Skip to content →

タグ: モ

モップス ロイヤル

Mops Royal

評価:5/10

「テイクイットイージー」式のブルクハルトによるタイルパズル。

6色×6アイコン=36枚のタイルセットを各自が持つ。
これを「テイクイットイージー」式で自分の前に置いていく。
隣接しつつ、5×5に収まるように。

「同じ色」か「同じアイコン」で3枚以上のグループを作れたら、得点化できる。
得点化すると、グループの形によって指定された場所のタイル1枚を裏向きにする。
いやらしいことに大体グループの中心のタイルが裏返されることになる。

出来るだけ大きなグループになるまで粘ってから得点化したいのだが、1手番に1グループしか得点化できないので、得点化を始めるタイミングも重要になってくる。

システム的に見ると中々面白いのだが、パズルにしては直観性が弱いかも・・・

モンマルトル

Montmartre

評価:6/10

絵画の描画と販売。

シンプルながら悩ましいカードゲーム。

「イマジナリム」のデザイナー新作。

「手札を自分の場に出す&カードドロー」、「場のカードを得点化」の2択。

得点化の方に特徴がある。

条件としてその色のマジョリティを取っていないと得点化アクションを出来ない。

マジョリティの取り合いには、ちょっと泥臭いイメージがあるが、今作は互い違いにマジョリティを取り合って得点化するのが効率的な動きになっているので、下手すると助け合いにすらなりえる。

悩ましさはあるものの、マジョリティ争いにあるまじき爽やかさがある。

シンプルなルールながら、各要素の繋がりが見事!

短いゲームなので舐めて見られがちだが、かなり良くできている気がする。

もう何回かが遊んで真価を確かめたい。

モップセン

評価:6/10

切り札がコロコロ変わるトリックテイキング。

ペリカンの新作。

カード構成は3スート(パグ)1~16と1スート(猫)1~8

スートに強弱があって、それをランクカードで示している。

手札は8枚で、最初に3枚まで山札と交換可。

マスロフォローだが猫スートだけはいつでも出せ、猫リードの場合はメイフォローとなる。

トリック勝者は自分の出したカードを得点として獲得。

トリックで最弱を出したプレイヤーは自分と勝者が出したカード以外の1枚を選んで手札に入れることが出来る。

が、最弱プレイヤーはそれまでに獲得した得点札を全て没収!(ルールミスでした)

最後に、最弱プレイヤーが出したスートが最強のスートになる。

得点は、獲得札に描かれた骨の合計。

低いランクは勝ちにくいので骨の数が多くなっている。

1枚も得点札が無い場合は5点(4,5人プレイ時)なので、下手に得点札を取る用も0枚の方が良い。

残った手札も1枚1点になるので、最弱狙いが有効っぽい。

切り札がほぼ毎トリック変わるので、計画は立てにくいが、ほぼ最弱スートが上に上がるので、ハチャメチャすぎる感じも無い。

普通のトリックテイキングとは動きが違うが、このゲームならではの戦略があるようにも見え魅力を感じる。

モンスター・バンデ

評価:5/10

似たようなモンスターの中からお題の1匹を伝える。

ドライハーゼンのエッセン新作。

チーム戦。

チーム内の1人が親となって、時間内に次々とお題のモンスターを仲間に伝える。

何を言っても良いわけでは無くて、ダイスで「NGジャンル」が決められる。

「手に関すること」や「数字」や「体の模様」等々・・・

似たようなモンスターが多いので、詳細を伝えられなくてヤキモキする。

制限された中での伝言ゲーム。

それぞれが必死にお題を伝える姿を見るのは楽しいのだが、1ゲーム遊ぶとおなか一杯。

プレイングの幅が無いので、間を開けないとリプレイする気にならないのが欠点だろうか。

もう少し横に

評価:6/10

「クラミ」デザイナーによるダイス紙ペンゲーム。

エッセン新作。

5色のダイスを1人が振る。

全員がこのダイス結果を使う。

各自がマイカラーを持っていて、その色のダイスともう1つ選んだダイスの合計値を自分のシートに書きこむ。

この時、マイカラーか選んだダイスの色のマスにしか書けない。

これを25回繰り返すと、シートが全て埋まって得点計算。

得点は2種類ある。

まず、隣接数字。

隣り合うマスの数字が1ずれていたらチェックを付けられてボーナス点を生み出す。

そして、出にくい数字ボーナス。

2か12は+4点、3,4、10,11は+2点のボーナスが付く。

序盤、中盤の計画立てから徐々に選択肢が狭まる緊張感。

マイカラーによるマスの濃淡。

2種類の得点の相反関係。

見た目は地味だが、しっかりゲームデザインされていて好感が持てる。

インタラクション皆無のビンゴ系ゲームだが、ワーワー言い合いながらサクッと遊べる。

モダンアート(ダイスツリーゲームズ版)

