Skip to content →

Board Game Memo Posts

明暗

評価:4/10

手札が全て丸見えのトリックテイキング。
ゲームマーケット新作。

A、J、Q、K、2~10というトランプと同じランク構成。
ただし、スートは1種類。
さらに、表裏に同じランクが書かれている!
全手札公開情報!!

手札を見たうえで、順番に取るトリック数をビッド。
ビッドに手札1枚を使う。
「3」を出せば3トリックを目指すことになる。

モノスートなので何を出しても良いのだが、リードプレイヤーがカードを表で出すか裏で出すかで、「ランクが大きい方が強い」か「ランクが小さい方が強い」かが決定される。
同値の場合は後出し勝ち。

完全情報なので多人数アブストラクトなわけで、多人数アブストラクトのご多分に漏れずマルチな展開になる。
とにかく疲れる・・・

プリカグニション

Precognition

評価:5/10

宇宙人となって地球が滅び廃人となった人類を救済。
「ビストロ・コスモポリート」や「ドリームオン」のデザイナー。

デュアルセレクトシステムが今作の肝みたい。
前ラウンドに左隣から渡された2枚と山から2枚引いたカードからカードを2枚選択する。
自分用に1枚、左隣のプレイヤー用に1枚。
この時、左隣のプレイヤー用のカードは「全ラウンドに左隣から渡された2枚」から1枚選ぶ。
自分用は4枚から1枚を選択できる。
残り2枚は、次のラウンド用に右隣りのプレイヤーに渡す。

この「デュアルセレクトシステム」を使ってやることは、リソース管理!
人間、イミューン、食料、バッテリーという4種類のリソースがある。
人間はカードを起動するためのコストであり、かつ最終的には人間が多いプレイヤーが勝つ。
イミューンは、使用して汚染された人間を治療したり、様々なペナルティから守ってくれる存在。
食料は、人間を維持するために必要。
バッテリーは、永続ボーナスの起動に必要。

右隣のプレイヤーが選ぶ1枚と自分が選ぶ1枚の色が一致すれば、ボーナス効果が付くので基本ソレを狙っていくのだが、各リソースのバランスもあるので、悩ましい。

全員同時プレイなのでテンポよく進むし、リソースの関係性も独特で面白い!
初回はとても楽しめるが・・・底は浅そうでリプレイ性は低いかも・・・

トレッキングヒストリー

Trekking Through History

評価:5/10

タイムマシンで歴史的瞬間を巡る時間旅行ツアー。
トレッキング:ザ ナショナル パークス」等のトレッキングシリーズ新作。
SDJロングリスト入り。

「テーベ」式の手番システム。
手番では、場のカードを1枚取るだけ。
カードは歴史的な1シーンが年代と共に示されている。
カードは年代順に取れれば、カードを重ねていける。
過去のカードを取った場合は、それまでのカードを山にして新たなカードセットを始める。
カードの山に含まれる枚数が多いほど高得点。

あと、カードを取ると、カードに示されたチップと、カードが置かれていたスペースに示されたチップを獲得できる。
チップはマイボード上に配置していき、得点やクリスタルを手に入れられる。

とても分かりやすいゲーム。
カードの巡り運は大きいが、手番順コントロールや、他プレイヤーと狙いの年代をズラす等、考えどころも残っている。
SDJロング入りも納得の遊びやすさ。

ボタニクス

Botanicus

評価:5/10

園芸テーマの中量級ゲーム。
新人デザイナー&ハンスの新作。
KDJのロングリスト入り。

弱いアクションを選んだ場合は、次ラウンドの手番が早くなる。
キングドミノ」式のアクション選択。

アクションで植物を獲得してマイボード上に植えたり、植えている植物に水をやって成長させたりする。
マイボード上には得点セットが示されているので、それの達成を目指す。
マイボード上には庭師駒があって、この駒の周りのタイルしかいじれない。
庭師駒は金で移動可能。

無難に楽しめるが、感心させられる部分は無い・・・
ハンスが時代の後を追っている感じで悲しいね・・・

指輪物語:指輪の持ち主

Der Herr der Ringe: Der Ringträger

評価:5/10

指輪物語テーマの協力ゲーム。
カルカソンヌ」デザイナーの新作。

手札4枚なのだが、3枚は普通に、1枚は他プレイヤーにだけ見えるように持つ。
あと、指輪を1人が保持する。

滅びの山までのルートをカードをプレイして進んでいく。

手番では、まず見えているサウロンカードを指輪保持者の前に置く。
場に出たサウロンカードと同じ枚数だけ黒の乗手が前進。
黒の乗手に追いつかれると敗北。

あと、指輪保持者の前にサウロンカードが5枚溜まると、そのプレイヤーは闇落ちしてサウロン陣営になる。
サウロン陣営になると「プレイヤーの負け」=「そのプレイヤーの1人勝ち」となるので、どんどん妨害してくる。

サウロンカードが溜まる前に指輪カードを使用することで指輪保持者を変更でき、そうするとサウロンカードはリセットされる。

カードドロー時に1枚だけ裏向きで持つことを選べる。
他プレイヤーの選択肢が広がるので、そうしていきたいのだが、サウロンカードだった場合悪いことが前倒しになるっていうジレンマがある。

