Skip to content →

タグ:

デクリプト拡張:レーザードライブ

評価:7/10

「デクリプト」にテーマを追加する拡張。

「色」「映画のタイトル」「架空の人物やキャラクター」等のテーマが示されて、3つのヒントのうち最低1つはテーマに沿ったヒントにしなければならない。

3つともテーマに沿ったヒントにしたうえで、正解してもらえればレーザーディスクトークンが貰える。

レーザーディスクトークンは同時勝利の時にタイブレイクになる他、2個消費すれば「お題の言葉をズバリ言い当てる」チャレンジが出来る。

これに正解すれば、盗聴解読トークンが1個もらえるので、勝利に一気に近づく。

テーマを設定することで、難度が上がるかと思ったのだが、逆に思考が絞られる感じで遊びやすくなった気さえする。

「デクリプト」好きは買って損なし!

ティードラゴンソサエティー

評価:5/10

可愛いドラゴン達との楽しい思い出を振り返るっていうファンシーなイラスト&テーマ。

デッキビルド+坊主めくり。

手番では、山からカードを1枚めくって自分の場に配置してから、カードを購入するだけ。

非常にライトなプレイ感で自動処理感は強いのだが、デッキの残り構成を踏まえて、場のカードを消費するか残すかの判断が肝になる。

ライトなプレイ感と可愛い絵柄なのだが、ゲーム構造はちょっと混み入っていてアンバランスさを感じる。

「楽しい時間」と「退屈」、「食事」と「好き嫌い」みたいな相反関係があって、それをサマリーとして用意すると初回から楽しみやすいかも・・・

ディズル

評価:6/10

ダイス+紙ペンゲーム。

「フィンカ」デザイナーのニュルンベルク新作。

SDJの推薦リスト入り。

手番プレイヤーが全てのダイスを振る。

手番順にダイスを1個取って自分のシートに置いていく。

最初の1個はシートの×が付いたマスに隣接する位置に置く。

自分のシート上に1個でもダイスが置かれていると、既に置かれているダイスに隣接しなければならない。

あと、配置されたダイスに隣接マス全てに×が付いている場合は、例外的に別の×の隣接マスにダイスを置ける。

上記ルールに従って置けるダイスが無い場合、選択肢は2つある。

「ラウンドから抜ける」か「ダイスロールチャレンジ」。

ダイスロールの場合、全てのダイスをリロール。

置けるダイスがあれば、それを取れるが、1つも取れる物が無ければすでに配置済みのダイスを場に戻さなければならない。

出つくされた感じのあったダイス&紙ペンゲームだが、今作には新しい面白さがある。

プレイすることで細部の工夫に気付かせてくる。好き。

4人だとちょっと把握が大変なので、3人ぐらいがちょうど良いかも。

デュアルクラッシュ・ポーカー

評価:5/10

ペア戦「はげたかの餌食」。

オインクゲームズ新作。

映画「賭ケグルイ」で使われるゲームみたい。

2 vs 2のペア戦。

各自が1~7とジョーカーの8枚を持つ。

全員同時に1枚出し、一番大きな数字のプレイヤーが1点獲得。

トップタイの場合はキャンセルされる「はげたか」方式。

ジョーカーは全員のカードを確認してから、1~7の好きな数字になれる。

ペア内での相談は自由。

4点先取か、8ラウンド後に得点の高い方が勝ち。

結局は心理戦。

大金や命のやり取りをする漫画の題材としては良いゲームだと思うが、実際に遊ぶゲームとしてみると厳しい。

ペア戦にしつつもペア戦であるメリットを活かせていないのも気になった・・・

映画・漫画のファンアイテムとして捉える方が良さそう。

鉄扇

評価:5/10

謎日本テーマのリアルタイム二人用ゲーム。

各自が同じ構成のデッキを持ち、手札5枚でスタート。

自分の前にどんどん動物を出していって、同じ動物が3枚揃ったら「確保!」と宣言して得点化。

場には5種類までしか動物が出せないので、詰まったら手札を捨てて補充したり、相手から動物を奪ったりできる。

動物を奪うのに使うのが「武士」カード。

相手の動物の上に「攻撃!」といって出して、通れば動物を奪える。

攻撃されたプレイヤーは「成敗!」と言いながら武士カードを出すことで攻撃をキャンセルできる。

攻撃を通してしまうと、動物を奪われる上にプレイ箇所をロックされてしまう。

あと、武士カードの上位版として超武士ってのがあって、超武士による攻撃は超武士でしか防げない。

なぜ武士が動物を確保したがるのか全く持って謎だが、遊んでみると意外と面白い。

わちゃわちゃやりながら「確保!」とか「成敗!」っていうのが楽しいだけの可能性は大いにある。

