Skip to content →

タグ: 6

ヘックメックカードゲーム

Heckmeck am Karteneck

評価:6/10

ヘックメック」をカードゲーム化。
デザイナーは変わらずクニツィア。エッセン新作。
Tabletopiaでプレイ。

ダイスは一切使わず、代わりに1~5+虫のカードを使う。

場にはプレイヤー人数分の得点タイルが並び、これを1枚ずつ取ることになるのだが、誰がどれを取るかをカードプレイで決める。

手番では「同じ数字のカードを1枚以上出す」か「パス」。
出したカードは自分の前に並べて合計数を宣言する。
自分の前に出した数字は以降、追加で出すことは不可能。

パスすると虫を出しているか出していないかで処理が変わる。
虫を出していない場合は直ぐに一番小さい得点タイルを取る。
虫を出している場合は、最後の数字比べまで待機。

全員がパスすると数字合計が大きい順に高い得点タイルを取っていく。

「ヘックメック」にもあった他プレイヤーからの得点タイル奪取も健在。
虫を出した状態でパスした時に、自分の前にカード合計が他プレイヤーの一番上の得点タイルと一致した場合、そのタイルを奪える。
このタイミングと条件が絶妙で、奪われそうになると抜けて他の数字でカバーしたり、数字を調整して奪い返しを狙ったりできる。

ダイス版「ヘックメック」と違って、明確に狙ってタイルを奪いに行くことになるので、よりいやらしいゲームになっている。

メドウ

Meadow

評価:6/10

Tabletopiaで遊んで気に入ったので、現物を購入してプレイ。
ゲーム内容はこちらで。

カードはトランプサイズかと思っていたのだが、一回り小さいサイズだったのはちょっと残念だが、プレイスペースのことを考えるとちょうど良いのかも。

あと、ミニ拡張ぐらいのカードセットが5袋付いていたのは知らなかったので嬉しい。
ゲームに大きな影響を与えるものでは無さそうだけど・・・

今回4人プレイ。
ダウンタイムのあるゲームなので4人プレイは少し不安だったのだが問題なかった。
みんな自分のパズルを考えるのに夢中だし、中盤でのカードセットチェンジが気分をリフレッシュしてくれる。
とは言え、プレイ人数が少ないに越したことは無さそうだけど。

アートロバリー

Art Robbery

評価:6/10

泥棒集団の報酬山分け。
クニツィア+ヘルベチクの新作。

場に並べられた9枚の得点チップを取り合う。
得点チップは0,1,2,3,3,3,4,5,ボスという構成。

やることは簡単で1プレイ1ドロー。
数字カード、ボスカードは、その数字(もしくはボス)の得点チップを取る。他プレイヤーからも奪える。
泥棒カードは任意のチップを取れるが、他プレイヤーからは奪えない。
番犬カードは番犬駒を取る。番犬はチップ奪取を防いでくれる。

場からチップが無くなったらラウンド終了で得点が確定。
ボスは5点なのだが、4か5を同時に取らないと無効となる。

これを4ラウンド繰り返す。

低得点のチップにはアリバイマークが描かれている。
最終的にアリバイが一番少ないプレイヤーは脱落。

得点チップの取った取られたは「大道芸人」を思い起こさせるが、プレイ感は全然違う。
場のタイルの減り、自分の手札、他プレイヤーの得点状況を考えて場を作っていく感じ。
とは言え、手札次第で否応なく負けているプレイヤーを攻撃してしまったり、勝っているプレイヤーをアシストしてしまったりはあるので、そこまで必死になるゲームでは無さそう。
あと、最終ラウンドは勝てると思うプレイヤー以外は最後の1枚を取ることが出来ずウダウダする若干の切れの悪さを感じた。

初版は(おそらく)ミスプリントがある。
第3ラウンドの得点タイルはボスが2枚になっているが、1枚は普通の5になるはず。

ザ・キー:ラッキーラマランドの妨害工作

The Key: Sabotage at Lucky Llama Land

評価:6/10

「ザ・キー」シリーズ第3段。
今回は、遊園地ラッキーラマランドでの破壊工作の犯人特定。
難易度はイージー。

難易度イージーだとすぐ解けちゃうんじゃないかと思ったけど、思ったよりも手こずった・・・
ちょうどいいぐらいの難易度かも。

ちゃんと説明書を読まずにはじめちゃったんだけど、写真と足跡の解読法はしっかり確認してから始めた方が良いね。

解放者:共和制ローマの終焉

Liberatores: The Conspiracy to Liberate Rome

評価:6/10

カエサル暗殺がテーマの招待隠匿ゲーム。
台湾のモアイディアーズゲーム。

陣営は間者1人、共和主義派3人、対抗者1人。(5人プレイ時)
間者は唯一のカエサル側陣営。
共和主義派と対抗者は共和主義陣営なのだが、対抗者はカエサル失脚後の独裁を狙っている。

ほとんどが共和主義陣営なので、みんな共和主義陣営のふりをするわけだが、資金を得るためにはカエサルの影響力を上げざるをえない。
得た資源の使い道は大きく2つで、購入したカードを自分の能力とするか、購入したカードを共和主義陣営に送って影響力を上げるか。
共和主義を装うには自分の能力よりも陣営の影響力を上げたいところなのだが・・・対抗者の存在がそれを許してくれない・・・

