Skip to content →

Board Game Memo Posts

クロックワーカー

Clockworker

評価:6/10

同人ゲーム「プラネトリコ」をホビージャパンが商品化。

テーマが宇宙開拓から地球に残されたロボットの発展に変わっている。
テーマ的には元の宇宙の方が時間差で返ってくるワーカーに意味とロマンがあって良かった気がするが、ここら辺は趣味の問題かな。

ルールやカード効果にも手が入っている。
カード効果は見比べてみたけど、ほとんどの効果が変わっていた。
変更の良し悪しは、語れる程遊んでないので、なんとも・・・

リソースの得点化が「各リソース1個ずつで3点」固定だったのが、場に5枚公開されている得点タイルに変わった。(取られるたびに補充される)
3人プレイだったので気にならなかったが、4人だと巡り運みたいなのが気になっちゃうかもね・・・
元版は「ケイラス」みたいに「3色セットを集める」っていう基本指針を示していて、良いルールだと思うんだけど・・・ドライ過ぎる展開を嫌ったのかな?
その分、ワイルド資源が追加されている。

ちょっと強引に間口を広げようとしすぎって気がしなくはない・・・
ハンドル切ってからの変化が遅いゲームなので、もっと計画できるようにした方が良かった気がする。(例えば、得点タイルは手札式にするとか)
もうちょっと丁寧に調整してほしかった・・・

チューリップマニア

Tulpenfieber

評価:4/10

ダイスロールでチューリップ畑を作る。
ウヴェのエッセン新作。

めちゃくちゃシンプルなダイスゲーム。
ダイス4個を振って役を作ってタイルを置く。
ダイスは2回まで降り直し可能。

縦や斜めに直線でタイルを置くと振れるダイスが増えたり、3×2に置くとダイス目を固定できたりする。

「4段目を全て埋める」「5段目を4マス埋める」「5段目で3連続マス埋める」のいずれかを最初に出来たプレイヤーの勝利。

手番制だけど、あんまり手番でやる必要が無いので、みんな同時処理でやってしまった。
実際のゲームだとダイスの数が足りないので手番順でやるしかなさそうだけど・・・

全く見どころは無い・・・
シンプルにダイスロールを楽しみたい人には良いのかな???

シンクロナイズド

Synchronized

評価:5/10

練習通りの演技を行う。
チーム戦の記憶ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

各チームの前に7~10枚の練習用の演技カードが並ぶ。
一生懸命記憶する。
「もう十分だ!」と思ったプレイヤーがホイッスルタイルを取る。
相手チームのカードも含めてすべてのカードを伏せる。

各プレイヤーの本番用のカードが配られるので、練習カードと同じ並びで配置していく。
相談は禁止!

おじさん同士で遊ぶとプロットが1つずれてヘロヘロになったりして笑える。

ラウンド毎にカード枚数が1枚ずつ増えていく上に、特殊ルールが追加される。
「練習カードを交互に上下さかさまにする」とか「カードを伏せた後に相手チームのカード位置を変更する」等々・・・

4ラウンドも遊ぶと、流石に慣れてきて最終的にはパーフェクトが取れた!
記憶力が良いプレイヤー同士でも自分たちで制限時間を短くすることになるので、楽しめるんじゃないだろうか。

コンプロマット

Kompromat

評価:4/10

4列で「ブラックジャック」。
Helvetiqの二人用。新作。

各自、同じ内容の個人デッキを持つ。
場には4枚の得点カード。
デッキから1枚めくって、表向きでいずれかの得点カードの前に置く。
その後、1枚ずつ裏向きで同じ場所に追加していく。
気が済むまで追加して良いのだが、21を超えるとバースト。

これを交互にやって、全ての得点カードの前にカードが置かれると数字比べして勝った方が得点カードゲット!

