Skip to content →

タグ: boardgame

ザ・カカポ バディ&パーティ

The Kakapo : Buddy & Party

評価:5/10

ザ・クルー」にタイルパズル要素をプラス。
ゲームマーケット新作。

全員協力してタイルパズルを完成させる。

1~8,5スート。
マストフォロー切り札有り。
切り札は毎トリック変わって、前トリックの勝利札スート。

勝者は、自分が出したカードに示されたタイルを盤面に配置する。
基本的にどこにおいても良いのだが、同じ色のタイルは隣接禁止。

これを繰り返して、鳥タイルを規定数、囲むことが出来れば勝ち。

「ザ・クルー」と似た感じだが、交信チップのような物が無く、意思疎通はタイルの置き方で表現しなければならない。
トリックテイキングのレベルが同じぐらいのメンバーを揃えるだけでも大変なのに、タイルパズルのレベルも同じぐらいのメンバーを揃えなければならず、なかなか出しどころが難しいゲームだ。

エイピアリー

Apiary

評価:4/10

人類滅亡後、ミツバチが地球を支配し更に宇宙進出する。
ウィングスパン」のドラゴン版「ワームスパン」のデザイナー。
Tabletop Simulatorでプレイ。

基本システムはワーカープレイスメントだが、アクションエリアに既にワーカーがいても押し出して置ける。
押し出されたワーカーは強さが1つ上がり再利用できるようになる。
強さが4のワーカーが押し出されると、そのワーカーは死亡しボーナスが貰える。
「村の人生」みたいなシステム。

開拓でリソースを獲得し、そのリソースでタイルを購入しマイボード上に配置し拡大していく。

それなりにボリュームがあるゲームなのだが、全ての要素が知っている味!
各要素のリンクにも感心する部分は無いし、タイル能力やカード能力の強弱も激しそう・・・

トーネードスプラッシュ2

Tornado Splash 2

評価:5/10

ボートレースがテーマの同人ゲーム。

ボートレースというと「パワーボート」を思い出すが、今作はカードプレイでボートの曲がりにくさを表現している。

自駒の前に手札からカードを配置して、そのカードに沿って自駒を動かす。
毎手番移動できる歩数は3歩固定。
なので、マス間の距離が広い方がスピードが速いことになる。
が、そういうカードは次のカードの配置で少ししか曲げられない!

アナログゲームならではの方法で面白さを生み出していて見事!
でも、序盤に出遅れると逆転不可能な感じはある・・・
そこらへんも実際のボートレースを再現してるってことかな?

四国1889

Shikoku 1889

評価:6/10

「シャドウハンターズ」デザイナーの作った「18xx」。
長らく絶版状態だったが、綺麗になって再販。

初心者に最適と評されているが、確かにマップが狭く状況把握がしやすい!
金回りも良くて、展開も早いように感じた。
線路タイルの数も少ないので、それを使った絞りもあるのかもしれない。

「18xx」に関してそこまで語れる素養も無いので、この辺で失礼させていただきます・・・

ムレム

MLEM: Die Astrokatzen

評価:5/10

全員が同じロケットに乗って、遠くの惑星を目指す。
クニツィアの作った「クラウド9」。
BGAでプレイ。

1人がキャプテンになって、他のプレイヤーはいつ降りるか判断!ってのいうのは同じ。
カードを持っているかどうかのブラフ要素は無くなり、純粋にダイスロールでバーストするか否かに賭ける感じになっている。
マスごとに使えるダイス目が記されていて、使えるダイス目が一個も出なかったらバースト!
使えるダイス目が出たら、使う目を選んで、その目のダイス全てを消費して、出目合計だけ前進する。

これだけだと、全員フラットで面白く無いので、乗組員毎に特殊能力を持っている。
キャプテンから順番にどの乗組員を乗せるかを決めていくので、キャプテンがやる気ありそうなら、相乗りで良い乗組員を乗せたり、逆に妨害しやすい乗組員を乗せたりする。

「クラウド9」よりも起伏があって面白い!
が、個人的にダイスバーストは苦手なジャンルなので、この評価。
オンラインだとダイスロールが素っ気ないのもマイナスに働いたかも・・・

エスケーププラン

Escape Plan

評価:5/10

銀行強盗成功後、警察の追跡を搔い潜り町から脱出。
ラセルダ作。2019年。

ラウンド毎に拡張していくマップ。
3移動ポイント使って移動して、移動先の建物に応じたボーナスを得る。
隠しておいた金を回収したり、商店の金庫を開けたり、ギャングの助けを借りたり・・・

