Skip to content →

タグ: オ

お花畑

Bloom

評価:6/10

お花畑を広げて花束作り。
「ルーニークエスト」「コロンバ」のデザイナー。
後に「コロンバ」に繋がったと思われるタイル配置ゲーム。

各自が自分の色のお花畑タイルを持つ。

手番ではタイルを場に1枚配置。
この時、最低1マスは既存のタイルに重ねなければならず、かつ最低1マスはテーブルに接していなければならない。
お花畑のマスを上書きするとその色の花チップをゲット。
異なる色の花チップセットで得点。
手番またぎで保持出来る花チップの枚数に制限があるのでできるだけ多くの色を同時に獲得するのが大事。

手番の最後に自分のコマをタイル上に配置することで他プレイヤーのタイル配置を邪魔できる。
ゲーム終了時に自分の色のお花畑の広さや途中で配置するモニュメントによる草原得点などが入る。

ルールを読んでいる段階でデザイナーの「上級ルールを遊んでくれ!」という念を感じていきなり上級ルールでプレイ。

上級ルールだと手番順が時計回りじゃなくなる。
盤面に自分の色のお花畑が一番少ないプレイヤーが手番を行う。
これによって連続手番が発生したり、ゲーム終了時の盤面コントロールの取り合いが生まれてくる。
マニアックさは増すので、これが上級ルールなのは納得なのだが、このゲームの魅力を味わうなら上級ルールだろう。

めちゃくちゃ面白いってことは無いけど、ジワジワくる面白さがある。
これの4年後に発売される「コロンバ」の方が間違いなく洗練されているが、「お花畑」にも独特な魅力がある。

オハイオ

Ohio

評価:7/10

もつれ込むほどに引けなくなる奇妙な競り。
クニツィア作。

全員が同じ構成の手札を持つ。
1~10とオハイオ1枚。
最初のプレイヤーは好きなカードを出せる。
以降は、より小さいカードを出すか、パスするか。
パスせず最後まで残ったプレイヤーが、出されたカードを得点として総取り。
得点は、カードの数字がそのまま得点。

各自1枚ずつ持っているオハイオカード、これを出すと直前の数字よりも少しだけ小さい扱いとなる。
3の次に出すと、2.999扱い。
非常に便利なのだが、得点として獲得するとマイナス10点扱いとなる。

いずれかのプレイヤーの手札が無くなったら、その勝負が終わったらゲーム終了。
残った手札は失点となるので、上手くカードを無くすことも大事。

シンプルなゲームながら、切れ味がスゴイ。
運要素は皆無にもかかわらず、様々な展開が期待できそう。
この頃のクニツィアのキレキレ具合が垣間見える。

「古代ローマの新しいゲーム」の「スパルタカス」のバリアントがほぼ同じルール。
リードプレイヤーが「勝者の左隣」か「勝者」の違いだけ。

オアシス

Oasis

評価:6/10

ゴビ砂漠での陣取り。
アラン・ムーン。2004年。

各自が個人山札を持っていて、ここからカードを1~3枚めくる。
めくったカードは自分が使うんじゃなくて、他プレイヤーに提供するカードとなる。
そうなると、あまりカードをめくりたく無くなるが、良いカードを提示して早めに選んでもらえると手番が早くなるようになっている。

カード効果によって、盤面にタイルを配置して自分の領地を広げたり、その領地の基礎点を増やすタイルを獲得していく。

タイル配置部分に工夫は無いのだが、カード提示と手番順決定の部分にオリジナリティがあり面白い!

昨今のリメイクブームでもリメイクされないギリギリの面白さ。
こういうゲームこそ、持っておきたくなるマニアの性・・・

おもいでコレクション

評価:5/10

バッティング+セットコレクション。
ゲームマーケット新作。

全員が捨てる枚数を0~3枚同時決定。
自分が捨てる枚数+両隣のプレイヤーの捨てる枚数だけタイルをドローできる。
が、ここにバッティング要素があって、隣と同じ枚数を選んでしまうと、手札を捨てなければならない上に、引ける枚数も減ってしまう。

これを8回繰り返して、手札を整えていく。
手札上限が12枚なので、中盤あたりから捨てる枚数も増やしたくなるのが面白い。

最終的には、連番や同種3枚等のセットコレクションで得点。
この得点形式がイケテナイ!
音楽関係役だったり、テレビゲーム関係役だったり、イレギュラーな役があるのだが、こっちの方が得点効率が良い。
シンプルな得点形式だけでも十分だったと思うのだが・・・
麻雀の短所だと思う部分を引き継いでしまっている。(ハマる人には、これが良いのかもしれないが・・・)

オメルタ

Omerta

評価:6/10

トランプの「ゴルフ」に特殊効果をプラス。
スイスのオシャレメーカー「ヘルベチク」新作。

「ゴルフ」同様、自分の前に伏せられたカードの合計値を少なくするのが目的。

手番では山から1枚引いて内容を確認し、自分の前の場札と交換して元から置いてあったカードを捨てる。
もしくは、引いてきたカードをそのまま捨てる。
捨てたカードが特殊カードなら、能力発動。

捨てたカードが通常の数字カードだった場合、それと同じ数字のカードを追加で捨てられる。
この追加捨ての権利は全員にあって、しかも「早い者勝ち」!
この刺激が、今までの「ゴルフ」には無かった緊張感を生み出す。

正直「ゴルフ」の面白さがイマイチわかって無いのだが、今作は面白さが見えた。
特殊効果によるインタラクションが一役買ってるのは間違いなさそう。
特殊効果のちょい足しも捨てたもんじゃないじゃないか。
もしかして、これって「ゴルフ」好きからしたら邪道・・・?

