Skip to content →

Board Game Memo Posts

おいしいやさい

Beet hupferl

評価:5/10

じょうろから水駒を転がしてタイルをひっくり返す。
「チーズのお城」のデザイナー新作。

4×4に並んだタイル。
ここにボール状の水駒を転がすことでタイルをひっくり返す。
同じイラストが3つ見えると得点!
カタツムリはマイナス得点。

水駒をボードの淵から転がす場合は2個転がせて、タイルの上からダイレクトに水駒を落とす場合は1個だけ。

淵から転がす場合は中々狙った場所に入れるのは難しい。

タワーブリクス

TowerBrix

評価:4/10

それぞれが建築条件を知っている持つ協力積み木ゲーム。
ニュルンベルク新作。

各プレイヤーに1枚ずつ条件カードが配られる。
「赤と黄色のブロックは隣接してはならない」
「縦置きのブロックがちょうど2つ無ければならない」
等々・・・

全員の条件が成立する積み木を全員で作る。
特に手番は無く、全員同時に協力してブロックを置いていくのだが、もちろん自分の条件を言ってはイケナイ。

全員の条件が成立するタワーが出来たら終了。
タワーがゲームボックスの長編よりも高くなっているとボーナス点。
地面に2個以下のブロックしか接していないとボーナス点。
等のボーナス点が入る。

基本コンセプトは良いのだが、制限時間もないし、失敗してもやり直すだけだったり、ゲームとしてふんわりしすぎている。
特に制限時間が無いのが良くなくて、根気比べみたいになるのが気になった。(上級ルールの一部に制限時間を付けるルールはあるので、常にそれを導入した方が良いかも)
ゲームというよりはアクティビティーとして捉えた方が良さそう。

アライアンス:世界征服トリックテイキング

Alliance

評価:4/10

ペア戦のトリックテイキング。

3スート、1~12。スートごとに特殊カードが4枚ずつ。の計48枚。
マストフォロー切り札有り。
が、特殊カードはフォロー義務なしでいつでも出せる。

最初に「ブリッジ」的な切り札と勝つトリック数での競りを行う。

リードプレイヤーが取り合うマスを決めてからトリックを行う。
トリック勝者チームがそのマスを支配するのだが、1つ条件がある。
トリック勝者が出したカードがそのマスの(カードと同じ色の)数字を超えていなければならない。
これが、このゲームの特徴なんだろうが・・・イマイチ機能していない。
というのも、マスの数字が大きくても5ぐらいなので、大体条件を満たしてしまう。
低めの切り札で切った時に、取れない時があるぐらいだろうか・・・

ここまでだと、まぁ普通のトリックテキングとして普通に楽しめるのだが・・・
特殊カードがいけてない!
フォロー義務がない上に、強力な能力ばかりで、トリックテキング的なビッドじゃなくて、特殊効果の枚数&強さに依存するビッドになる感じ。
このゲームを極めた者同士だと、楽しめるのかもしれないが・・・その領域に行く前に、みんな脱落しちゃうと思うよ。

1%

1%: One Percen

評価:4/10

カードでやる「ブラフ(ライヤーズダイス)」の後、勝敗判定にダイスロール!

カード構成は5種類スート、1~5。(同じカード複数枚あり)

各自、手札3枚ずつ。
「カミナリが7」
「クローバーが9」
「サメが12」
というよるに、全員の手札に含まれるアイコンの数を競り上げていき、もう限界だと思ったら「チャレンジ」。
誰かがチャレンジすると全員がそのチャレンジに乗るか乗らないかを宣言。

実際に公開して、不正解プレイヤーはラウンドから抜け、残ったプレイヤーだけで同じことを繰り返す。

残りが1人になったプレイヤーがラウンド勝者で、3回ダイスロールすることが出来る。
10面ダイスを2個振って0のゾロ目が出ると勝利!
この確率がタイトルになっている「1%」ってわけだが、これだといつまでたってもゲームが終わらない。
ダイスロール1回を捨てて能力カード1枚を取ることも出来る。
「0じゃなくて3でも良い」とか「1個だけ振りなおせる」とかの能力を得ることで勝利の確率を上げることが出来る。

基本システムは「ブラフ」の流用なので普通に面白いのだが、オリジナルである部分の勝敗判定ダイスロールには不安しかない!
今回、程よいところで勝利確定して良かったが、下手すると1時間ぐらいやることになるんじゃないか・・・

アフターショック

Aftershock: San Francisco & Venice

評価:5/10

サンフランシスコ大地震がテーマ。
アランムーン作。2019年。

サンマルコ」のリメイクかと噂されていたが、メインシステムが違う。

各プレイヤーにカードが配られ、その中から好きなだけ買う。
残りのカードは自分の前に並べ、順番に他プレイヤーの前のカードを購入していける。
この時、割引が2回使えるので、ある程度お金を残しておくとお得なお買い物が出来る。
全員が購入を終えても、自分の前に残っているカードから1枚を無料で獲得できる。

後は、購入したカードを発動していくだけだが、キーとなるのがタイトルにもなっている「アフターショック」カード。
これを出したプレイヤーはいずれかの地域を指定し、ダイスを振ってその目の数の駒を指定する。
指定された駒は別のエリアに移動しなければならない。
得点はにエリアマジョリティでしか得られないので、場合によっては自分の駒を指定して移動することもある。

