Skip to content →

タグ:

カーネギー

Carnegie

評価:7/10

前回Tabletop Simulatorでプレイして以来、今回は実物でプレイ。

当時からルールが変更されているみたい。
主に事業タイルのバランス調整っぽいのだが、僕の記憶力では全く違いがわからなかった。
あと、セットアップで最初に建てる事業タイルを予約するってのが大きな違いなのかな?

久々のプレイだったが、やっぱり面白い!

今回は、久々&初プレイのプレイヤーばかりだったので優しい展開になったが、慣れてくるともっと攻撃的な手も打てそうな気がする。

遊んだ日の夜に色々と思いを巡らせてくれる良いゲームだ。

カリー・ザ・フェイバー

Curry the Favor

評価:4/10

友達同士で飯をおごり合う。
二人用の対戦ゲーム。

山から2枚引いてそこから1枚を選んで、相手にあげる。
もらったカードは得点として獲得できる。

料理には「値段」「甘さ」「風味」「辛さ」のステータスがあるのだが、次に相手に渡す料理は直前に自分がもらった料理よりもいずれかのステータスが上回っているものでなければならない。

それが出来なかった場合、追加で1枚渡す必要がある。

これを繰り返して、最終的におごってもらった料理の金額合計が高い方が勝ち。

選ばなかった方のカードは場に裏向きで配置する。
これらのカードを渡すカードだったり追加の1枚として使用できるので、記憶要素も大事。

フレーバーは面白いのだが、ゲームとしては淡々と進んで楽しさが無い・・・

ガイア

Gaia

評価:5/10

シンプルな天地創造ゲーム。

手番ではカードをドローするかプレイするかを2回やるだけ。

土地カードは対応する土地タイルを配置。
都市カードは隣接に適切な土地があるタイル上に配置&自分のミープルも配置する。

ミープルを配置しきったら勝ち。

都市以外にもプレイした土地カードのセットコレクションでもミープルを配置できる。

土地タイル上に都市タイルが置かれると、そのタイルは土地では無くなってしまうので、隣接する都市が成立しなくなることがあって、そうなると都市カード上のミープルも戻されてしまう。

土地カードのセットコレクションが確実にミープルを置けるので狙いたいが、土地タイルを置きすぎると、他プレイヤーの都市カードの土台として使われてしまうというジレンマ。

見た目から全然期待して無かったんだけど、思ったよりも面白い。
BGAでも遊べるので、気になった人はそちらで試してみても良いかも。

ガーデン・ネイション

Garden Nation

評価:5/10

小人たちの庭で建設合戦。
ツインイット」デザイナーの新作。

手番でやることは「建物の配置」か「建物の除去」の二択。
建物を配置するとリソース(人口)を消費し、建物を除去するとリソースが配置時の2倍回収できる。

建物を配置して、共通目標や秘密の個人目標を達成していく。

あと、次のアクションの実行エリアの制限が特徴。
マップは7つのエリアで構成されていて、1つのエリアは7つのマスで構成されている。
これらの構成が同じ並びになっていて、アクションを実行したマスで次のアクションで実行できるエリアを決定するようになっている。
これがちょっとしたルート構築のような意味合いも含んでいる。

メインシステムは非常に魅力的でワクワクさせられるのだが、調整がイマイチ・・・
次手番のプレイヤーを指定するルールは、次のエリア指定のルールとダブって良くない気がする。
もっとテンポアップして、建物の配置除去のサイクルにフィーチャーしてほしかった。
あと、盤面が埋まって面白くなってきたあたりでゲームが終わってしまうのも不満。

デベロップ次第で、もっと面白くなった気がする。
「もったいないなぁ・・・」と感じたゲーム。

カンブリア

Cambria

評価:5/10

ダイスロールで配置場所が制限されるエリアマジョリティ。
アルモリカ」「キタラ」のデザイナー。

ダイス2個を振って、どちらかの目の砦の周りの道に自駒を配置する。
砦の周りが全て駒で囲まれたら、マジョリティ得点が分配される。
基本、コレだけのシンプルなゲーム。

配置する場所が「道」なので、1つの駒が2つの砦に影響する。
これが、先を見越した配置と、ダイス配置制限の緩和につながっていて中々面白い。

あと、ダイス目の1が特別な能力を持っていて、配置場所が限定される代わりに他プレイヤーの駒を追い出したり中立駒を移動させたりできるようになっている。

ドロドロしがちなエリアマジョリティだけど、マップやプレイ時間もコンパクト、配置にダイスロールを加えることでライトなプレイ感になっている。

カラムビズ

Columbiz

評価:6/10

ペンク!」の前身であろうルチアーニ作の初期作品。

ダイス8個をヤッツィーロール。
同じ目のダイスセットを作って対応するマスに自駒を置く。
1手番でダイスセットを複数作ってもいいが、最大3セットまで。(4人プレイ時)

