Skip to content →

タグ: 6

護民官:拡張

Tribune: Expansion

評価:6/10

護民官」の拡張。
新たなアクションエリアの追加と、ブルッティープレイヤーの追加による6人プレイ対応。

追加されるアクションエリアは3つ。
「奴隷市場」は新たに追加された奴隷カードを消費して、奴隷効果を発動するか、勝利条件の1つである「パトロン」タイルを獲得できる。
「大聖堂」は毎ラウンド公開される「皇帝の寵愛」タイルの条件を達成することで獲得できる。
「皇帝の寵愛」タイルも新たな勝利条件の1つ。
「カンピドリオ」では「特殊能力」タイルを獲得できる。

「パトロン」と「皇帝の寵愛」の2つの勝利条件が追加されたわけだが、どちらも獲得にお金が必要になるので、基本ゲームにあった「お金」の勝利条件が無くなっている。

あと、プレイヤー人数を増やすためなのか、1人のプレイヤーがブルッティープレイヤーとして参加できる。
ブルッティープレイヤーはワーカーを持っておらず、専用のアクションカードをプレイすることで行動を決定する。
今回、ブルッティープレイヤーをやらせてもらったのだが、できるアクションが、「他プレイヤーが取らなかったカードを取る」や「他プレイヤーが乗っ取りを行わなかった派閥の乗っ取りを行う」等々・・・
全然、自分の狙った行動が出来ない!
NPCみたいな存在感であまり面白くは無かった。

ブルッティーの方はさておき、新たなアクションエリアの追加は複雑になりすぎず、プレイ幅を広げていて良いんじゃないでしょうか。

パイオニア:クイーニー1

Pioneers: Queenie 1

評価:6/10

パイオニア」の拡張第1弾。
3つの追加予想。

1つ目は、ホテルタイル(ワイルドタイル)の差し替え。
基本ゲームだと「3金得る」という固定能力だったが、色んな能力に差し変わっている。

2つ目は、軍曹(青)の能力変更。
基本だと即時効果「追加で道を1本置く。既存の道の横にも可能」だったが、永続能力で「毎ラウンド無料で1歩移動できる」になった。
基本だと、序盤は銀行家(黄)の一強だったが、軍曹も悪くない選択肢となってくる。

3つ目は、農夫(緑)の能力変更。
基本だと「農夫同士は一気に同時置き可能」だったが、「無料で場者タイル1枚獲得」になった。
お金が無くても、自由に馬車を選択できるようになった。
個人的には、基本の能力の方が派手さがあって好み。

クイーニーらしい、元の良さを崩さずゲームにバリエーションを生み出す良い拡張。

護民官

Tribun

評価:6/10

ワーカープレスメントで獲得したカードでマジョリティ争い。
サンクトペテルブルク」や「ディマッヒャー」のシュミール作。2007年。

ワーカーの配置フェイズと実行フェイズが別れているタイプのワーカープレイスメント。
アクションエリアは「カード・お金獲得」と「派閥の乗っ取り」の大きく2種類にわかれていて、前者で獲得したカードを使って、後者を実行する感じ。

で、派閥は乗っ取りを実行した瞬間のボーナスと、自分が支配している間のボーナスがあり、このボーナスが派閥によって様々。
ゲームの勝利条件が6種類あって、最初にそのうち3種類を達成したプレイヤーの勝利となる。(達成数を増減することでプレイ時間を調整できる)
この勝利条件と派閥のボーナスが複雑に絡み合っているので、日本語化したサマリーは必須。

昔、遊ばせてもらったような気がするのだが、内容は全く覚えていなかったので新鮮な気持ちで楽しめた。
複数の勝利条件が設定されていることで、特定の派閥に固執しにくくなっていて、派閥の乗っ取りが思った以上に爽やか!
さらに想像以上のスピーディーなゲーム展開が好印象。

時代に埋もれているゲームっていう印象だけど、未プレイの人は一度遊んでみると良いと思うよ。
第2版も発売されたみたいだけど、シュピールヴォルクスの限定発売だから手に入りづらいかも・・・

(追記)
10年前に記事をアップしていた・・・
全然感想が違う・・・
自分でルールを読んだことで理解が深まったのか、趣向が変わったのか・・・

D.E.I.

D.E.I.: Divide et Impera

評価:6/10

ホワイトデスデイ(氷河期みたいなもの?)によって人類の大半がいなくなった後の世界。
バラージ」のルチアーニじゃない方のデザイナーであるトマソ・バティスタの新作。
Tabletop Simulatorでプレイ。

イカツめの設定やフィギュアから、アメゲー的なバチバチの殴り合いゲームを想像するが、エリアマジョリティがメインでユーロ寄りのゲームデザイン。

手番でやることも比較的シンプルで、手札8枚から2枚プレイを3回ずつやるとラウンド終了。
ラウンドまたぎで、プレイしたカードを手札に回収できる。

カードプレイで行うアクションは、ユニットの配置や移動、設備の建設、ボード上に点在するアウトポストでマジョリティを取ったり、資源を獲得したりしていく。

特長は、移動するにも資源を獲得するにも、そのエリアでマジョリティを取っていなければならないというルール。
肝となるエリアのマジョリティを早めにとって、壁のように使うことが出来たりする。

