Skip to content →

カテゴリー: ボードゲーム

サビカ

Sabika

評価:6/10

3層ロンデルの重量級ゲーム。
アルハンブラ宮殿の建設がテーマ。
ビトク」デザイナーのエッセン新作。

ゲームボード中央に3層のロンデル。
各プレイヤーは、内側のロンデルに1つ、中央に1つ、外側に2つの駒を持っている。
手番では、いずれかの駒をロンデルしてアクションを実行する。
動かした駒は寝かして、ラウンド終了まで動かせない。
そうやって、4周すると全ての駒が寝るのでラウンド終了。
再び全ての駒を立てて使用可能にして、新たなラウンドを始める。

「ビトク」と一緒で、ルール量も情報量もかなり多いのだが、ロンデルの層毎にやれることがグルーピングされていたり、テキストカードはラウンド開始時にしか補充されなかったり、思考が迷子にならないように気が使われている。(とはいえ、最初は軽くパニックになる情報量だが・・・)

基本的に自分が得意なアクションを連打したくなるのだが、ロンデルだったり、4つの駒を順番に使わないとダメなルールが、それを簡単にやらせてくれない。
上手くやるとコンボで別のアクションに繋げられるので、それを使って得意なアクションに導くのが肝になるのかな。
リソースの所持上限が厳しめに設定されているので、コンボが連鎖しすぎないようになっているのも好印象。

インストに苦労したこともあって、1回遊んだ後には「面白いけど、もういいわ・・・」ってなったのだが、振り返ってみると、どのルールも良く考えられている気がして、リプレイ欲がグングン湧いてきている。
制限がきつく、何でもできるタイプのゲームじゃないので、窮屈に感じる人もいるかも。

ライズ

Rise

評価:6/10

紙ペンゲーム的な複数トラックコンボゲームの豪華コンポーネント版。
dlp gamesのエッセン新作。

10種類あるトラックをドンドン上げていくゲーム。

ラウンド毎に4種類のカードが公開されて、どれを実行するかを一人ずつ決めていく。
4種類のカードは右に行くほどコストがかかるのだが、その分ボーナス(たまにペナルティ)も貰える。
誰かが選んだのと同じカードを選んでも良いのだが、そうした場合、前に駒を置いていたプレイヤーに少しボーナスがある。

10種類あるトラックは、文化とか産業とか政治等々あって、それぞれ特徴付けがされている。
例えば、産業を進めると収入が増えるが環境は悪くなるとか、科学は他のトラックを上げやすいとか・・・

やっていることは、ほとんど「ガンシュンクレバー」と同じなんだけど、テーマ付けの上手さと、そのテーマになぞらえたアクション効果の遷移が、壮大なゲームをやっている感を生みだしているように感じる。

箱絵から受ける印象よりも万人受けしそうなゲーム。

クベルネシュティッヒ

Kbernestich

評価:5/10

トリックをしつつ、ルールを決めていく。
ゲームマーケット新作。

4スート、12枚ずつ。計48枚。
マストフォロー。

手札11枚ずつ配られて、残り4枚はウィドウ。(4人プレイ時)
最初のトリックの前にリードプレイヤーが切り札を決める。
その後、リードプレイヤーから順番にシート上にキューブを2個まで置いていく。
これによって、このラウンドの得点ルールを決めたり、自分の取るトリック数予想、特殊アクション等を得ていく。

そして、1トリック終わると、再びキューブ配置フェイズ。
その後、また1トリックだけして、再びキューブ配置フェイズ・・・
と4トリック目までは、トリックの前にキューブ配置フェイズが挟まってくる。

11トリック終わると、途中で決まったルールで得点計算。

途中でルールを決めていくっていうのは中々面白い試みなんだけど、悩ましさよりも煩雑さが勝ってしまった。
序盤の、トリック、キューブ配置・・・の繰り返しは流石にテンポが悪いように感じた。
2個までキューブを置けるっていうのも煩雑さを感じる要因かも。
個人的にトリックテイキングは手なりでポンポン、たまに悩む、ぐらいの方が好みっていうのもありそうだけど。

