Skip to content →

タグ: 6

死者の日の祝祭

Fiesta de los Muertos

評価:6/10

言葉だけでやる「テレストレーション」。
協力ゲーム。

各自にお題となる故人やキャラクターが配られる。
そこから連想する単語を書いて隣に回す。
回ってきた単語を見て、そこから連想する単語を書いて、また隣に回す。
これを4回繰り返して最後に書かれた単語とお題を紐づける。

「織田信長」→「武将」→「刀」→「侍」→「日本刀」
みたいな感じ。

人物のタイプがバラバラだと結構簡単。
2ラウンド遊んだけど、半分ぐらいは全員正解で、他も過半数が正解していた。
ダミーで入れる人物カードの枚数を増やしても良いかもね。

あと、ルールで「2人目以降の連想の際にお題となる人物を予想してそこから連想するのは禁止」とあるのだが、このルールを守るために脳を制御させるのは中々に酷な注文だ・・・

どうぶつ滝くだり

Krasserfall

評価:6/10

滝つぼに落ちないようにドタバタ。
子供向けゲーム。

各プレイヤーの駒が4隻の船に乗っている。
ダイスを振って示された船を進める。
船は細長い透明シートでテーブルの端の重りに繋がれている。
ある程度船が進むと透明シートの重みも加わり、ザザザーと滝つぼに一直線!

最後の一隻になるまで続けて、生き残った駒から得点。

ダイス目には船を進める以外に「駒の移動」と「船に重ねて進みにくくする浮き輪の移動」の目がある。
駒自体も船を進みにくくするので、移動した瞬間に船が動き出すことも!

最近遊んだ子供向けゲームの中では出色のギミック。
一気に滝つぼに落ちる動きは大人同士でも盛り上がる!

チゼルド

Chiseled

評価:6/10

大理石の塊から彫刻を掘る。
デッキ破壊ゲーム。

各自、同じ構成の45枚のカードデッキを持つ。
手札3枚。

手番では場に並んだ道具カードから1枚を選んでそのアクションを実行する。
選ばれた道具カードは裏向きになって使用不可に。
全ての道具カードが裏になると、全て表に戻して再び使用可能になる。

道具カードのアクションは、
「手札から2枚までを破棄する」
「山から3枚めくって、スクラップは破棄して、他は捨て札にする」
「シンボルを指定して、山札から1枚ずつカードを破棄する。指定したシンボルが破棄されるまで破棄し続ける」
等々・・・

カードを破棄していって、自分のデッキの状況をよくしていく。
スクラップは1枚当たり-3点。
頭はたくさん残っているほど高得点。
胴体は5枚残っているのがベストで、多かったり少ないと点数が下がっていく。
腕は偶数枚残さないと得点にならない。2枚だけ残すのがベスト。

あと、ゲーム開始時に公開されている評論家カードからもボーナス点が得られる。
「シルバーがゴールドよりも多く破棄されていると+4点」
等々・・・

同じデッキ破壊ゲームで「アーティチョークなんて大キライ!」があるけど、より運要素が強い。
その分、テンポは良く、カードのめくり運に一喜一憂できる感じ。

あと、何よりもテーマとの相性が良い!
やったことないのに、本当に彫像を掘っている気になってくる。

我と王のために

For the king (and me)

評価:6/10

ビブリオス」のリメイク。

変更点は5人まで遊べるようになったのと2位の得点の追加。

2位まで得点が追加されたのは良い変更じゃないだろうか。
1位の半分の点が入るだけなのでルールさえ知っていれば「ビブリオス」にも適用可能。

あと、5人までプレイ可能になったのだが、こっちはイマイチ、、、

なんと言っても前半の分配ラウンドでの手番数が均等じゃないのが気になった。

あと、やっぱり多人数だと、価値を下げるアクションで、「どっちでも良いけど、こっち下げとくか」が起こるのも不満・・・
手番が少ない後手番プレイヤーに優しくしてプレイヤー間でバランスとれってことなのかな?

