Skip to content →

タグ:

ドミノ・ハート(トランプ)

Domino Hearts

評価:5/10

フォロー出来ないとドローする「ハーツ」。

手札6枚。
マストフォロー切り札無し。
得点形式は通常の「ハーツ」と同じで取っちゃダメ系。

特徴は、フォロー出来ない時。
フォローできるカードが無い場合は、フォローできるカードを引くまでドローし続ける。

かなりパーティー寄りな仕上がりになっていて、「めちゃくちゃ手札増えた!」とか「うわー、♠Q引いた!」とかをワイワイガヤガヤ楽しむゲーム。

パーレット曰く「最もおもしろい(興味深い)ハーツのバリエーションの1つ」らしいが・・・
達観すると、このくじ運要素が魅力的に見えてくるのか!?

詳細ルールはこちら

トップテン

Top Ten

評価:5/10

「ゾンビ世界で生き残れる隠れ場所:生き残る確率」みたいなお題に対して1~10に対応するお題を考える。
フランスのパーティーゲーム。

完全協力ゲーム。
各自に1~10の数字カードが配られる。
お題に沿った、その数字ぐらいの度合いの解答をする。
例えば先ほどのお題なら2なら「廃屋」、8なら「軍事基地」とか。
その後、親プレイヤーが数字が小さいと思うプレイヤーのカードをめくっていく。
数字が昇順じゃなかったらダメージを負う。

規定のダメージを受ける前に5枚のお題を達成できると勝ち。

国産の「イト」とそっくりなゲーム。
「ウェーブレングス」も似ている。

これらの中では一番テンポが良くサクッと軽く遊べる。
とは言え、プレイ感はどれも似ているんで、どれか1つ持ってれば良さそう。

トレジャーズ・オブ・シボラ

Treasures of Cibola

評価:5/10

カードの獲得順を握り競り。

プレイヤー人数分のカードが場に出て、取る順を握り競り。
何も握らない場合、溜まっている駒を獲得できる「オロンゴ」式。
何も握らなくてもカードの獲得は出来る。

このゲームの特徴は、いくつかのカードについている岩石マーク。
このカードを獲得すると得点表の1マスを埋められる。
これによって、ゲーム終了時の各アイコンの得点が徐々に絞り込まれていく。

楽しみどころが分かりやすく、万人受けしそう。
色んなゲームをやってない頃に出会ってたら、感動してたかも。

トレック12

Trek12

評価:6/10

登山テーマの紙ペンゲーム。
カタラのエッセン新作。

2つのダイスを振って、結果をマイシートに書き込んでいく。
至って普通なダイス紙ペン。

と油断させておいて、ちょっとした工夫で新鮮さを生み出している。

ダイス結果が単純に足すだけじゃなくて、「加算」「乗算」「減算」「大きい方」「小さい方」という5種類の方法がある。
更に、各種4回ずつしか使用できない。
使いやすさに差があるので、いつ使うかが肝となってくる。

得点方法もちょっと変わっていて、単純に大きなグループを作るのが必ずしも良いわけでは無いようになっている。

あと、2つのダイスのうち1つはダイス目が0~5になっている。
ちょっとしたことなんだけど、0の存在がアクセントとしてすごく効いている。

衝撃的な面白さっていうことは無いんだけど、すごく良いルール。
鑑賞に耐えうるルールとでも言おうか。
これまでのセオリーが通じない部分に新鮮さを感じるのかな?

3種類のシートが用意されているんだけど、それとは別に封筒も用意されているキャンペーン式。
フランス語なので二の足を踏んでいるんだけど、頑張って訳してみようかな。

トータス

評価:5/10

足して10にする神経衰弱。

全く深みは無いけど、タイルの質感が良いので遊んでいて気持ちが良い。

ドラゴンドラフト

Dragondraft

評価:5/10

ドラゴンを集めて、夜のショーに備える。
「ハダラ」「エマラの王冠」のデザイナー新作。大人HABA。
Tabletopiaでプレイ。

場に4列×10枚のカード。
手番では場からカードを1枚ずつ取っていくだけなのだが、各列の一番上のカードは無料で取れる。
それより先のカードを取る場合は、飛ばしたカード分だけアザミカードを受け取らないとイケナイ。
アザミカードはマイナス点ってわけでは無いのだが、ラウンド毎に取れるカード総数が9枚なので、ドラゴンカードを取れる枚数が減ってしまうことになる。

ドラゴンカードは色ごとに特徴があるのだが、基本的に同じ色をたくさん集めることが得点につながる。
ゴブリンカードは集めると特殊アイテムを購入できたり、得点を獲得できる。

奇抜さでは無く基本に忠実なデザインで好感が持てるのだが、もろもろの調整がイケてない。
一番気になったのは、5ラウンドというゲーム時間の長さ。
特殊アイテム戦略のことを考えるとある程度の長さが必要なのかもしれないが、基本的に同じことを繰り返すゲームなので退屈さを感じてしまう。
あと、赤ドラゴンの効果がお仕事を強調する流れになってしまうのももったいなく感じた。

楽しさよりも苦しさが前に出る感じでHABAのイメージともあって無い気がする。

トスカーナの城

The Castles of Tuscany

評価:6/10

簡易版「ブルゴーニュ」。
フェルト&アレア。エッセン新作。

「ブルゴーニュ」は発売当初1回遊んだだけなので、あんまり比較はできないんだけど、別ゲーと言っていいぐらい簡略化されている。
インタラクションは薄まっていて、タイルを共通場から取るのと、地形ごとの早埋めボーナスぐらいだろうか。

ルールを読んだ段階だと、ちょっと物足りない印象を受けたのだが遊んでみると、「無理してタイルを置くかカードを溜め込むか」、「小さい得点を早めに取るか、我慢して大きい得点を狙うか」というショートスパンのジレンマが絶えず現れる!

