Skip to content →

タグ: 5

ナイトクラブ

Spelunke

評価:5/10

ナイトクラブで客同士をマッチング。
ウヴェ。2005年。

基本は、神経衰弱なのだが、同じ客同士を組み合わせるだけじゃなくて、特定の組み合わせで特殊効果が生まれる。
組み合わせによって効果が異なるのだが、フレーバーと合っていて意外と覚えられる。
アル中の後にパンクがめくられると、乱闘が起こって、カードの位置が入れ替わる、とか。
ヒッピー同氏がめくらえると、タバコを吸いに行くので連続手番は出来ない、とか。

あと、普通の神経衰弱と違ってめくられる場所が6か所に限定されているので、記憶で疲弊することがないのも良い。

バーズ・オブ・フェザー

Birds of a Feather

評価:5/10

バードウォッチングがテーマのカードゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

手札12枚からカードを1枚ずつ同時出し。
マイシートを持っていて、自分が出したカードをチェックする。

その後、出したカードは内側の「前ラウンドエリア」に移動する。
2枚目のカードからは、「前ラウンドエリア」にある同じ色のカードもチェックすることが出来る。

これを繰り返して、より多くの鳥を見る(シートにチェックを付ける)ことで高得点を得られる。

何年か前に発売されたゲームの箱絵を変えて再販したみたい。
ウィングスパン」のヒットを受けての再販だろうか。

ハルンケン スペルンケン

Halunken & Spelunken

評価:5/10

移動というワンクッションを入れた「ハゲタカの餌食」。

各自が1~7とジョーカーを手札として持つ。
手札から1枚を同時プレイ。
プレイしたカードの数字分、自駒を移動して止まった場所のカードを獲得。
バッティングした場合、移動せずその場のカードを獲得。

他プレイヤーのいるマスに移動すると、そのプレイヤーからカードを奪える。

他プレイヤーの位置関係を見ての心理戦なのだが、ちょいややこしい。
カードプレイ前に盤面確認っていう工程が入るわけだが、それによる面白さが産まれていない!
心理戦はシンプルな方が良い!

セレス

Ceres

評価:5/10

準惑星セレスを舞台にした宇宙開拓。
キック発。Tabletopiaでプレイ。

ベースシステムはワーカープレイスメントだが、2種類のワーカープレイスメントを同時進行するのが特徴。

1つは、オーソドックスに自分のリーダー駒を盤面の共通アクションエリアに配置するタイプ。
もう1つは、盤面にある共有のワーカー駒を自分の前にあるカード上に配置するタイプ。

どちらも早くしないとエリアが埋まったり、ワーカーが尽きてしまったりするので、どちらを優先するか悩ましい。

自分の前にカードを並べてのエンジンビルド的要素もあったりする。

キックにしてはしっかり調整されている印象で、最後までダレずに遊べた。
でも、コレっていう特徴が無いのでヒットは難しいか・・・

ディスティルド

Distilled

評価:5/10

お酒作りテーマ。
キックスターター発。

見た目はごちゃっとしているが、場からカードを購入するだけのカードドラフト。

お酒づくりに必要な材料を集め、一山にしてシャッフル!
そこから2枚を手元に戻して、残ったカードでお酒を作る。

2枚抜かれるので、ある程度余裕を持ってカードを入れておかないと狙ったお酒が作れない。

お酒には何年か寝かせるタイプと、即販売できるタイプがある。
寝かせている間は倉庫を占有する上に収入を生み出さないので、そこら辺のバランス取りも重要。

あとは、永続能力カードだったり、早取りボーナスだったり、いつもの面々。
雰囲気作りは上手いけど、システム的な驚きは無いかな・・・

アホイ(レダーゲームズ)

Ahoy

評価:5/10

ヴァスト」「ルート」と、超非対称ゲームを作ってきたレダーゲームズの新作。

今作は非対称具合がマイルドになっている。
最大プレイ人数は4人で、そのうち2人はエリアマジョリティをし、残り2人はピック&デリバーをする。

ピック&デリバーをすればするほど、エリアの価値が上がっていき、それによってエリアマジョリティ組のエリア濃淡が出来るようになっている。

「ヴァスト」や「ルート」と違って、手番でやることは大体同じ。
ラウンド開始時に振った自分のダイスを、マイボード上に配置して対応するアクションをするだけ。
アクションの種類も7割方同じ。
インストは他2作と比べたら、だいぶ楽。

「クロマグロ中隊」は手数の多さと攻撃力でゴリ押ししていくパワー型。
それに対する「軟体動物連合」は特殊カードを上手くつかってマジョリティを取りに行くテクニック型。
後の2人は全く同じ能力の「密輸業者」。
ただひたすらに商品を運び続けるのだが、運んだカードが「クロマグロ中隊」か「軟体動物連合」の株券みたいな扱いになるので、状況次第では戦闘で一方を応援することも大事になってくる。

