Skip to content →

タグ: 6

生活

Seikatsu

評価:6/10

2種類の得点形式のまとまりが良いタイル配置ゲーム。
プレイ人数の表記は1~4人だが、実質3人専用ゲーム。
BGAでプレイ。

手番では手札3枚から1枚を盤面に配置するだけ。
タイルには鳥と花という2つの要素が描かれていて、それらの組み合わせで得点していく。

鳥はタイル配置時に隣接している同じ鳥の数×2点を獲得。

花はゲーム終了に判定。
各プレイヤーは自分側から見て、縦ラインに同じ色がたくさん存在するほど高得点。

これら2種類の得点のバランスをみつつ、タイルを配置していく。

非常にシンプルなルールながら、悩ましいプレイ感。
手札3枚という制限によって、軽快さもあって好みのバランスのゲーム。

「生活」っていうC級感あふれるタイトルが足を引っ張っている気がする。

なんちゃって銀行強盗

Bank Robbers

評価:6/10

銀行員が銀行強盗。
「銀行強盗」「グレイブディガー」のリメイク。
クニツィア作。

場には5つの銀行。
各銀行の前には裏向きのカードが1枚ずつ。
プレイヤーの手札は5枚、持ち金は10金。

手番では、アクションカードの山から1枚めくって、そこに示された行動を行う。
勝手にアクションを決められるっていうのは中々新鮮。
アクションは
・手札のカード1枚をいずれかの銀行の前に裏向きで配置。
・配置済みのカード1枚をのぞき見。
・配置済みのカード1枚を表向きにする。
・銀行1つを指定して銀行強盗決行。

銀行強盗決行となると、全員が手持ちのお金を握って一斉公開。
銀行の前に並んでいるカードも公開して示された合計がその銀行にあるお金となり、そこから分け前を取っていく。
自分が握った額が分け前となるのだが、少ない額のプレイヤーから取っていく。
自分が握った額が残っていないければ、分け前を貰えないどころか、自分が握ったお金も没収となってしまう。

銀行の前のカードの情報は、多くても半分ぐらいしか把握できないのだが、その場を特殊な状況にするキャラクターカードというものがあって、これが紛れ込んでいることを知っていると俄然有利となる。

キャラクターカードの枚数のカウンティングは重要なので、最初に枚数を説明しておくとより楽しめると思うよ。

ワームホール

Wormholes

評価:6/10

ワームホールを使ったピック&デリバー。
タイニータウン」デザイナーの新作。

自分の宇宙船を使って乗客を指定の星まで送り届ける。

手番では自分の船を3歩移動させる。
盤面が広いので、3歩は大したこと無いように聞こえるのだが、ワームホールを使うことで一気にワープすることが可能。
しかも、ワープ自体は歩数にカウントされないので、下手したら1手番で3つの惑星を訪れることも可能。

ワームホールを作るのもノーコスト。
ただし、自駒の足元か隣接にしか設置できないので、遠方の星は誰かが地道に近づいていってワームホールを作る必要がある。

他プレイヤーのワームホールも利用可能で、使ってもらえたプレイヤーは1点獲得。

なかなかチャレンジングなシステムで、特にワームホール配置の自由度の高さには驚いた。
はじめて「アルケミスト」を遊んだ時のような「ゲーム壊れない?」って感覚が常に付きまとう感じ・・・
今作は、それを「カード運を高くして、『そんな細かいこと引き運次第でどうにでもなる!』と思わせる」という若干強引な解決法を使っているように感じた。
遊んでいる時は、コレと盤面の読み解きとのアンバランスさを感じたのだが、重苦しくなりがちなピック&デリバーを遊びやすくするには正解なのかも・・・とも思えてきた。

うーん・・・イマイチ評価が定まらないので、もう一回遊んでみたい。

コーラ:ライズ・オブ・アン・エンパイア

Khôra: Rise of an Empire

評価:6/10

慶應HQの「インプルーブメント・オブ・ザ・ポリス」の海外版の逆輸入日本語版。

システム的な変更な無さそう。
イラストやボード等、コンポーネントがリッチになっている。

日本でリメイクされたバージョンもあって同人版からは大分綺麗になったのだが、カードや箱絵がどうも垢抜けて無かった。
今回のリメイクでようやくどこに出しても恥ずかしくない見た目になれた気がする。