可能性を感じるルールだが、ちょっと欲張りすぎてマニアックに寄りすぎている気がする・・・

フィット・トゥ・プリント

Fit to Print

評価:6/10

リアルタイムで新聞編集。
タイニータウン」や「ワームホール」のデザイナー。
Tabletopiaでプレイ。
現在、Kickstarterで出資募集中。

マイボードが紙面を模していて、そこに記事や写真や広告のタイルを配置していくタイルパズル。
よーいスタートで、盤面に散らばった裏向きのタイルを取ってきて、表を見て、保持するか、場に戻すかを判断する。
面白いのは、保持したタイルを紙面に配置してパズルすることは許されず、まず自分の机ボードに積み重ねていく。
もう十分な数のタイルが取れたと思ったら「レイアウト!」と宣言して、机ボード上に溜まったタイルを紙面に配置していく。
制限時間は4分しかないので、タイル探しに時間を取られ過ぎると、良いタイルが揃っても全然置けなかったり、間違えた配置をしてしまったりしてしまうことになる。
逆に適当にタイルを取りすぎても、レイアウトしてみたら多すぎたり少なすぎたりして、取り返しのつかない状態になっていたりする。

散らばったタイルを皆が一斉に探し回る感じや、机にどんどんタイルが積み上がっていく感じが、一昔前の新聞社の喧騒を思わせて楽しい。

タイル自体は全て長方形か正方形なので、テトリス的な難しさはないんだけど、同じ種類のタイルを隣接して置けないルールがあって、そのパズルが難しい。

このデザイナーのゲームは、すごい斬新なシステム!では無くて、既存のシステムに一工夫入れるだけなんだけど、その一工夫の効果を最大限に高める周りの調整がとても上手い!
それでいて、どれも全然違う面白さのゲームに仕上がっている!
今後も注目したいデザイナーだ。

あんまりオンラインプレイ向けのゲームでは無いので、実物でもう一回遊んでみたいところ。
キックにしてはお値段もお安めなので、キックしようか迷うところだが、
最近、キックの日本語版発表率が異常に高いから、そこが悩み所・・・

メドウ:ダウンストリーム

Meadow: Downstream

評価:6/10

メドウ」に水生生物が追加される拡張。
エッセン新作。

N、E、S、Wの他に「水」デッキが追加されて、それらのカードを置く用のスロットとアクションタイルが追加された。

あと、川トラックが追加されている。
「水」デッキのカードをプレイすると得点の代わりに川トラックを進められる。
チェックポイント超えると得点が貰える他、看板を通過することでボーナスも貰える。
ボーナスは「Eデッキか水デッキからカードを1枚引く」とか「小道トークン1枚獲得」とか、そこまで派手なものは無い。

拡張としては、かなり大人しい方だが、ゴテゴテにして「メドウ」の持つゆったりしつつも悩ましいプレイ感が無くなってしまうのもアレなので、これぐらいで正解かも。

「水」デッキには前半後半の区別が無く、序盤から「大鳥」や「狼」アイコンが取れるので、セットアップで配られる「N」でハズレを引いても、「水」デッキに賭けることができるのは少し救いがある。

アクションタイルの追加で、純粋に各ラウンド1手番ずつ多くなっているので、プレイ時間は伸びてしまう。
あと、自分の前に並ぶカード枚数も増えるので、土地カード10枚制限が機能しやすくなっていて、終盤まで土地を広げすぎないことにメリットが生まれている。

オープン

Open

評価:7/10

公開手札&賭けのある大富豪。
トリックと怪人」のデザイナー。
ゲームマーケット新作。

1~10、黒が2枚ずつと赤が1枚ずつ。(ただし、6~9の黒は1枚ずつ)
という変わったカード構成。

役はシングル、ペア、スリーカードのみ、なんだけど、色の構成もフォローしないとダメ。
例えば、「2黒・2赤」の後には、「5黒・5赤」とかを出さなければならず、「5黒・5黒」は出せない。

で、今作の特徴は公開手札4枚と通常手札2枚っていう公開の方が多い手札構成。
そして、全員の公開手札と自分の通常手札を見たうえで、「誰が一番に上がるか」を各自予想する。
もちろん、自分の手札を早く無くすことでも得点がもらえるのだが、この予想を当てる事でも同じぐらいの得点が貰えるバランスになっている。

ルールを聞いた段階だと、イマイチこの面白さがピンと来ないのだが、実際遊んでみると普通のペア戦とも違った、新しい形のペア戦が生まれていて、今までに体験したことのない面白さ!
それぞれが一方的に勝たせようとしている、妙な相関図が生まれる。
予想はラウンド終了まで公開しないので、プレイ中の「あー、あいつは僕を勝たせようとしてくれてるな」とか「この人、全員に好かれてるんじゃない?」みたいな推測も面白い。
(この予想&公開手札のシステムはトリックテキングにも流用できそうな可能性を感じるんだけど、既にあるのかな?)