盤面には大量の警察駒があり、そこを移動するときはダメージ。
上手く迂回しながら、最適なルートを探していく。

ラセルダにしては、ルール量は少ないし、プレイ時間も短め。
全体的にテーマ重視で、装備を買いそろえて、敵をよけながらおつかいして・・・と、ひと昔前のゲームっぽいが、各要素はそれなりに複雑。
ラセルダが作ったパーティージョイって感じのゲーム。

トレパネーション

Trepanation

評価:4/10

昔のインチキ医療パフォーマンスがテーマ。

思った以上にオーソドックスなワーカープレイスメント。

折角、時間ごとに行動をプロットする計画性を求めるようなゲームデザインであるにもかかわらず、他プレイヤーから資源を奪ったり、目標カードを流すアクションがあったり・・・計画を台無しにしてくる・・・
この調整はちょっとイジワル過ぎる気がするが・・・そこら辺のワーキャーを楽しめってことだろうか。

一風変わったテーマを楽しむのが主題のゲームかもね。

ピーズ

PEAS

評価:5/10

2人用の「落水邸物語」風プロット式トリックテイキング。

1~6、4スート。
手札10枚ずつでウィドウ4枚。

場に得失点カードが10枚並んでいて、一番左のカードが1トリック目、一番右が10トリック目を表していて、これを取り合う。

順番に好きな得失点カードの自分側にカードを置いていき、最終的に左からマストフォロー切り札無しのルールで勝敗判定していく。
既に相手がカードを置いている得失点カードにカードを置く場合は、マストフォローのルールに従って配置しなければならない。

本当に、「落水邸物語」をすごいシンプルにして2人用にしたようなゲーム。
初回は非常に悩ましいプレイ感で楽しめるが、戦略の狭いゲームのように感じた。
基本的に先手不利だとは思うが、序盤に失点が多いセットアップだと、さらに先手不利。
序盤に得点が多いと先手有利に寄る感じで、これがかなり勝敗に影響するように感じた。

得点形式なり、手番順なりに一工夫を入れることで化けそうな気もする。

トラムウェイズ

Tramways

評価:6/10

デッキビルド&ピック&デリバー。
クリニック」のデザイナー。

線路を敷いて、乗客を運んでお金や幸福度(勝利点)を稼ぐ。
5種類のアクションからいずれかを実行するのだが、どのアクションを実行するにしても手札からカードを使う必要がある。
対応するアクションアイコンが必要なのはもちろんなのだが、対象となるマスや建物のアイコンも合わせてプレイしなければならないのが特徴。
デッキビルドによって、得意な建物や地域が決まっていくようになっている。

そのデッキビルドや線路によるネットワーク構築も、もちろん面白いのだが、一番衝撃を受けたのは手番順の競りシステム。
詳細は割愛するが、競り負けても全額支払う必要があるうえに、思い切った入札をしたときに上回られると悲惨な状況になる・・・
時代的には、とにかく脱落が無いようにセーフティーを付ける流れなのに、その真逆を行く厳しい競りシステム。

変わったシステムなので万人受けはしないだろうが、随所に独自性があって面白かった。

プトレミー

Ptolemy

評価:6/10

惑星がテーマの2人用クライミングゲーム。
ジキル vs ハイド」のデザイナー。

5スート、5枚ずつ。
ランクの構成はスートごとに異なる。

交互にカードを出していき、前のカード以上のカードを出さないとダメなのだが、強さがカードに書かれた数字ではない。
カードに書かれた数字だけ駒を時計回りに動かし、着地したマスの数字が強さとなる。
さらに、どちらかがパスするまで、出されたスートを出してはイケナイ。

最初遊んだときは、何かあるような無いような・・・
なんとも掴みきれないプレイ感で、評価保留状態だったのだが、新たに上級ルールが追加されたということで遊びなおしてみた。

上級ルールは、先手8枚、後手7枚で、残りを山札とする。
パスしたプレイヤーは1枚ドローする。
また、直前と同じスートを出すことが出来(集中研究)、そのトリック中、そのスートしか出せなくなり、さらに強さを上げるのではなく下げなければダメになる。
さらにさらに、パスした際のドローが2枚に増える。

ルールを聞いた感じだと「途中でドローするの?マストノットフォローの縛りも無くなるの?わけわからなくなりそう!」と思ったのだが、意外や意外、慣れるとこっちの方が面白い!
ウィドウが無くなるので、カウンティングの意味は増すし、集中研究のルールにより、駒の周回の意味のバリエーションが増え、どのカードにも使い道が出てくる!

基本ゲームで「?」となった人も、今一度、上級ルールで遊びなおしてみてほしい。
(上級ルールはホームページで公開されていて、前バージョンのコンポーネントでも遊べるよ)