Skip to content →

Board Game Memo Posts

ボックスのかんじ

評価:4/10

漢字カードでカルタ。
新ボードゲーム党がゲームマーケットで発売予定の新作。

「2文字で言葉になる」「映画や漫画の題名に含まれる文字」「かけるもの」等のお題が出るので、当てはまるカードをカルタ取り。
当てはまるカードを見つけたらドンドン取っていって良い。

あとタイトルになっている「ボックス」がお題になっているものがある。
ボックスとは「漢字内の閉じられた空間」のことで「口」なら1ボックス、「文」も1ボックス、「間」なら6ボックス。
「ボックス数が偶数」とか「ボックス数が3」みたいなお題が出る。

通常のお題とボックスのお題が入り混じって出てくるので、考えるカルタと形状認識カルタで思考が揺さぶられるのが面白い。

ただ、見た目が地味すぎるのがネック・・・
「むしろこの見た目が良いんだよ!」っていう硬派な文系ゲーマーには良いかも。

グレンモアII:クロニクルズ

Glen More II: Chronicles

評価:7/10

「グレンモア」のリメイク。
今風にルールをアレンジ。更に8つの拡張が入っている。

1ではタイルの配置制限として道と川があったが、川だけになっている。
これは悩み所が絞られることになって良い変更じゃないだろうか。
ただ、イラストの川が分かりにくいので配置ミスが起こりやすくなっているのはマイナス・・・

あと、1では除去した駒でマジョリティ争いしていたが、これを開始タイルの城の上にいる駒数に変わっている。
あんまり意味合いは変わっていないかな。

一番大きな変更点は人物タイルの追加。
人物タイルは獲得しても自分の領土に配置せず、代わりに専用ボード上のボーナスを獲得できる。
このボーナスは早取りなのだが、後になれば配置コストが安くなるようになっている。
見るところが増えるので、人によって評価が分かれそうだけど、個人的には十分許容範囲内。
良い追加要素だと思う。

後は8つの拡張要素。
今回は一番簡単そうな「ハイランド人」ルールを入れたけど、これはあまり大きな影響が無さそう。
でも8つも拡張があれば末永く遊べて良いんじゃないでしょうか。

デメリットは箱が大きくなりすぎていることかな・・・
どうにかコスモス大箱ぐらいのサイズに収めてほしかった・・・

アークライト・カードゲーム

Arkwright: The Card Game

評価:5/10

アークライト」のカードゲーム版。

ボード版も基本ゲームを1回遊んだだけなので、あまり比較は出来ないが・・・
カードゲーム化といってもあんまり簡略化はされていない。
ボード版の基本ゲームと比べたらカードゲームの方がルール分量多いんじゃないか。

カードを使って色々表現したがる悪い癖が出てたり、細かい計算をさせる地味なプレイ感。
でも、借金の存在や1アクションで大量に購入できるルール等が、「やり込むとスゴイ動きが出来る」んじゃないかと思わせて来る。

個人的にヒット率は低いデザイナーなんだけど、なぜか新作を買い続けてしまう妙な魅力を持ったデザイナー。

ドージェ

Doge

評価:5/10

ベネツィアに邸宅を建てドージェになることを目指す。
コロヴィーニ。2000年。

やることは7エリアでのクローズビッド。
7枚の数字チップ(0,1,1,2,2,3,3)を3つのエリアに分割して置く。

全員が同時に任意の1エリアにチップを置いていくのだが、
既に自分のチップが置かれているエリアにはチップを追加できない。っていうのが肝。
必ず、3回別々のエリアに置かないとダメ。

チップを置き終わると、各エリアのマジョリティチェック。
1位は家を2個、2位は家を1個置ける。
家を規定数置くと邸宅に変換でき、この邸宅がゲームの勝敗で重要になってくる。
1位には更に評議員駒の移動の権利があり、この評議員駒はマジョリティ争いで追加の1票となる。
この評議員駒を使って、後のエリアでのマジョリティ結果に手を加えられるわけだ。
また、評議員駒の権利を放棄して、自分の家駒の移動をすることも可能。
家→邸宅化のコストは邸宅が増えれば増える程高くなるので、早めに邸宅化することも大事になってくる。

クローズビッドは苦手なジャンルだが、3回に分けた同時出しにすることでバッティング色を強めつつ、しっかり悩み所も残している。
ここら辺の調整は「流石コロヴィーニ!気が合うなぁ」というところか。

ただ、邸宅化のコストがだんだん上がっていくので、最初に出遅れたプレイヤーの逆転が難しい・・・
序盤に2回ぐらいミスると、立ち直れないんじゃないかな・・・?

