Skip to content →

Board Game Memo Posts

ブッダ

Budda

評価:4/10

「オーヘル」系トリックテキング。
Tabletopiaでプレイ。

1~14。4スート。特殊カードが14枚。(5人プレイ時)
マストフォロー切り札有り。

カードの強さは
ブッダ(1枚)>陽(5枚)>切り札>その他>陰(5枚)。
出した時に陰か陽か決められる陰陽カード(2枚)とトリックを無かったものにするブラックホール(1枚)。
同値は先出勝ち。

手札を見た後に、自分が取れるトリック数を同時ビッド。

ビッドが的中しないと得点を得られず、差が開くほど失点が多くなる。

スカルキング」との大きな違いは「カードが配りきりか否か」。
カードが沈んでいるかどうかの不確定要素を、誰かが突然出す「ブラックホール」に置き換わっているわけだけど、これがマルチっぽくなっていて好みじゃ無くなっている。

タバヌシ:ウルの建築士たち

Tabannusi: Builders of Ur

評価:6/10

「テオティワカン」「テケン」に続くタスチーニの新作。

タスチーニ作によく見られる細かい処理分岐が全然頭に入ってこないのは相変わらず・・・
なのだが、色々と見どころのあるゲームデザイン。
ダイスによるアクション選択の面白さ、次手番のアクションを見せて計画を立てやすくする工夫、建設地と建物のウィンウィンのインタラクション等々。

最近のタスチーニには苦手意識があったのだが、今作は良い。
過去作も調べてみたら好き嫌いの法則性が分かった!

ネームクレジットでタスチーニが最初に書かれているゲームは苦手。
後にタスチーニが書かれているゲームは好き。
前者は「テオティワカン」「テケン
後者は「ツォルキン」「マルコポーロの旅路」「カウンシル・オブ・フォー」「トリスメギストス」等々
ゲームデザインの幹を作るのは苦手だけど、デザインの引き出しの多さは凄いってことだろうか。(あくまで個人的な感想だけど・・・)

ステラ

Stella

評価:7/10

「ディクシット」のカードでやる「ゲスクラブ」。

「ディクシット」のイラストカードが場に15枚並べられる。

「水」や「パーティー」といったお題が公開される。
全員、それに合うなと思うイラストに、マイボード上でチェックマークを付ける。
いくつ チェックしても良いのだが、たくさんチェックしすぎるとリスクも増す。

その後、順番に1つずつ自分がチェックしたカードを発表していって、誰か他の人もチェックしていれば得点。
自分ともう1人の2人だけがチェックしていた場合は双方にボーナス点。

誰もチェックしていないカードを指してしまった場合は、そのラウンド中、以降の得点が貰えなくなる。

「ディクシット」はお題を考える難しさや、少し捻った思考が必要だったが、今作は素直に選べばいい。
そのうえで起こる感覚の違いをキャッキャ言い合ったり、2人だけで一致できた時のトキメキを味わえる。

「ディクシット」よりも好きかも。
まぁ、僕が「フラッシュ」系が好きなだけって話かもしれないが・・・(「ゲスクラブ」「ドリームチーム」「適当な関係」等々・・・)

モバイル・マーケット

Mobile Market

評価:6/10

スマートフォン株式会社」をカードゲーム化。

タブレット型のタイルを重ね合わせて、ステータスを決定するのはボード版同様。
追加のタイルや機能ごとの特殊能力が無くなっている。
その分、テキスト効果が書かれた技術カードとマーケティングカードが追加されている。

少しアメゲー寄りになっている。

個人的にはボード版の方が好き。
価格決定の読み合いの時に、他プレイヤーの状況把握が面倒に感じた。
ここら辺はカード効果への耐性の問題だろうから、こっちの方が展開が広くて好きって人も多そう。

トロス

Tholos

評価:6/10

駒を積み上げてマジョリティバトル。
二人用アブストラクト。

各マスには塔のように駒を重ねていくのだが5個までしか置けない。
全てのマスが5個になったらゲーム終了で、各マスでマジョリティを取った方が得点。

手番では「駒を補充する」か「駒を配置する」の2択。

駒補充は「自駒なら3個まで」「相手の駒なら1個だけ」「中立駒なら2駒で」補充できる。
ただし、手元に置けるコマの数は3個まで。

駒の配置は手元から好きな駒1つを盤面のマスに配置する。
この時、自分の駒を配置した場合は置いたマスに対応するアクションが実行できる。
アクションの種類は「一番上の黒駒を移動する」や「一番上の駒を除去する」や「相手の手元から駒を1つ盗む」等々・・・

面白いのは得点形式。
そのマスに含まれる自分の駒は+1点、相手の駒は+3点、中立駒はー2点。
マジョリティを取っても、下手するとマイナス点になることも・・・

最初はどう動けばいいか分からず、何となくで進むのだが、気が付くとどちらかのプレイヤーが身動きの取れず、どう動いても抗えない状況になっている。
勝負が決まった瞬間がどこかにあったはずなのだが、振り返ってみてもそれがどこだったのか分からない・・・知らぬ間に死んでいる・・・
何とも不思議な魅力があるゲーム。
アブストラクトが得意な人なら何か見えるのかもしれない。