その後、各自が4か所ずつ決算する地域を選ぶ。
2人以上が投票したエリアでのみ決算(エリアマジョリティ)が行われる。

カード購入や駒の移動等は面白いのだが、この決算エリアの投票システムまで加えるとマルチ味が濃すぎるように感じた。
2019年に出すにしては、ちょっとアクが強すぎるような・・・

サボテンキング

Cactus King

評価:5/10

4色同時に数比べ。
ダブル・ドンキー」デザイナーの新作。

カード構成は、1~24,4色。

共通ボードで、各色の一番強い数字が指定されている。
写真の状態だと、赤は5,緑は11,青は17,オレンジは23が最強の数字となる。
最強の数字から時計回り順に数字の強さが決まる。
つまり、赤の2番目に強い数字は6。

それを踏まえて、全員が手札を1~3枚を同時出し。
各色で一番強い数字のみが+1点。
その他のカードはー1点。
それだと、カードを出すのにリスクがあり過ぎるように思うが、ラウンドの得点がマイナスの場合でも、0点なだけで失点を負うことは無い。

ラウンドで一番得点が低かったプレイヤーが共通ボードのダイヤルを1~6マス時計回りにまわし、全員が手札6枚になるように補充する。

これを繰り返して8点先取したプレイヤーの勝ち。

手堅く強いカード1枚で1点を取りに行くか、0点覚悟で3枚出してカードを更新するか。

運要素は高いゲームだけど、ダイヤルは時計回りにしか進まないっていうのが肝で、手札のカードが強くなるタイミングを待ってみたり、出たカードを覚えておくのが有効だったり、大人が遊んでも十分面白いゲームに仕上がっている。

ループ時間旅行株式会社

Loop Inc.

評価:5/10

同じ1日を繰り返すタイムトラベルテーマ。
「タイニーエピック」シリーズのデザイナー。

プレイヤーは、タイムマシンを使った時間旅行を提供する「ループ」の職員。
タイムマシン(と自分自身)を1日前に送り返すことで、効率よく事業を回そうとするのだが・・・
という設定。

1日目は、シンプルで、場に並ぶカードから好きな1枚を取って自分の前に置いて実行。
それを3回繰り返す。
そうすると、自分の前にカードが3枚並んでいることになるので、これを並び順を変えずに手札とする。
2日目以降は、「場からカードを取って実行」か「手札の一番左からカードを出して実行」のいずれかを行う。
2日目も場から3枚取らないとダメなので、2日が終わった時点で自分の前に6枚並んでいることになり、これを手札にして3日目に進む。

カードの取り回しだけでタイムトラベルを表しているのは見事!
ただ、他が少し単純すぎるというか・・・確認&作業っぽいプレイ感になっているのが残念。
もっと高みを目指せそうなカードシステムに感じるんだけどな。

いかだの5人

Rafter Five

評価:6/10

絡み合った板カードが惑わせてくるバランスゲーム。
オインクゲームズ。

形状の異なる5人の人駒が置かれている。
手番ではこの中から1人を取り、新たな板を配置してそれの上にさっき取った人を置き、さらに自分の宝箱も置く。

崩したら、落ちた他プレイヤーの宝箱をペナルティとして受け取る。

「新しく置く板は既存の板に触れないとイケナイ」っていうルールが秀逸で、これによって板同士が複雑に作用しあった読みにくい状況が構築されていく。
ぱっとみ大事じゃなさそうな駒が大事だったり、大きい駒が意外と抜き取れたりする。

だいたい大崩壊で終わるのだが、この崩れ方もフィナーレにふさわしく、かといってうるさすぎない絶妙な崩れ方をしてくれる!

もう流石にバランスゲームで感心させられることは無いかと思っていたが、その気持ちを塗り替える傑作。

GOL!

GOL!

評価:4/10

運要素なしのアブストラクトサッカーゲーム。
ポーランド発(?)

11個×2の選手駒とボール1つ。
手番では、全ての選手を3マスずつ動かした上で、ボールをキックしてパスを繋げていく。
キックのルールが良く出来ていて、ボールから一番近い敵駒との距離によって最大飛距離が決まる。
選手を密集させすぎると、空いたスペースにボールが出ると好きなようにボールをコントロールされてしまう。

チマチマしたプレイ感だけど、実際のサーカーの試合のような動きが自然と起こって「ほぉ」と感心することが何回かあった。

が!
ゴールを決めるのが難しすぎる!!
キーパーが有能だし、選手が全員遅すぎる!

他にもスローインやコーナーキックのルールがあるのだが、運要素のないゲームで自分でボールをコート外に出すことなんて、まぁ無い・・・
他にもあやふやなルールが多数なのだがルール最後に「このルールに記載されていない状況では、実際のサッカーのルールを適用してください。」って書いてあるのには笑った。

見どころはあるのに、残念な仕上がりのゲーム。

アルピノ

Alpino

評価:5/10

キングドミノ」風のタイル配置でグループマジョリティ。
ピアトニックの新作。

場にプレイヤー人数+1枚のタイルが並び、そこから1枚ずつ取り自分の前に配置していく。
配置ルールは「必ず1マスは同じ地形が隣接する」っていう「キングドミノ」と同じルール。

ただ、グループを作りたいのは地形では無く動物!
ゲーム終了時に、動物ごとに一番大きなグループを作れたプレイヤーが得点。
この得点にもひねりがあって、毎ラウンド誰も取らなかった1枚に示されている動物の得点が1点増えることになる。

なかなか面白いのだが、二番煎じ感が強いのと、4人プレイ8ラウンドは短すぎるように感じた。
3人プレイ12ラウンドぐらいがちょうど良いかもしれない。