」デザイナーの新作。

各プレイヤーの前に1枚ずつカードが表向きで置かれる。
スタートプレイヤーは山からカード1枚をみんなに公開してイラストに名前をつける。
そして、カードを裏返して、矢印で示された方向のプレイヤーに
「あなたの為の素敵な『ピアノ』です」と言って渡す。
渡されたプレイヤーはカードを自分の前に置いて、前から自分の前に置いていたカードを取って、(それが表向きなら名前を付けてから)、同じように隣のプレイヤーに「あなたの為の素敵な『イチゴ』です」と言って渡す。

これを繰り返すと、どのカードが何だったかわからなくなってくる。
自分に渡されたカードが「宣言されたものと違う!」と思ったら、「それは〇〇ではありません!」と言って、カードを公開して、間違えていた方が失点。

ルールを読んだ段階だと、「5,6枚のカードを記憶するだけ?余裕でしょ」と思っていたのだが、実際遊んでみると、カードがどんどん回るのでドンドン記憶があいまいになってくる・・・
おじさんには十分な難易度だった。

1人2枚担当するバージョンもあるので、記憶力が良い人達はそっちで遊べば良いだろう。

東インド会社(パスカル・リブロー)

East India Companies

評価:6/10

東インド会社をテーマにしたゲームは多いけど、リメイクとかでは無くて新作。
ビルトゥ」デザイナーの新作。

インドで商品を仕入れて、ヨーロッパで売る。

毎ラウンド決まる需要と供給を見て、設備を整えたり、船で商品を輸送して利益を出していく。
会社の利益は基本的に自分のものになるので経営を頑張りたいのだが、株システムが曲者。

他プレイヤーの会社の株を購入することもできて、保有数によっては自分が頑張れば頑張るほど他プレイヤーのほうが利益を得る状況になったりして、程々に頑張ることが大事になったりする。

この塩梅がよく分からず、自社株を頑張って上げた2人よりも、経営はそこそこで株の売買で利益を出したプレイヤーが圧勝した。

予想外の結果に驚きつつも、普通のゲームにない魅力を感じてしまい、頭から離れない。
なんだ!このゲームは!
すごくリプレイしたい!出来れば4人で!

アトリエ ~巨匠たちのスタジオ~

Atelier

評価:4/10

絵具を集めて絵画を描く(?)
デザイナー不明。

手番ではダイス4個を振って、出目に対応するアクションを実行。
出目が気に入らないダイスは残しておいても良くて、次の手番に残して置いたダイスを振りなおしてアクションを実行できる。

絵具のセットコレクションで絵画を獲得するのが目的。
絵具の獲得方法が特殊でまず自駒を色のエリアに配置する。
絵具獲得アクションをすると自分がマジョリティを取っている全てのエリアの絵具を1つずつ獲得できる。

絵具を一気に手に入れたいので駒をたくさん配置したいが、絵具の獲得の出目が出ないと何ともならない。
そこら辺のタイミングの取り合いが面白どころかな?

絵画カードに特殊効果と得点があるのだが、これのバランスがデタラメな印象。

27番目の乗客:狩猟列車

27th Passenger: A Hunt On Rails

評価:5/10

推理+バッティング。 

匂い(芳香、普通、悪臭)、
見た目(フォーマル、カジュアル、奇抜)、
声(優しい声、金切り声、深い声)
という3種類の特徴を持った27人のキャラクター。
それらのなかから1キャラを担当しつつ、他のプレイヤーのキャラクターを推理して殺す!

推理と書いたが、このゲームの推理は簡単。
1人を指定して、匂いか、見た目か、声を教えてもらえる。
つまり同じ人に3回質問したキャラクターが確定する。
しかも、誰にも割り当てられていないキャラクターの情報が次々と公開されるので、バンバンわかってくる。

推理よりも、アクションにバッティング的な要素があるので、そこでの読み合いだったり、誰が誰の情報を握っているかのマルチ的な縛り合いが発生する。

あと回答方法もちょっと変わっていて
「○○さんのキャラクターは●●!」って言うんじゃなくて、
「この中にキャラクター●●が居る!」って言う。
指定されたキャラクターを持っているプレイヤーは脱落!
流れ弾に当たって死んじゃうこともある。

なんとも雑だが、推理ゲームにしては短時間なので許せる。

情報がバシバシ出てくるので、詰めて詰めて確信を持って殺しに行くよりも、ある程度絞れたらエイヤッと行かないとダメそう。
真の推理好きには合わないかもしれないけど、軽いノリで遊ぶのは良さそう。

モエステイロ

Moesteiro

評価:5/10

ポルトガルの修道院の建設。
ピタゴラスのエッセン新作。

ダイスプレイスメント。
ダイス配置フェイズとアクション実行フェイズが別れている形式。
ダイス目がアクション強度となるのだが、出目の小さい順にアクションを実行するっていうバランスになっている。
このシステムに可能性を感じたが、遊んでみると平凡。

