Skip to content →

タグ:

サンティバの預言者

Die Seher von Santiiba

評価:6/10

少しひねりの入った心理戦。
コロヴィーニのエッセン新作。

手番プレイヤーは5色のダイスを振って、1つずつ選びとってアクション。
他のプレイヤーは手番プレイヤーが選びそうなダイス1つを予想という一対多の心理戦。

ここから先がこのゲームの肝であり工夫なのだが、上手く説明できる気がしないのでメビウスゲームズさんの説明にお任せ。
まぁ、ルールを聞いただけだと全然想像がつかないのだが・・・
インストしても、全員ぽか~ん。遊び始めるとすぐに意味が分かってくるんだけどね。

基本的は「手本引き」のような純粋な心理戦なのだが、細かいルールが心理戦のフックとして効いている。
突き詰めると、表の思考か裏の思考かっていう2択に収束しそうな気はするのだが、真剣に悩むようになっているのは何でなんだろう?
これがコロヴィーニの魅力!!

サガニ

Sagani

評価:6/10

ノヴァルナ」の後続と呼べそうなウヴェのタイルパズル。
エッセン新作。
Tabletopiaでプレイ。

全体的にシンプルになっている。

タイル獲得は場から1枚ずつ取っていくだけになっている。
ただし、場からタイルが全部なくなるまで補充はされない。
最後の1枚になった時のみ、そのタイルを取るか山の一番上を取るかの2択になる。

あと、タイルの得点化も変わっている。
タイルを配置した瞬間にそのタイルに示された矢印分のディスクをタイル中央に積み重ねて置く。
矢印の方向に矢印の色のタイルがあったら(置かれたら)、その矢印の上にディスクを移動。
全ての矢印を覆うことが出来たら、ディスク回収&タイルを裏返しで得点!

各自が持つディスクの数は有限で、ディスクが尽きていしまうと中立ディスクを貰って失点となる。
定期的に得点化していかないとダメっていうちょっとしたディスクマネジメントがある。

誰かが既定点に到達したらゲーム終了。

「ノヴァルナ」はパッチワーク式のタイル獲得とハビタッツ式のタイル得点の組み合わせに違和感を感じていたのだが、今作はそこら辺の違和感が無くなり、スッキリ!
個人的には「サガニ」の方が楽しみ所が分かり易くて好み。

「ノヴァルナ」を挟んだことで、今作ではモーセルの名前が消えている・・・
ウヴェ上手くやったな!

サモア

Samoa

評価:4/10

招待隠匿で得点分配。
999ゲームズのエッセン新作。

各自が5つの仮面の内1つを担当する。
ラウンド最後まで正体は秘密。

場には5つの仮面それぞれの列。

手番では山札を1枚引いて、それを表向きでいずれかの列に置くだけ。
この時、仮面の上に置くか下に置くかを選べる。
いずれかの列に上下合わせて5枚のカードが置かれたら、その列の上下どちらのカード枚数が多いかを比べる。
全ての列で、多い方の側のカードが得点化される。
逆側のカードは捨て札。

これを山が尽きるまで続けて、最後に「誰がどのマスクなのか」予想を行う。
1人当てる毎に5点。
逆に全員に自分の正体がバレてしまうと、カードから得られる得点が0点になってしまう。

構造自体は分かりやすいのだが、とにかくバレたくなさ過ぎて、結局均等に分配しちゃう。
「アンダーカバー」とか「クランス」と同じ系統。
「アンダーカバー」のようにルールは最低限で心理戦に寄せるわけでも無く、「クランス」のようにアブストラクトな先読みだったり「誰でも得点」みたいな小目的の工夫も無い。

どっちつかずで、ぼんやりした心理戦のようなイチャイチャが長々続くのはシンドイ・・・

サン ジミニャーノ

San Gimignano

評価:6/10

塔駒がレンガっぽい素材なのが特徴多人数アブストラクト。
(序盤に若干手札要素があるが・・・)

