Skip to content →

タグ: 5

ジャンクヤード

Junk Yard

評価:5/10

ゴミをテーマにした4種類のゲームが遊べる。

・ジャンクヤード(4/10)
トリックテイクで獲得した駒をボード上に配置してく。
ランクかスートが一致していれば配置できるが、配置できないと失点となる
陣取りとトリテを組み合わせた意欲は買うが機能していないし視認性も悪い。

・パス ザ トラッシュ(5/10)
獲得したトリックを山にしておいて、全トリックが終了後にその山をブースタードラフトしていく。
その結果、セットコレクションで得点を得て、そのまま次ディールの手札となる。
記憶が結構重要。また、ドラフト時にバッティングしないことも大事。
一番好印象。

・ガーベイジ(5/10)
自分の失点スート&ランクを自分で決めるトリックテイキング。
「シュティッヒルン」と似ているけど、マストフォロー。
フォローできないと、出したスートが切り札か切り札じゃないかを選べる。
特に特徴は無いけど、無難に遊べる。

・リサイクリング(未プレイ)
二人用。
ルール読む限りだと悪く無さそう。

ミステリーハウス 幽霊屋敷の探検

Mystery House

評価:5/10

箱のギミック付きの「アンロック」系謎解きゲーム。
「アンロック」同様、専用アプリが必要。

箱の側面から覗き込んで、気になるオブジェクトや文字から謎を解いていく。

この箱のギミックのおかげで、みんなでやる意味が生まれているのは上手い。

ギミックが凝っているが、プレイ感は「アンロック」に近い。
謎の難度は低め、雰囲気もおまけ程度。
謎解きはライト目が好きなので、個人的にはこれぐらいが楽しめるちょうどいいバランス。

ヒント機能も親切で最終的には答えまで教えてくれるので、手詰まりにもならない。

パッケージが重苦しいけど、気楽に遊べる。
難度に合わせてイラストもポップな感じにした方が売れたかもね・・・

フリーライド

Free Ride

評価:5/10

フリーゼ解釈の「チケット・トゥ・ライド」。
未発売だが、Tabletopiaでプレイ。

セットアップで各プレイヤーは都市カード2枚を取って、スタート都市と目的地を決める。

手番では、「線路を敷く」か「列車の移動」。

「線路を敷く」は、線路駒2個を置く。
1つのルートに手を付けたら、それが完成するまで別のルートには手を付けられない。

「列車の移動」は完成したルート上を移動する。
自分の作ったルートであれば無料。
他プレイヤーが作ったルートであれば、そのプレイヤーに1金支払う。
そして、ここが特徴なのだが、誰かが他プレイヤーのルートを使用すると、そのルートは中立ルートとなり、誰もが無料で移動できるようになる。

列車が自分の目的地に着くと都市カードを得点化。

場には、3枚×6セットの都市カードが並んでいる。
これらの都市に移動することで新たな目的地を獲得できる。

最初に「チケット・トゥ・ライド」と書いたが、それは見た目や「トンネル」や「フェリー」という用語が似ているだけで、プレイ感は異なる。
プレイ感という意味では最近発売された「スパイコネクション」の方が近い。
ただ、洗練さでは「スパイコネクション」の方が上だろう。

都市カードに地名とイラストしか書いていないのが非常に遊びにくい。
ここは「チケット・トゥ・ライド」を真似て都市の位置を示した方がよかっただろうに・・・

ローリングストックスターズ

Rolling Stock Stars

評価:5/10

「18xx」系ゲームから線路敷設を抜いた株ゲーム。

「18xx」は線路敷設パズルが障壁になっている人が多そうだったので、期待したのだが・・・
実際は、より見通しが悪い難しい株ゲームだった。

線路の代わりに大量のプライベートカンパニーをプレイヤー企業間でやり取りしていく。

ちょっと、要領を掴めなかったので・・・一旦、保留の5で!
プレイヤーの持ち金が少ないので、序盤は企業の株価を上げ過ぎないのがコツなのかもしれない・・・

今回の初プレイでは、ゲームを楽しめたのかどうか微妙な感じなのだが、ゲーム構造を知りたくてリプレイ欲は高い。
勘所が分かっている状態でもう一回遊んでみたい。

ヨコヨコ

Yoko-Yoko

評価:5/10

ダイスカルタ。

タイルは2種類「1匹タイル」「3匹タイル」。
ダイスロールによって、叩くべきタイルが決まる。
ダイスには犬の目と猫の目がある。
4つのダイスを振って、犬と猫が1:3や3:1で出ると、それぞれ対応するタイルを叩く。
2:2や0:4で出ると、「ヨコヨコ」と言って猫と犬が描かれている大きなタイルを叩く。

