Skip to content →

タグ: 5

メイデイ!メイデイ!

Mayday! Mayday!

評価:5/10

上空の飛行機内で起こるゴタゴタ。
正体隠匿系。

正体カードが3枚配られるのが特徴で、必ず「善2枚、悪1枚」か「悪2枚、善1枚」になるように配られる。
2枚配られた方が真の正体。

これを自分の前にランダムで並べて、見たり見られたりする。

まず機長を決めるのだが、これが絞り込み式。
最初に3人の候補が出て、その候補から2人に絞り込み、最終的にそのどちらかが機長となる。
機長が悪だと、悪の勝利で終わり。
機長が善だと、ゲームは続き全員の善を見つけるまで1人ずつ指名していく。

正体カードを見る毎に、その結果をチップで記録するので記憶力が無くても大丈夫。
情報が残るので、ロジカルに詰めることが出来、悪者は相当頭が切れないと務まらないだろう。

タイムライン・チャレンジ

Timeline Challenge

評価:5/10

様々な形式のタイムライン。

「4枚のカードそれぞれの年代レンジを当てる」
「2枚のカードの差を当てる」
「1枚のカードの西暦をセットして各桁の成否判定」
等々・・・
様々な出題形式で争う。

敗者逆転要素として、最下位2人のタイマンバトル等、TVショー的な味付けもあって遊びごたえがある「タイムライン」。

折り紙

Origami

評価:5/10

折り紙モチープのテキストカードコンボゲーム。

システムとテーマのアンバランスが気になるが・・・

システム自体はシンプル。
手番では、
「カードドロー」
「カードプレイ」
「カードのスペシャルアクション実行」
のいずれかを行う。

カードをプレイする際のコストも手札のカードを使う「サンファン」方式。
カードには即時効果とスコア効果とスペシャルアクションがある。
スペシャルアクションのカードが自分の前に見えていると手番を使ってそのアクションを実行できる。

ここにちょっとした工夫がある。
カードは自分の前に2山しか存在できず、一番上のカードのスペシャルアクションしか実行できない。
さらに、2つの山は出来るだけ同じ枚数になるようにカードを置いていかなければならないので、便利なスペシャルアクションもいずれは上書きされて使用できなくなってしまう。
意図的にカードコンボを制限している。
カードコンボ好きには爽快感を欠いていると思われそうだけど、個人的にはこれぐらい抑えてもらった方が有難い。

レリッカーズ ファクトリアの発掘者たち

Relicers

評価:5/10

紙をちぎってくじ作り。
「ファクトリア」のよぐゲームズ。

各自が自分のシートを手でビリビリちぎって中身が見えないように折ってくじを作る。
全員のくじを混ぜてテーブル中央に置く。
外観から誰の物か、大きいのか小さいのかを予想して1つずつ獲得していく。

獲得したくじに描かれている資源を使って能力やら得点を得る。
様々な種類を集めると能力を取りやすく、同じものを集めると得点が取りやすい。

メインシステムであるくじ作りは今までにない面白さ!
自分だけにわかるように印を入れたり、あえて他の人の真似をして混乱させたり・・・

ただ、このくじシステムと能力獲得による拡大再生産はイマイチ嚙み合っていない気がする。

ニコデマス

Nicodemus

評価:5/10

「イマジナリウム」を2人用ゲーム化。
BGAでプレイ。

手番では「カードをプレイする」か「カードを獲得するか」の2択。

カードをプレイする場合は手札からカード1枚を出して「示された資源を得る」or「示された特殊効果を発動する」。
プレイしたカードは場に並んでいき、もう1つの選択肢である「カードを獲得する」の対象となる。

カードを獲得する場合は場のカード1枚を選び、そこに示されたコストを支払い、自分の前に置ける。
自分の前のカードは「宝石の煌き」のように、以降のカード獲得コストを軽減してくれる。

また、獲得したカードは3枚までしか保持できない。
4枚目を獲得すると破棄しないとダメなのだが、その前に獲得カードのセットコレクションとして消費してボーナスを獲得することを狙っていく。

カタラらしくルールはまとまっているのだが、BGAで何となくで始めてしまったので、特殊効果のハチャメチャでゲームを楽しみ切れなかった・・・
特殊効果の種類はそこまで多く無さそうなので、互いが把握した状態で遊ぶと違った世界が見えてくるかも。

ヘクラ

Hekla

評価:5/10

ヘクラ火山がテーマの多人数アブストラクト。
「ローマ水道」や「ウェストオブアフリカ」のデザイナー。

手番では、自駒を置くか、自駒を移動させるか。
各マスには2個まで駒が入れるのだが、配置時には完全な空きマスにしか配置できない。
その後、3つの連続したマスにある駒の溝の合計が8以上だと得点。

各駒は持ち主に1点、手番プレイヤーは(溝の合計-7)点ももらえる。
得点計算が起こった3マスのうち中央のマスのプレイヤー駒は取り除かれ持ち主に戻し、代わりに黒い溶岩石1個が置かれる。

これを繰り返して、ストックのよう岩石が無くなったらゲーム終了。
得点が高いプレイヤーの勝ち。

1つ変わっているのは、得点トラックが特殊移動と結びついている点。
ボード外周が得点トラックとなっているのだが、自分の得点駒がいる列上の駒は飛車移動可能になる。
ダイナミックな移動が可能となるわけだが、タイミングが合わなくて中々使う機会が無い・・・
この能力を使うために自主的に得点を下げることも可能みたいだが、使いこなすには慣れが必要っぽい。

ルール聞いた段階だと、出来るだけ得点中央マスに入らず盤面に駒を残すことが肝かと思ったのだが、どんどん除去されて再配置で使った方が効率的。
むしろ相手の溝の多い駒が端になるように得点して、孤立させるのが有効だと感じた。

多人数アブストラクトの例にもれず、マルチ色が強くなって苦手。

あるじゃん!