バーストしたり、特定の得点カードを取ると悪名チップを受け取る。
悪名チップ1枚あたり1点なのだが、9枚貯まってしまうとゲームに負けてしまう。

ちょっとした心理戦なのだが、
4か所を同時にやる意味があんまりない・・・

「ブラックジャック」系のゲームは、イマイチなゲームが多い気がする・・・

フルーツパッション

Fruit Passion

評価:6/10

ギュミ」シリーズの最新作。

基本ルールは同じだけど、カード構成が変わっている。
フルーツが6種類から7種類に増えていてカード枚数も一律4枚ずつでは無く、大きな数字ほど枚数が少なくなっている。

捨て札山が5つでは無くて1つになっている。
カード構成が変わっているので不要なカードが減っていて窮屈さは感じない。

最初は記憶できているつもりでも、どんどん曖昧になって盛り上がるのは「ギュミ」同様。
「ギュミ」よりもしっかり調整されている感じがして好印象。

(追記)
3人、4人で遊んでみたけど、4人だと引き運が強調されて良くなさそう・・・

ドラゴンズ・インタレスト

Dragon's Interest

評価:7/10

ポンジスキーム」のリメイク。
舞台がファンタジーになっていて、プレイヤーは詐欺師では無くて国王となりドラゴンから金を借りて国を発展させる。

ルールにも、かなり手が入っている。
金と騎士という2種類のリソースを使うようになっている。
他プレイヤーとの秘密交渉では金を使うか騎士を使うかを選べる。(完全に自由に選べるわけでは無いのだが)
騎士は破産しても脱落することは無いが、獲得タイミングが限られていて持っていないことを悟られると秘密交渉でどんどん建物を奪われてしまう。

あと、借金の仕方も若干変わっていて、カードを使った握り競りで借入額を決める。
大きいカードを使うと多くの額を借りられるのだが、使ったカードは利子としてプロットされて定期的に返済しなければならなくなる。
「ポンジスキーム」は借入額と利子がセットで設定されていたのだが、競りによって利子の振れ幅が発生するようになりつつも、そこまで破綻しないようになっている上手いデザイン。

利子返済が早まったり、騎士の支払いが必要になったりするイベントもアクセントとして効いていてダレさせない。

「ポンジスキーム」を遊びやすく調整している。
たまに起こる公開オークションで相場観が掴めるし、そもそも金額スケールが小さくなっているので大きな相場ズレが起こりにくい。
ただ、詐欺というテーマや荒々しいルールから生まれる独自の魅力が薄れているのも確か。
遊びやすさを取るか、尖ったゲーム性を取るか・・・

これらの2つの傑作を商品化してくれたTMGが倒産(?)してしまったことが悔やまれる・・・
もう一つの忘れ形見である「クルセイダーズ拡張」もどうにか発売にこぎつけられないものか・・・

キュリアス・カーゴ

Curious Cargo

評価:4/10

「パイプライン」のデザイナーによる2人用ゲーム。
「パイプライン」が未プレイなので比較は出来ないが、タイルでルートを作るのは同じっぽい。

マイボード上の左側から出荷して、右側から入荷する。
出荷場所にはトラックが横付けしてくるので、そこに荷物が届くようにラインを作っていく。
荷物がのったトラックは対戦相手の入荷側に入っていく。
相手から送られてきたトラックの荷物を、今度は入荷側にラインを作って荷物を受け取る。

これだけなら、複雑ながら中々楽しそうなパズルなのだが・・・
ここに無駄に複雑なアクションの選択肢やら、ボーナスチップが入ってくる・・・
選択肢が多すぎて、ずっと頭パンク状態・・・

ただでさえパズルが難しいのに、細かいルールが多くてそこにも思考がもっていかれる・・・

普通に、タイルを2枚引いて2枚配置。
好きなトラックを選んで1枚差し込んでも良い。
の繰り返しで良かったんじゃないか・・・

ティーレックス

T-Rex

評価:6/10

恐竜を雑滅させたとされる隕石衝突がテーマっぽいけど、そんなテーマよりも変わったプレイ感に注目したいカードゲーム。
「カンパニーレ」や「ウルク」のデザイナーコンビ。1999年。

