Skip to content →

Board Game Memo Posts

チャレンジャーズ!

Challengers!

評価:6/10

デッキビルドのビルド部分にだけフォーカスしたデッキビルドゲーム。
ローマ数字ダイス」「ダック」「京都議定書」のデザイナー。エッセン新作。

各プレイヤーは同じ構成のデッキを持ってゲームスタート。
第1ラウンドは、全員が山札から5枚引いて、そこから2枚を自分のデッキに加える。
一回だけ引き直しが可能。
カードを追加した後に、デッキからいくらでもカードを破棄可能。

その後、自分のデッキを使って対戦するのだが1vs1の対決。
例えば6人で遊んでいる時は、3試合が同時に行われる。
この対戦パートがかなり簡略化されている。
まず片方のプレイヤーがデッキから1枚をめくって、その上にフラグを置く。
もう一方のプレイヤーはデッキからカードを1枚ずつめくっていき、カードの数字合計がフラグが
載っている相手のカードの数字以上になるとめくるのをやめる。
めくったカードを山にして、その上にフラグを置く。
フラグを奪われたカード(の山)は自分のベンチに置かれる。
そして、攻守交替。
これを繰り返して、「デッキからカードをめくれなくなる」か「ベンチがパンパンでカードを置けなくなる」と負け。
勝った方がポイント獲得。

再び、デッキ追加フェイズを挟んで、対戦相手を変えて第2試合が始まる。
これを7試合繰り返して、総合ポイント1位と2位が最後の決勝戦を行い、その勝者が優勝。

ミレニアム・ブレード」と同じでトレーディングカードゲームの大会を追体験出来るようなゲームなのだが、簡略化されていて、テンポ良くデッキビルドしていける。
カードプレイに悩むこともないので、負けても運のせいに出来てストレスが無い!
プレイヤーじゃ無くて監督をやっている感じ。
試合の合間合間で「あいつのデッキがめちゃくちゃ強いぞ!」とか「え!?ロボットに負けたの?」みたいな会話が繰り広げられるのは、ゲーム大会っぽい。

今のところ、今年のエッセンの中で一番新しさを感じたゲーム。

ラクリモーサ

Lacrimosa

評価:6/10

モーツァルトの未完の作品を完成させるために奔走するっていう魅力的なテーマ。
「種の起源」のデザイナー。エッセン新作。
Tabletop Simulatorでプレイ。

同じ構成の9枚の個人デッキから4枚を手札にする。
そこから1枚をアクションカードとして使用して、もう1枚をラウンド終了時の収入として使用する。
それを4回繰り返すとラウンド終了。5ラウンドでゲーム終了。

お金以外のリソースは、トラックでカウントするものとチップで得られるものがあって、トラックの方はラウンド毎に余っている分が没収されてしまう。
アクションは5種類あって、それぞれに必要となるリソースが決まっているので、トラックの方のリソースが無駄にならないように、アクションを選択していくことになる。
やりたいアクションばかりやることは出来ず、リソース管理が次ラウンドの計画にも繋がることになっていたりする。

ゲーム毎に4種類のタイルセットから2種類を選んで使うようになっている。
これが主軸となるアクションを決定するようになっていて、さらにその2アクションが対立する得点システムも入っている。

と、そこかしこにデザイナーの工夫がみられて、プレイ中に「うわー、デザイナーに先回りされていた!」と何度も思ってしまった。
どこにも隙のないデザインで、まさに優等生ゲーム!

