Skip to content →

タグ:

ドラゴンパーク

Dragon Park

評価:5/10

透明なカードを重ねて観客を呼べるドラゴンパークを作る。
リュテス」のデザイナー。

5マス×3枚のベースカードが自分の前に並んでいる。
ここに透明なカードを重ねていく。

カードの取り方はブースタードラフト。

卵を覆うとプラス点、怒っているドラゴンを覆うとマイナス点となる。

ラウンド毎に得点計算があって、
そのラウンドのみ得点となるドラゴンの数、
水色のドラゴンのマジョリティ点、
各カード上のドラゴンの種類点などが得られる。

透明なカードが売りなわけだが、透明なカードへの印刷が難しいのか色合いがマチマチでドラゴンの形で種類を判定しなければならない。
それも相まって、ブースタードラフトでは隣のプレイヤーの状況など判断すること無く、自分に良さそうなカードをピックするのみとなった。(そもそも、カットを推奨しているゲームデザインでは無さそうだけど・・・)

ドラゴンの餌となる羊が足りないと観客(得点)が減るのがちょっと面白い。

ドワーフの村

Zwergendorf

評価:5/10

描くアイコンの数が爆発的に増えるのを制限するっていう少し変わった紙ペンゲーム。
エッセン新作。

カード3枚をブースタードラフト。(最後の1枚は捨てる)

カードに示されたリソースをシート上に描く。

これを3ラウンド繰り返したあとに生産フェイズがあって、建物を描く。

建物のコストは「木材→鉱山」「木材+石材+ビール→酒場」みたいに決まっていて、必要リソースを持っている分だけ描くのだが、「必ず描かなけばならない!」。

このルールによって、ドンドン描く建物の量が増えていく。
空きマスが無くなってしまうと、失点。

建物カードをピックすることで建築コストを増やすことが出来るので、それを使って上手く描く量を調整していく。

増え過ぎる建物を減らすことが良くなるっていう変わった思考を要求されるゲーム。
目の付け所は面白いのだが・・・他がそれに合わせられていない印象。
拡大と制限のスイッチングにフォーカスすればもっと面白くなりそうだが・・・

トリグス

Triggs

評価:5/10

カードを揃えて、一気にチェック。
NSVのエッセン新作。

1~12のカードが9枚ずつ。
手札5枚。
表向きの山が2つと裏向きの山が1つ。

手番では「カードを2枚ドロー」「同じ数のカードを1枚以上捨てる」「チェックする」のいずれかを行う。

「チェックする」は1つの数字を宣言して、1枚か2枚でその数字になるカードを出して、マイシート上のその数字をチェックする。
この時、何セットでも出せて、その分チェックできる。
例えば「9」と宣言して、「9」「9」「1+8」「4+5」と出すと4マス一気にチェックできる。

各数字の最後のマスをチェックするとボーナスで任意の数字の1マスをチェックできる。
このボーナスの使いどころが肝になってそう。

あと、手札が0枚になると手番を使わずに手札5枚を補充できるので、これを狙うのも大事。

終盤はチェックできるマスが減ってくる。
手札上限が10枚なので、無駄なカードを取っていると「カードを捨てる」っていう無駄なアクションを選ばざるを得なくなってくる。

とても地味なゲームだけど、見えにくい工夫がある。
そこに気づいて、ニヤニヤするのがNSVゲームの楽しみ方の1つかもしれない。

ドッグパーク

Dog Park

評価:4/10

犬を集めて散歩させるっていう平和なテーマのゲーム。

ラウンドではまず、犬の競りを行う。
そうして、獲得した犬を連れて散歩に行く。
この時、犬ごとに示されたリソースを支払わないと散歩についてきてくれない。

散歩は1~4歩好きな歩数を選んで進むスゴロク。
色んなリソースを取るためにはゆっくり進みたいが、ゴール順に応じてボーナス、ペナルティがあるので、そんなにゆっくりもしていられない。

これを数ラウンド繰り返して、最終得点は犬種ごとのマジョリティ争い。

テーマ以外で見る部分は無いかな・・・
システム的には素人が作ったゲームという印象。

カードイラストはオールユニークなので、観賞用としては良いかもしれない。

トルネードレックス

Tornado REX

評価:4/10

カードめくりスゴロク。

カードをめくって自分の駒を進めて、いち早く自分の駒2個をゴールさせたプレイヤーの勝ち。

トルネードレックスカードをめくると、ゴール付近の山のボタンをプッシュ!
中からトルネードレックスを模した独楽が飛び出てプレイヤー駒をなぎ倒していく。

トルネードレックスに当たらないようにマスのどこに自分の駒を置くかも大事になってくる・・・?

