Skip to content →

メキシカン スタンドオフ

評価:4/10

「リカーーーリング」の影響を受けてそうなカードゲーム。

エッセン新作。

1は1枚、2は2枚・・・10が10枚っていう「ペアーズ」的なカード構成。

数値は小さい方が強いが、複数枚同じカードを出した場合は枚数が多い方が勝つ。

手番では「任意の1枚を出す」「任意の1枚+同数複数枚出し」「パス」のいずれかを行う。

複数枚出しの際に、複数枚出しのカードとは別に1枚出さなければならず、それは複数枚のカードとは別じゃないとダメっていうのがミソか・・・

あと、複数枚出しの枚数は1枚ずつしか増やせないっていうのも「リカーーーリング」っぽい。

ただ、手札は循環しない。

最後まで残ったプレイヤーが、出たカードを総取りなのだが、「パス」があるので、プレイヤーによってプレイ枚数が変わってくる。

その差分を手札から渡さないとイケナイので、手札枚数は常に全員同じになるようになっている。

競り合いだすと競り負けたプレイヤーはおろか、他プレイヤーも、とばっちりを食らう。

ルールの端々に「リカーーーリング」を感じるが、プレイ感は別物。

配られた手札から、自分の最強の役をいつ出すかっていうシンプルな思考。

ルールを変にこねてるけど、それによる深みは生み出せていない印象。

Published in ボードゲーム