Skip to content →

カテゴリー: ボードゲーム

ヒート:ヘビーレイン

Heat: Heavy Rain

評価:7/10

ヒート」の追加マップと追加カード。
あと、駒とカードセットが1人分追加されて、7人までプレイ可能に。

追加マップは、「日本」と「メキシコ」の両面仕様。
今回は「日本」でプレイ。
立体交差とヘアピンカーブが特徴なので、恐らく鈴鹿サーキットがモデル。

新要素の「水たまり」がコーナーの前にあって、ここではギアダウンに追加で1ヒート必要になる。
コーナー前でのトップギアからの急減速がやりにくくなっていて、なかなか難しいプレイングを求められる。
ギリギリを攻めないと勝てないっていう「ヒート」の肝を強調する要素となっていて、地味ながらなかなかいい追加要素。

あと、新カードには「超冷却」っていう新アイコンが追加されている。
「捨て札にある」ヒートカードを回復できる。
手札から回復する通常の冷却に比べて、タイミングをコントロールしやすい感じがしたので、中々強力なカスタムパーツになるのではないだろうか。

大きく変化がある拡張では無いんだけど、「ヒート」を丁寧に育てていこうとする姿勢が伺える。
第二の「チケット・トゥ・ライド」を目指しているのだろうか!?
拡張商法は鼻につくのが多いんだけど、なぜかデイズ・オブ・ワンダーのは好意的に受け取っちゃう。
どんどん出しちゃってください!

タイニーファーム

Tiny Farms

評価:4/10

共通駒をダイスで動かして動物を集める。
フリート」や「ピープマッツ」のデザイナーコンビ。
BGAでプレイ。

プレイヤー人数+1個のダイスを振って、1個ずつピックしていく。
ピックしたダイスの目だけ共通の赤駒か青駒を動かして、着地した場所に示された動物を獲得。
プレイヤーは2つの牧場を持っていて、赤駒を動かした場合は赤牧場、青駒を動かした場合は青牧場に動物を配置する。

これを10回繰り返して、動物ごとの得点形式でプラス点、2つ牧場の動物の数の差分がマイナス点。

シンプルなゲームだが、悩ましい楽しさっていうよりは、選択肢の確認をする感じでイマイチ。
それが無駄にダウンタイムを伸ばしてしまっている。

キングスポート・フェスティバル

Kingsport Festival

評価:5/10

クトゥルフテーマのダイスゲーム。
狂信者となって街を支配する。
「ヒュペルボレア」や「シニョーリエ」のデザイナーコンビ。

「キングスブルグ」からの派生っぽいけど、元を遊んでいないので違いは不明。

3個のダイスを振って、ダイスプレイスメント。
ダイス目合計がダイス目が一致する邪神(アクションエリア)にダイスを置いて、リソースを獲得していく。

ダイスプレイスメントで獲得したリソースを使って、街の各建物を支配していく。
建物を支配することで様々な能力を得られる。
定期的に敵が襲ってくる。
建物の支配やカードプレイで得られる戦力で敵を撃退することで報酬、撃退を失敗するとペナルティ。

ベースシステムは、まっとうなダイスプレイスメントだが、イベントカードや呪文カード、あとゲームのベースルールを変更するシナリオカードによって様々なバリエーションが生まれるようになっているみたい。

ダイスロール運、カード運があるゲームだが、そこそこプレイ時間はかかるので、そこにアンバランスさは感じる・・・
とはいえ、クトゥルフってテーマが楽しさの半分を占めている気はするので、そっちが好きな人には良いかも。

ウォー・オブ・ウィスパー

A War of Whispers

評価:5/10

国家間の争いを裏で操る秘密組織となって暗躍。

各自、自分にとって有益な国、不利益な国があるのだが、それを隠して陣取りを行う。

アクションエリアに自分のチップを2個置いて、チップが置かれている場所のアクションを行う。
配置フェイズと実行フェイズが別れたワーカープレイスメント。

駒はラウンドまたぎで回収されず、次のラウンドの頭で各自が自分のチップを1つずつ取り除く。
この1個取り除きのおかげで、ブラフしやすくなっている。

中々面白いシステムなのだが、アクションで引けるカードの効果が強烈!