手番では、ディスクを1エリアに配置していくだけ。
自分のディスクが置いてあるエリアが4つ連なっていて、全てが異なる色のエリアであれば塔を建てられる。
最初に自分の塔を10個建てたプレイヤーが勝ち。

各エリアには誰のものか関係なく2個までディスクが置ける。
他プレイヤーと相乗りできるわけだが、どちらかがそのマスに塔を建てるとそのエリアのディスクは全て捨てられてしまう。
確実に自分が利用できる時だけ相乗りしたい。

とは言え、徐々に盤面は狭くなって、あちらこちらで相乗りが発生してくるとそうも言ってらない。

多人数アブストラクトなので、マルチ色は若干あるのだが、初回プレイで先を見通すのは難しくて気にならなかった。

考え甲斐のある多人数アブストラクト。

ザ・ループ

The Loop

評価:4/10

タイムマシンを使って悪さを働くDr.FOOを止める。
協力ゲーム。キャッチアップゲームズのエッセン新作。

毎ラウンド増えるDr.FOOの複製と時空の裂け目を除去しつつ、ミッションを達成していく。
個人デッキから3枚のカードを引いて、そこに示された様々な能力を使う。
カード能力は、複雑では無いがオールユニーク。

協力ゲームとテキスト効果は相性が悪い・・・
周りの状況を把握するのが大変過ぎて、連携がなくなり各自がソロプレイパズルをすることになる。
見方によっては、奉行問題の解決とも言えるが・・・

ザ・コスト

The Cost

評価:6/10

アスベストをテーマにした経済ゲーム。
シュピールヴォルクス新作。

アスベストの採掘、加工して市場へ売り払って利益を出す。
アスベストを扱う際に安全な方法を取るか危険な方法を取るか選択できる。
安全な方法は労働者分だけリソースを支払う。
危険な方法はリソースを一切支払わずに済むが労働者が必ず死ぬ。

労働者が死ぬと、その国でのアスベスト需要が減っていき、それが過ぎるとアスベストの取り扱いが禁止されゲーム的にその国が消滅する。

環境系ゲームによくある「環境か利益か」というテーマなのだが、このゲームでは人を殺すことによるデメリットがほぼ無い!むしろ手番順を取れるメリットがある!
利益を上げるために危険な作業を強いることになる。
そして、もし全ての国が消え去ったとしても、「全員負け!」や「人を殺さなかった人が勝ち」みたいなことは無く、通常通り一番お金を稼いでいるプレイヤーが勝つ。

ここがこのゲームが凄い所で、本当の経営者の気持ちにさせてくるというか、綺麗ごとじゃないプレイ感を作り上げている。

アスベスト採掘以外でも、鉄道や港を作って輸送費でクリーンに稼ぐことも出来る。
だけど、多少なりとも悪いことをしないと勝つのは難しいんじゃないかな。

決して一般受けはしない、終盤のキングメイク問題もある、下手すると何か必勝法が有る可能性すら感じる・・・
欠点は色々あるけど、他に無いテーマとプレイ感。
遊んだ後に、色々思い返してしまう妙な魅力があるゲーム。

ザ・サーチ・フォー・プラネットX

The Search for Planet X

評価:6/10

天文学テーマの推理ゲーム。
「ふたつの街の物語」デザイナーの新作。

「テーベ」式手番順システムで論理推理。
12か所あるエリアそれぞれに何が存在するかを推理していく。
「1~5のエリアに小惑星はいくつある?」や「ずばり、エリア10には何がある?」みたいな質問をアプリにしてその答えから推理していく。
アプリ使用は必須。

システム的には「アルケミスト」の後続となるわけだが、かなり簡略化されている。
というか「アルケミスト」が、最初のアプリ推理ゲームのわりにごちゃつき過ぎているだけだが・・・

「テーベ」式手番順と推理できる場所の制限が紐づいていて、これが上手くリンクしている。
さらにテーマ的に見ても地球の公転を表していて上手くリンクしている。

途中途中で論文発表の場があって、そこで徐々に真相が明らかになっていく。
昔の推理ゲームによくあったダレた空気にならない。

システム的にも見事なのだが、何よりもテーマがオシャレ!
テーマ派じゃない僕でも、世界観に浸ってしまった!