ピタゴラス発のゲームは、どれも情熱を感じるけど技術が足りてないというか・・・
不器用な熱血少年みたいで応援したくはなる。

ドラゴンパーク

Dragon Park

評価:5/10

透明なカードを重ねて観客を呼べるドラゴンパークを作る。
リュテス」のデザイナー。

5マス×3枚のベースカードが自分の前に並んでいる。
ここに透明なカードを重ねていく。

カードの取り方はブースタードラフト。

卵を覆うとプラス点、怒っているドラゴンを覆うとマイナス点となる。

ラウンド毎に得点計算があって、
そのラウンドのみ得点となるドラゴンの数、
水色のドラゴンのマジョリティ点、
各カード上のドラゴンの種類点などが得られる。

透明なカードが売りなわけだが、透明なカードへの印刷が難しいのか色合いがマチマチでドラゴンの形で種類を判定しなければならない。
それも相まって、ブースタードラフトでは隣のプレイヤーの状況など判断すること無く、自分に良さそうなカードをピックするのみとなった。(そもそも、カットを推奨しているゲームデザインでは無さそうだけど・・・)

ドラゴンの餌となる羊が足りないと観客(得点)が減るのがちょっと面白い。

フォシリス

Fossilis

評価:4/10

恐竜の化石発掘。
新人デザイナー。

アクションポイント制で、自駒を移動したり足場をスライドさせたり、見えている化石を拾ったりしていく。
拾った化石を使って恐竜カードを獲得するのが主な得点手段となる。
あと、スライドして落とした足場は自分のものになって、アイテムカードの購入に使える。

恐竜カードには1~3つの化石が示されていて全ての化石を集めると「完全復元」としてボーナスが貰える。
が、1つでも集めることが出来れば「部分復元」となってボーナスは貰えないがカード自体は獲得できる。
カードにはアイコンが3つ書かれていて、このアイコンのマジョリティ得点やセットコレクション得点は部分復元でも取れるので、誰も完全復元をしない!
完全復元で得られるボーナスよりも、マジョリティやセットコレクション得点を狙う方が明らかに得点が大きいのだ・・・

あと、アイテムカードの能力と得点もデタラメな感じもあって、不信感だらけのゲームデザイン・・・

ギミックを楽しむゲームだよってことかもしれないが・・・それにしてはルールが多すぎる気がするし・・・うーん・・・

オウナイロノーツ

Oneironauts

評価:5/10

夢の宇宙飛行士となって単語とイメージを一致させる協力ゲーム。

「LOVE」や「SHIP」といったお題カードが1枚公開される。
全員が手札から、その単語に合うと思うカードを1枚選んで場に裏向きで出す。
そこに山から1枚を加えてシャッフル。

全てオープンにして「山から加えられたカード」だと思うものを一斉に宣言。
当たった数だけ得点。

非常にオーソドックスな連想協力ゲーム。
「ディクシット」の発売が15年前ってことを考えると、流石に工夫が無さすぎる気がするが・・・
まぁ、細かいルールが無いので小さい子(もしくは、ルールを聞きたくない人)でも遊べるっていうメリットはあるね。

セント・パトリック

St Patrick

評価:6/10

2021年のエッセン新作「サルベージ」のリメイク。

アイルランドから蛇を追い払っとされる聖パトリックにテーマチェンジ。

ルールは変わらず。

みんなが手札を嫌いすぎて手札が一周した時の例外処理が追加されている。
普通にやってたら滅多に起こらないと思うけど、システム的な穴を補完してくれるのは嬉しい。

前は代用品で遊んだけど、やっぱり専用コンポーネントでは気持ちの入り方が違う!

あと、3人プレイは手札を1回回すだけで情報が丸見えになるので、向いてない気はする。
実質、4人専用ゲームかも。

リフト・バレー・リバース

Rift Valley Reserve

評価:5/10

シートをドラフトする紙ペン。
紙ペンには珍しいプレイヤーインタラクションの高さ。
BGAでプレイ。

各自、シート1枚と自分の色のペンを持ってスタート。

全員同時にシートに○か△かラインを描く。
その後、シートを左隣に渡す。

ラインを描く場合は自分の○2つを繋ぐように描くのだが、1回しか曲がれない。
あと、他の○や△が通過できないのはもちろん、他のラインとも交差できない。

自分のラインを様々なエリアに引いたり、動物の隣に引くことで得点。
このラインが得点の鍵となるので、ねらっていくのだが、○を2個描いてラインを引く間にシートが3周する…
この3周の間、他のプレイヤーに邪魔されないようにしないとイケない…

もちろん邪魔ばっかりしても自分の得点を稼げないので、許してもらえそうなギリギリを狙っていく感じか・・・

邪魔されたのが丸見えなので、人によっては不機嫌になっちゃうかもしれないけど・・・
短いゲームなので気楽にやるのが吉。