Skip to content →

タグ: 5

ぺあって にゃ~

評価:5/10

一致するのが2人だけになるようにする「フラッシュ」。
ダイソーの100円ボードゲームシリーズ。

表面が母音、裏面が子音となっているカードをめくって、ひらがな1文字が指定。
1人が「食べ物」とか「映画」みたいな適当なテーマを決める。
テーマに沿って、指定された文字で始まる言葉を同時に言って2人だけが一致したら双方得点。

シンプルだけど、2人だけっていう部分に工夫があって楽しめる。

自粛期間に家族で遊ぶのに最適!
なんといっても100円だからね。

メインポート

Mainport

評価:5/10

ポート オブ ヨーロッパの第3弾。
そんなシリーズがあったことすらしらなかったが、「ロッテルダム」「ポート オブ ヨーロッパ:アントウェルペン」が第1弾、第2弾みたい。
ゲームマスターの新作。

ロンデルシステムでアクション選択。
やることはピック&デリバー。

特徴となりそうな部分は少ないのだが、強いて上げるならメインポートと呼ばれる都市の通過時に通行料が必要となり、それがその都市に貯まっていく。
その都市に自分の船がある時に配当アクションを行うと貯まったお金を獲得できる。

このゲームの面白さは「ロンデル」におんぶに抱っこと言う感じ。

ゲルツがより優れたロンデルゲームを多数出しているので、あえてこのゲームを遊ぶ必要は無いかな・・・

黄昏の篝火

Bonfire

評価:5/10


消えた篝火(かがりび)を再び灯す。
フェルトのエッセン新作。

いつもの重量級フェルトゲーム。
評判が良かったので期待したのだが、やっぱり重量級フェルトは合わない・・・
トゥーマッチ・・・

個人ボード上にタイルを配置することで、アクションタイルを補充して、そのアクションタイルを使ってリソース変換や目的獲得や能力獲得を行う。
他プレイヤーのことはほとんど気にすることは出来ず、基本は自分の効率を考え続けるソロプレイ。
狙っている目標が被りそうなら意識する感じか。
他は他プレイヤーの動きをランダマイザとして使っているだけのように感じる。
ここら辺のバランスが合わない理由か・・・

最初は繋がりが見えず、フワフワしたプレイ感なのだが、途中からボーナスがブーストし始めて面白くなってきた。
もう1回遊んだら、最初から楽しめるかも・・・

スマトラ

Sumatra

評価:5/10

スマトラ島の探索。
クニツィアのセットコレクション。
エッセン新作。

場に並んでいるタイルを1枚取るだけのシンプルなセットコレクション。
タイルの種類の応じて様々な得点形式がある。

ボードには1本道のコースがあり、ここを各自の駒が進んでいく。
ここにクニツィアらしい妙味があるのだが、ちょっと文章だけでの説明が難しいが・・・

場のタイルが要らないと思ったら、タイルを取る代わりに前進することが出来る。
そうすると、次手番開始時に場を流して補充することが出来る。
リードしているプレイヤーが現れると強制的に前進しかできなくなるので、他プレイヤーへの牽制にもなる。と言う感じか。

最初は「クニツィアらしくないゲームだなぁ・・・」と思ったのだが、この駒移動が加わってくるとグッとクニツィアらしさが出てくる。

とは言え、他のクニツィア作品と比べるとちょっとパンチ力に欠ける。

フィニッシングタイム

Finishing Time

評価:5/10

労働と休暇のワーカープレイスメント。
フリーゼのエッセン新作。

「フリーゼのゲームをテーマ抜きで遊んだらどうなるか」と言う妙な試みでインストされた。
ボードからざっくりしたテーマは分かるので、意味ないと言えば意味なかったが・・・
試みとしては面白い。

確かに、システムだけ見ると、非常にそっけないゲーム。
金を得点に変えるのを如何に効率的に行うかっていうだけだ。
現代人の人生を突き詰めて考えるとそうなるっていうフリーゼの風刺だろうか。

ゲーム的に見る部分が無いわけでは無いが・・・あまりに単調過ぎる気がする。

ツカノ

Tucano

評価:5/10

非常にシンプルなカードドラフト。
Tabletopiaでプレイ。BGGだと発売が2021になってるからお試し版ってことかな?

