Skip to content →

タグ: boardgame

アルモニア

Armonia

評価:4/10

サガニ」と世界観を共有したダイスゲーム。
ゲームとしては全くの別物。
ウヴェのエッセン新作。

7つのダイスをヤッツィーロール。
同じ目を2つ以上揃えて対応するコース上の自駒を進められる。
一番右のマスまで進めると、横に置かれている寺院カードがめくられる。
寺院カードにはテトリス的な形状が描かれている。
ここに駒を進めるにはダイス結果がその形状になっている必要がある。

各コース、2枚の寺院カードがセットされていて、2枚とも通過できれば本当のゴール。
先に4駒ゴールできたプレイヤーの勝ち。

同じくエッセン新作の「チューリップマニア」同様、ほとんど捻りの無いダイスゲーム・・・
「チューリップマニア」よりは工夫がみられるが・・・それにしても単純すぎる・・・
重量級ウヴェファンが間違えて買うと大惨事だよ。

ローディング

Loading

評価:6/10

リアルタイムでカードピック。
ヤマタイ」デザイナー新作。

1~64のカードをシャッフルして(プレイヤー人数ー1)の山にわける。
1人1山持って、山が貰えなかったプレイヤーはテーブル中央に手を出しておく。

「3,2,1、ローディング!」の掛け声で全員一斉に自分のカードを見て1枚取って自分の前に置く。
そして、残りのカードをテーブル中央に手を出しているプレイヤーに渡して、今度は自分が手を出す。

自分の前にカードを置く時は昇順で置いていく。
他プレイヤーの前にもカードを置くことができ、その場合は「直前のカードの1大きいカード」を置かなければならない。
そうした場合、バッテリーカード(3点分)を奪うことが出来る。

そろそろ潮時かな?と思ったら、持っている山をゲームから除外して、終了カードを取ってゲームから抜ける。
規定人数が抜けたらゲーム終了。
自分の前に積み重なったカードとバッテリーカードと終了カードの得点を合計して勝者を決める。

世話しなくてバカバカしいゲームなんだけど、一瞬戦略めいたものが見えたりする。
多分、気のせいなんだけど・・・

タケ

TA-KE

評価:4/10

日本がテーマの二人用ゲーム。
エルガウチョ」のデザイナー。

中央に5山並んだチップスタックから1枚ずつ獲得していく。
取ったチップの下から現れたチップの種類で得点計算が発生。

得点は、(中央の山に見えているその種類のチップの数)×(自分の獲得したそのチップの数)。
得点計算はどちらの手番であっても両方のプレイヤーに対して発生する。

あと、獲得したチップを消費することで特殊能力を使えたりする。

ルールにおかしな部分は無いのだが、いかんせんプレイ感が地味・・・
双方に対して得点計算が発生するので、大きな差が付きづらく徐々に点差が開いていく感じになる。

繰り返して遊ぶと味が出てきそうな気もするが・・・初回の退屈さに挫けてしまった。

カメレオン

The Chameleon

評価:6/10

みんながお題を知っている中、一人だけお題を知らないのを隠し通すゲーム。
「エセ芸術家ニューヨークへ行く」「スパイフォール」系ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

場には単語が16個描かれたお題カードが公開される。
プレイヤーには、今回のお題単語を特定できるカードが配られるのだが、一人だけ「カメレオン」と書かれたカードが配られる。

各プレイヤーが1つずつヒントとなる単語を言っていく。
相談後にカメレオンと思うプレイヤーの投票をしてカメレオン以外が最多だとカメレオンの勝利。
カメレオンが最多だった場合、カメレオンがお題を当てることが出来ればカメレオンの逆転勝利。

同系統ゲームと同じく安定して楽しめるパーティーゲーム。
16個の単語が公開されているのでカメレオン役の推理しがいがある。

消されたメッセージ

Last Message

評価:6/10

一部消されたダイニングゲームから犯人捜し。
新作パーティーゲーム。

1人が犯人役、1人が被害者役、他のプレイヤーが捜査官役となる。

「ウォーリーを探せ」風のイラスト。
犯人役は、そこから犯人となる人物を1人決める。
被害者は犯人が誰か伝える為のヒントをイラストや文字を使って描く。
犯人役はそのヒントの重要と思う部分を消す。
捜査班役は一部が消されたヒントを見て犯人を推理する。

文字も使えるのでヒントの制限は少なめ。丁寧に描けば導きは簡単なのだが・・・
ヒントを描く時間が30秒と短い!
消されるからと言って同じことを2つ以上描くことも禁止!