これで、慶應HQの名が海外からも注目されて、何年後かにアッキトッカ的な復活を果たしてくれないだろうか。

レジサイド

Regicide

評価:6/10

トランプを使っても遊べる協力ゲーム。
BGAでプレイ。

J,Q,Kは敵のデッキとしてランクごとにわけてシャッフルしておく。
他のA、2~10がプレイヤーデッキ。

敵デッキから1枚敵が登場する。
最初は一番弱いJ。体力が20で攻撃力が10。

手番では、手札から1枚カードを出して攻撃する。
ランク分だけ体力を削れる。
その後、敵の攻撃を受ける。
ランク合計が敵の攻撃力以上になるだけカードを捨て札にする。

これだけだと、プレイヤー側が不利すぎるので、出したカードのスートに応じて追加効果がある。
スペードはランク分だけ相手の攻撃力を下げる。
クラブは体力を2倍削れる。
ダイヤは、ランク分だけカードドロー(プレイヤー間で均等にドロー)。
ハートは、ランク分だけ捨て札を山札の底に戻す。
ただし、敵のスートの能力は無効化されてしまう。

これを繰り返して、全ての敵を倒すことが目標となる。

あと、敵を倒すと味方になって自デッキに入るのだが、体力をちょうど0にして倒すと早めに使えるようになるっていう小技も効いている。

中々良く出来ていて、何度か挑戦してみたが、1枚目のKに到達するのがやっとだった・・・
全てのKを倒すなんて至難の業だと思うのだが・・・

よく出来たゲームなので、商品も買おうかなと思ったのだが、普通のトランプでも遊べてしまうっていうのが購入を迷わせる。
せめて、遊びやすくなる何かが付属していれば、それが後押しになるのだが・・・

アッティラ

Attila

評価:6/10

様々な民族への影響力を調整しながらのヨーロッパの支配。
サンクトペテルブルク」や「ディマッヒャー」のシュミール作。2000年。

手番ではやることは非常にシンプル。
手札6枚から1枚をプレイして、その色の駒を配置して、自分のその色に対する影響力を1上げる。
同じマスに何種類の駒も共存できるのだが、駒が5個以上置かれると戦争。
手番プレイヤーから順番にカードを裏向きに出していく。(何枚でも可)
出したカードとそのマスの駒の数を足して、一番少ない色の駒が全滅。
その後、そのマスには征服タイルが置かれて、どの駒も配置できなくなる。

戦争が1回、3回、6回、10回起こったタイミングで決算。
各色の影響力1位と2位のプレイヤーが得点。
1位は盤面のその色の駒数分が得点。
2位は盤面のその色の駒が置かれているマス分が得点。

序盤は味方を増やすためにも、2位でも得点が高くなるようにどんどん新たな地域に駒を置いていくことになるのだが、徐々に盤面が埋まっていき自然と1位と2位の差が生まれるようになっている。

あと、決算が起こるごとに影響力の上昇率が上がっていき、影響力の逆転がしやすくなっていく。

このあたりのちょっとしたルールでゲームの流れをコントロールするようなゲームデザインには本当にセンスを感じる。

テンペニーパークス

Tenpenny Parks

評価:6/10

フィレンツェの匠」的な建物パズルで遊園地づくり。
新人デザイナー。
Tabletopiaでプレイ。

ベースシステムはワーカープレイスメントなんだけど、ほとんどのアクションが全員が何人でも入れるアクションなので、3アクションポイント制のゲームと捉えても良いかもしれない。

アトラクションを買って、それをマイボード上に配置していくのだが、配置制限がなかなかキツい。
「フィレンツェの匠」あるいは「ブロックス」のように建物同士は辺で接してはイケナイ。
更に、建設の邪魔となる木がそこかしこに生えている。
この難解なタイルパズルが今作の肝となるのだが、前述した唯一1人しか入れないアクションエリアが「アトラクションタイルの獲得」となっていて、狙っていてるアトラクションタイルを先に取られてしまわないように注意しなければならない。