無難な予想が当たっても得点にならない得点システム。
10が出た時は1が最強になるルールや前述した妙なカード構成が、予想ルールを最大限に生かしている。
すごく丁寧に調整されているように感じた。

ゲームマーケットで買わなかったことが悔やまれる・・・
この完成度だと、どこかから商品化の話があるだろうから、それを願って静かに待とう。

ドッグパーク

Dog Park

評価:4/10

犬を集めて散歩させるっていう平和なテーマのゲーム。

ラウンドではまず、犬の競りを行う。
そうして、獲得した犬を連れて散歩に行く。
この時、犬ごとに示されたリソースを支払わないと散歩についてきてくれない。

散歩は1~4歩好きな歩数を選んで進むスゴロク。
色んなリソースを取るためにはゆっくり進みたいが、ゴール順に応じてボーナス、ペナルティがあるので、そんなにゆっくりもしていられない。

これを数ラウンド繰り返して、最終得点は犬種ごとのマジョリティ争い。

テーマ以外で見る部分は無いかな・・・
システム的には素人が作ったゲームという印象。

カードイラストはオールユニークなので、観賞用としては良いかもしれない。

カルデラ・パーク

Caldera Park

評価:5/10

「サバンナパーク」の続編。
デザイナーは同じく、クラマー&キースリング。エッセン新作。

スコアリングは同じで「グループ内の動物の数×水飲み場の数」。

タイルの配置の仕方が変わっている。
メインボード上に「配置する動物」タイル7枚と「配置する場所」マス7枚がある。
手番プレイヤーは、「配置する動物」タイル1枚を取って、空いている「配置する場所」マスに置く。
そうすることで「クマを森に置く」とか「ヘラジカを間欠泉周りに置く」といった指示が出来上がるので、全員がそれに従ってタイルを置く。

手持ちは7枚なので、どのタイルも条件を満たせない場合は自由に置けるようになるので、トリックテイキング的に「ボイド」を作っておくと自由度は増す。

あと、隣の対応する動物は死ぬ「お邪魔タイル」が徐々に追加されていくのは、新しいところかな。

前作と比べて進化している感じは無くて、むしろ素直になっている印象。
前作の「タイルを裏返して移動させていく」方式の方が工夫があって好きだった。

プラネットB

Planet B

評価:4/10

近未来、プラネットBの権力者となって私腹を肥やす。
新人デザイナー&ハンスのエッセン新作。

お金で建物を建てたり、建物にワーカーを派遣したり、派閥への影響力を得たり、大統領選挙に向けて票を取りに行ったり。

手番では、3つのアクションセットから1つを選んで実行する。
このアクションセットには3種類のアクションが含まれていて、それらを1つずつ実行していく。
アクションによっては、1アクション内で他のアクションをトリガーしたりするコンボが発生して、終盤は自分でも何をやっているのか追いつけなくなってくるコンボ具合。
そもそも、なぜ3つも一気にやらせるのか・・・

そんなややこしい処理をさせる割に、長期計画を立てにくい設計で、カードの登場運、引き運に翻弄される・・・

重量級ゲームは年々複雑化しているのは間違いないが、どのメーカーも工夫を凝らして遊びやすくしている。
それに比べて、今作は遊びやすさへの工夫が無いし、ゲーム展開にメリハリも無く、要素が多いわりに繋がりと狙いが不明瞭・・・と、とにかくダレる・・・

ハンスには、もう、新しいゲームを作る力は残っていないのか・・・

ティルトゥム

Tiletum

評価:5/10

ダイスピック&アクションポイント制のゲーム。
タッシーニ&ルチアーニのエッセン新作。

ラウンド開始jにたくさんのダイスを振って、目の対応するアクションエリアに置く。
後は順番に、ダイスピックして対応するアクションをしていくだけ。

ダイスの出目は「獲得できるリソースの数」なのだが、逆にダイス目が小さいとアクションポイントが増える。
さらに、ダイス目によってアクションの種類も決まる。

アクションは「トラックの前進」「馬車駒の移動&商館建設」「建築家駒の移動&柱建設」「人物タイル獲得&配置」「契約タイル獲得&リソース変換」と「好きなアクションが実行できるジョーカー」。

あと、「唾をつけておけば後で実行できる」ルールが多々あるので、序盤は早取りの目標やボーナスを取っていって、後で帳尻を合わせていく感じのゲームっぽい。

なかなか面白い狙いのゲームではあるのだが、ちょっと情報が取っ散らかり過ぎているように感じる・・・
ルチアーニは情報をまとめるが上手いと思っていたのだが、今作ではそれが活かし切れていない印象。
盤面の情報を読み解くだけでも大変なのに、早取りのインタラクションも強いので、他プレイヤーの動きまで把握しなければならない・・・
そうなってくると、頭がパンクして、ゲームがカオス味を帯びだす。

何度か遊ぶと、情報が見えるようになってきて楽しめるようになるかも・・・