オリフラム

Oriflamme

評価:6/10

特殊能力カードを裏向き出し。
フランス年間ゲーム大賞。

各自が、同じ構成の10枚のカードセットを持ち、そこからランダムで3枚抜く。
順番にカードを裏向きで場に1列になるように出していく。
全員が1枚ずつカードを出すと、今度は場のカード効果を1枚ずつ順番に処理していく。(裏向きのままで効果を発動しないことも可能)

特徴は、ほとんどのカードが場に残って、次ラウンド以降も効果を発揮するって部分。
これによって、ちょっとしたパズル要素が加わり心理戦のフックになってくる。

このタイプのゲームは苦手なのだが、良い意味で「適当にプレイしても大丈夫」なゲームになっている。

カードのアクションもシンプルなので、処理はテンポよく進み、流れを見ているだけでも楽しい。

徐々にカードが明かされていき、自然と終盤の読み合いが熱くなるのも上手い。

心理戦の重い空気が苦手な人にも楽しめる、万人受けする心理戦ゲーム。

オン ザ アンダーグラウンド

On the underground

評価:5/10

「チューブに乗って」のリメイク。(原題は元から「On the underground」)
ルール的な変更な無くて、ベルリンマップが追加された。
ベルリンマップ特有のルール有り。

今回、ロンドンマップで遊んだので変化は無し。

今遊んでも、自由気ままに行き先が変わる乗客に翻弄される間隔は新鮮。

どうすれば勝てるのか良くわらかなくて、ゲームというよりはシム系のシミュレーションを見ている感覚の楽しさ。

やり込むんじゃなくて、たまに独特な感覚を味わいたくなったときに遊ぶ感じかな?

アートワークはオシャレになってるよ。

オペラ

Opera

評価:6/10

オペラ公演がテーマ。

ゲームマスターの2009年。

手番順決定に特徴がある。

ラウンド開始時に、アクション用資金を同時に決める。

そのアクション用資金が一番多いプレイヤーから、その資金を使ってアクション選択。

常に、アクション資金の残額が多いプレイヤーがアクションを選択する。

さらに、アクションには「プエルトリコ」的な他プレイヤーがフォローできるアクションと、選択者のみが実行するアクションがある。

他にも、作曲者の価値変動だったり、どの都市にオペラハウスを建てるかの相乗り関係等々、うまく要素が絡んでいて面白い!

ただ、序盤のシビアさに比べて、終盤のユルユル加減が解せない・・・

ゲームマスター発のゲームは、独特なシステムで面白いのだが、粗削りが過ぎる!

有能なデベロッパーが入ったら、パールやクラニオやアルゲントゥムのようなポジションに入れるんじゃないか。

オーブハンター

Orb Hunters

評価:4/10

ラインマジョリティ争いで遺物の取り合い。

エッセン新作。

手札からカードを1枚選んで、場にある遺物のいずれかの前に置く。

各遺物の前には4枚までしかカードを置くことが出来ず、全ての遺物の前にカードが4枚並んだらラウンド終了。

マジョリティ争いで遺物を取っていく。

これを3ラウンドやるだけ。

遺物には得点とは別に傷マークもあって、これが最も多いプレイヤーは脱落。

マジョリティ争いなのに、必ずしも自分陣営のカードを置くわけじゃないって部分が特徴か・・・

とはいえ、既視感しかないプレイ感・・・

もうコレ、フェドゥッティあたりが2,3回作ってるんじゃない?

オルレアン・ストーリーズ

評価:5/10

「オルレアン」に物語性を加えた新作。

レガシーやキャンペーンっぽい雰囲気を出しているが、180分級と90分級の2種類のシナリオゲームの入っただけのスタンドアローン。

特徴はシナリオブック。

同じ内容のシナリオブックを各プレイヤーが持つ。

先に起こることが全て書かれていて、それらを見通した計画性が必要。

これにワクワクするか面倒に感じるか・・・

他プレイヤーへの攻撃要素が入っていて、マルチ味が増している・・・

「オルレアン」に、このインタラクションの付け方は間違いじゃないだろうか。

プレイ時間が妙に長いのも気になる・・・その割に、プレイヤーの途中脱落があったりして・・・かなり尖ったデザイン・・・

よっぽど「オルレアン」が好きじゃないと着いていけない気がする。

箱が妙に大きいのに、シナリオが2つだけっていうボリュームの無さも気になる。