自分の盤面からタイルの置き順の計画を立てる楽しさと、それを容易にさせないカード運とタイル運。

去年の「カルペディエム」といい、フェルト復活の兆しを感じる。
僕が好きだった中量級フェルトなだけって話もあるが。

ただ、気になるのは得点形式。
緑の得点トラックと赤の得点トラックがある。
ラウンド終了時に、緑の得点トラック分だけ赤の得点トラックを進める。
ゲーム終了時に評価されるのは赤の得点トラック。
つまり早めに緑の得点トラックを進めると、より多くの最終得点を生み出すことになる。
これが序盤の緊張感を生み出しているのだが、終盤の逆転の無さを見せつけることになっている。
最終ラウンド開始時に、「あぁ、逆転不可能だな・・・」と感じるプレイヤーが1,2人出るんじゃないかな。
そういうゲームは他にもあるけど、このゲームは「それが良く見える」ってのがなんともやるせない・・・

序盤~中盤は楽しいのだが、そこから終盤にかけて徐々に楽しさが減っていく尻すぼみ感。
そのせいで、素直に「楽しかった~」と終われなかったのが残念。(勝負が拮抗すれば問題無さそうだけど・・・)

トップドッグス

Top Dogs

評価:4/10

3枚セットでやる「ハゲタカの餌食」。

「2~6」×4の20枚の個人デッキから7枚を手札。
ラウンド初めにオープンされる得点カードを「ハゲタカ」形式で取り合う。
「ハゲタカ」と違うのは手札から出すのが1枚では無く3枚。
3枚全部異なる数字なら純粋に足し合わせた数が強さ。
2枚が同じ数字ならその数字の2乗に残り1枚を足したのが強さ。
3枚全部同じ数字なら3乗が強さになる。

5人で遊んだのだが、3枚同じじゃないと2位にもなれないのでそれが出来なければしゃがんで、出せるときなら出せるって感じ・・・
3枚同時出しは無駄に選択肢を狭めているだけでしかなかった。

ドラゴミノ

Dragomino

評価:7/10

子供向け「キングドミノ」。
「キングドミノ」のカタラと「バイキングの谷」のデザイナー夫婦(?)。

「キングドミノ」がかなり簡略化されている・・・というか、別ゲーと言っても過言では無いかも。

場に並んだ4枚のドミノタイルを順番に1枚ずつ取って自分の場に追加していくのは同じ。
配置制限は無くなっていて、既存のタイルに隣接してさえいれば良し。
同じ地形同士が隣接すると、その地形と同じ色の卵チップを獲得。
裏がベビードラゴンなら当たりで1点。
裏が卵の殻ならハズレで得点は無いが、次ラウンドのスタートプレイヤーとなれるマミードラゴン駒が貰える。

地形によって、卵の総数が違うのだがどれも当たりは7枚。
砂漠は14枚中7枚が当たりに対して、火山は9枚中7枚が当たり。
この偏りが無駄に確率計算をさせてきて、大人の満足度を上げてくる。

タイル配置にも工夫のし甲斐があって、これまた大人の満足度が高い!
興奮して、タイル構成を確認してしまった・・・

ちょっとしたバリアントも付いていて、それを入れると更に大人の満足度が上がる!

いわゆる、大人も楽しめる子供向けゲーム!ってわけだが・・・
こうなってくると、むしろ子供が楽しめるのか不安になってくる。
実はすごい深いゲームなんじゃないかと思い始めてきた・・・なんだ、このゲーム!

(追記)
何回か遊んでみたけど、毎回面白い!スゴいゲームだった!
評価6→7へアップ。

トリッキードルイド

Tricky Druids

評価:5/10

親切なドルイドとなってポーション作り。
カルロ・ロッシの新作。

各自、ポーションカード1枚とゴミ箱カードをもってスタート。

手番では4つのダイスを振って、出た目の素材を1~4個選択する。
それらの素材を直接獲得するんじゃなくて、まず他プレイヤーに「プレゼント」する。

相手は素直に受け取るか、突き返すか。
各ポーションには必要な素材が3種類あって、それ以外の素材はゴミ箱行き。
ゴミ箱には3つまでしか素材を置けず、それ以上になると溢れてしまって、ポーションごとダメになってしまう。

ポーションに必要素材が揃えば完成で、規定数ポーションを完成すれば勝利。

相手は欲して無くて自分が必要としている素材をプレゼントするゲームなわけだが、時には自分が要らない素材をプレゼントするっていうブラフも有効だったりする・・・
まぁ、それもダイス目次第ってところがあるので、その辺のバランスの合う合わないって部分は有りそう。
個人的にはちょっと合わない寄りかな。

ロッシは「マウンテンズ」といい今作といい、他プレイヤーにお伺いする系ブームが来ているのかな?
まだ、その試みは実っていないようなので、突き詰めて傑作を生みだしてほしい!