アプリ結果が英文なので遊びにくくはあるが、簡単な英文なのでそこまで困らない。
むしろ、そっけない英文だけの表示がテーマと合っている!とポジティブに捉えられる。
トップクラスにオシャレなボードゲーム!(完全に主観だが・・・)

三頭政治の終焉

Ende des Triumvirats, Das

評価:5/10

カエサル、クラッスス、ポンペイウスの覇権争い。
3人用。(2人ルールもあるみたいだが)

戦争で9つの地域を支配する軍事勝利。
選挙で2回当選する政治勝利。
2つのステータスをどちらもマックスに上げる権限勝利。
という3種類の勝利条件のいずれかを満たせば勝ち。

大体3人がそれぞれを目指しつつ、誰かが上がりそうなら邪魔をするっていう三つ巴。
収入やアクションの仕方にも工夫があって見るところはありそう。

今回、時間が無かったので、早打ちで遊んだのだが、このゲームは早打ちするゲームでは無い!
じっくり考えて遊んで再評価してみたいところだが、全体的に好みでは無いのでその機会は無さそうだ・・・

ザ・キー:オークデールクラブ殺人事件

The Key Mord im Oakdale Club

評価:6/10

新時代のリアルタイム論理パズル。
「ザ・クルー」デザイナーが出した大人HABA。

(推理ゲームの方の)「クルー」のように、犯人、凶器、殺害現場、逃走に使った車を特定することが目的。

場に証言カードがばらまかれていて、全員同時に好きなカードを取っていく。
沢山カードを取れば簡単に解けるわけだが、正解したプレイヤーの中で取ったカードが少ない方がゲームに勝つので取り過ぎ禁物。

カード裏面から「凶器と犯人」や「犯行現場」等のジャンルがわかるようになっているので、自分に足りない情報を選びとっていくことが大事になる。

解くスピードはそこまで重要ではないので、それぞれが自分のペースで事件を解いていく。
これまでの推理ゲームは他プレイヤーの「ダウンタイム」がネックだったのだが、今作は思い切ってソロプレイにすることでソレを解決している。

場に散らばったカードを取りあうワチャワチャがソロプレイ感をごまかしているのも上手い!
また、証言にはちょっとした謎解き要素もあったりして、良いアクセントになっている。

推理ゲームの新たな境地を切り開いた快作。
日本語版が出たら広く受けそう!

唯一の欠点は、事件が9つしかないので、9回しか遊べないことか・・・
9回遊んだら、最初の事件の記憶は薄れてるので問題ない気もするが・・・どうなんだろう。

サーベル&スカル

Säbel & Schädel

評価:3/10

シンプルなダイスバースト。

各自自分の色のチップを5枚持ってスタート。
最初に手元のチップ全てを無くしたプレイヤーが勝ち。
ダイス1個を振って、出た目のタイル上に自分のチップを置く。
ただし、そのタイル上に何かしらのチップがあったら、チップは置けず、そのチップを取らなければならない。
6だけは例外で、いくらでもチップを置ける。
あと、髑髏やサーベルのタイルの隣接には特殊効果がある。
髑髏の隣は数字分だけチップが置ける。
サーベルの隣からチップを取った場合に、6のタイル上から同色チップを取らなければならない。

手番では最低1回はダイスを振らなければならず、以降はバーストしない限り何回でも振れる。

一応、確率の判断はあるものの、ほとんど運!
収束性が悪い上に、逆転性も無い・・・
無名メーカーが出したのをペガサスが拾ってるっぽいけど、何が引っ掛かったのだろうか。