Skip to content →

Board Game Memo Posts

セベク:2プレイヤーズ

Sobek: 2 Players

評価:6/10

2人用の「セベク」。
BGAでプレイ。

取るタイルまでに通過したカードを汚職として取るのは「セベク」と同じ。
タイルが一列ではなくてグリッド状に並んでいる。

直前に獲得されたタイルに示された方向に従って、次に取れるタイルの方向が「縦」「横」「斜め」に規定される。

後のルールは大体「セベク」と同じ。

相手を絞ることが大事になっているので、よりシビになっているのだが、人物タイルの効果が結構ハチャメチャ。
しかも、「セベク」同様、人物タイルは裏向きなので、相手が何を取ったのかわからない・・・
これをシビアさを中和していると取るか、アンバランスと取るか。
人物タイルもオープンだとシビア過ぎるのかな?

人物タイルのバランスがちょっと気にはなるけど、「セベク」よりもやりごたえのあるゲームになっていて面白い!

ヒット!

HIT!

評価:6/10

ファミリーインク」のカード版という感じのゲーム。

大枠のルールは同じだけど、細かく違う。

・プレイヤー人数が5人までに。
・他プレイヤーが仮確保しているのと同じ数字をめくった「瞬間に」カードを奪う。
・宝石ルールがなくなっていて、3枚目まではバーストしないルールになっている。
・山札切れでゲーム終了に。

「ファミリーインク」から評価ダウンの理由は最後2つの変更点が大きいかな。
この変更で、中盤で勝てないプレイヤーが生まれがち。
奪うタイミングの変更も逆転しにくくなっている気がするし、他プレイヤーのバーストへの関心が薄れるので良くない気がする。

あと、自分でめくるタイルを選べるのと山札からめくるのとでは、(理論的には意味が一緒でも)気持ちの入り方が違う。
バーストゲームなのでなおさら!

唯一、「ヒット!」の方が優れているのは箱が小さくて持ち運びやすいところと価格かな。
「ファミリーインク」は無駄に箱がデカくて、それに伴い価格も高めなのがネック・・・

シックス(アミーゴ)

SIX

評価:5/10

ダイス早振りと、体内時計の合わせ技。

ダイス3つを振って、合計値のカードが自分の前にあったら得点化。
ただし、ダイスを振った本人は得点化出来ないので、できるだけ早く振って次のプレイヤーにダイスを渡したい!

1ラウンドは2分間。
砂時計で計るのだが、砂時計を筒で覆って見えなくする。
ダイスが回ってきたときに、もう2分終わってると思ったら筒オープンで答え合わせ!

ほぼ自動処理!
ゲームなのか、ゲームじゃないのか怪しい部類・・・
だが、自分のダイス振りは早く終わらせた方が良いので暗算が早い方が良かったり、カードをめくってどのカードの上に重ねるかの判断がゲーム要素となる。

マグノリア

Magnolia

評価:5/10

ソロプレイカードコンボ。
「ヴォーパルス」のデザイナー新作。

全体像は「ヴォーパルス」と似ているが、プレイ感は別物。
とにかく、スピード化がスゴイ!
同時プレイ&ソロプレイ。すごいテンポでゲームが進行していき大体5ラウンドでゲームが終わる。
1ラウンド2分ぐらいなので、本当に10分で終わる。
それでいて、しっかり遊んだ気にさせるデザイン技術は流石。

ただ、高速化、最適化が過ぎて、情緒が無いというか無個性と言うか・・・
丁寧には作られているんだけどね。
新味を求める僕のようなノンリプレイ派の心には響かないかも。
多少雑でも、個性が欲しい!
このスピード感が強烈な個性ではあるが・・・

「テラフォーミングマーズ」とかコンボ研究系が好きな人が軽く遊ぶゲームとしては最適なんじゃないだろうか。

パカルのロケット

Pacal's Rocket

評価:6/10

マヤ文明宇宙人説にそった(?)ピラミッド建設ゲーム。
ブルクハルト。

出た当初に遊んで、「なんか妙なプレイ感で面白い!もう1回遊んで評価しよう」と思って、長らく遊んでなかったが久々にプレイ。

自分の筒状のロケット駒をダイスで動かして、筒の中にブロックを入れる。
再び移動するとマスにブロックが残ることになる。
このブロックでパターンを作ってピラミッドを作っていく。
ピラミッド自体も他のピラミッド建設でブロックの代わりになるので、連鎖して建設できるような計画性が求められる。

また、他プレイヤーの筒にもブロックを入れられる。
ある程度、他プレイヤーの側にいることも大事になる。

他プレイヤーの動きで計画が台無しになることもあって、そこがちょっとストレスではあるけど、7点付けるか迷うくらい面白い。
何よりもオリジナリティの高さを評価したい。

出版社がピアトニックと言うこともあって「作ったのコロヴィーニ?」と感じた。
それぐらいコロヴィーニっぽい、変わってるけど軸のあるゲーム。
変わり種を求めている人には、ぜひ遊んでもらいたい。

