Skip to content →

カテゴリー: ボードゲーム

騎士の幸せ

Die Glucksritter

評価:5/10

騎士となって自分の城を建てる。
シンプルなバッティングゲーム。

1~6のアクションから2箇所を同時決定。
バッティングすると、コストが高くなったり、分け前が減ったり、そもそもアクション出来なかったり・・・

悩みどころは明確で、サクサク進む。
トップ叩きも出来るのだが、ダイス次第なので泥沼化しないのが良い。

イラストが独特なタッチで気持ち悪いけど癖になる。

ポルト

Porto

評価:6/10

ポルトガルのポルトに色とりどりな家を建てる。
ポルトガルのメーカーMEBOの新作。

「カードを引く」もしくは「カードを使って家を建てる」を行う。
家を建てることで得点を得たり、個人目標や共通目標を達成していく。

大枠は「チケット・トゥ・ライド」っぽい。
プレイ感も近いのだが、得点形式だったりカードプレイ方法に少し特徴を入れている。

「チケット・トゥ・ライド」が好きなので期待して挑んだのだが・・・
面白いは面白いのだが、「公共契約」に違和感。
公開されている4枚の目標カードがあって、それを早い者勝ちで誰でも達成できる。
達成が簡単で、コロコロ目標カードが入れ替わるので、たまたまラッキーで得点できることが出来る。
そして、得られる得点も馬鹿にならないので、取れるときは取ることになる。
これが、「公共契約にコントロールされている」感じがして釈然としない・・・
最初に配られる個人目標の得点が妙に低いのも、それを冗長してしまっている気がする。

他の部分は渋めの調整で好みなのだが、それとのアンバランスさを感じてしまった。
バランスをどちらかに寄せたらもっと良くなりそうな気がする。

ワードミノ

WORDOMINO

評価:5/10

ひらがなドミノスクラブル。

手札からタイルを配置して、単語を作り出す。
単語の文字数で得点。

ひらめき勝負!
テクニック的なものは無さそうだけど、誰でも楽しく遊べそう。

レーパーバーン

Auf der Reeperbahn nachts um halb zwei

評価:5/10

客引き綱引き。
クニツィアの二人用。

カードプレイで、6つの駒を動かして自分側に引き寄せていく。
同じ色のカードは一気に何枚でも出せるので、かなりダイナミックに駒が行き来する。
最初は引っ張り合いでゲームが終わらないんじゃないかと思ったのだが、ちょっとした油断で一気に傾き始める。
ハンスとローラを使って一気にリルを動かすのが肝だろうか。

クニツィアにしては、少しルールがわちゃっとしている印象を受けた。
何回か遊ぶと面白さが見えてくるタイプのゲームだろうか。

くだものあつめ:フルーツパフェ

Fruit Picking: Fruit Parfait

評価:5/10

「くだものあつめ」に特殊能力を加える拡張。

カード獲得時に、そのカードを王様に献上して特殊効果を得られる。
この献上ルールに伴って、ゲーム終了時に献上数が最多のプレイヤーよりも2個以上献上が少ないプレイヤーは脱落となる。
献上必須となっている。

特殊能力によって展開は広がりそうだけど、それは元のゲームの良さを削いでしまっている気もする・・・
それを上回る経験値を積んだ人用の拡張かな。

フェイ

Fae

評価:7/10

「クランス」のリメイク。
部族からドルイドになって、ファンタジー色が増している。

システム的な変更は無し。
相変わらずのとっつきの悪さだが、面白い!

「クランス」も視認性が良い方では無かったが、「フェイ」ではより悪くなっている!

アフター・ザ・フラッド

After the Flood

評価:6/10

メソポタミアを舞台とした繁栄と衰退。
ワレスの3人専用ゲーム。

1ラウンドが350年を5ラウンドという壮大な年月をかけて行う。
2度の洪水が起こり、盤面の多くの物を流し消してしまう。

手番では、5つのアクションから1つを選んで実行するというシンプルなもの。
資源を獲得してジックラトを建設したり、軍隊を生み出して領土を広げたて得点を得ていく。

資源の取り回しだったり、軍隊の生み出し方に特徴があって面白いのだが、気になるのは戦闘システム・・・
攻め込んだ側がダイスを振って成否判定するのだが、攻撃側がめちゃくちゃ有利!
戦力が高ければ、ダイスを2個振って5以上出れば良い!成功率8割以上!
戦力が低くても、7以上で成功!成功率約6割!
この成功率の高さが陣取りの意味合いを薄めてしまっているように感じた。
また、目立つと簡単に潰せてしまうのでマルチ味も増している・・・

見る部分があるものの、基本的には「合わない方の」ワレス。

手がかりを追え

Auf heisser Spur

評価:5/10

環状に並べた容疑者タイル。
ダイスで指定された条件にあうタイルを早取り!

「出発地点&方向」
「盗んだ宝石」
「服装の特徴」
のダイスを振って、出発視点から見て一番近くにいる条件の合うタイルを取る。

上級ルールで、地下鉄でワープしたり、盗んだ宝石が変更されたりして、混乱させてくる。

早取り系なのだが、みんなが同じ順路で見ていくので、ラッキーパンチが無くて、実力差が出やすすぎるんじゃないかな・・・?

ハット

Hats

評価:6/10

ちょっと変わった動きをするカードゲーム。
スカイライナー」のデザイナー。

カード構成は1~6、7スート。
手札9枚ずつ。
メインボードには1~6の数字書かれたスペースがあり、それぞれにカードが表向きで置かれている。

手番では、手札から1枚をメインボード上のスペースに置いて、そのスペースに置かれていたカードを得点札として獲得する。
手札が1枚になるまでこれを続けて、メインボード上に置かれているカードによって得点札の色が決定される。

カードはどのスペースにでもプレイできるわけじゃなくて、
「同じ色のカード」もしくは「数字がより高いカード」しかプレイできない。
これが最初はピンとこないのだが、2、3手番回すと意味が分かってくる。

徐々にゲームの構造が見えてくる感じで遊んでいて楽しかった。
もう何回か遊んでみたい。
Tabletopiaでも遊べる!

4人プレイだとペア戦となる。
手番ごとにフリーアクションとして、パートナーと手札を1枚交換できるのだが、流石に「毎手番」ってのは多すぎてテンポを欠くし、見える情報が多すぎる。
最初に何枚かゲームから抜くとか、交換回数を制限するかした方が締まる気がする。

ヴィヴァルディ

Vivaldi

評価:5/10

メイフォローの「ナポレオン」。

4スート1~10。
メイフォローだが、フォローしないと勝てない。
更に、切り札ありなので、切り札を持っているといつでも切れる・・・

基本的に取ったトリックのランク合計が得点なのだが、1スートがマイナススートとなり失点となる。

メイフォローは自由度が高く、かなり心理戦寄り。
心理戦的な悩みが多くなりプレイ感が重くなってしまっている・・・