Arujan!

評価:5/10

ゲームマーケットの「ブックオフ」ブースでボードゲームを売り買いするとおまけで貰えたカードゲーム。

手番プレイヤーがオークショナーとなって、山からめくった1枚を競りにかける。
オークショナー以外が競り落とすとオークショナーに支払い、オークショナーが競り落とすと銀行に払う。

山からマーク付きのカードが出ると銀行から全員にお金が振舞われる。
「クーハンデル」と同じ形式で相場を変えてくる。

マーク付きカードが既定枚数出るとゲーム終了。

勝敗判定が面白い。
お客カードをシャッフルして山にして1枚ずつめくっていく。
お客には「ファミリー」「玩具」「音楽」のようなジャンルが示されてる。
そのジャンルの商品を一番競り落としているプレイヤーが、そのお客カードを獲得。
最初に3枚のお客カードを獲得したプレイヤーの勝ち。

競り落としたカードが少なくても、お客カードのめくり順次第では逆転することも可能。
「一号線で行こう」みたいな古めのゲームに見られる一発逆転システム!

既存システムの組み合わせだけど、うまくまとまってるんじゃないでしょうか。
おまけのゲームだったら十分満足できるクオリティ。

ブライアン・ボル

Brian Boru

評価:5/10

トリックテイキングでエリアマジョリティ。
キング・イズ・デッド」のデザイナー新作。

カードは1~25の25枚。
そこに4スートが割り当てられている。
ボトル・インプ」と同じ形式のカード構成。

手札6枚。(4人プレイ時)
2枚ずつのブースタードラフト後にプレイ開始。
リードプレイヤーは、そのトリックの勝者が駒を配置できるマスを指定してから、そのマスと同じ色のカードを出す。
他のプレイヤーは何を出しても良いが、フォローしないとトリックには勝てない。

カードには上部と下部にアクションが描かれていて、勝ったプレイヤーは上のアクション、負けたプレイヤーは下のアクションを実行する。
最近遊んだ「エイジオブブリゲード」とそっくりで、ちょっと興奮した。

上のアクションはリードプレイヤーが決めたマスに自駒を置く+アルファ。
下のアクションは色に対応したステータスを上げる感じで、ステータスが上がっているとラウンド毎に得点や駒配置が可能となる。

エリアマジョリティ得点があるのだが、ゲーム終了時までにエリア内の総駒数が規定数に達していないとマジョリティ得点が発生しない。
なので、リードプレイヤーとなって自分の勝っているエリアに人を呼び込むことも大事になる。

トリックテイキングというよりは、一風変わった競りという印象。
ベースルール自体も変わっているし、ラウンド終了時のステータスボーナス処理もひねくれていて、初回プレイ時はチンプンカンプン。
2回目は、ある程度流れが見えてきたけど、他プレイヤーの思考を読むまでには至らず・・・
かなりマニアックなゲームであることは間違いなさそう。

個人的には気になるゲームではあるのだが、人にお勧めしづらいゲーム。
もう少しわかりやすいキャッチーさがあれば・・・

ブラジル帝国

Brazil: Imperial

評価:5/10

ブラジルが舞台の「ユーロ4Xゲーム」(ユーロ+4xってことみたい)。
エッセン新作。

文明発展系のゲームだが、手番の手続きが洗練されていてルールは頭に入りやすくなっている。
7つのアクションから1つを選んで実行する。
ただし、前の手番に選んだアクションは選べない。

アクションは
「軍事ユニットの配備」
「建物の建設」
「絵画(特殊能力)の獲得」
「建物の再生産」
「製品製造(アクション強化)」
「リソース獲得」
「リソース変換」

最後の2個は計画が狂った時の修正アクション的なものなので、ほとんどは5個から選ぶことになる。

建物を建てることで自分の領土を広げていく。
他プレイヤーの建物に隣接して建設はできないので陣取りはスピード勝負。
軍事ユニットで敵の建物を破壊できるかと思ったのだが、占拠して生産物を使われるだけで破壊されることない。
それどころか、最終的な得点も元のプレイヤーのものとなる。
更に、戦闘は防御側にのみ地形効果が付与されたり、特殊効果も防御有利なものが多かったり、戦闘は割に合わない感じになっている。
今回は広いマップだったこともあってか、最後までプレイヤー間の戦争が起こらなかった。

各プレイヤーに割り当てられたミッションを達成することで時代が進み、建てられる建物が増えていく。
これによって上位資源を生産できるようになっていくのだが、建築や再生産で得られる資源の総量は増えない。
あんまり拡大再生産している感じは無くて、時代に合わせたもの追い続ける感じになる。

見た目の華やかさとは裏腹に、総じて地味な展開が続くゲーム。
「ユーロ4x」とは言いつつも、ほぼ「4x」なんでしょ?と思っていたのだが、実際はかなりユーロだった。
が、面白いのかと言うと、そうでもなくて・・・ソロプレイ寄りで緊張感が薄い。
ほぼソロプレイなのに、結構なボリュームを占める軍事ユニットと戦闘ルールに異物感。

狭いマップでもう一回試してみたい。