Skip to content →

Board Game Memo Posts

Le Chemin de la Maison

Le Chemin de la Maison

評価:5/10

小さなリスのピルエットを家に帰らせる協力ゲーム。
コロヴィーニの新作。

手番では、山からカードを1枚引いて、7スロットあるプロットボードのいずれかの空きスロットに裏向きで置く。
これを順番に繰り返して、プロットボードに5枚置かれると、プロットボードの左側のカードから1枚ずつめくって、示された方向にピルエットを進める。
この時、道が無い方向を示してしまうと、ペナルティとして山札から1枚を捨て札にする。

これを繰り返して、山札が尽きる前にピルエットが家に到着できると勝ち!

すごいシンプルな子供向けゲーム。
カードのめくり運が大きいが、他プレイヤーがプロットした位置からカード内容を予想するのはなんだか楽しい。

ルナー

Lunar

評価:6/10

スートカードとランクカードを1枚ずつ出すペア戦トリックテイキング。
「ヴォーパルス」の上杉さんの新作。

スートカードとランクカードが別々にあり、スートカードは4スート6枚ずつ、ランクカードは1~8が3枚ずつ。
各プレイヤーに、スートカードとランクカードを6枚ずつ配る。

対面のプレイヤーがペアとなる。

時計回り順でカードを1枚ずつ出していくのだが、ペア内で1人はランク1人はスートを出すようにしなければならない。
そうやって、マストフォロー切り札有りでトリックを取り合う。

最終的にペアが取ったトリック数を合算して、
0~3トリック:10点
4~5トリック:0点
6トリック:5点
7~8トリック:10点
9トリック以上:0点
となる。

得点分布をみればわかるように基本的に勝たない方が良い!
が、カードの中に7枚の☆付きカードがあり、これを取ると+1点となるので、そこでは勝ちたい!

いつもと脳の使い方を変えないとダメなのか、全然スートのボイド具合が記憶できない!
1回遊んだだけだと、記憶にもモヤがかかっている感じで上手く評価できないのだが、とにかく新鮮なプレイ感であることは間違いない!
変わったトリックテイキングを求めている人には、是非遊んでもらいたい。

ヒヴァ

Khiva

評価:6/10

カードドラフト&バッティングでラクダを引っ張り合う。
ファラウェイ」「ピクシーズ」「ノーチラス・アイランド」と個人的に乗りに乗っていると感じているデザイナー、ヨハネス・グーピーの新作。
BGAでプレイ。

カード構成は、5色、1~5の計25枚。

手札5枚で、「プレイする1枚」と「隣に渡す1枚」を全員同時に決定する。
プレイされたカードは色ごとに処理されていく。
複数枚プレイされた場合は一番小さい数字のみが有効で、同じ色を出した他のプレイヤーは何もできない(お情けのリソースはもらえる)。

カードプレイによって「カードと同じ色のラクダ駒をカードの数字分だけ自分の家に引き寄せる」。
ラクダ駒を自分の家に到着させると、そのラクダ駒が持っていた得点チップを獲得。

これを手札1枚になるまで繰り返すとラウンド終了で、手札4枚補充されて次ラウンド開始。

どこかで見たことがあるシステムの組み合わせではあるのだが、独特なプレイ感を生み出している。
単なるバッティングゲームのようでいて、トリックテイキングのエスタブリッシュを思わせる思考があったり、カードドラフトを入れることで他プレイヤーの手札が透けやすくなっていたり、考えようと思えば考えられる作り。
かといって、難しいゲームってことは全然なくて、間口の広いゲームに仕上がっている。

僕はBGAでドラフトゲームを遊ぶと、カードがどこに行ったのか把握できなくなるので、是非ともリアルでも遊んで真価を確かめたい。

オーク

Oak

評価:5/10

ワーカーが強化されるワーカープレイスメント。

ワーカーはメインボード上に配置したり、マイボード上に配置したり、自分所有のアーティファクトに配置したりできる。

ワーカーの取り回しに特徴がある。
ワーカーは比較的簡単に手に入れられるのだが、マイボード上の家の数までしかラウンドをまたげない。

あと、先行しているプレイヤーへのブレーキが随所に散りばめられているのも面白かった。

色々と目新しい要素があって見どころは多いのだが、初回ではそれらが上手く機能しているのか見通せなかった。
ちょっと取っ散らかっちゃってる印象もあるが・・・何度か遊べば見えてくるのだろうか。

ロコモモ

Locomomo

評価:4/10

タイルの獲得方法が変に込み入ったタイルパズル。
BGAでプレイ。

場からタイルを獲得してマイボード上に配置していく。
マイボードは5×5のグリッドになっているのだが、各行は左から埋めていかなければならない。
あと、行や列に「ペアで置くと得点」や「同じ動物を置くごとに得点」や「別々の動物を置くと得点」等のルールがある。

