Skip to content →

タグ:

トロス

Tholos

評価:6/10

駒を積み上げてマジョリティバトル。
二人用アブストラクト。

各マスには塔のように駒を重ねていくのだが5個までしか置けない。
全てのマスが5個になったらゲーム終了で、各マスでマジョリティを取った方が得点。

手番では「駒を補充する」か「駒を配置する」の2択。

駒補充は「自駒なら3個まで」「相手の駒なら1個だけ」「中立駒なら2駒で」補充できる。
ただし、手元に置けるコマの数は3個まで。

駒の配置は手元から好きな駒1つを盤面のマスに配置する。
この時、自分の駒を配置した場合は置いたマスに対応するアクションが実行できる。
アクションの種類は「一番上の黒駒を移動する」や「一番上の駒を除去する」や「相手の手元から駒を1つ盗む」等々・・・

面白いのは得点形式。
そのマスに含まれる自分の駒は+1点、相手の駒は+3点、中立駒はー2点。
マジョリティを取っても、下手するとマイナス点になることも・・・

最初はどう動けばいいか分からず、何となくで進むのだが、気が付くとどちらかのプレイヤーが身動きの取れず、どう動いても抗えない状況になっている。
勝負が決まった瞬間がどこかにあったはずなのだが、振り返ってみてもそれがどこだったのか分からない・・・知らぬ間に死んでいる・・・
何とも不思議な魅力があるゲーム。
アブストラクトが得意な人なら何か見えるのかもしれない。

唐苑

Tang Garden

評価:4/10

「カルカソンヌ」的なタイル配置で庭作り。
「西安」デザイナーと「シニョーリエ」デザイナーの共作。
Tabletopiaでプレイ。

共通盤面にタイルを配置するか、それらのタイルの上にオブジェクトを置いていく。

タイル配置やオブジェクト配置で、ステータスを上げることで人物を盤面に配置することが出来る。
人物は、それぞれ好みの風景やオブジェクトがあるので、それにあった盤面を作っていく。

色々と工夫があって、ルールだけ聞くと面白そうなのだが、中盤からダレてしまった・・・
オンラインということもあって、風景やタイルの確認に手間取ったのが要因かも。

ドレッドフル・サーカス

Dreadful Circus

評価:5/10

「クーハンデル」や「ポンジスキーム」の秘密入札を使った競りゲーム。
フェドゥッティの新作。

オークショナー2人が手札からカードを1枚ずつ出す。
他のプレイヤーは、自分の箱にお金や契約書を入れてほしいカードの横に置く。

オークショナーは箱を1つずつ覗いて、良いと思った箱の中身を受け取ってカードを渡す。
この時、1度見て気に入らないと思った箱は持ち主に返してしまうので、「やっぱりさっきのが良かった!」と後戻りできないっていうのミソ。
見る順番が大事になってくる。

メインシステムは面白いのだが、カード効果がやっぱりフェドゥッティ!
「他プレイヤー1人のカードを除去する」「他プレイヤー1人を指名して銀貨4枚まで盗む」「左隣のプレイヤーからカード1枚を盗む」等々・・・
とんでも効果だらけで、真剣に遊ぶ気にさせない。

ドージェ

Doge

評価:5/10

ベネツィアに邸宅を建てドージェになることを目指す。
コロヴィーニ。2000年。

やることは7エリアでのクローズビッド。
7枚の数字チップ(0,1,1,2,2,3,3)を3つのエリアに分割して置く。

全員が同時に任意の1エリアにチップを置いていくのだが、
既に自分のチップが置かれているエリアにはチップを追加できない。っていうのが肝。
必ず、3回別々のエリアに置かないとダメ。

チップを置き終わると、各エリアのマジョリティチェック。
1位は家を2個、2位は家を1個置ける。
家を規定数置くと邸宅に変換でき、この邸宅がゲームの勝敗で重要になってくる。
1位には更に評議員駒の移動の権利があり、この評議員駒はマジョリティ争いで追加の1票となる。
この評議員駒を使って、後のエリアでのマジョリティ結果に手を加えられるわけだ。
また、評議員駒の権利を放棄して、自分の家駒の移動をすることも可能。
家→邸宅化のコストは邸宅が増えれば増える程高くなるので、早めに邸宅化することも大事になってくる。

クローズビッドは苦手なジャンルだが、3回に分けた同時出しにすることでバッティング色を強めつつ、しっかり悩み所も残している。
ここら辺の調整は「流石コロヴィーニ!気が合うなぁ」というところか。

ただ、邸宅化のコストがだんだん上がっていくので、最初に出遅れたプレイヤーの逆転が難しい・・・
序盤に2回ぐらいミスると、立ち直れないんじゃないかな・・・?

