Skip to content →

Board Game Memo Posts

ダーウィンズ ジャーニー

Darwin's Journey

評価:6/10

ダーウィンを追って探検と研究の旅。
ニュートン」コンビの新作。
今、キックスターターで出資募集中
Tabletop Simulatorでプレイ。

基本はオーソドックスなワーカープレイスメント。
各ワーカーに封蝋チップを追加することが出来、そうすることで強力なアクションエリアを起動できるようになる。

あと「ロレンツォ」にもあったルールで、同じエリアにワーカーが置かれているアクションを行うと追加コストが必要になる。
序盤はこの資金繰りが中々シビアでワーカープレイスメントらしさがある。

他にもアクションエリアの解放だったり、博物館への標本の配達だったり、特徴はあるのだが、どれも小粒で衝撃は無い。

「ニュートン」同様セットアップのランダム性が高いので、セットアップ後の盤面から強い動きを読み取る感じは似ている。
ワーカープレイスメントで、ある程度動きが制限される為「ニュートン」初回プレイ時ほどの絶望的な選択肢の多さは無いが、その分ゲームとしてのインパクトが弱いかな。
面白いには面白いが、ちょっと個性が弱すぎて、数多のゲームの中に埋もれそうな気はする。

ぺあって にゃ~

評価:5/10

一致するのが2人だけになるようにする「フラッシュ」。
ダイソーの100円ボードゲームシリーズ。

表面が母音、裏面が子音となっているカードをめくって、ひらがな1文字が指定。
1人が「食べ物」とか「映画」みたいな適当なテーマを決める。
テーマに沿って、指定された文字で始まる言葉を同時に言って2人だけが一致したら双方得点。

シンプルだけど、2人だけっていう部分に工夫があって楽しめる。

自粛期間に家族で遊ぶのに最適!
なんといっても100円だからね。

メインポート

Mainport

評価:5/10

ポート オブ ヨーロッパの第3弾。
そんなシリーズがあったことすらしらなかったが、「ロッテルダム」「ポート オブ ヨーロッパ:アントウェルペン」が第1弾、第2弾みたい。
ゲームマスターの新作。

ロンデルシステムでアクション選択。
やることはピック&デリバー。

特徴となりそうな部分は少ないのだが、強いて上げるならメインポートと呼ばれる都市の通過時に通行料が必要となり、それがその都市に貯まっていく。
その都市に自分の船がある時に配当アクションを行うと貯まったお金を獲得できる。

このゲームの面白さは「ロンデル」におんぶに抱っこと言う感じ。

ゲルツがより優れたロンデルゲームを多数出しているので、あえてこのゲームを遊ぶ必要は無いかな・・・

炎のピラミッド

Flaming Pyramids

評価:6/10

「ペンギンパーティー」+「ウノ」。
ニュージーランド発。
BGAでプレイ

手札からカードを1枚ずつ出して、全員で1つのピラミッドを作っていく。
最初に手札&個人山札が無くなったら勝ち。

タイルを積み重ねるのにいくつかルールがあって、それが守れないと崩れてしまって、それらのタイルが個人山札に入ってしまう。

一回でも崩れると連鎖的にバコバコ崩れていく。

この崩れ連鎖が異常に盛り上がる。

結果的に一緒に遊んだ5人のうち4人が実物を購入するという異様なことに・・・
冷静に見るとめちゃくちゃ粗いゲームだし、下手したら終わらない可能性もあるし、何が魅力なのか解明できないんだけど・・・
とにかく、ここ最近で一番爆笑したゲーム。

デジタルで自動的に無慈悲に為す術なく崩されていくのが面白いんじゃないか・・・
実物が届いたらリアルで遊んでも盛り上がるか試してみたい。

注:これ読んだだけで購入すると絶対後悔するから、一回BGAで遊んでからの方が良いですよ。

レッドアウトポスト

Red Outpost

評価:4/10

米ソ宇宙開発競争はアポロ11号の月面着陸で終止符が打たれた・・・
と思われたが、ソ連は裏で宇宙開発を続けていて、惑星への移住が完了していた。
という魅力的なテーマのゲーム。

基本は、ワーカープレイスメント(ムーブメント)なのだが駒が全員共通。
6色のワーカーがあり、いずれか1つを移動させて倒してアクションを行う。
移動させたワーカーに対して影響力が上昇し、決算時にこの影響力が一番大きいプレイヤーが得点を得る。(場合によっては失う)

興味深いシステムなのだが、アクションに「任意の」得点や影響力の上げ下げが多くて嫌いなタイプのインタラクション。
「最前手はコレだが目立つと攻撃されるから、そこそこの手にしておくか・・・」みたいな思考になるのはどうも苦手・・・

「目立つことは許されない」っていうのが共産主義を表してるのか?って話になった・・・

ぼくちく!!