場からタイルを取る時の処理がちょっと煩雑。
まず1枚タイルを選んで、そのタイルに示された動物のルールで移動する。
移動先にある同じ色のタイルを全て獲得する。

BGAだと、マウスを当てるだけでどのタイルが取れるかを示してくれるので、サクサク遊べたが・・・
リアルだったら、この確認が無駄な時間な気がしてならない。

あと、行や列を同じ色で揃えるとボーナス点が得られるのだが、この点が高すぎるように感じた。
各自が1色担当することにならざるを得ない・・・
変に絡むと、双方が沈むだけだ・・・

ザハブ

Zahab

評価:5/10

銅と銀の交易者」の商用リメイク。

元版も遊んでいるが、記憶がおぼろげで比較は無理・・・

ただ、コンポーネントの質向上の影響は絶大でプレイしていて楽しい!
「あれ?こんなに面白いゲームだったっけ?コンポーネントって大事だなぁ」と思いながらプレイしていた。

が・・・ゲーム中盤あたりでグッと作業感が増してきてしまう・・・
決まったロンデルコースを回り続けるので、基本的に同じ動きの繰り返しになるのが要因だろうか?
その頃には各自の能力はブーストしているので、ガガガッと収束するのだが、勝敗がほぼ決している状態での終盤のダレはゲーム体験的には良くなかったかも。

でも、何より驚いたのは値段!
このコンポーネントの豪華さでゲームマーケット価格3500円は破格!
20年前でも安いと感じる価格設定だよ!

パイレーツビリヤード

Piratenbillard

評価:5/10

台の下から棒で突っついてボールを動かすアクションゲーム。
半分アートみたいな造形のアクションゲームをたくさん出しているラインホルト・ウィティヒ作。

手番では、自分のボールを台の下から棒で突いて前進させていく。
対面のマスに移動できればゴールで4点。
枠外に飛び出てしまうと、0点。
他プレイヤーのボールのあるマスに飛び込めると相手のボールを獲得できて2点。

まぁ、システム云々よりも、純粋にアクションを楽しむタイプのゲーム。
最初は全然うまく動かせなかったが、徐々にコツがわかってくる。
本気で楽しむには修練が必要なスポーツに近いゲームなのかも。

この見た目だけど、まさかの現行品。
ドイツアマゾンとかで買えるよ。

ことば落とし

Word Drop

評価:5/10

会話の中にお題の言葉を混ぜ込む。
芸人の千原ジュニア考案。

1人が親、もう1人がサポート役となる。
その2人はお題の単語を確認。

あとは、全員で世間話をして、その間に親はお題の単語を言わなければならない。

3分間の世間話が終わったら、子プレイヤーで相談して、お題を言い当てれたら勝ち。

今回、親プレイヤーが上手かったので楽しめた。
でも、ゲームの楽しさがプレイヤーに依存している気はする。

ウルブス

The Wolves

評価:5/10

狼たちの縄張り争い。
新人デザイナー。

各自6枚ずつ持つ地形タイルをひっくり返してつつ、対応する地形でアクションを行う。
プレイヤーごとに、表裏が同じ地形を示しているタイルがあり、その地形が得意地形となる。

盤面に散らばる一匹狼を自分の仲間に引き入れたり、数匹で獲物を取り囲んで狩ったり、巣を作ったりしていく。
個人ボード上の駒が盤面に配置されることでステータスがアップする「テラミスティカ」的なステータスシステムで、何をしてても何かしら成長していくので、停滞感は無い。

セットアップ後は運要素のないアブストラクトなのだが、他プレイヤーのタイル状況把握までは気が回らないので、自分の地形タイルのひっくり返しパズルに集中しているだけでも十分楽しめる。
が、エリアマジョリティの得点も馬鹿に出来ないので、本気で勝負するとなると他プレイヤーの状況まで把握する必要があって、ダウンタイムがえげつないことになりそうな怖さはある・・・

このアクションシステムとプレイヤーインタラクションの高さは相性が悪い気がしてきたが、どうなんだろうか・・・

馬高

Umataka

評価:6/10

縄文時代がテーマの国産本格ワーカープレイスメント。

メインシステムはワーカープレイスメント。
各アクションエリアには複数のマスがあって、それぞれ使用するワーカー数が異なる。
使用したワーカーの数だけロンデル上の自駒が動き、着地したマスのアクションが実行できる。
普通、ワーカーの使用数は少なくしたいのだが、ロンデルの関係上、多めにワーカーを使うことも有効になる。

あと、普通のワーカーのほかに犬ワーカーもあって、犬は普通のワーカーと一緒に使わないとイケナイ。
これがちょっとしたルールなんだけど、上記システムと合わさることで悩ましいものとなっている!

非常にオーソドックスな作りなのだが、丁寧に作られている。
ただ、ちょっと尖った部分が無くて、驚きが無いというか・・・感情の起伏があまり無いように感じた。