いち早く叩いプレイヤーがタイルを獲得。
一回獲得しても、後々奪われることもあり得る。

全ての1匹タイルが取られたら終わり。
「ヨコヨコ」が起こると、任意の1匹タイルを獲得できるので収束性も保たれている。

味のあるイラストが魅力だが、ゲームとしても、それなりの面白さがある。

ベルニサージ

Vernissage

評価:5/10

画廊の経営者となり、画家の作品を買い価値を上げることを目指す。
トイバー93年。

チップを置くことで、画家の評判を上下する。
置くチップの種類はダイスで指定されるのだが、上下するマス数はプレイヤーが選べる。
置くチップに異議がある時は対決になって、ダイスロール勝負。

チップは3種類あって、全種類置かれると個展が開かれて一気に評価が上がる。
それと同時に画家としてのランクが上がる。
ランクが上がった画家にチップを置くには自駒を進める必要があって、プレイヤーの思惑が見えやすくなってくる。

システムは中々面白いのだが、
「ダイスロール判定という対決方式と敗者への容赦ないペナルティ」
「思惑が見えにくい序盤で大差が開きがち」
「手番が早い方が有利なのだが、セットアップに傾斜が付いていない」
等々・・・時代を感じる荒々しさ。
この荒々しさが、ドキドキに繋がっているわけだが・・・
今、これをプレイするのは危険を伴う!

ホッタイモイジンナ(新版)

評価:5/10

「空耳アワー」をゲーム化したようなゲーム。
同名同人ゲームを製品化。

ウクライナ語、ウルドゥー語、タイ語、テルグ語という馴染みのない言語を専用サイトから再生。
各自、どう聞こえたかを日本語で書いて、他の人と一致したら得点。

同人版よりも、日本語化しにくくて、盛り上がり辛いように感じたんだけど、たまたまかな?
もしくは、見た目をキチンと整えてしまうことで、B級感というか、バカらしさが無くなってしまったのかも・・・

ネプチューン

Neptun

評価:5/10

道順プロットって貿易航海。
デュルク・ヘン。

5枚の目的地を1枚ずつ選び取って、今回の道順を決定していく。
その後、カードプレイによって道順をなぞっていく。
上手くプロット通りに移動することで、得点源となるトラックを進めたり、交易の助けとなる金を得たりする。

航路決定パートは一捻り効いていて面白いのだが、その後の航海部分が単調。
まぁ、プロットの答え合わせみたいなもんなんで、これが正解といえば正解なんだけど・・・
「旅は計画している時が一番楽しい」って感想が出たけど、正に!

ナジャ

Naja

評価:5/10

蛇の形の駒で陣取り。
ネスターの2人用アブストラクト。

交互に自分の駒を置いていくだけ。

囲まれたエリアを形作っている駒の辺の数でマジョリティ勝負。
多い方がそのエリアを支配する。

ゲーム開始時から置かれている黄色の駒が肝。
この黄色駒を含むエリアは得点が得られないばかりか、-3点を負う。

駒が妙な形状なので、どう置けるのかパッとわからない・・・
ガチ度高めなので、アブストラクト好き向けかな。

ロガー

Logger

評価:5/10

林業テーマのアブストラクト。

自分の駒を2マスまで動かす。
移動後のマスと同じ行と同じ列の木が成長する。
3段まで成長している木が更に成長すると、周りに空きマスに1段の木が生まれる。
その後、「自駒の隣接マスに植林」するか「自駒の隣接の3段の木を伐採」するか、「任意のマスの3段の木をロック」を実行。

これを繰り返して、最初に10本伐採したプレイヤーの勝ち。

木の成長ルールのオリジナリティに加えて、木のロックだったり、連鎖伐採のルール、空きマスしか移動できないルールが効いていて、中々考えどころがあって面白い。
移動の自由度が低いので、多人数でもそこまでマルチ味は出ないんじゃないかな。(4人プレイだと流石に厳しいかもだけど・・・)

見た目のしょうも無さ感がすごいけど、システム自体は中々良いと思うよ。