トライブス・オブ・ザ・ウィンド

Tribes of the WInd

評価:5/10

環境を破壊しつくした人間たちによる森の再生っていうナウシカ的な世界観のゲーム。
「ワイルド・スペース」デザイナーのエッセン新作。

裏からも色がわかるカードで、手札はホルダーに保持して、他プレイヤーから裏面が見えるように持つ。
手番では、手札のカード1枚をプレイするのが基本的な行動となる。
カードのプレイ条件が「自分と左右のプレイヤーの手札のカードの色」。
「左右のプレイヤーが青を持っている」「自分が黄を3枚持っている」「自分が隣のプレイヤーよりも赤を持っていない」等々・・・

カードプレイによって、
マスから汚染を除去して、水を得て、水を使って森タイルを置いて、人を森タイルに移動させて、村にする。
っていう流れ。

村を作ることで、カードを獲得できて、それをマイボードの左にさすと条件達成得点、右に指すと即時ボーナスとなる。

あと、プレイヤーごとに異なる達成目標が2つずつあって、これを達成することで特殊能力が解放される。
これがかなり強力なので、まずはこれを狙う感じになっている。

やることは明確。自然と成長してどんどんできることが増えていく達成感があって、多くの人に受けそうなゲームデザイン。
が、本質はソロプレイ。
他プレイヤーの手札の色が自分のカードプレイに影響するので多人数で遊ぶ意味があるように感じるが、恐らくまやかしだ。
新しさもそれほどなくて、今の流行を狙って売れるゲームを作ったという商業的な無機質さを感じる。

ドーン・オブ・ウロス

Dawn of Ulos

評価:6/10

ロールプレイヤー」や「カートグラファー」と共通の世界観でやるファンタジー「アクワイア」。
現在キックスターターで出資募集中。
Tabletop Simulatorでプレイ。

タイルを1枚置いてから、株を3枚まで買えるっていう基本ルールは「アクワイア」と同じ。
タイルがマス指定では無く、地形が一致するマスならどこでも置ける。(2マスタイルの両方の地形が一致しないとダメなので、そこそこの制限はある)

一番違うの合併時の処理。
全員が手元から株を同時出し。
出された株の枚数と株価を足したのが戦力となって、戦力が高い陣営が勝つ。
大きさで負けている陣営もカードによる増強で逆転勝ちが有りえるようになっている。

そして、ここで出した株の半分以上は売却しなければならない。
負けた陣営の株もこの方法でしか売却できないので(2:1交換等は無い)、出さずに手元に残して合併に負けると再び設立されるまで無価値の株券を抱え込むことになる。
負けて売却したいが、出し過ぎると合併に勝ってしまう・・・っていう妙なジレンマが発生する。

あと、株券を買う代わりに、株券を1枚売却することで特殊能力が使える。
能力は陣営によって異なり、
「未設立陣営の株獲得」「他陣営の株価を下げる」「追加でタイル配置」等々・・・
中々強力な能力ばかりなのだが、株価が上がるほど効果が高くなるようになっていて、そうなると売却するのが惜しくなるようになっている。

イロモノだろうと思って、期待せずに遊び始めたのだが思ったよりもしっかりしていて楽しく遊べた。
まぁ、終盤付近に起きる大合併の株券同時出しの心理戦が勝敗を分ける気がしなくも無いが・・・
「アクワイア」が好き過ぎる人には反感を買いそう。

ドンピエール

Don Pierre

評価:5/10

ワイン作りがテーマのボードゲーム。
6キャッスルズ」「カフェ」デザイナーの新作。

ブドウを収穫して、それをプレスしてワインにして、販売する。

特徴的なのはアクション選択。
6種類あるアクションから1つを選択して実行するのだが、各アクションは回を増すごとに強力になる。
ただし、ゲームを通しての各アクションの実行可能回数は決まっているので、無駄に使うことも出来ない。

あと、一部のアクションのコストは「一番実行していないアクションの実行回数」によって決まる。
平たく様々なアクションを実行しているとアクションコストが高くなってしまう。

中々、意欲的なデザインなのだが、目標カードの強弱があるように感じるし、アクションコストのシステムも上手く機能しているようには感じられない。
同デザイナーの他のゲームと似た感想。
誰か優秀なデベロッパーと組めば化けるかも。

トリビューナル1920

Tribunal 1920

評価:6/10

弁護士同士の法廷バトル。
キャメルート」のデザイナー。
2人用。

3×3のグリッドで3目並べることを目指す。
手番では、カードを1枚ドロー(必須)してから、駒を配置(任意)。
駒を配置する際は、そのマスに示されたカードを手札に持っていることが条件だが、ブラフ可能。
「異議あり!」と言われると、実際持っているかチェックするのだが、この時の処理が少し変わっている。
実際に持っていた場合は、それらのカードを見せて捨て札にして同じ枚数を山からドロー。
持っていない場合は、手札は見せずに駒は置けず、代わりに異議を唱えたプレイヤーが「任意の場所に」自駒を配置できる。

こう書くと、「異議あり!」することがノーリスク、ハイリターンのように感じるが、ここに2つ目の勝利条件が効いてくる。
山札が切れた場合、(3×3とは別にある)都市マスのより上位に駒を置いているプレイヤーの勝ち。
「異議あり!」を失敗してしまうと、山札が大きく削られることになるので、相手が都市マスで優位な状況では「異議あり!」を言いにくくなる。
逆に自分が都市マスで優位だと、本当のことを言っていることが分かっていても、あえて「異議あり!」する状況が生まれたりする。

あと、山が1周しかしないのでカウンティングも有効。
単なるブラフ合戦の心理戦ゲームかと思ったのだが、意外と考えどころがあるように感じた。
慣れてきたら、「最終的には心理戦」って評価に落ち着くかもだけど・・・

ドミニオン:繁栄

Dominion: Prosperity

評価:7/10

白金貨という高価値金カードと、植民地という高得点カードが追加された。

簡単に多くのお金が手に入るようになったので、停滞感が無くて気持ち良い。

でも、ちょっとコンボが過ぎる気もする。
ここらへんで僕の「ドミニオン」は終わりにしても良いかもしれない。