が、その隙の無さが鼻につくというか、管理され過ぎていて驚きは無いってのはあるかも・・・
単に僕がひねくれすぎているだけか。

ファザネリー

Fasanerie

評価:6/10

カードで出来たコース上を進んでカード集め。
フリーゼのエッセン新作。

場にカードを並べて1本道のコースを作る。
そのコース上で一番後ろに駒があるプレイヤーが手番をする「テーベ」的な手番システム。
ツタンカーメン」のように、自駒はどこまででも進められる。
進んだ先のカードを取るんじゃなくて、移動開始時に自駒がいるカードとそれよりも後方に並んでいるカードを全て獲得できる。

カードの中にはマイナス点になったり、集めすぎると良くないカードもあるので、そこら辺のプラスマイナスを良く見定めて駒を動かす必要がある。

カードのバリエーションの付け方が上手くて、実際遊んでみると思った以上に盛り上がる。
コースが徐々に公開されるっていうのも良く出来ていて、シビアになり過ぎず、それでいて運だけじゃ無い、非常に好みのバランスのゲームとなっている。

このゲーム、1箱だと2人でしか遊べないのだが、2箱買うと4人、3箱買うと6人まで遊べるようになる。
それなのに、4人以上プレイが最適人数っぽい。
というのも、2人プレイだと駒を重ねるっていうアクションの意味が無く、多人数用にデザインされているゲームなのは明らか。
なんだ!?この不思議な販売形式は・・・フリーゼの何かしらのメッセージなのだろうか?

ジョッキー

Jockey

評価:5/10

シンプルな競馬ゲーム。
ベーゼンシュピール」のデザイナー。1973年。

4頭の馬で行う競馬ゲーム。

まずは予想。
各自、マイシート上に1位予想、2位以内になる馬を予想、1位と2位を当てるのいずれかの賭け方で記入。
手札が配られているので、それを見て有利そうな馬を予想することになる。

そしてレース開始。
ここは、手札から1枚をプレイして示された馬を示された歩数進める。
「2位の馬を13歩進める」や「1位の馬を2位との差の3倍進める」「4位の馬を20歩進める」等々、特定の馬を指していない特殊なカードもあって、これの使いどころが勝負を分ける感じ。

何よりも大事なのは「他のプレイヤーと同じ馬に賭ける!」ってこと。
まぁ、同時に予想するのでどうすることも出来ないのだが・・・

この上ないシンプルさだが、カード構成の妙なのかレース展開が白熱するようになっているのは見事!

うんとちん

評価:5/10

「うんこちんちん」「ちんこばくはつ」といった黄金ワードを作りながらカードを出すゴーアウト。
米光さん作。ゲームマーケット新作。

最初に6つのフレーズをみんなで覚える。
「うんこちんちん」
「ちんこうんうん」
「うんうんちんこ」
「ちんちんうんこ」
「ちんこばくはつ」
「うんこばくはつ」

手札から1枚ずつ場に出していって手札を無くすことが目的。
適当に出したら良いわけじゃ無くて、決まったフレーズになるようにしか出せない。
例えば、最初に出されたカードが「うん」だったら、次は「こ」か「うん」しか出せない。
「うん」の次に「うん」が出たら、次は「ち」か「ちん」しか出せない。
フレーズの最後の言葉を出せたら、連続手番となるのでコレを狙っていく。

すごいネタゲーなんだけど、少し考えどころがあるので、勝とうとがんばってしまう。
そして、ふと我に返ると「うんこ」「ちんちん」と言っている自分達のバカらしさ・・・

イラストが抑えられているので、ギリギリ下品に落ち切っていないのは好ましい。

ホット・リード

Hot Lead

評価:6/10

カード同時出しで犯罪捜査。
クニツィアの新作。

1〜55のカード。手札は11枚。

場にプレイヤー人数分のカードが一列に並ぶ。
そして、全員が1枚同時だし。

一番大きなカードを出した人が一番左のカードを、2番目に大きいカードを出した人が左から2番目のカードを・・・と各自1枚ずつカードを獲得していく。

同じ色が3枚そろうと10点ボーナス。
ただし、4枚取ってしまうとすべて捨て札になってしまう。

あと、全ての色を集めても10点ボーナス。

メインシステムはなんてことないんだけど、遊んでみると自然と白熱するようになっている。
そのゲームの流れを、カード構成、ボーナスやバーストの枚数だけで実現しているように思えるのだが・・・数学に疎い身からすると、神秘性すら感じるデザインセンス!