描いた人と消した人、2人の人間の思考を読むっていうのがゲームに深みを与えていて、
ワンランク上のパーティーゲームに仕上がっている。

トランスシベリアン・レイルロード

Trans-Siberian Railroad

評価:5/10

シベリア鉄道が舞台の1時間級鉄道ゲーム。
アイリッシュゲージ」「イベリアンゲージ」のデザイナー。
Tabletop Simulatorでプレイ。

手番でやることはシンプルで「株を買う」or「線路を敷く」or「パス」のいずれか。
線路を敷くことで配当額や株価が上昇する。
「株を2つ買う」「線路を2つ敷く」「外国に接続する」等の派手なアクションをしたり「パス」することでタイミングトラックが進み、これが5まで進むと配当。

特徴が鉄道の国有化。
いずれかの会社の株価が規定値を超えると、鉄道の国有化が開始される。
株価が国鉄コマ未満の会社は国有化されてしまい、株券は紙切れになってしまう・・・(最後のお情け配当はあるが・・・)
国鉄の力が加速度的に増えていくので、最終的にほぼすべての会社が国有化されてしまう。

このデザイナーの他のゲームと同様、ルールはシンプルだけどプレイングの難しい玄人向けゲーム。
ゲーム終了後に感想戦は盛り上がるが、それを踏まえて「もう一戦!」とならないのは我々の鉄道愛が足りないのが要因か?

ビヨンド・ザ・サン

Beyond the Sun

評価:6/10

汚染された地球を捨て他の惑星への移住する人類。
Tabletop Simulatorでプレイ。

一見複雑そうに見えるが、意外と構造はシンプル。

手番では、各自1つだけ持つワーカーを移動させて、そこのアクションを実行。
その後、3種類の収入のいずれかを選んで獲得。

リソースは大きくわけると人と鉱石の2種類だけだし、やることもおおざっぱに分けると研究か入植の2種類。

テックツリーをプレイヤー達で作り上げていくのと、研究者、入植者、宇宙船というリソースを同じダイスで表現しているのが今作の特徴。
特にダイスでリソースを表現しているのは、限られた人口をどう振り分けるかを上手く表現できていて、ゲーム展開に面白い効果を生み出している。

かなり良く出来ているゲームだが、個人的には都度都度めくられるカードに若干カオスを感じる・・・
その分、争いがあってもそこまで被害が大きくないソロ寄りに調整しているのにはデザイナーの技量を感じる。

ヒバチ

Hibachi

評価:6/10

「サフラニート」のリメイク。
スパイスの調合から鉄板料理にテーマチェンジ。

ルールに1つ大きな変更がある。
どの皿にも載らなかったチップ毎に「唐辛子」カードが貰える。
「唐辛子」2枚で任意の食材1枚分となる。

「サフラニート」では何も取れないラウンドのやるせなさがあったが、それが軽減されて良い変更じゃ無いでしょうか。

3枚達成で勝利なのだが、2枚達成したあたりで「ちょっと長いな・・・」と評価が下がりかけたところで「お金が無い!売る必要が!」の気づきで評価がV字回復するのも「サフラニート」と同じ流れだった。

グルーミー・グレーブズ

Gloomy graves

評価:7/10

ファンタジー世界で墓堀人となって墓を掘る。
「もっとホイップを」「パンドリア」のジェフリー・アラーズ新作。

ドミノ風カードを配置して同じ色のグループを大きくすることで得点していく。
このゲームは、共通墓場と個人墓場、2つの場があることが特徴。
手番では各墓場に1枚ずつカードをプレイする。
そして、2つの墓場のグループを合算して得点化していく。

共通墓場のトレンドを見つつ、個人墓場をそれに合わせるか、逆を行って他プレイヤーを出し抜くか・・・

各プレイヤー各色1回ずつしか得点出来ない制限、チケライ式の手札補充、手札4枚場札3枚という程よい運と計画性、共通墓場への配置制限による盤面の固定化、等々・・・
細かい調整が好みにドンピシャ!

妙なテーマとイラストで間口を狭めているのがもったいない・・・

マグナ・ローマ

Magna Roma

評価:4/10

箱庭タイル配置ゲーム。
新人デザイナー。Tabletopiaでプレイ。

1枚ずつタイルを取って、自分の前に配置して都市を作っていく。
タイルの4辺に〇、◇、□のシンボル半分が描かれていて、2つのタイルが接することでシンボルが完成する。
このシンボルの組み合わせに応じて、お金や人駒が手に入ったり、軍事や経済トラックが上がったりする。

全員がタイルを5×5になるように置かれるとゲーム終了。
お金や人駒で獲得できる建物や、軍事力による領地の得点、ステータストラックの得点で勝敗判定。

至って普通なルールなのだが、とにかく冗長。
基本的にソロプレイパズルなのだが、手番制なのでダウンタイムがエグい・・・
工夫すれば同時処理にできそうなのだが、軍事部分に早取り要素があって且つ勝敗を別ける一番重要な部分となっていて、たちが悪い。
あと、無駄にラウンド数が長い・・・
キックのゲームによくある「結局みんな全部やり切れちゃう」ゲーム。