ルール概要を聞いた段階だと普通のゲームかと思ったのだが、遊んでみると資金管理、タイルパズル、トラック争いが絶妙なバランスで融合しているゲームだった。
なによりも、デュトレのイラストがテーマの楽しさを何倍にもしている。

ポニーエクスプレス(アラン・ムーン)

Pony Express

評価:6/10

各馬のデッキビルドを行いつつの競馬レース。
アラン・ムーン。1991年。

今遊ぶとかなり時代を先どっていたと感じるルールの競馬ゲーム。

7頭の馬にベットする競馬レースなのだが、それと同時に各馬の手札を構築していく。

手札7枚とチップ15枚を持ってスタート。(5人プレイ時)
まず、チップを馬にチップをベットしていく。
1巡目は5枚、2巡目は4枚、3巡目は3枚・・・というように徐々に賭けられる枚数が減っていく。
そして、ベットと同時に、手札のカード1枚をいずれかの馬の横に表向きで配置して、その馬の手札となる。
この時、その馬に直前に追加されたカードと数字を比べてオッズが上下するのだが、良いカードを置くとオッズが下がり、悪いカードを置くとオッズが上がるようになっている。

全員がカードをプレイし終えると、一番ベット額が高いプレイヤーがその馬の騎手となる。

オッズが高い馬ほど良いコースが割り当てられ、一発逆転が狙えるようになっている。

そして、レース開始。

オッズの高い馬から低い馬の順で駒を進めていく。
カードを1枚プレイして1歩前進、この時スタート地点のマスと同じ色のカードを出すと追加で1歩前進。
さらにダイスロールによる追加移動チャレンジが2回まで可能。
10面ダイスを振って、今出したカードの数字以下なら追加で1歩、カードの数字より大きな目を出してしまうとバーストで、今回の移動は無かったことになってしまう。

これを3頭がゴールするまで繰り返す。
上位3頭の騎手にはボーナス賞金。
あとは、各馬のベット額とオッズから配当を受け取って、一番お金持ちが勝ち。

結局はダイスロール勝負になっちゃうところはあるけど、これはこれで競馬っぽい熱があって良い!
30年以上前っていう時代を考えるとかなり意欲的なゲームデザイン。
ともすると「18xx」等の株ゲーを超簡略化したようにも捉えられる?

こういうゲームに出会えるから、新作だけじゃなくて、古いゲームを掘り起こすのもやめられない!

チケット・トゥ・ライド:サンフランシスコ

Ticket to Ride: San Francisco

評価:6/10

ニューヨーク」「ロンドン」「アムステルダム」に続く、ミニサイズのチケット・トゥ・ライド。

今回の特徴は、観光客トークン。
いくつかのスポットに配置されていて、そこに隣接するように線路を敷くと獲得できる。
最終的に集めた種類数で得点。(同じものは2個取れない)

あと、線路駒が20個に増えている(ニューヨークは15個、ロンドンは17個、アムステルダムは16個)。
ニューヨークとかは、ミニとは言えあまりにあっけなく終わる印象があったので、増やしてくれたのは嬉しい。
僕がチケット・トゥ・ライドが好きだから、長く遊んでいたいだけかもしれないけど・・・

エンポリウム

Emporion

評価:6/10

宝石の煌き」フォロワー。
スペイン人デザイナー。2016年作。

基本は「宝石と煌き」と同じなのだが、色は5色ではなく3色、リソースチップは全てワイルド扱い、とリソース周りは簡略化されている。
その分、得点周り、カード補充あたりに特色を出して生きている。

なんとなく取れるカードを毎回取っていても良い勝負は出来るのだが、しっかり戦略を固めておかないと勝つのは難しい。

単なる「パクリ」と捨て置けない魅力があるゲームで、しっかり独自の面白さがある。
個人的には「宝石の煌き」よりも好み。
ただ、ルールライティングが悪くて、正しく遊ぶにはなかなかの根気が必要そう・・・