3人専用と言われていた「ビブリオス」が、2位得点の導入で4人でも遊べるようになったのは良い事だ。
1位以外意味が無い!っていう焦点の絞られっぷりも悪く無かった気もするが・・・

グレートプレーンズ

Great Plains

評価:6/10

グレートプレーンズの支配権の争い。
マンダラ」「マヤ」のベンジャミン&ギルバートの新作。
2人用。

まず、各プレイヤーは洞窟タイル3枚を配置する。
そして、交互に洞窟か駒に隣接するように駒を配置していく。

最終的に黄色エリアのマジョリティ争いで得点。

動物が描かれたマスに入ることで、動物タイルを獲得できる。
動物タイルを消費すると特別な動きが出来る。

馬は平地を2歩移動。
鳥は通常は移動できない山を越えての移動。
熊は相手駒の押し出し。

どれもシンプルな効果なのだが、ゲームに深みを生み出している。
動物タイルを取ることでのプレッシャーの掛け合いが、このゲームの肝じゃないだろうか。
効果が派手過ぎないので、途中で得点を確定することが出来、考え甲斐があるゲームになっている。(逆に言うとシビアなアブストラクトなわけだが・・・)

駒が20個ずつで全部配置しきったら終わりなのと、得点がマジョリティ争いっていうのも良い組み合わせ。
エリアの大きさが得点になるので、できるだけ少ない個数で大きなエリアを制することが大事になる。

ルール量は少ないが、過不足なく完璧な調整。
センスを感じるゲームデザイン。
過去作も好みのゲームが多く、またお気に入りのデザイナーコンビが生まれてしまった。

メドウ

Meadow

評価:6/10

「ウィングスパン」以降、たくさん発売されている自然テーマゲーム。
ドリームホーム」デザイナーの新作。
Tabletopiaでプレイ。

オールユニークな水彩画イラストカードが200枚以上というのが売りっぽかったので期待せずに挑んだのだが、遊んでみると面白い!

各自が自分の前にカードをプレイしていって生態系を作っていく。

土地は自由におけるが、得点はなし。
生き物には配置条件があって、必要なアイコンが既に場に配置されている必要がある。

必要となるアイコンの上にカードの置く必要があり、そうすることでアイコンが隠れてしまう。
このルールが秀逸で、ただ気持ちよくなる拡大再生産ではなく、やりごたえのあるパズルになっている。

カード獲得方法が少し変わっていて、手持ちの数字タイルをメインボードの脇に置いて、そこから数字分進んだ先にあるカードを獲得する。
メインボードは列毎にカードの種類が異なっているので、このルールが生きている。
また、ゲーム中盤でカードセットが入れ替わり、数字タイルの価値が変わってくるのにも感心させられた。

「ウィングスパン」フォロワーのゲームは雰囲気重視でシステムはおざなりなものが多い印象なんだけど、このゲームはシステムもしっかりしている。
ルールを読んだ段階だと、そこまで期待してなかったんだけど、遊んでみると「アイコンの特徴づけ」「ゲームをダレないようにする中盤の工夫」「タイルの使用順の悩ましさ」等々・・・感心させられる部分が多かった。

遊んでいる最中は「思ったよりも面白いぞ!」ぐらいだったのだが、後から反芻していると細かい気遣いが見えてくる感じ・・・

もちろん売りとなっている綺麗な水彩画イラストも楽しさに貢献しているだろうから、実物でも遊んで、再評価してみたい。

テンプラ

Tem-Purr-A

評価:6/10

ウノ的なカードプレイとバーストの融合。
「タイワンスナックバー」のリメイク。

2~7と特殊カード3種。
あと、食べ過ぎカードが1枚。

「ウノ」みたいに同じ数字のカードを順番に出していく。
出せなかったり出したくない場合は、山札ドローするのだが、その枚数がそれまでに出されたカード数字合計。
なので、例えば6が3枚出てたら18枚(!?)も引くことになる。
この時に食べ過ぎカードを引いてしまうとバーストで失点。
バーストしようがしまいが引いたカードは手札に入るので、大博打するとしばらく安泰。
このリスクとリターンの付け方が独特なオリジナリティを生み出している。