場には3列のカード列。
手番では、カード列に山から1枚ずつカードが追加されたうえで1列を獲得するだけ。
カードは枚数を集めると得点になるものだったり、枚数が多いと得点が減るもの、そもそも失点になるもの等々・・・

あと、3種類のツカノカードがある。
「他プレイヤーから1枚奪う」
「他プレイヤーに1枚渡す」
「カード1種類を裏向きにして奪われないようにする」
という即時効果を持つ。

巡り運とツカノカードによるワチャワチャ。
遊びやすくはあるが、感心する部分は一切無い。

スイッチ&シグナル

Switch & Signal

評価:5/10

協力型ピック&デリバー。
「ウォーチェスト」デザイナーのエッセン新作。
Tabletopiaでプレイ。

4つの都市に2つずつある荷物をゴールである港湾都市に運びきることが目的。

手番ではまず運転指示カードをめくって、その指示通りに列車を登場させたり動かしたりする。
列車の方向は都市以外では変更できないので、ほぼダイス通りの自動処理。
移動できなかったり、他の列車と衝突するとペナルティ。

その後、手札からカードを使って信号や線路の進行方向を切り替える。

あんまり多人数でやる意味は無くて、奉行問題へのケアは皆無。
最適解が分かりやすいから奉行し甲斐がないかもしれないけど・・・

ダイスやカード運もあるだろうけど難易度は低そう。

パシフィックレイルズインク

Pacific Rails Inc

評価:5/10

ワーカープレイスメントで線路敷き。
新人デザイナー。

「スパイリウム」のようなエリア間に置くワーカープレイスメント。
ワーカーを置いたときか、ワーカーを回収した時に接するエリアのいずれかを起動できる。

ワーカープレイスメントアクションで
「資源獲得」→「資源を線路に変換」→「線路を盤面に配置」→「得点や能力獲得」
という流れ。

「資源を線路に変換」部分に簡単なエンジンビルドがある。
必要な線路をバランスよく変換できるように先読みした計画が必要になる。

各要素は、すごく面白そうでワクワクするのだが、実際遊んでみるとバランスが変。
別のゲームからの「借り物の要素」で構成されたゲームという感じで、デザイナーが自分のものに出来ていない印象を受けた。
ゲームに芯が無いというか、デザイナーのメッセージが伝わってこないというか・・・

単に僕が過去のゲームに縛られ過ぎている可能性もあるので、もう一回遊んでみたい気はする。

目測

Kurz vor Knapp

評価:5/10

目測で円柱間に橋を渡す。
ツォッホのエッセン新作。

1本の棒が提示され、その棒の端と端がちょうど載りそうな円柱2つを探して指定する。
この時、手や定規を使って距離を測るのは禁止!
「目測」だけで判断しなければならない。

上手く載せることが出来たら、手元の円柱を今回置いた棒状に配置できる。

最初に手元の円柱を無くしてプレイヤーの勝ち。

目測の不確かさと、バランスゲーム的なドキドキを楽しむゲーム。
でも、この2つが一切シナジーを生み出していない!

提示される棒の順番は決まっているので、それを見越して円柱の位置を調整しろってことだろうか?
そうだとしたら・・・いや、面白くない!

沈黙

Silencio

評価:5/10

特殊効果付きの「ザ・ゲーム」「花火」のような協力ゲーム。
エッセン新作。
Tabletopiaでプレイ。

5色、1~10のカード。
順番に手札から1枚ずつ場に出していくのだが、色ごとに昇順で出さないといけない。
出せる限りは出さないとダメで、出せない場合はパスする。
全員が連続でパスしてしまうと負け。
全員の手札が出し切れたら勝ち。

カードを出すとカード色に応じた特殊能力が発動する。
この時、場の直前のカードに+1しただけのカードだった場合マイナス効果が、それ以外の場合はプラス効果が発動する。

タイトル通り、ゲーム中の会話は禁止。
あんまり他プレイヤーの手札は読めないので、自分本位のプレイングになりがち。
特殊効果が馴染んでないってのも要因だろうから、何回か遊ぶと変わってくるかもだけど・・・
そうだとしても、手札運が大きすぎるし・・・これまでの同系統ゲームを超えることは無さそう。