各自が同じカードデッキを持つ。
そこから5枚を手札にする。

順番にカードを1枚自分の前にプレイしていく。
前にプレイしたカードの上に重ねて置いていく。

誰かが流星マークが付いたカードを出すとラスト1周の合図となる。
流星マークを出したプレイヤーがもう1手番行うとラウンド終了となって、その時点で1番と2番のプレイヤーが得点となる卵カードを獲得できる。
逆に一番弱いカードを出したプレイヤーはスートの強さを変更できる。

強さが同値の場合は後勝ちルールなので、流星カードを出すことは大事なのだが、同値以上の流星カードを出されると、そのプレイヤーが起点となってまた1周することになる。
このラウンド終了タイミングをコントロールしていくゲーム。

あと、ラウンド終了時に全員がカードを1枚ずつ除去する。
除去するのはプレイカードの一番上のカードか山札の一番上のカード。
デッキは最初17枚なのだが、12ラウンド行うので最終ラウンドは6枚まで減ってしまう・・・
更にラウンド最後に、このラウンドプレイしたカードを「順番を変えずに」ひっくり返して山札の底に入れる。

こだわりを感じるゲームデザインだ。

最初はフワフワしてるんだけど、徐々に肝がわかってきて面白くなってくる。

出た時期が早すぎたゲームなのかも・・・
「デッキビルド」や「デッキ破壊」という概念を皆が認識しているかどうかってのはゲームの面白さを左右するだなと感じる体験だった。
僕は始めてプレイしたんだけど、発売当初に遊んだ人曰く「当時よりも面白く感じた」みたい。

ただ、得点形式が単純すぎて終盤に逆転不可能な状況になるのは粗さを感じた。
多色ボーナスを入れたり、最初に1枚ずつ裏向きで卵カードを配るとかすれば改善できそうな気はするが・・・

キング・オブ・ザ・ピッチ

King of the Pitch

評価:3/10

サッカーチームを作りつつ、試合をして真っ先に5勝することを目指す。
BGAでプレイ。

場からカードを選手カードを獲得してチームを強化していく。

マッチカードを出すと試合開始!
試合の勝負判定はシンプル!ダイスを振り合って大きい数字比べ!

選手をそろえることで振るダイスの個数を増やせる。
ダイス個数が増えても、振ったダイスの中で一番大きな目だけが有効なので、選手がそろって無くても勝てる見込みはあるぞ!

サッカー選手のトレーディングカードとかで「一応ゲームとしても遊べますよ」と付いているおまけゲームっぽい仕上がり。

ダイスロールとサッカーが好きで好きで仕方ない人にしかオススメできない・・・

サッカーゲームのしょーもないゲーム率の高さは中々のもんだな。

リフトフォース

Riftforce

評価:6/10

バトルライン風のカード配置で殴り合い。
今年のKDJ推薦リスト入り。

見た目や概要は純度100%のアメゲーっぽいけど、意外とユーロの血が入ったTCGライクゲーム。

10種類の種族から4種類ずつ選んでマイデッキを構築。
種族ごとに9枚のカードがデッキに入るのだが、構成は全部同じ。(5×4枚、6×3枚、7×2枚)

手番では、「カードプレイ」「カードのアクティベート」「列のチェック&ドロー」のいずれかを行う。

「カードプレイ」は「同じ数字」か「同じ種族」のカードを3枚までプレイ可能。

「カードのアクティベート」は手札からカードを1枚捨てて、配置済みのカードの能力を発動する。
捨てたカードの「数字」か「種族」を宣言して、その種類の配置済みの全てのカードの能力が発動する。
能力は相手側のカードにダメージを与える+種族ごとの特殊効果という感じ。
相手のカードの数字以上のダメージを与えると除去して1点獲得。

「列のチェック&ドロー」は各列をチェックして、自分側にカードがあって、相手側にカードが無い列毎に1点獲得。
その後、手札が7枚になるまで補充。

パワーで敵のカードを除去して得点を稼いでいくか、テクニカルにカードを移動させて列の支配で得点を稼ぐか。
ルールは少ないが考えどころは多い。
見た目に騙されずにユーロゲーム好きにも是非遊んでもらいたい。
Tabletopiaでも遊べるよ。