ネームバリューから「バラージ」はルチアーニの功績とばかり思っていたけど、このデザイナーの今後にも注目していきたい。

レクト・ベルソ

Recto Verso

評価:6/10

ラ・ボカ」のリメイク。

カード内容まではわからないけど、ルールは全く同じじゃ無いかな。

箱が一回り小さくなっているので、ボードゲームの置き場所に困っている人には良いかも。

リベルテ

Liberté

評価:6/10

フランス革命時の選挙がテーマ。
ワレス。1998年。

穏健派(青)、急進派(赤)、王党派(白)の3つの派閥がフランス内の27の地域で票を取り合う。
このプレイヤーはこの派閥と決まっておらず、駒を配置する際に好きな派閥の駒を配置することが出来る。
ラウンド最後、地域ごとにどの派閥が取ったかを判定していき、一番多くの地域を取った派閥が新政府となり、それに1番貢献したプレイヤーと2番目に貢献したプレイヤーが得点を得る。
第2派閥に一番貢献したプレイヤーも得点を得る。

基本ルールは簡単で「カードプレイ」か「カードドロー」を繰り返すだけ、なのだが、様々なオリジナリティあふれるルールがある。
プレイしたカードを捨て札にせずに自分の前に置いて次ラウンドに繰り越せるルールだったり、1つの派閥に肩入れしすぎると別派閥へのスイッチが難しかったり、唐突にゲームが終わるサドンデスルールだったり・・・

これを20年以上前に作っていたとは・・・
今更ながらワレスの才能を感じた。

今回、ちょんぼであっけなく終わってしまったので、再戦して評価しなおしてみたいゲーム。

ネクストステーション:ロンドン

Next Station:London

評価:6/10

地下鉄テーマの紙ペンゲーム。
BGAで遊んで面白かったので実物を入手してみた。

改めて遊んでも面白かったのだが、デジタルで遊んだ方が面白い気がする。
線が綺麗に描かれるし、得点計算を自動でしてくれるし、出たカードの状況もわかるので・・・

ボードゲームは絶対対面で遊んだ方が面白い!と思ってたけど、ソロプレイゲームはオンラインの方が楽で良いかもね・・・

オリフラムⅡ:紅蓮

Oriflamme2

評価:6/10

オリフラム」の続編。
単体でも遊べる独立拡張。

続編なだけあって、キャラクター効果は少し複雑になっている。
カード効果を組み合わせることで様々なコンボを生み出せそうなのだが、他プレイヤーの思惑と絡んで上手くいかないのも同様。

1と組み合わせることでほぼ無限の組み合わせが作れそうなので、「オリフラム」好きな人は買って損はないだろう。

ファイフ

FYFE

評価:6/10

5×5のグリッドにチップを埋めていくパズルゲーム。
新人デザイナー。新作。

アイコン5種類×背景色5色×数字5=125枚のチップ。
これを1枚持った状態で1枚ドロー&1枚プレイを繰り返すだけ。
ただし、最後の1マスはドローせずに手元に残った1枚を配置しなければならない。

横列、縦列、対角線の各ライン上のチップ5枚で役を作って得点していく。
この各ラインの得点形式をゲーム中に自分で決めるのが特徴。
チップを配置した時に、そのチップを指している得点タイルが1つも無ければ、その時点で得点タイルを配置して得点形式を決定しなければならない。

得点タイルは全員が同じ構成のものを持っているのだが、各得点タイルに対して最初に達成したプレイヤーにはボーナス点が入る。
また、1枚のチップを配置することで複数の得点タイルを同時達成できた場合もボーナス点が入る。

12ラインを考慮してチップを配置しなければならないので、かなり悩ましいのだが手札2枚っていう制限が上手い!
先を見越した計画を少したてられつつ引き運にも翻弄される。このバランスが絶妙!

自分で得点系を決めるグリッドパズルってことで最近発売された「ロスト・シーズ」とソックリ。
「ロスト・シーズ」は得点形式の決定はセットアップ時、タイル選択は場からドラフト。
「ファイフ」は得点形式の決定がプレイ中、チップ選択は袋からランダムドロー。
「ロストシーズ」の方がプレイヤーインタラクションが強く、パズル感はそこそこ。
「ファイフ」はほぼソロプレイで、パズル感強め。

どちらも面白いが、結構プレイ感が異なる。
個人的にパズルにインタラクションはあまりいらないと思っているので、「ファイフ」の方が好みかな・・・
5×5と4×4っていう盤面の違いから、サクッと終わる「ロストシーズ」も捨てがたいけどね・・・

サンフランシスコ(クニツィア)

San Francisco

評価:6/10

「コロレット」的なカード獲得で街づくり。
クニツィアの新作。

手番でできることは「カードを配置」か「カードを獲得」の2択。

「カードを配置」は、山からカードを1枚めくって、場の3列のカード列のいずれかに追加する。

「カードを獲得」は、場のカード列から1列を選んで全てを獲得してマイボード上に配置。

「コロレット」と違って、カードを獲得してもラウンドを抜けずに、契約書タイル1枚を受け取る。
契約書タイルを持っていると、「カードを獲得」アクションに制限がかかる。
自分が持っている契約書タイルの枚数より多くカードが並んでいる列からしかカードを取れない。
これが、ルール聞いただけだといまいちピンとこないのだが、契約書を持っていると想像以上に足元を見られることになる。
なので、基本的に契約書は簡単に取らないようにしたいのだが、早取りボーナスがそれのカウンターとして効いている。

概要は「コロレット」とソックリなんだけど、遊んでみるとプレイ感は違う。
獲得したカードの内で不要なものは捨てられるので、余計なカードを追加するっていういじわるは無いんだけど、他プレイヤーに都合が良すぎる組み合わせは作れない。

マイボードを埋めて都市を発展させていくのは楽しいが、終始他プレイヤーを警戒するじとーっとした陰湿さが付きまとう。