Skip to content →

タグ:

もう乗れないよぅ

Einer geht noch!

評価:4/10

船が沈没しないように自分の動物を載せる。
ツォッホ。

同じ内容の12枚の動物カードセットを個人山として持つ。
場にはプレイヤー人数分の船。
各船は積載量が決まっていて、それ以上の重さになると沈んでしまう。

個人山札から3枚ずつを手札にする。
手札から1枚ずつ船に置いていく。
これを3周するだけ。
3枚のうち1枚は裏向き、他2枚は表向きでプレイする。

全員のカードが置かれてたら、裏向きカードをオープン。
同じ動物のペアが出来ているとボーナス点。
その後、ペアになっていない動物の特殊能力を発動させた後、船の積載量チェック。
沈まなかったカードは持ち主の得点となる。

「ビースティーバー」とか「12王国の玉座」とか、カード効果のままならなさを楽しむゲームっぽい。
これ系のゲームが好きな人には良いかも。
他の同系統に比べるとちょっと地味な気もするけど・・・

モミジ

Momiji

評価:6/10

昇順でカードを置いていく「ロストシティ」的ゲーム。
唐苑」「西安」デザイナーの新作。

7色、0~3の葉っぱカード。(4人プレイ時)
0:5枚、1:5枚、2:3枚、3:2枚、というカード構成。

手番で出来ることは
「場からカードを取る」
「カードを自分の前にプレイ」
「目標チップの獲得」
の3択。

場からカードを取る場合は1色選んでその色のカードを全て獲得。

カードプレイは「異なる色のカードを1枚ずつ(2色以上)」か「同じ色のカードを2枚まで」プレイする。
各色別の山にして置いていくのだが、最初のカードは0でなければならず、その後は直前と同じか1だけ大きいカードしか置けない。
最終的に山の「カード枚数」×「一番上のカードの数字」が得点となる。

目標チップはゲーム開始時から場に並んでいて、どんぐりチップを支払うことで獲得できる。
目標チップは「黄色のカードを一番持っている」とか「プレイしたカード枚数が一番少ない」みたいなマジョリティ目標。
獲得したプレイヤーが目標達成できると+10点。
獲得していないプレイヤーが目標達成すると+3点。

手札制限8枚というのが多すぎず少なすぎず絶妙な塩梅。
カード構成も良く出来ていて、手札を圧迫してでも貴重な3を保持しておきたい気にさせて来る。
あと、ゲーム中に1回ずつ使える特殊カードの枚数も3枚と絶妙な枚数!
ゲームの根幹はありふれたものだが、その根幹に合わせた細かい調整が丁寧!

こういった無名デザイナーの良いゲームに出会えるから、ついつい色々買っちゃうんだよなぁ・・・

モバイル・マーケット

Mobile Market

評価:6/10

スマートフォン株式会社」をカードゲーム化。

タブレット型のタイルを重ね合わせて、ステータスを決定するのはボード版同様。
追加のタイルや機能ごとの特殊能力が無くなっている。
その分、テキスト効果が書かれた技術カードとマーケティングカードが追加されている。

少しアメゲー寄りになっている。

個人的にはボード版の方が好き。
価格決定の読み合いの時に、他プレイヤーの状況把握が面倒に感じた。
ここら辺はカード効果への耐性の問題だろうから、こっちの方が展開が広くて好きって人も多そう。

モンドリアン

Mondrian

評価:5/10

ダンスを振り入れてのマジョリティ争い。

順番にダイスを1個ずつ振り入れて、最終的にダイス目合計が一番大きいプレイヤーがカードを獲得していくのだが、そもそもカードの数字以上のダイス目じゃないと獲得できない。

獲得したカードの数字が得点となる。
それに加えて、色ごとにマジョリティ得点がある。
マジョリティを狙いやすいカードは基礎点が低くなっている。

アクション+マジョリティってことで、「サフラニート」っぽい雰囲気があるが、大幅にライトになっている。
やりごたえって部分では「サフラニート」にかなわないが、手軽に遊ぶなら今作か。

モルゲンランド

Morgenland

評価:5/10

ブラインドビッドでアクションの取り合い。

裏向きでカードやタイルを置いていく競りゲーム(「ボス」とか「陰謀」とか)は苦手で、このゲームも苦手・・・

特殊タイルや特殊カードが飛び出てくる感じも苦手・・・

名作と言われているゲームなので、同系統が好きな人は歴史を知るために遊んでみるのは良いかも。

森の影

Waldschattenspiel

評価:5/10

ろうそくに火とつけて暗い部屋で遊ぶ幻想的なゲーム。

鬼1人と妖精にわかれる。
鬼はダイスでろうそくを動かして妖精を見つけることを目指す。
妖精は鬼に見つからずに、全員が一か所に集まることを目指す。

妖精はろうそくで照らされているところを通過できず、ろうそくの光に照らされるとダウンしてしまう。
ダウンした妖精は、他の妖精が助けに行かないと復活できない。

「氷鬼」や「どろけい」と同じで鬼がガチ守りに入ると、永遠に終わらない・・・
すごい時間が経過すると、ろうそくの火が消えて鬼が負けってことだろうか・・・?

