Skip to content →

Board Game Memo Posts

ドラフト・ホース

Draft Horse

評価:6/10

二人でブースタードラフト。
海外の同人ゲーム。

手札5枚をブースタードラフト。
そうして出来た5枚を自分の前に配置していく。

カードは「荷物」と「馬」の2種類。
「荷物」は左側、「馬」は右側に配置する。

カードを1枚捨てることで出荷することが出来る。
その時、「馬」の数値合計が「荷物」の数値合計以上でなければならない。
荷物は全て得点化。
馬は「荷物合計と馬合計を一致させる」や「荷物を1種類だけにする」ことで獲得できる。

馬の配置は降順になるように配置しなければならないルールがあって、これがボーナスやドラフトに上手く噛み合っていてゲームの格を1段階上げている。

基本的に大きな数値のカードが良いのだが、状況によっては小さい数値が必要になることもあって、その変化がゲームに起伏を生み出しているのも上手い。

ネクスト ステーション:ロンドン

Next Station:London

評価:6/10

地下鉄がテーマの紙ペンゲーム。
エリジウム」「コスタリカ」「スパイコネクション」のダンスタン&ギルバートのダンスタン単独作。
BGAでプレイ。

共通の山札からカードをめくって、カードに示されたマークの駅に向かってラインを引く。
いわゆる、フリップ&ライト。
ラインは基本的に両端のいずれかからしか伸ばせない。
これを赤いカードが5枚できるまで続けるとラウンド終了で得点計算。

そして、次のラウンドに移るのだが、色ペンを隣のプレイヤーに渡して、ラウンド毎に異なる路線をつくっていくことになる。
異なる色の路線が同じ駅に接続すると「乗り入れ」となり、ボーナス点が貰える。
が、他の路線と同じ場所にラインを引くことは出来ないし、地下鉄なのに交差も禁止!
攻めてボーナスを狙いに行くか、無難にラウンド点を取りに行くか。

面白い!
似たようなテーマ&システムの「セブンブリッジ」の後に遊んだから面白く感じたのか、単に僕がフリップ&ライトに甘すぎるだけなのか・・・

1回目はとても面白かったが、2回目で少し底が見えた感じもある・・・
目標にバリエーションがあるとは言え、コツを掴むと似たような動きになりそうな気もする。

BGAでソロプレイも出来るので、気になった人は試してみると良いだろう。

セブン・ブリッジス

Seven Bridges

評価:4/10

実在する街を使った紙ペンゲーム。
Tabletop Simulatorでプレイ。

特殊ダイス6個を振って、手番プレイヤーから順番に1つずつ選びとって、対応する道を書き込んでいく。
規定ラウンド終わった後に7種類の得点計算を行う。

けっこうダイス運が強いゲームで、ダイス2個分になる「2」とダイス3個分になる「3」をいくつ取れるかが勝負を分けそう。

最後の得点計算では、道沿いの家や木の数を数えたりして事務仕事を思わせる細かさ。

テラミスティカ:拡張 オートマソロボックス

Terra Mystica: Automa Solo Box

評価:6/10

テラミスティカ」を一人で遊べるようにする拡張。

テラミスティカ:ガイアプロジェクト」のソロルールと同じシステム。
ガイアプロジェクトと比べて盤面が狭く、条件判定がしやすく遊びやすくなっているように感じた。

とはいえ、アプリも出ているのに、あえて煩雑なアナログソロプレイをする理由を見つけるのは中々難しいが・・・
世界が滅んだ後にシェルター内で遊ぶには最適かも。

2人プレイ時にダミープレイヤーを追加できるみたいなので、そっちの方が存在意義があるかも。

毎日がトリックテイキング

Stichtag

評価:4/10

遊ぶ日付によってルールが変わるトリックテイキング。
ブラント夫妻の新作。

マストフォロー。切り札あり。
1トリック1点。
という基本ルール。
ここに、月と日付の10の位と1の位からルールが追加される。

ネタゲーであることは間違いなさそうで、組み合わせによってはなんてことないルールになる。

今回、あまりに普通なルールになったので、勝手に日付をいじって面白くなりそうなルールに切り替えて遊んだ。
が、そこまで面白い展開にはならず・・・

コレクターアイテム以外の存在理由は無さそう。

一番面白いルールになる日付を探してみるのも楽しいかもしれない。

さまよえる塔

Die wandelnden Turme

評価:5/10

スタックする塔に覆われる駒。
クラマー&キースリングの新作。

手番ではカードをプレイして自駒か塔を示されたマス数だけ移動させる。
塔はその上に載っている駒と一緒に移動するし、駒に覆いかぶさることで移動を制限することが出来る。