3失点で脱落。
「タイワンスナックバー」では1人以外が脱落するまで続けたのだが、今作は一人脱落で終了。
その時点で一番失点が少ないプレイヤーが勝ち。タイブレイクは手札枚数。
これは良い変更なんじゃないかな。

「タイワンスナックバー」を遊んだ時も「オリジナリティがあって面白いな」と思っていたのだが、イラストが合わず購入に至らなかった・・・
より万人受けのイラストになっていて有難い。

でも、今、BGGで調べてたら新版が出るみたい。
これが一番カッコイイ・・・早まったか・・・

パンナム

Pan Am

評価:5/10

民間航空黎明期に栄華を極めた「パンアメリカン航空」通称「パンナム」がテーマ。
プロスペロ・ホールの新作。

「パンナム」がテーマと書いたが、プレイヤーはパンナムでは無い。
プレイヤーは、他の民間航空会社として国際航路を広げて収益を上げていく。
パンナムはそんな我々の航路を買い上げていく。
買い上げられると聞くと悪そうに聞こえるが、売却額が大きい上に、飛行機を別の航路で再利用できるので良い事づくめ。

メインシステムはワーカープレイスメント。
ほとんどのアクションエリアはところてん競りになっている。

アクションを実行した後に、パンナムフェイズでパンナムが買い上げる航路を決定する。
パンナム航路は、マイアミから徐々に広がっていくのだが、どの方向に進むかはダイスで決まる。

ベースシステムには特徴もあって全体的には今風のデザインなのだが、ダイス運やカード運が勝敗を大きく分ける印象。
この運要素を「あえて」入れているのは分かるのだが、個人的にはこれがしっくりこない・・・

古めのゲームでは、こういう粗い運要素を入れがちな印象だが、それを今風にリバイバルしてくるのがプロスペロ・ホール!
80年、90年代からボードゲームを遊んでいるゲーマーは懐かしさを感じて刺さるんじゃないかな。

箱庭特急

Mini Express

評価:6/10

線路敷設、株購入、株価上昇がツイストリンクしている鉄道ゲーム。
箱庭鉄道」と同じデザイナーだけど、プレイ感は全然違う。

手番は「線路敷設」か「株購入」の2択。

「線路敷設」は、任意の会社を選んでその会社が持っている線路を使って都市間に線路を敷く。
これによって、その会社の価値は上がる。
プレイヤーは、到着した都市に示されている会社(今回線路を伸ばした会社とは限らない)の影響力を得る。

「株購入」は、任意の会社の株を1つ購入する。
株の価格はその会社が持っている線路の数。
支払うのは、その会社の影響力。
株を購入した会社に線路が3つ補充される。

文面だけ見るとよくわからなそうだけど、線路と株価と影響力と会社価値が妙な形で繋がっている。
最初は、この繋がりがピンと来なくて戸惑ったが、見えてくるとグッと面白くなってくる。

前作「箱庭鉄道」と比べると、こっちの方が好み。
同じく完全情報ゲームではあるんだけど、盤面の読み解きにくさが(僕にとっては)良い方に働いているように感じた。

今回5人プレイだったこともあって、株を買えるタイミングのコントロールはほぼ不可能だったけど、それはそれで面白かった。

セベク:2プレイヤーズ

Sobek: 2 Players

評価:6/10

2人用の「セベク」。
BGAでプレイ。

取るタイルまでに通過したカードを汚職として取るのは「セベク」と同じ。
タイルが一列ではなくてグリッド状に並んでいる。

直前に獲得されたタイルに示された方向に従って、次に取れるタイルの方向が「縦」「横」「斜め」に規定される。

後のルールは大体「セベク」と同じ。

相手を絞ることが大事になっているので、よりシビになっているのだが、人物タイルの効果が結構ハチャメチャ。
しかも、「セベク」同様、人物タイルは裏向きなので、相手が何を取ったのかわからない・・・
これをシビアさを中和していると取るか、アンバランスと取るか。
人物タイルもオープンだとシビア過ぎるのかな?

人物タイルのバランスがちょっと気にはなるけど、「セベク」よりもやりごたえのあるゲームになっていて面白い!