暗い部屋に、ろうそく1本灯すのは幻想的で雰囲気は良いのだが、ゲームとしてみると面白みは無いかな・・・
1回雰囲気を味わえば十分なゲームではある。

モンスター・バスターズ

Monster Busters

評価:5/10

「モンスターハンター」風ゲーム、「モンスターバスターズ」!!
みんなで協力してモンスターを倒す!
Tabletopiaでプレイ。

毎ラウンド、1匹のモンスターが登場。
全員が「攻撃」か「逃走」を1枚同時出し。
倒すことが出来たら「攻撃」プレイヤー全員が得点&アイテムカード1枚獲得。
倒すことが出来なければ「攻撃」プレイヤー全員がダメージ&アイテムカード2枚獲得。

倒せなかったモンスターは少し弱くなってリトライ。
倒した場合は新たなモンスターが登場。

アイテムカードは「攻撃力の高い攻撃」だったり「失敗してもダメージを負わない攻撃」だったり「みんなの邪魔をする逃走」等々・・・

ルール聞いた段階だと「すごい同人っぽい大味なゲーム」という印象だったが、アイテムの効果が派手すぎないので、シンプルな心理戦が楽しめた。

たまにこういうゲームを遊ぶのも良いもんだね。

モッツァローラー

Mozzaroller

評価:5/10

シンプルなダイスロールバースト。
ジェフリー・アラーズの新作。

ダイス8個を振って、お客カード上に置いていく。
最初は同じ1枚の上に置かなければならず、その1枚のマスが全て埋まると、隣接するカードにも置けるようになる。
そうやって、ダイスを振りなおしつつ1枚ずつカードのマスを埋めていく。

バースト時(ダイスを1つも置けない)のダメージが他のゲームに比べて軽い。
中途半端にダイスを載せてしまったカード1枚毎にペナルティチップを受け取る。
次手番時、ペナルティチップ1枚毎に振れるダイスの数が1個減るだけ。

バーストしても、それまでに達成しているカードは獲得できるので、目に見えた脱落がないのが良い点と言えば良い点かな。

ルール読んで想像したよりは面白いけど・・・
特筆すべき部分は無いかな。

モンスター・ベイビー・レスキュー!

Monster Baby Rescue!

評価:6/10

恵まれないモンスターベイビーのお世話。
「アンダーウォーターシティー」や「プラハ」のスヒィが作った子供向けゲーム。(対象年齢7歳以上)

「テーベ」式の手番システムで場のタイルを獲得していくだけ。

獲得したタイルによって自分のモンスターベイビーの環境や状態を改善していく。

タイル効果自体もシンプルだが、タイルに純粋な強弱が付いているので時には時間を多く使ってでも強力なタイルを獲得することが大事になってくる。

ゲーム終了時得点と、早取り得点によって、同じことを繰り返すだけのゲームなのに飽きさせないようになっている。
見事!

重量級がメインなデザイナーだけあって、普通の子供向けゲーム寄りは複雑だけど、子供でも十分遊べる難易度。
それでいて、大人もしっかり悩み所がある良いバランス。

個人的には相性が良くないデザイナーだけど、ファンが多いのも頷けるデザイン力を感じた。

目測

Kurz vor Knapp

評価:5/10

目測で円柱間に橋を渡す。
ツォッホのエッセン新作。

1本の棒が提示され、その棒の端と端がちょうど載りそうな円柱2つを探して指定する。
この時、手や定規を使って距離を測るのは禁止!
「目測」だけで判断しなければならない。

上手く載せることが出来たら、手元の円柱を今回置いた棒状に配置できる。

最初に手元の円柱を無くしてプレイヤーの勝ち。

目測の不確かさと、バランスゲーム的なドキドキを楽しむゲーム。
でも、この2つが一切シナジーを生み出していない!

提示される棒の順番は決まっているので、それを見越して円柱の位置を調整しろってことだろうか?
そうだとしたら・・・いや、面白くない!