テンポールム:オルティネイト リアリティ

評価:5/10

バッカリーノ作なのに全く話題にならない 「テンポールム」のカード追加拡張。

基本の記憶も曖昧だったのだが、タラタラした展開によって、はっきりと「プレイ感が同じ!」とフラッシュバック。

「テンポールム」が大好きな人用。

あと、箱が尋常じゃなく臭い。

テュロス

評価:4/10

ブラインドビッドでの選挙戦。

二人用。

1~10×3種(兵士、商人、神官)のタイルを各自が持つ。

そこからランダムで9枚が手札。

毎ラウンド最初に兵士か商人か神官のどれの勝負か決定。

その後、交互に1枚ずつタイルを配置していく。

それぞれ3枚置いたら、タイルをオープンして数比べ。

これを9ラウンド繰り返して勝利数が多い方が勝ち。

また、3連勝するといきなり勝負が決するサドンデスルールもある。

あと、タイルは今回の勝負の場だけじゃなくて、未来を見越して別の場に配置しても良い。

また、相手側に配置して数値をマイナスすることも出来る。

この妨害行為は、兵士には商人、商人には神官、神官には兵士という3すくみ関係になっている。

3連勝で一気に勝負をかけるか、大差で負けて戦力を温存するかの心理戦。

駒はほぼ使い切るので、終盤にはカウンティングが生きてくる。

ゲームとして成立はしているが、ちょっと面白味に欠けるか・・・

ディスカバー:未知なる大地へ

評価:5/10

「全ての箱が世界で1個だけの組み合わせ」

フリーゼの「504」のように、モジュールを組み合わせることで幾通りものバリエーションを生み出すゲーム。

と言っても、プレイヤーがランダムに組み合わせを決めるんじゃなくて、元々入っている内容物がランダム!

2つとして同じ組み合わせが無い!っていうのが売り!

ファンタジーフライトのエッセン新作。

知らない大地で目を覚ましたプレイヤー達のサバイバル。

シナリオによって、協力ゲームなのか敵対ゲームなのかが決まるみたい。

資源を集めてアイテムを作ったり、夜を過ごす為の食料や水を手に入れつつ、シナリオの目標を達成していく。

尖ったコンセプトだけど、ゲームシステム的には平凡・・・というか一昔前のアドベンチャーゲーム。

タイルめくってドン!ダイスロールでワー!

コンセプトを評価してオマケの5点って感じかな・・・

デカスレイヤー

評価:5/10

剣、弓、魔法を使ってモンスターを倒す。

オカズブランドの「デカスロン」をカナイセイジがリメイク。

10体登場するモンスターを順番に倒していく。

システム的には様々な競り。

ブラインドビッドだったり、一巡競りだったり、生き残り競りだったり。

1位と2位が宝箱を獲得。

ただし、お金にあたるキャラクターカードの補充は競り負けたプレイヤー順に獲得していく。

モンスターによって出せるキャラクターや競りの種類が変わるのだが、2つ先まで公開されているので、少し先を見据えて勝ちにいったりしゃがんだり。

至極真っ当でおかしな部分無いのだが、その分新鮮味は皆無。

ボードゲームにあまり触れていない人には良いかもしれないが、ゲーマーは満足できないだろう。

天下鳴動

評価:6/10

シンプルなエリアマジョリティが、ちょっとした工夫で大化け。

ゲームマーケット2017秋の同人作品。

11箇所のエリアに2~12の得点タイルを配置。

そのエリアのマジョリティを取ったプレイヤーがそのタイルを獲得できる。

2位は、その半分を得点。

特徴は2つ。

1つは駒の配置方法。

手番では3つのダイスを振って、2個のペアと1個に分ける。

2個のペアの合計が置くエリアを示し、残った1個が置く駒の個数に影響する。

1回だけリロール可能だが、ダイス運は結構あって、ガチガチになり易いエリアマジョリティの良い緩衝材となっている。

もう1つの特徴は「援軍」。

全員が駒を置ききったら2のエリアから12のエリアの順番で決算していく。

エリアでトップを取れたプレイヤーは、隣接エリアに自分の駒が1個でもあれば2個の援軍を追加できる。

低い数字のエリアは得点は低いが、後々のエリア決算に援軍を送り込んで連鎖的にマジョリティを狙える。

コンポーネントのチープさが残念だが、システム的には最小限のルールでシンプルなエリアマジョリティに新鮮さと遊びやすさを生み出している。

システム的には文句ないので、どこかのパブリッシャーがテーマやアートワークをデベロップすれば、もっと広まるポテンシャルをもっている。

ゲームマーケット大賞受賞からのアークライトが製品化っていう流れだろうか。(大賞にするには渋過ぎる?)