評価:4/10

めくったカードの動物の取り合い。
ダイソーの100円ボードゲーム。

個人山札から1枚を同時にめくって、自分のカードに示された動物の駒を奪い合い。

バッティングしようがしまいが関係なく早く取れば良いだけ!

バッティングが起こったら、今回誰もめくっていない動物の駒を取るぐらいのひねりはあって良かったんじゃないだろうか。

フードチェーンマグネイト:ケチャップ

FOOD CHAIN Magnate Ketchup

評価:8/10

「フードチェーンマグネイト」の拡張。
15以上のモジュールが付いている。

今回はルールでオススメされている「新マイルストーン」と「コーヒー」を入れてみた。

「新マイルストーン」はマイルストーンカードが総入れ替え。
全体的に効果が派手になっている印象で、序盤の加速感がスゴイ!
基本ゲームだと、最初は若干苦しい感じがあったんだけど、それが一切ない!いきなり面白い!
更に基本のマイルストーンよりも幅が広がっているように感じる。

「コーヒー」は、他の商品と違って需要と紐づいて売れるわけじゃない。
他の商品を買いに行く客が道すがらのコーヒーショップでコーヒーを買っていく。
他と違う独自戦略が組めるんじゃないだろうか。

多くの拡張の根底にある「売れるだろうから作った」感が一切なくて、本気でより良いゲームにアップグレードしたかったんだろうなと言うのを感じる。
まぁ、スプロッターは元から商売っ気ないからってのもあるんだろうけど。

他にも膨大なモジュールが入っているんだけど、それぞれちゃんと調整してるだろうと思わせる出来。
色々、遊んでみたい!

「この拡張はマストバイ」史上トップクラスの「マストバイ」。

京都議定書

Kyoto

評価:4/10

大気汚染、温暖化、種の絶滅、地球規模の問題を各国が話し合って解決。
交渉ゲーム。
エッセン新作。

毎ラウンド、必要となるカードと寄付金が提示される。
全員で話し合って、必要なものを出し合う。
だが、ゲーム終了時の手札だったり手元のお金は得点になるので、誰も出したがらない・・・

各自が秘密の目標カードが配られ、それによっては使った方が良いカードがあったりするのだが、基本的にみんな出し渋る。
交渉時間が90秒に制限されていることもあって、あまり交渉が成立しない・・・
オタオタするうちに時間切れとなることが多かった。
そうなると、どんどん地球の状況は悪化していきバッドエンドとなる。

バッドエンドの場合は得点が1位のプレイヤーは脱落で2位が勝利。
12ラウンド耐え抜いたらグッドエンドで得点1位のプレイヤーが勝利。

今回、4人プレイで世界を滅ぼしたいプレイヤーが2人いたので6ラウンドで地球は滅んだ。
秘密の目標次第だと思うけど、基本的に地球は滅びそう。
地球環境系ゲームにはありがちなヤツだ。

プレヒストリーズ

Prehistories

評価:6/10

原始時代の狩りと壁画がテーマ。
タイルパズル+バッティング。
エッセン新作。

手札からカードを複数枚同時出し。
合計値の少ないプレイヤーから順番にボードのタイルを獲得してマイボード上に配置していく。
大きなタイルを獲得するには大きい数字が必要だが、早めにタイルを取るには小さい数字と言うジレンマ。
必要最低限のハンターでタイルを獲得するとケガを負ってドロー枚数が減ってしまうのだが、得点の早取り要素もあるので、手番を取るために適度に無理をしなければならない。

ゲーム開始時に共通目標カードが5枚公開されていて、それを達成する毎に得点。
最初に達成すると2点、以降は1点。
8点獲得で勝利。

パズル感はそこまで強く無くて、どちらかと言うとバッティングとタイミングのゲーム。

わかりやすい悩ましさ、ちょっとしたパズル要素、バッティングのドキドキ、飛び抜けた面白さは無いけど全てを兼ね備えたライトミドルゲーム。

黄昏の篝火

Bonfire

評価:5/10


消えた篝火(かがりび)を再び灯す。
フェルトのエッセン新作。

いつもの重量級フェルトゲーム。
評判が良かったので期待したのだが、やっぱり重量級フェルトは合わない・・・
トゥーマッチ・・・

個人ボード上にタイルを配置することで、アクションタイルを補充して、そのアクションタイルを使ってリソース変換や目的獲得や能力獲得を行う。
他プレイヤーのことはほとんど気にすることは出来ず、基本は自分の効率を考え続けるソロプレイ。
狙っている目標が被りそうなら意識する感じか。
他は他プレイヤーの動きをランダマイザとして使っているだけのように感じる。
ここら辺のバランスが合わない理由か・・・

最初は繋がりが見えず、フワフワしたプレイ感なのだが、途中からボーナスがブーストし始めて面白くなってきた。
もう1回遊んだら、最初から楽しめるかも・・・