ラッタス:アフリカヌス

Rattus: Africanus

評価:6/10

ペストがテーマの「ラッタス」を6人まで遊べるようにする第2拡張。

ヨーロッパ(メインボード)の下にアフリカボードが追加されエリアが増えた。
キャラクターも6人から8人に増え、「イスラム」という階級が追加された。

あと、地域カードっていう防衛カードが追加されているけど、文字の視認性が悪すぎてほとんど無視して遊んでいた。

普通の「ラッタス」を遊んだのが10年以上前なので、比較は出来ないけど、5人でも十分楽しめた。
攻撃性、マルチ要素はあるのに、ギスギスし過ぎない・・・
プレイヤーとプレイヤーの間に疫病が入り込むことで怒りを生みにくくなってるのかな。
中間管理職的な疫病の存在。
すごく面白いってわけじゃないけど、独特なプレイ感でたまに遊びたくなる魅力がある。

銃士:女王に代わって

Musketier: Im Auftrag der Königin

評価:5/10

「三銃士」テーマ。
イゼンゼー2作目。
第1作の「古代マヤ遺跡探検」の系譜。
同じくみんなでルート上のイベントを解決していくタイプのゲーム。

より複雑に、よりイゼンゼー率が上がっている。

手札に「マスケット銃」「馬」「剣」を2枚ずつ、栄光カードを1枚持っている。

まずはイベントをめくって解決。
「マスケット銃を2つ支払い、馬を6つ得る。」
「剣2つを支払い、6つのマスケット銃を受け取る」
のような選択肢があるので、各自が1つを選んで実行する。

その後、誰が枢機卿と戦うかの競り。
まず、今回の枢機卿と戦うのに必要なアイテム(マスケット銃、馬、剣)が決まる。
その後、全員が栄光カードを1枚まで同時出し。
何も出さなかったり、一番栄光カードの値が小さかったプレイヤーが枢機卿と戦う。
必要なアイテムを3つ支払う。

4ラウンド目以降は、脱落フェイズが追加され、1人ずつ脱落していく。
脱落者の決定も、特定のアイテムを使用したちょっと変わった競り。

そうして、最後まで脱落せずに残ったプレイヤーの勝利。

結局は運が大部分を占める気がするが、「古代マヤ遺跡探検」同様、皆でイゼンゼーを感じ、体験するゲーム。

古代マヤ遺跡探検

Expedition zu den alten Mayastätten

評価:5/10

皆で危険を回避したりしつつ、遺跡探検をするバッティングゲーム。
フォーラムロマーナムの商人」「株の恍惚」のイゼンゼー1作目。

10枚のルートカードを場に並べて探検経路を表す。
手札は5枚+休憩カード。

ルートカードを1枚めくって、それが「場所」か「チャレンジ」かでラウンドの処理が少し変わってくる。

「場所」だった場合、財宝発見!
その財宝を誰が獲得するかを手札から1枚同時出しで決定。
一番大きいカードを出したプレイヤーが獲得。
休憩カードを出したら絶対負けるが、2枚ドローできる。

「チャレンジ」だった場合、みんなで協力して問題を解決する。
やることは「場所」と同じで手札から1枚を同時出し。
それらのカードの合計が「チャレンジ」に示された数字以上なら「チャレンジ成功」で最高値を出したプレイヤーが得点。休憩カードを出したプレイヤーは2枚ドロー。
そうでなければ、「チャレンジ失敗」。
手札に残ったカードの中で最高値のカード1枚を左隣のプレイヤーに渡す。
休憩カードを出したプレイヤーは2枚ドローするのだが、それらのカードを他プレイヤーに渡さないとイケナイ。
2回連続して「チャレンジ失敗」した場合は、財宝を持っているプレイヤーの中で最低値を出したプレイヤーは財宝1枚を失う。

多くのデザイナーが作りがちな心理戦バッティングゲームなんだけど、イゼンゼー的な軸を感じるゲームデザイン。
最初は、ゲームがどう動くのかわからないけど、徐々に意味合いがわかってくる。
ゲームの勝敗よりも、みんなでイゼンゼーのルール意図を鑑賞した。

アレグラ

Allegra

評価:5/10

隣のプレイヤーとの共有列がある「ゴルフ」。
ドライハーゼン新作。

プレイエリアが4×3。
左隣のプレイヤーの一番右の列も自分のカードとして扱う。

あと、山札からカードを引いた場合、他プレイヤーは「そのカードが欲しい!」と宣言できる。
無視も出来るが、カードを渡すと渡したプレイヤーの場のカードを取って自分の場に配置できる。
お互いメリットがあることになるので、結構頻繁に起こる。

カードの受け渡し処理がちょっと煩雑ではあるけど、それによってセットが作りやすくなるので良い気がする。
共有列とカードの受け渡しのルールが上手く機能している。

ただ、3ラウンドとするには、ちょっと場が広すぎる気がしなくはない・・・

シドマイヤーズ シヴィライゼーション:新たな夜明け 未踏の大地

Civilization: A New Dawn – Terra Incognita

評価:6/10

「シヴィライゼーション:新たな夜明け」に探検、行政区の追加、軍事の改変、新たな文明や世界遺産が追加される拡張。

基本ゲームを発売当初に遊んで以来久々だったんだけど、インストがめちゃくちゃ面倒・・・
基本ルールを忘れていることもあって、拡張で変更されている部分を無駄に説明しちゃったりして・・・
このゲームの拡張ルールブックは「差分」じゃなくて、基本と統合したルールブックにして欲しかった。

「新たな夜明け」の「シヴィライゼーションにしてはシンプル」っていう特徴が削がれている気がして、個人的にはトゥーマッチ・・・
ゲームとしてポテンシャルは高いと思うんだけどね。
完璧なサマリが欲しい。