1時間ぐらいで終わるので、非対称ゲームの導入には良さそう。
でも、遊びやすくまとめた分、衝撃も薄いかも・・・

個人的には、もっとユーロ寄りの超非対称ゲームを待ち望んでるんだけどな・・・

翠色の習作

A Study in Emerald

評価:5/10

シャーロックホームズとクトゥルフが共存する不思議な世界観の同名小説のボードゲーム。
ワレス作。

クトゥルフ陣営と人間陣営に分かれる正体隠匿ゲームだが、勝敗は個人戦。
最下位のプレイヤーと同陣営のプレイヤーはマイナス点を被るので、程よく連帯感が生まれ、陣営に人数差が出ても成立するようになっている。上手いデザイン。

メインシステムはデッキビルド。
カードを獲得したり、モンスターを倒したり、他プレイヤーの駒を除去したりすることが主な目的となるのだが、それらの行動をするにはエリアでマジョリティを取っていないければならない。
なので、クトゥルフ系ゲームにありがちな「とんでもカードがいきなりドン!」ってことにはならない。

と、メインシステムはしっかりしているのだが、ワレス特有の枝葉の粗さは今作にも健在。
各エリアのカードの登場順が陣営の有利不利に大きく影響しそうな気がする・・・
まぁ、パーティー寄りのゲームと捉えれば許容範囲なのかな?

魅力はあるゲームなので、リプレイしてみたい。

ボス・クエスト

Boss Quest

評価:5/10

特殊効果ありの「ブラックジャック」。
BGAでプレイ。

敵の数値が目標値。
手番で出来ることも「ブラックジャック」と同じで、カードを追加するか、追加せずにカードを確定させるか。

確定時に場に並んでいる魔法カード1枚選んで使用するか捨て札にすることができる。

この魔法効果が曲者。
「敵の数値を調整する」「任意のプレイヤーの数値を調整する」「緑のカードを持っていないと戦いに参加できない」「2位が勝つ」等々。

魔法カードはラウンド開始時にプレイヤー人数分出るのだが、そのうち1枚は裏向き。
裏向きのカードは内容を見ずに使用するか捨て札にするかを選ばないとダメなので、最後の最後にドンデン返しが起こることになる。

BGAだと、そこら辺の処理が一瞬で終わっちゃうので、情緒がないというか、盛り上がりにかけるところはあるが・・・
実際に遊んだらもっと盛り上がるだろう。

フォーク

FORK

評価:5/10

食物連鎖でカードを取り合うトリックテイキング。
「アール・デッコ」や「マカロン」のデザイナー。
Tabletopiaでプレイ。

4スート、1~8。1だけ5枚ずつある。
あと、キツネ(9)を各自1枚ずつ持つ。

マストフォローなのだが、カードの出し方もカードの取り方も特殊。
リードプレイヤーがリードスートを指定する。
そのうえで、リードプレイヤーから順番にマストフォローでカードを出していく。
カードを出すときに、1のみ表向き、他は裏向きで出す。

全員がカードを出したら、全てのカードをオープンして勝敗判定。
フォローしたカードの中で一番数字が高いカードから動いていく。
キツネ(9)はフクロウ(8)かウサギ(2~7)を1枚獲得できる。
フクロウはウサギを1枚獲得できる。
ウサギ(2~7)はケール(1)を1枚獲得できる。
ケール(1)は自分自身を獲得できる。
自分が動く前に他のプレイヤーに獲得されたカードは動けないので、他プレイヤーに取られないように、自分が他プレイヤーのカードを取れるように考えてカードを出していく。

あと、リードプレイヤーは常に時計回りで移る。

カードを裏向きで出すので心理戦のウェイトが大きいが、トリテ的な思考を踏まえての心理戦になるのが中々面白い。

27番目の乗客:狩猟列車

27th Passenger: A Hunt On Rails

評価:5/10

推理+バッティング。 

匂い(芳香、普通、悪臭)、
見た目(フォーマル、カジュアル、奇抜)、
声(優しい声、金切り声、深い声)
という3種類の特徴を持った27人のキャラクター。
それらのなかから1キャラを担当しつつ、他のプレイヤーのキャラクターを推理して殺す!

推理と書いたが、このゲームの推理は簡単。
1人を指定して、匂いか、見た目か、声を教えてもらえる。
つまり同じ人に3回質問したキャラクターが確定する。
しかも、誰にも割り当てられていないキャラクターの情報が次々と公開されるので、バンバンわかってくる。

推理よりも、アクションにバッティング的な要素があるので、そこでの読み合いだったり、誰が誰の情報を握っているかのマルチ的な縛り合いが発生する。

あと回答方法もちょっと変わっていて
「○○さんのキャラクターは●●!」って言うんじゃなくて、
「この中にキャラクター●●が居る!」って言う。
指定されたキャラクターを持っているプレイヤーは脱落!
流れ弾に当たって死んじゃうこともある。

なんとも雑だが、推理ゲームにしては短時間なので許せる。

情報がバシバシ出てくるので、詰めて詰めて確信を持って殺しに行くよりも、ある程度絞れたらエイヤッと行かないとダメそう。
真の推理好きには合わないかもしれないけど、軽いノリで遊ぶのは良さそう。