なかなかテーマと合っているし、オリジナリティもあって良いんじゃないでしょうか。

イン・ザ・フットステップ・オブ・ダーウィン

In the footsteps of Darwin

評価:5/10

ダーウィンの命を受け新種の生物を見つけに行く。
SDJノミネート。

3×3にタイルが並んでいて、その外周を船が周回する。
手番では、船がある列の3タイルから1タイルを選び取るだけ。
取ったタイルの位置に応じて、船が1~3ステップ進む。
場のタイルは直ぐ補充。

取ったタイルはマイボード上に配置する。
色と動物の種類によって配置するマスは決まる。
1列、1段を全て埋めると得点が貰えるので、基本はそれを狙っていく。
あと、既にタイルがあるマスのタイルを獲得した場合は上書き&場から目標タイルを獲得できる。

すごい無難、平凡なゲーム。
なぜコレがSDJノミネートなのか・・・何も見どころが無い・・・

選択肢は少ないが、手番が来るまで考えられないので、ちょっとしたダウンタイムを誘発するゲーム。
一緒に遊んでいた1人がそれを「雑談に最適なゲーム」と評していて、良い表現だと感心させられた。


これで、ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作全てを遊べたので、大賞予想をしてみよう。

SDJは
「イン・ザ・フットステップ・オブ・ダーウィン」
キャプテンフリップ
スカイチーム

一番新規性を感じる「スカイチーム」が固いかな。
もしかしたら「キャプテンフリップ」の可能性もあるけど、「ダーウィン」だけは無さそう。

KDJは
e-ミッション(デイブレイク)
ザ・ギルド・オブ・マーチャント・エクスプローラーズ
チケット・トゥ・ライド・レガシー:西部開拓記

KDJの方は「e-ミッション」かな。
地球環境に対する教育的な要素もありつつ、ゲームとしても面白い!
「チケット・トゥ・ライド・レガシー」がレガシーゲームとして初の受賞!もあるかもだけど「チケット・トゥ・ライド」自体が受賞済みだからな・・・
「e-ミッション」以外の2つは開拓系だから、万が一の炎上を避けたいってのも働くかも。

スカイチーム

Skyteam

評価:5/10

機長と副操縦士となり、協力して飛行機を着陸させる。
SDJノミネート。

基本システムはダイスプレイスメント。
ダイスを4個ずつ振って、それを1個ずつ順番にプレイスメントしていく。
ダイス目は相手に見せられない&相談禁止なので、思惑が合わず四苦八苦する・・・
という狙いっぽい。

が、(少なくとも最初のゲームでは)難易度がとても低い。
初回でも余裕をもって成功してしまった。

モジュール式でどんどん難しくなっていきそうなので、そこからが本番かな。

計器類を操作する「ごっこ遊び」的な楽しさもあるので、子供も喜びそう。

あの飲み会を誰も覚えていない

評価:5/10

大騒ぎして全員が記憶を無くした飲み会後の朝の責任のなすりつけ合い。
ゲームマーケット新作。

「大量のピザ」「布団をかぶったマグロ」「闊歩するナマケモノ」「モアイ像」の4つの事件。
各事件の犯人と火付け役を探すのだが、各プレイヤーはどれか1つの犯人であり、どれか1つの火付け役であることは決まっている。

ただ、自分自身もどれの犯人でどれの火付け役か知らない!

手番では「他プレイヤーの真実カードを1枚見る&1アクション」か「2アクション」。

アクションでは、場の事件カードを裏向けにして「犯人では無く火付け役の責任(失点)を増やす」か、取り除いて「純粋に犯人の責任(失点)を減らす」か。

ゲームが進むうちに他プレイヤーの真実はわかるのだが、自分のことは全然わからない。
このカオス感が、テーマと合っていて面白い。

今回、遊んだメンバーが特殊なのかもしれないが、2枚ぐらい真実を見た後は他プレイヤーの動きから山を張って、2アクションを実行する流れになり、ゲーム終了時にはカードが枯れてしまった・・・
4人プレイだともうちょっとカードが必要かも・・・
もしくは4人プレイでも4周で良いんじゃないだろうか。

クイズ トリックテイキング

Quiz Trick-taking

評価:5/10

複雑なルールのトリックテイキングを遊んでいる時にトリック勝者判定で「ん?この場合は・・・ここが勝つのかぁ!」と戸惑うことが玉にあるけど、それをクイズゲーム化。

場にトランプを並べる。
これが、各プレイヤーが各トリックで出すカードを表している。

その後、ルールカードが複数枚公開され、それを見て、最終トリックの勝者を早く宣言できると勝ち!

トリックテイキングと銘打っているが、早解きパズルみたいなプレイ感。
ハイパーロボット」とかと一緒で得意な人が無双しそうなゲーム。

交易王

Handelsfursten

評価:6/10

流行りにのっていくか、自分で流行りを作り出すか。
クニツィア。2007年。

他プレイヤーの狙いを読んで同じ色を狙っていく。

面白いは面白いんだけど、最終的には他プレイヤーの気持ち次第って気もする・・・