トランスシベリアン・レイルロード

Trans-Siberian Railroad

評価:5/10

シベリア鉄道が舞台の1時間級鉄道ゲーム。
アイリッシュゲージ」「イベリアンゲージ」のデザイナー。
Tabletop Simulatorでプレイ。

手番でやることはシンプルで「株を買う」or「線路を敷く」or「パス」のいずれか。
線路を敷くことで配当額や株価が上昇する。
「株を2つ買う」「線路を2つ敷く」「外国に接続する」等の派手なアクションをしたり「パス」することでタイミングトラックが進み、これが5まで進むと配当。

特徴が鉄道の国有化。
いずれかの会社の株価が規定値を超えると、鉄道の国有化が開始される。
株価が国鉄コマ未満の会社は国有化されてしまい、株券は紙切れになってしまう・・・(最後のお情け配当はあるが・・・)
国鉄の力が加速度的に増えていくので、最終的にほぼすべての会社が国有化されてしまう。

このデザイナーの他のゲームと同様、ルールはシンプルだけどプレイングの難しい玄人向けゲーム。
ゲーム終了後に感想戦は盛り上がるが、それを踏まえて「もう一戦!」とならないのは我々の鉄道愛が足りないのが要因か?

ドラゴンズ・インタレスト

Dragon's Interest

評価:7/10

ポンジスキーム」のリメイク。
舞台がファンタジーになっていて、プレイヤーは詐欺師では無くて国王となりドラゴンから金を借りて国を発展させる。

ルールにも、かなり手が入っている。
金と騎士という2種類のリソースを使うようになっている。
他プレイヤーとの秘密交渉では金を使うか騎士を使うかを選べる。(完全に自由に選べるわけでは無いのだが)
騎士は破産しても脱落することは無いが、獲得タイミングが限られていて持っていないことを悟られると秘密交渉でどんどん建物を奪われてしまう。

あと、借金の仕方も若干変わっていて、カードを使った握り競りで借入額を決める。
大きいカードを使うと多くの額を借りられるのだが、使ったカードは利子としてプロットされて定期的に返済しなければならなくなる。
「ポンジスキーム」は借入額と利子がセットで設定されていたのだが、競りによって利子の振れ幅が発生するようになりつつも、そこまで破綻しないようになっている上手いデザイン。

利子返済が早まったり、騎士の支払いが必要になったりするイベントもアクセントとして効いていてダレさせない。

「ポンジスキーム」を遊びやすく調整している。
たまに起こる公開オークションで相場観が掴めるし、そもそも金額スケールが小さくなっているので大きな相場ズレが起こりにくい。
ただ、詐欺というテーマや荒々しいルールから生まれる独自の魅力が薄れているのも確か。
遊びやすさを取るか、尖ったゲーム性を取るか・・・

これらの2つの傑作を商品化してくれたTMGが倒産(?)してしまったことが悔やまれる・・・
もう一つの忘れ形見である「クルセイダーズ拡張」もどうにか発売にこぎつけられないものか・・・

どうぶつ滝くだり

Krasserfall

評価:6/10

滝つぼに落ちないようにドタバタ。
子供向けゲーム。

各プレイヤーの駒が4隻の船に乗っている。
ダイスを振って示された船を進める。
船は細長い透明シートでテーブルの端の重りに繋がれている。
ある程度船が進むと透明シートの重みも加わり、ザザザーと滝つぼに一直線!

最後の一隻になるまで続けて、生き残った駒から得点。

ダイス目には船を進める以外に「駒の移動」と「船に重ねて進みにくくする浮き輪の移動」の目がある。
駒自体も船を進みにくくするので、移動した瞬間に船が動き出すことも!

最近遊んだ子供向けゲームの中では出色のギミック。
一気に滝つぼに落ちる動きは大人同士でも盛り上がる!