パリ:レトワール

Paris: l'Étoile

評価:6/10

クルマー&キースリングの「パリ」拡張。
新しいボーナスタイルとプレイヤー能力タイルの追加。

新しいボーナスタイルは、派手な効果は無いけどセットアップにバリエーションを生み出せるんで良いんじゃないでしょうか。

プレイヤー能力タイルは、各プレイヤーが1枚ずつ持っている能力。
凱旋門に鍵を置いたときに、場に残っている能力タイルと入れ替えることが可能。
能力は「銀行に鍵を置いたときに+2金貰える」や「3の建物で2金払わなくてもボーナスタイルを取れる」「鍵を除去して2VP」等々・・・

こっちの拡張はイマイチ・・・
序盤に良い能力、終盤に良い能力があるのだが、最初にランダムに配られる能力が良いタイルだと単純に有利になってしまう。

「パリ」は好きなゲームだけど、必ず必要な拡張って感じでは無いかな。

メイデイ!メイデイ!

Mayday! Mayday!

評価:5/10

上空の飛行機内で起こるゴタゴタ。
正体隠匿系。

正体カードが3枚配られるのが特徴で、必ず「善2枚、悪1枚」か「悪2枚、善1枚」になるように配られる。
2枚配られた方が真の正体。

これを自分の前にランダムで並べて、見たり見られたりする。

まず機長を決めるのだが、これが絞り込み式。
最初に3人の候補が出て、その候補から2人に絞り込み、最終的にそのどちらかが機長となる。
機長が悪だと、悪の勝利で終わり。
機長が善だと、ゲームは続き全員の善を見つけるまで1人ずつ指名していく。

正体カードを見る毎に、その結果をチップで記録するので記憶力が無くても大丈夫。
情報が残るので、ロジカルに詰めることが出来、悪者は相当頭が切れないと務まらないだろう。

信濃國土豪衆

Shinanokoku Dogoushu

評価:4/10

駒を移動させながら「カルカソンヌ」風配置パズル。
同人ゲーム。

「カルカソンヌ」的な絵合わせ配置をやっていくのだが、各自駒を1つ持っていて、この駒に隣接する位置にしかカードを配置出来ない。
基本的に移動は1手番に1歩のみなのだが、川を使うと一気に長距離移動が出来る。
2辺の絵が合うと得点2倍、3辺が合うと得点3倍・・・となる。
手札は5枚持っているので、先を見越した計画性が必要になってくるってことだろうか?

基本ルールは悪くないのだが、視認性が問題。
パズル要素があるゲームなので、雰囲気よりも見やすさを優先してほしかった。 
終盤に計画性を求めるデザインになっているので、尚更。 
1辺を半分に区切って、平地、山の2要素で4パターンを表すんじゃなくて、普通に4要素にすれば、不要な混乱を避けられたんじゃなかろうか。
「ああ!置けるかと思ったら逆だった!」っていうハプニングはリアルタイム系以外では要らない気がする。

タイムライン・チャレンジ

Timeline Challenge

評価:5/10

様々な形式のタイムライン。

「4枚のカードそれぞれの年代レンジを当てる」
「2枚のカードの差を当てる」
「1枚のカードの西暦をセットして各桁の成否判定」
等々・・・
様々な出題形式で争う。

敗者逆転要素として、最下位2人のタイマンバトル等、TVショー的な味付けもあって遊びごたえがある「タイムライン」。

建設期

Burger,Baumeister&Co.

評価:7/10

タイル1枚置くだけのシンプルゲーム。
シャハト黄金期末期の作品。2009年。

箱絵やルールから舐めてかかったのだが、遊んでみたら傑作。

手札3枚のタイルから1枚をボード上の同じ色のマスに置いて、補充ボードからタイル1枚を獲得するだけ。
タイルを置くと、そのエリア内の同じ建物の得点合計が得られる。
つまり、後に置くほど高得点になる。

手札補充は公開されているタイルから取るので、ゲーム開始時の手札3枚以外は何を取っているかは見られている。
「コレはあいつがアレを置いた後に置こう」とお互いに思って睨み合いが発生する。
手札3枚しか無いので、どこからしらで誰かの踏み台になることにはなる・・・

あと、限られた数しか得られないコインの使いどころが鍵。
クレーンを配置して大得点を狙うか、タイル補充の選択肢として確保しておくか。
選択肢は多くないのに、めちゃくちゃ悩ましいジレンマを生み出している。

ルールにタイル構成が書かれてないけど、絶対把握して遊んだほうが良い。
公園3枚、小さい家4枚、大きい家5枚。

今のところシャハト最後の傑作じゃないだろうか・・・
3人と4人で遊んだが、3人の方が面白かった。
シャハトゲームは3人説は覆らず。