評価:7/10

コンポーネントが豪華なダイスツリーゲームズから出た「モダンアート」。

尋常じゃないコンポーネント力。

木槌やイーゼルもさることながら、豪華な画家が良い。

「マネ」「セザンヌ」「ゴッホ」「ムンク」「クリムト」。

どこかで見た絵画を競るのは純粋に楽しい。

全く「モダンアート」ではないけど・・・

ゲームとしては約束された面白さ。

とっつきにくくはあるけど・・・

モノリス

評価:3/10

単純なダイスプレイスメント。

自分のダイスをジャラーっと振って、1個ずつ置いていく。

全員が置ききったらアクションを実行していく。

これを5ラウンド繰り返すだけ。

明らかに強力なアクションが1つあって、それを取るか、次ラウンドのスタートプレイヤーを取るか・・・

あと、ダイス運次第アクションもある。

強力なアクションは大体順番に取っていって、後はダイス運次第アクションを成功できるかどうかが勝敗を分ける。

副題がザ・ストラテジー・ゲームだが、全く持ってそんなことは無い。

モンスタースラップ

評価:6/10

ペタペタするゴムハンドでやるカルタ。

偶然なのかどうなのか、最近イエロから出た「ひっつきカメレオン」とほぼ同じルール!

取るタイルの指定がダイスじゃなくてルーレットになっているだけ!

あと、お邪魔タイルは無くなり、純粋な早取り!

タイルは大きく、枚数が少なくなっているので、同時に叩くことが多くなっている。

この時の判定が非常に原始的で「ひっぱりあってタイルを取れた方が獲得!」。

聞いた時は「大雑把!」と思ったのだが、実はこのルールが良い。

取る時にゴムをより強く叩きつけた方が取れるようになっている。

ゆるーっとやるとヒットしやすいが、それだと引っ張り合いになった時に勝てない。

「ひっつきカメレオン」よりも好き。

こういうアクションゲームは必要最低限の単純さが正解!

コンポーネントがデカくなってるのも良い!

モンテーニュとの旅

評価:6/10

フランスの思想家モンテーニュの足跡を追う。

フランスのメーカー「Ludocom」。

ボルドーから出発して、9つの街をめぐりモンテーニュの書物を集める。

ボードに地図が描かれているのだが、駒がその上を移動するわけじゃなくて、手札から自分の前にカードを並べることで旅の軌跡を表現する。

今いる街のカードを出すと滞在扱いとなりカードドローのボーナスがある。

一回旅立った街には2度と戻れないルールになっているので、出来るだけ同じ街でダラダラしたいのだが終了条件と早取り得点がそれを許してくれない。

山札から「王の招集」カードがめくられるとゲームは終了へ向かう。

ここからボルドーへの早帰りレースが始まる。

早く帰った方が帰還得点は高くなるのだが、ゲーム終了時のアイコンマジョリティをかんがみて寄り道も必要になってくる。

それまで、のほほんと旅を楽しんでいたのに、「王の招集」で急に締まるのが面白い。

大枠はありきたりなのだが、選択肢の絞り方と意味の持たせ方が上手い。

王の招集がかかるタイミングも絶妙。

アートワークが渋すぎて、キャッチーさ、プレイアビリティの両方で損しているのがもったいない。

モア

評価:5/10

オーストラリアの植民地化を鳥(原住民)と哺乳類(入植者)に置き換えて表現したゲーム。

ワレスの中量級新作。

プレイヤーは原住民側。

各エリアに自駒を置いてプレイヤー間でマジョリティ争いをしていく。

そこに哺乳類が攻め混んでくる。

哺乳類は撃退するか、攻めてくる前に土地を売り渡すか。

手札9枚を7周で使っていく。

各ラウンドの最初にアクションを行えるエリアが指定される。

狙いのエリアが指定されたら迷わないが、中途半端なエリアだと手札温存するかどうするかが悩ましい。

システム自体は中々面白いのだが、エリアカードのランダム具合が気になった。

30枚から14枚しか使わないので、妙な偏りが出てくる。

ここら辺のランダムの付け方がワレス味かもしれない。