ドキッと!アイス

Dokitto! Ice

評価:5/10

アイスクリームを作る可愛らしいトリックテイキング。
アークライトゲーム賞2020最優秀賞。

5スート、1~13。(5人プレイ時)
マストフォロー。
誰かがフォロー出来ない場合は、スート関係なく最小ランクが勝つ。

トリック勝者はアイスを獲得。
アイスタイルは各色3枚ずつあって、そのうち1枚は2点タイル。
どこに入ってるかはランダム!

アイスを4枚以上取ってしまうと、こぼしてしまって0点に!

シンプルな捻りでありながら新鮮な勝敗判定は面白いのだが・・・

もろもろの調整が正解なのかは疑問。
合計13トリックで1人3トリックずつ取れるので、まぁバーストはしない。
誰かがバーストするとすぐにラウンドが終わるので、得点していないプレイヤーは助けようとするしね。

上級ルールの得点形式も、変に複雑にしているだけな印象。
13と1の絶対的価値は揺るがない。

手札によって行動を決められすぎるというか・・・やりようが無い感じ。

丁寧に調整すればもっと面白くなるポテンシャルはありそうなんだけど、惜しいなぁ・・・
「お前みたいな悩みたがりはターゲット外だ!イラスト見ればわかるだろ!」って言われるとそれまでだけど・・・

トランペン

Trumpen

評価:5/10

マーカーで文字が書き込める特殊なカードセット。
4つのゲームが付属。

「トランペンポーカー」
手札5枚に好きなスート&ランクを書いて、ポーカー対決。
「同じカード」を出してしまったら、より強い役の方が脱落する。
心理戦のみのゲームとなっているが、考えどころはある。

「トランペンブラックジャック」
手札4枚に好きなランクを書く。
手番プレイヤーが手札から1枚を裏向きで出す。
時計回り順でそのカードを「貰う」か「パス」を選択していく、全員がパスした場合は手番プレイヤーが獲得。
それを3周行って、手札に残った1枚を自分の場に追加してブラックジャック勝負。
通常の「ブラックジャック」同様、Aが1にも11にもなる最強札となっていて、これが心理戦の軸として機能している。

「トランペントリックテイキング」
少し「キャットインザボックス」に似たルール。
手札3枚で3トリックと言うショートスパン。
手札3枚にはランクのみを書いて、出すときにスートを決定する。
基本的にマストフォローなのだが、直前のカードと同じランクのカードは出すことが出来、そうした場合リードスートがそのスートに変更される。
出されたカードは七並べのように並べていき、同じスート&ランクは出せないようになっていく。
トリックに勝つと得点になるので、基本的にハイランクを書いていくのだが、欲張りすぎてカードが出せなくなると失点となってしまう。
ちょっと混み入っているが、結局のところは心理戦のウェイトが高くなっている。

「トランペンスピード」
空のカードに好きなランクを書いては出し書いては出しする「スピード」。
これのみ未プレイだが、恐らく手が早い人が勝つワチャワチャゲームだろう。

書き込み可能なカードセットと言うコンセプトはかなり良い!
ゲームの選定も一定の軸があるように感じられて好感が持てる。
ただ、単体でも勝負できるクオリティには到達出来てないか・・・
このカードセットを使った傑作オリジナルゲームの登場が待たれる。

トランクウィリティ

Tranquility

評価:6/10

協力して楽園の島を目指す。
キック発の協力ゲーム。
BGAでプレイ。

1~80のカードで6×6にマスを埋めることを目指す。
グリッド状になっているが、システム的には1直線のコースとなっていて、昇順になるようにカードを配置しなければならない。
また、既にカードが置かれているマスに隣接してカードを置く場合は、その差分だけ別のカードを捨てなければならない。
例えば、「5」の横に「8」を置く場合はカード3枚を捨てなければならない。

想像以上に面白い。
「ザ・ゲーム」にインスパイアされて作られたゲームだろうけど、しっかりオリジナリティを生み出せている!
「ザ・ゲーム」以降一気に広がった「曖昧な表現なら相談可」では無くて、「絶対話すな!」となっていて、プレイングで意思を表現するようになっているのがグッド!
序盤にある程度まとめて、カードを捨てなければならないルールが入っているのも、しっかりゲームデザインされているなと感心させられた。

「炎のピラミッド」に続いて実物がほしくなってきた。