エスケープ:ロール&ライト

Escape Roll & Write

評価:5/10

協力リアルタイムダイスゲーム「エスケープ」を紙ペン化。
そして、リアルタイムじゃなくなった!

手番プレイヤーは残っているダイスを振って、自分で使うか他プレイヤーの為に残すかを選ぶ。
この時、ダイスを2個ずつ振って都度都度判断するのが特徴。

手番プレイヤーは部屋を移動してアイテムや宝石を手に入れていく。
手番外プレイヤーは、残っているダイスを使ってセットコレクションを目指す。

基本的に手番プレイヤーがダイスを使った方が効率的なのだが、有効なセットが揃っていないとダイスが無駄になってしまうっていうのが悩み所。

規定数の宝石を集めて全員が中央のマスに集合できれば勝利。
規定ラウンド過ぎてしまうと敗北。

協力型の紙ペンゲームっていうのは新しいけど、これと言った面白ポイントが無い平凡なゲーム。

カム・トゥゲザー

Come Together

評価:6/10

60年代の音楽フェスの運営がテーマ。
新人デザイナー。

メインシステムはワーカープレイスメント。
4エリア×4か所のアクションマスの側にカードが1枚ずつ並んでいる。
欲しいカードの横にワーカーを置くわけだが、直ぐにカードが手に入らない。
誰かが手番を使ってエリア決算をすることで、そのエリアにワーカーを置いている全てのプレイヤーがカード獲得+トラック前進できる。
エリア決算をしたプレイヤーに少しボーナスがあるとはいえ、基本的に人にやってもらった方が得なので「誰かやってくれ!」という押し付け合いになる。

カードには「アーティスト」「ステージ」「観客」「テント」の4種類ある。
テントが無いと観客は取れないし、ステージが無いとアーティストも取りにくい。
この制限に迫られて、仕方なくエリア決算をすることになる。

テーマだったり、カードがボードゲーム名や実在のアーティストのパロディだったりするところにネタゲーっぽさを感じていたのだが、システムもしっかり面白い!

コンサンプション ~今日から始める健康生活~

Consumption: Food and Choices

評価:5/10

食生活と運動に気を付けて体調管理。
新人デザイナー。

ベースシステムはワーカープレイスメント。
買ってきた食材をキッチンにためて、食材のセットコレクションで料理を作って、体内に取り込む。
食材は放っておくと腐ってしまうので早く調理してしまわないとダメ。
体内に取り込んだ栄養は、運動によって消費できる。
糖や脂質といった取りすぎてはいけない栄養は運動で消費するわけだ。

この変わったテーマが今作の魅力。
遊んでいると自分の食生活と照らし合わせて「ちゃんとしよう!」と思わせてくる。

テーマの珍しさで、最初はワクワク楽しめるのだが、途中から慣れてきて作業感が増してくる・・・

キッチンと体内という2段階のリソース管理っていう見どころはあるものの、
システム的な作り込みは甘いか・・・

ピンコンビトリオ

評価:5/10

芸人をピンかコンビかトリオで出す。
「大富豪」系ゲーム。
倦怠期の新澤大樹さんのデザイン。

カード構成は1~80。(プレイ人数によって何枚か抜くみたい)

基本は「大富豪」と同じルールなんだけど、役が「ピン」か「コンビ」か「トリオ」。
「ピン」は1枚。
「コンビ」は連番の2枚。
「トリオ」は間隔が同じ3枚。(1,5,9とあ5,12,19とか)

出せない、もしくは出したくない場合は山から1枚ドロー。

「トリオ」の存在がこのゲームの持ち味なんだろうけど・・・
イマイチ面白さに繋がっていない印象。
あと、山からドローするのは計画が台無しになってしまいがちなので、「大富豪」系にはあって無い気がするが・・・どうなんだろう。