カードを引いていれば、意思が見えにくいし、後で別の陣営でのアクションを強化できるので、中盤まではカードを引いて、最終ラウンドにカード効果でバッチバチっていう大味展開になりそう・・・
今回も、その展開になって、ちょい興ざめしてしまった。

鋼の錬金術師ボードゲーム:約束の日

Fullmetal Alchemist Board Game ~Promised Day ~

評価:4/10

漫画「鋼の錬金術師」のクライマックスを再現した協力ゲーム。

わらわらと湧いてくるザコ敵が溢れないように除去しつつ、その除去に使ったカードのセットコレクションで魔方陣を完成させる。

システムはシンプルで、移動後に4つぐらいあるアクションから2つを実行。
システム的に感心する部分は無いかな・・・

比較的、最適解が見えやすいゲームなので、奉行問題もある。

アマタノ儀式

評価:4/10

独自言語で指示された通りの行動を行う。
よぐゲーム。

未知の言語の教科書が全員に渡される。(2冊しか無いので回し読み)

親プレイヤーは、その言語で「石を右手に持ってまわす」みたいな儀式のやり方を伝える。

子プレイヤーは、親プレイヤーの言葉と教科書を照らし合わせて意味を理解して、実際に儀式を行えれば得点。

エスペライゼーション」から着想を得て作られたであろうゲーム。
「エスペライゼーション」の「言語を作る」パートが完成済みで、後は伝えるだけの状態になっている。
これが「楽で良い!」となると思いきや、言語に愛着がわかず、作業的な解読となってしまって面白くない・・・

同じデザイナーの「ファクトリア」と同様、チュートリアルが良く出来ていて読み進めるだけでスムーズにゲームに入っていけたのは良かった!

ザ・カカポ バディ&パーティ

The Kakapo : Buddy & Party

評価:5/10

ザ・クルー」にタイルパズル要素をプラス。
ゲームマーケット新作。

全員協力してタイルパズルを完成させる。

1~8,5スート。
マストフォロー切り札有り。
切り札は毎トリック変わって、前トリックの勝利札スート。

勝者は、自分が出したカードに示されたタイルを盤面に配置する。
基本的にどこにおいても良いのだが、同じ色のタイルは隣接禁止。

これを繰り返して、鳥タイルを規定数、囲むことが出来れば勝ち。

「ザ・クルー」と似た感じだが、交信チップのような物が無く、意思疎通はタイルの置き方で表現しなければならない。
トリックテイキングのレベルが同じぐらいのメンバーを揃えるだけでも大変なのに、タイルパズルのレベルも同じぐらいのメンバーを揃えなければならず、なかなか出しどころが難しいゲームだ。

エイピアリー

Apiary

評価:4/10

人類滅亡後、ミツバチが地球を支配し更に宇宙進出する。
ウィングスパン」のドラゴン版「ワームスパン」のデザイナー。
Tabletop Simulatorでプレイ。

基本システムはワーカープレイスメントだが、アクションエリアに既にワーカーがいても押し出して置ける。
押し出されたワーカーは強さが1つ上がり再利用できるようになる。
強さが4のワーカーが押し出されると、そのワーカーは死亡しボーナスが貰える。
「村の人生」みたいなシステム。

開拓でリソースを獲得し、そのリソースでタイルを購入しマイボード上に配置し拡大していく。

それなりにボリュームがあるゲームなのだが、全ての要素が知っている味!
各要素のリンクにも感心する部分は無いし、タイル能力やカード能力の強弱も激しそう・・・

トーネードスプラッシュ2

Tornado Splash 2

評価:5/10

ボートレースがテーマの同人ゲーム。

ボートレースというと「パワーボート」を思い出すが、今作はカードプレイでボートの曲がりにくさを表現している。

自駒の前に手札からカードを配置して、そのカードに沿って自駒を動かす。
毎手番移動できる歩数は3歩固定。
なので、マス間の距離が広い方がスピードが速いことになる。
が、そういうカードは次のカードの配置で少ししか曲げられない!

アナログゲームならではの方法で面白さを生み出していて見事!
でも、序盤に出遅れると逆転不可能な感じはある・・・
そこらへんも実際のボートレースを再現してるってことかな?

四国1889

Shikoku 1889

評価:6/10

「シャドウハンターズ」デザイナーの作った「18xx」。
長らく絶版状態だったが、綺麗になって再販。

初心者に最適と評されているが、確かにマップが狭く状況把握がしやすい!
金回りも良くて、展開も早いように感じた。
線路タイルの数も少ないので、それを使った絞りもあるのかもしれない。

「18xx」に関してそこまで語れる素養も無いので、この辺で失礼させていただきます・・・