駒をおいたときに同じ列のより役が弱い駒をキャプチャできて得点となる。
あと、自駒を直線で3駒以上繋げても得点できる。
この2種類の得点を積み重ねていく。

誰かがコマを使い切ったらゲーム終了。

シンプルなルールだが、ルール以上の気付きと展開があって通受けしそう。

元のルールだと多人数ゲームでのキャプチャ得点が強すぎるので、BGAに公開されているルチアーニ本人によるバリアントを使ったほうが良いだろう。

解放者:共和制ローマの終焉

Liberatores: The Conspiracy to Liberate Rome

評価:6/10

カエサル暗殺がテーマの招待隠匿ゲーム。
台湾のモアイディアーズゲーム。

陣営は間者1人、共和主義派3人、対抗者1人。(5人プレイ時)
間者は唯一のカエサル側陣営。
共和主義派と対抗者は共和主義陣営なのだが、対抗者はカエサル失脚後の独裁を狙っている。

ほとんどが共和主義陣営なので、みんな共和主義陣営のふりをするわけだが、資金を得るためにはカエサルの影響力を上げざるをえない。
得た資源の使い道は大きく2つで、購入したカードを自分の能力とするか、購入したカードを共和主義陣営に送って影響力を上げるか。
共和主義を装うには自分の能力よりも陣営の影響力を上げたいところなのだが・・・対抗者の存在がそれを許してくれない・・・

ちょっと用語になじみが無かったり、テキストもりもりのカードに圧倒されたが、わかってしまえば進行はシンプル。
選択肢が程よく狭いので、プレイングも正体隠匿も難しすぎない。

見た目で損しているゲームな気はする・・・

カメレオン

The Chameleon

評価:6/10

みんながお題を知っている中、一人だけお題を知らないのを隠し通すゲーム。
「エセ芸術家ニューヨークへ行く」「スパイフォール」系ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

場には単語が16個描かれたお題カードが公開される。
プレイヤーには、今回のお題単語を特定できるカードが配られるのだが、一人だけ「カメレオン」と書かれたカードが配られる。

各プレイヤーが1つずつヒントとなる単語を言っていく。
相談後にカメレオンと思うプレイヤーの投票をしてカメレオン以外が最多だとカメレオンの勝利。
カメレオンが最多だった場合、カメレオンがお題を当てることが出来ればカメレオンの逆転勝利。

同系統ゲームと同じく安定して楽しめるパーティーゲーム。
16個の単語が公開されているのでカメレオン役の推理しがいがある。

カスカディア

Cascadia

評価:6/10

土地と動物の2要素のパズル。
こちらでソロプレイが試せる。

土地タイル1枚と動物チップ1枚がセットとなっていて、場に4セット並んでいる。
任意のセットを取って自分の前に配置する。
土地タイルは森林、海、山岳等のエリアが大きくなるように配置する。
動物チップは土地タイルの上に置いていく。(今回の土地以外でも良い)
動物の種類ごとに得点形式は異なる。
さらに「タイニータウン」のようにゲーム毎に得点形式を変えられるので、様々なバリエーションで遊べるようになっている。

「カリコ」もそうだったけど、2要素同時パズルはやりごたえがあって面白い。
他のちょっとしたボーナスアクションも気が利いていて抜かりない。優等生的パズルゲーム。

(追記)
複数人でも遊んでみた。
ソロプレイ感の強いゲームなので、複数人で遊ぶ意味あるのか?と思ったけど、意外と他プレイヤーの狙いを避けたり、土地のマジョリティ争いがあったりで、一人で遊ぶのとは違う面白さがあった。
どうしてもダウンタイムは発生するので、そこはいかんともしがたい感じだが・・・

株の恍惚

Aktienrausch

評価:6/10

カードゲームながら、会社資金と個人資金が分かれる株社長ゲーム。
「フォーラムロマーナムの商人」のイゼンゼー。

6つある会社の株を売り買いして、個人資金を上げていくのが目的。
各社株を一番持っている人は社長となり、その会社の株価変動を担う。

ルールはトリッキーで説明しづらいのでこちらを参照してもらうとして・・・

「フォーラムロマーナム」同様、少ないルールながら、最初は動きがまったく想像できない。
徐々に各要素の繋がりが見えてきて、気が付くころには大量得点で追いつけない状況になっているのも同様。
わかってくると、システムの出来に感心。

足の引っ張り合いのマルチ要素があるが、繋がりの見えにくさがプラスに働いて、なんとでも言い訳がたつ。

万人受けするタイプでは無いが、一般的なゲームに飽きてきている人には強烈に刺さりそう。