Skip to content →

評価:5/10

客家円楼

「ブラーノ」デザイナーのロンデル。

エッセン新作。

ロンデルムーブしてあれこれして得点を稼ぐ。

1周ごとに絶対に止まらないとダメなマスがあって、そこで決算的なアクションを行う。

「グレートウェスタントレイル」にもあったシステムで、ロンデルと相性が良さそう。

あと、他プレイヤーの駒があるマスはスキップするのが特徴か。

今回、5人プレイだったので各プレイヤーの駒は1つずつだったのだが、3,4人プレイだと各自が2駒ずつ使うみたい。

そっちの方がこのゲームの特徴を生かせそうなので機会が合ったらやってみたい。

トレンドを追えている感じがするが、やはり本場ドイツに比べるとまとまってない印象。

前作の「ブラーノ」よりは良くなっているように感じたので今後が楽しみ。

Published in ボードゲーム