自駒全てを黒いカラスの塔に入れることが目的。

また、塔で駒を覆うことでポーションを補充することが出来るのだが、ポーションを全て補充することも勝利条件の1つとなる。
他プレイヤーへの妨害が勝利条件の1つにすることで、攻撃がポップになっているのは上手い。

5人で遊んだこともあってか、手番ごとに状況が変わりすぎるので、手番が来て手札から最適解を探す感じで戦略性は薄かった。

クラマー&キースリングらしい捻りは感じられず、大人HABAっぽい仕上がり。
決して悪いゲームではないけど、あえてこれを選ぶ理由は見つからないかな。

シャーロックとピカソ

Sherlock & Picasso

評価:6/10

イラストでお代を伝えようとする「アーティスト」と、そのイラストに線を書き足して台無しにする「いたずらっ子」。

人のイラストにイタズラ描きするっていうアイデアだけで面白いのだが、制限時間の短さと一気に8枚描かせるっていう調整が上手い!

時間が40秒しかないので、1枚あたり5秒で書き上げないといけない。
いくら絵がうまくても、この制限時間だとどうしようもならないだろう。

描き込みすぎても変に勘繰ってしまって、当たらなくなるのも面白い。
シンプルでわかりやすい面白さ。
定番となり得るイラストパーティーゲーム。

ラクーン・ロバー

Raccoon Robbers

評価:4/10

アライグマ強盗団となって黄金のゴミ箱を目指す。
「カルカソンヌ」デザイナーの新作。

青、赤、緑の3つのビルには各プレイヤーの子分駒が1つずつ。
それとは別に黄金のゴミ箱に進むコースには各プレイヤーのボス駒が1つずつ。

手番では、子分駒を進めるか、子分駒をスタートに戻してその分ボス駒を進めるか。

手札から対応する色のカードを好きなだけプレイしてその分、子分駒を進める。

子分駒がある程度進んでいると、対応する色のカード2枚を捨てて、子分駒をスタートまで戻す。
子分駒が到達していた場所に示された分だけボス駒が前進する。

子分駒を進める場合でも、ボス駒を進める場合でも、到達マスに他プレイヤーの駒があると、それらのプレイヤーを後ろに押し戻す。
この妨害合戦が、このゲームの肝だろう・・・

昔ながらのお仕事の押し付け合いゲームなのだが、懐かしいというよりは古臭いプレイ感。

クアック&コー

Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg

評価:6/10

クアックサルバー」の子供向け版。

バッグビルドってのは同じだけど、手番システムはかなり変わっている。

手番制になっていて、手番では自分の袋からチップ1枚引くだけ。
チップに示された数字分だけ自駒を進めて、チップの種類に応じたボーナスを得る。

ハズレの「マジックハーブ」チップを引くと何もなしで次のプレイヤーの手番。
3枚目の「マジックハーブ」を引くと、それまでに手に入れたルビーを使って新たなチップを購入でき、全てのチップを袋に戻す。

これを繰り返して最初にゴールマスに到達したプレイヤーの勝ち。

子供向けとは言え、チップのボーナス効果は様々でコンボも組める。
手番制ながら、テンポが良くてサクサク進む。
これを遊ぶと元の「クアックサルバー」がややこしく感じて来る。

弱者救済具合も程よくて、自然と接戦となる。

逆にコレをベースに大人向け「クアック&コー」を作り直してくれないだろうか。

パクパクパーク

Paku Paku Park

評価:7/10

動物を餌で呼び寄せる。
2人用アブストラクト。

「ロボトリー」のリメイク。

手番では「手元から餌を1つ配置」か「動物を餌に沿って移動」か「手元に餌の補充」のいずれかを行う。
ストックのいずれかの餌が切れた時点でゲーム終了。
自分の陣地に動物が多いプレイヤーの勝ちとなる。

犬は肉のみを食べ、猫は魚のみを食べる。
そして、肉も魚も食べるイレギュラーな存在である豚の存在が秀逸!
豚の存在によって一気にゲームに深みが生まれている。

また、餌は動物の道というだけでは無くて、逆の食材を置かれないようブロックとして機能することに気づいたときには唸らされた。

終了タイミングの設定も秀逸で、このトリガーを切れる状態になることも重要となってくる。

ルールは少ないが考える要素は多い。
理想的なアブストラクトゲーム。

見た目が子供用っぽくて損している気がする。
このゲームを面白がる層に届いていないんじゃないだろうか。

運要素が入るバリエーションもあるみたいなので、そっちも試してみたい。