ちょっと用語になじみが無かったり、テキストもりもりのカードに圧倒されたが、わかってしまえば進行はシンプル。
選択肢が程よく狭いので、プレイングも正体隠匿も難しすぎない。

見た目で損しているゲームな気はする・・・

ローディング

Loading

評価:6/10

リアルタイムでカードピック。
ヤマタイ」デザイナー新作。

1~64のカードをシャッフルして(プレイヤー人数ー1)の山にわける。
1人1山持って、山が貰えなかったプレイヤーはテーブル中央に手を出しておく。

「3,2,1、ローディング!」の掛け声で全員一斉に自分のカードを見て1枚取って自分の前に置く。
そして、残りのカードをテーブル中央に手を出しているプレイヤーに渡して、今度は自分が手を出す。

自分の前にカードを置く時は昇順で置いていく。
他プレイヤーの前にもカードを置くことができ、その場合は「直前のカードの1大きいカード」を置かなければならない。
そうした場合、バッテリーカード(3点分)を奪うことが出来る。

そろそろ潮時かな?と思ったら、持っている山をゲームから除外して、終了カードを取ってゲームから抜ける。
規定人数が抜けたらゲーム終了。
自分の前に積み重なったカードとバッテリーカードと終了カードの得点を合計して勝者を決める。

世話しなくてバカバカしいゲームなんだけど、一瞬戦略めいたものが見えたりする。
多分、気のせいなんだけど・・・

カメレオン

The Chameleon

評価:6/10

みんながお題を知っている中、一人だけお題を知らないのを隠し通すゲーム。
「エセ芸術家ニューヨークへ行く」「スパイフォール」系ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

場には単語が16個描かれたお題カードが公開される。
プレイヤーには、今回のお題単語を特定できるカードが配られるのだが、一人だけ「カメレオン」と書かれたカードが配られる。

各プレイヤーが1つずつヒントとなる単語を言っていく。
相談後にカメレオンと思うプレイヤーの投票をしてカメレオン以外が最多だとカメレオンの勝利。
カメレオンが最多だった場合、カメレオンがお題を当てることが出来ればカメレオンの逆転勝利。

同系統ゲームと同じく安定して楽しめるパーティーゲーム。
16個の単語が公開されているのでカメレオン役の推理しがいがある。

消されたメッセージ

Last Message

評価:6/10

一部消されたダイニングゲームから犯人捜し。
新作パーティーゲーム。

1人が犯人役、1人が被害者役、他のプレイヤーが捜査官役となる。

「ウォーリーを探せ」風のイラスト。
犯人役は、そこから犯人となる人物を1人決める。
被害者は犯人が誰か伝える為のヒントをイラストや文字を使って描く。
犯人役はそのヒントの重要と思う部分を消す。
捜査班役は一部が消されたヒントを見て犯人を推理する。

文字も使えるのでヒントの制限は少なめ。丁寧に描けば導きは簡単なのだが・・・
ヒントを描く時間が30秒と短い!
消されるからと言って同じことを2つ以上描くことも禁止!

描いた人と消した人、2人の人間の思考を読むっていうのがゲームに深みを与えていて、
ワンランク上のパーティーゲームに仕上がっている。

ビヨンド・ザ・サン

Beyond the Sun

評価:6/10

汚染された地球を捨て他の惑星への移住する人類。
Tabletop Simulatorでプレイ。

一見複雑そうに見えるが、意外と構造はシンプル。

手番では、各自1つだけ持つワーカーを移動させて、そこのアクションを実行。
その後、3種類の収入のいずれかを選んで獲得。

リソースは大きくわけると人と鉱石の2種類だけだし、やることもおおざっぱに分けると研究か入植の2種類。

テックツリーをプレイヤー達で作り上げていくのと、研究者、入植者、宇宙船というリソースを同じダイスで表現しているのが今作の特徴。
特にダイスでリソースを表現しているのは、限られた人口をどう振り分けるかを上手く表現できていて、ゲーム展開に面白い効果を生み出している。

かなり良く出来ているゲームだが、個人的には都度都度めくられるカードに若干カオスを感じる・・・
その分、争いがあってもそこまで被害が大きくないソロ寄りに調整しているのにはデザイナーの技量を感じる。

ヒバチ

Hibachi

評価:6/10

「サフラニート」のリメイク。
スパイスの調合から鉄板料理にテーマチェンジ。

ルールに1つ大きな変更がある。
どの皿にも載らなかったチップ毎に「唐辛子」カードが貰える。
「唐辛子」2枚で任意の食材1枚分となる。

「サフラニート」では何も取れないラウンドのやるせなさがあったが、それが軽減されて良い変更じゃ無いでしょうか。

3枚達成で勝利なのだが、2枚達成したあたりで「ちょっと長いな・・・」と評価が下がりかけたところで「お金が無い!売る必要が!」の気づきで評価がV字回復するのも「サフラニート」と同じ流れだった。