ラグーナ

Laguna

評価:6/10

リアルタイムで真珠運び。

イカダに真珠を積んで、中央の島に届けるのが目的。
イカダの穴から島が見えてしまうと、座礁して手番終了。
矢印が見えた場合も、その方向に流されてしまう。
上手く真珠の位置を入れ替えて座礁や矢印を隠して進んでいく。

で、これをリアルタイムで行う。
砂時計のプレッシャーが冷静さを奪い、しょーもないところで座礁したり、何度も同じ場所を行き来させられたりする。

箱絵が面白く無さそうだけど、やってみると面白い。
他に似たゲームが無いので、やってない人は是非。

クレイジータイム(新版)

Crazy Time

評価:6/10

クレイジータイム」の新版。

少しルールが変わっている。
追加ルールを教えてもらえないのが、「敗者の1人」から「勝者」に変更。
あと、追加ルールを当てることによるボーナスが無くなった。

前者はともかく、後者は改悪なんじゃ?と思ったのだが、全然そんなことなかった。

パーティーゲームに大事なテンポを削がなくなっているのが何よりも良い。
とても良いリメイク!

江南

Jiangnan: Life of Gentry

評価:6/10

中国の江南での芸術家や文筆家の人生。
エコ・サークル」「泰山」のデザイナー。
キックスターターで出資募集予定。
Tabletop Simulatorでプレイ。

メインシステムはワーカープレイスメントとバッグビルド。
バッグからチップを4枚引いて、そこから1枚を選び示された位置にワーカープレイスメントする。
残ったチップ3枚の中から一番右端のチップに示された資源を得てからゲームから除外する。
ワーカープレイスメントはアクションを行うと共に、そのエリアの下に泊まっている船へのマジョリティ争いにも影響している。
ラウンドが終わると新たなチップを獲得していくのだが、この順番もワーカーの位置によって決まる。
また、船が右に移動してボード上からはみ出た船のマジョリティチェック。
1位を取ったプレイヤーが今後の得点計算でカウントされる要素を決定する。

このメインの流れが非常に美しく上手くリンクしている!
が、まだまだ端々の調整不足は否めない・・・
キャラクター能力の強弱があったり、何となくで手に入る資源が多かったり・・・
ここからの調整で傑作となるか佳作で終わるか・・・今後に期待したい。

フォート:キャット&ドッグ拡張

Fort:Cats & Dogs Expansion

評価:5/10

フォート」に犬や猫が加わる拡張。
犬モジュールと猫モジュールは個別に導入可能。

犬カードは子供カードと似たような扱い。
プレイするための条件があるが、そこそこ強力な能力が発動する。
プレイ後は自分の犬小屋に収まり、最終的に獲得した犬マジョリティで得点が貰える。
あと、庭に残っている犬は自分の捨て札に行くのではなく、左隣のプレイヤーの捨て札に行く。

猫モジュールはミニサイズのカード。
「手番終了時に自分の庭にカードが無い」等の条件を満たすで自分の元に寄ってくる。
自分の元にいる間、良い能力を与えてくれる。
最終的に自分の元にいる猫の数に応じて得点。

犬はテキスト効果を読むのが大変で翻弄され過ぎる。
基本もままならない我々にはプラスに働くことは無く、むしろマイナスに働いた。
猫の方は逆で、効果が弱いのであっても無くても変わらない印象。

総じてダメな拡張という評価。
「フォート」をやり込んでいる人向けかな。

サルベージ(代用コンポーネント)

Salvage

評価:6/10

「ハーツ」+「オーヘル」+「デュプリケートブリッジ」という触れ込みのトリックテイキングゲーム。
クー」のラ マーム ゲームズのエッセン新作。

エッセン会場で売り切れてしまったみたいなので、代用コンポーネントで遊んでみた。

基本は「ハーツ」。
4スート。1~9。マストフォロー。切り札無し。
赤スートは1枚あたり-1点。
青の7と黒の7は-3点。

手札を左隣に渡した後に「オーヘル」のようなビッドがある。
ここがこのゲームの特徴となっている。
15枚のチップがテーブル上にあり、ここから好きなだけ手元に持ってこられる。
このチップはいわゆるシールドで、今ディールで受け取ったマイナス点を打ち消してくれる。
そうなると、たくさん取れば良いって話になりそうだが、そうはいかない。
テーブル上のチップが無くなってしまうと、各プレイヤーは取ったチップ枚数だけ失点を負って、トリックは行わず手札をまるまる左隣に渡す。
そして、また改めてビッドをやり直す。
この部分が「デュプリケートブリッジ」なんだろう。(やったこと無いので知らないが・・・)

ハートブレイクは無いが、シュート・ザ・ムーンは有る。
シュート・ザ・ムーンはお仕事的な展開が生まれるのがちょっと気に入らない部分なのだが、今作ではシールドがあることでマイナス点を負わずにシュート・ザ・ムーンを妨害できる。

ビッドの何周もするルールも上手く考えられていて、ここでの駆け引きがゲームの肝。
手札が回った後、隣のプレイヤーに手札がバレている状態でやるビッドは更に痺れるものになる。

これは手元に持っておきたい渋いカードゲーム。
是非とも再販してもらいたい!

コードゼクス

CODE6

評価:4/10

子音だけを見て単語を推理。

親が秘密裏に6文字の単語を決めて、その子音だけをカードで示す。
「ロックバンド」なら「RTKBND」。
子プレイヤーはお題を推理。
難しかったら、ヒントをもらうことも出来る。

わかった時のピタッと感は楽しいけど、推理の過程はしんどいので直ぐにヒントが貰いたくなる。
そんな人には向いてないかも・・・