Skip to content →

タグ: 4

竜の議会

A Conclave of Wyrms

評価:4/10

ファンタジーテーマのトリックテイキング。

マストフォロー切り札有り。
ウィザード的最強カードとジェスター的最弱カード。
最低ランクと最高ランクが同時に出たら最低が勝つ。
トリックを無かったものにする棲み処カード。
等々・・・

最初に取るトリックを同時ビッド。
これが当たると50点。
他に同スート「1、2、3」、「4、5、6」、「7、8、9」のセットコレクション得点。
ジェスター全て集めるセットコレクション。
棲み処カードでトリックが流れるので、セットコレクションを揃えるのは困難。
見た目よりも地味な展開になりがち。

このゲームの特徴となっている部分が面白さにつながっていない印象。
特に棲み処によるトリック流しが解せない。

カステッルム:マーストリヒト

Castellum: Maastricht

評価:4/10

オランダのマーストリヒトという都市の防衛の歴史。
新人デザイナー。

基本システムはワーカープレイスメント。
と言っても、アクションの種類は大したことなくて大別すると「カード獲得」と「資源獲得」の2種類。
資源を消費してカードを獲得して自分の防御力を高めていく。

その後、各プレイヤーに敵カードを配り、自分か他プレイヤーに配置してく。
1つの場所に1枚ずつしかカードを配置出来ないので、他プレイヤーに強い敵を置いたり、防御力が高いところに弱い敵を置いて防御力を無駄にさせたりする。

防衛出来た数が多ければ報酬が貰えるのだが、基本的に全員が貰えるので特に意識することは無かった。

全く見る部分が無い・・・
歴史を知ってほしかったのだろうか。

フン族

Huns

評価:4/10

フン族の長となることを目指す。
フランス人デザイナーのゲーム。

5色のダイスと5色のカードデッキ。
スタートプレイヤーが5色のダイスを振って、各自が1個ずつ順番にピックしていく。

ピックしたダイスの目Xで「その色のキューブをX個獲得する」か「その色のカードをX枚引いてそこから1枚を手に入れる」。
キューブは、自分の荷車に積み込んで全て埋まると得点。
カードは、永続効果や1回だけの効果等々のテキスト効果を持っている。

オールユニークのテキストカードばっかりなので、さぞ派手な展開かと思ったのだが、めちゃくちゃ地味!
ずっこけるぐらい地味!
カード取らずに普通にキューブ埋めてるだけで勝てる可能性があるぐらい地味。

カードテキスト好きにも、渋ゲー好きにもハマらない、どこがターゲットなのか・・・
謎なゲームだ。

クアドラム

Quadrum

評価:4/10

辺のマークが合うように配置していく。
運要素の無い二人用アブストラクト。

互いの手札は公開。
1枚ずつカードを配置していくのだが、辺のマークが一致しないと置けない。
2辺以上が接するようにカードを配置出来たら連続手番。
そこまで深みは無いように感じた。

デ・ステジル~アートとスタイルのゲーム~

De Stijl

評価:4/10

タイルカード配置パズル。

3×3のマスが描かれたカードを配置していく。
各プレイヤーには色が割り当てられていて、その色のグループを形作ることで得点を得ていく。
最終的に1グループにつき1点になるので、できるだけ小さいグループを点在させることを目指す。
これとは相反するボーナスがあって、一番大きなグループのプレイヤーは4点、2位は2点を得られる。

配置にもルールがあって、「必ず既存のカードを2~4マス覆う形で配置しなければならない」。
このルールによって、中央付近のマスは上書き不可能で確定されていき、逆に周辺のマスは容易に上書きされるようになっている。

パズルゲームとして中々面白いのだが、3人以上で遊ぶ場合、終盤までは互いにバランスを取っていくので接戦になり、最後の一手で勝負が決まる気がする・・・
それを避けるには二人で遊ぶしか無さそうだ。

サキュレント

Succulent

評価:4/10

タイル配置でガーデニング。
「ゴールド・ウェスト」デザイナーの新作。

手番では、
タイルを配置して花駒を集めるか、
ワーカーを配置してタイルを獲得するかの2択。

花駒のセットコレクションでカードを獲得して得点と言う流れ。
タイル配置によって花駒以外に水駒が手に入って、これを複数個使うことで花駒として使うことも可能。

至って普通なルールで、遊んでみても至って普通。
特徴を付けようとした部分が、面白さに結びついていない気がした。

ミッドナイト・エクスチェンジ

Midnight Exchange

評価:4/10

泥棒となって盗んだ品を芸術品にエクスチェンジ!
「ドラゴミノ」でカタラと組んでいたデザイナーコンビのエッセン新作。

リアルタイムタイル集め。
「よーいスタート!」でテーブル上のタイルをどんどん見て獲得していく。
最初は、裏面が「ガレージ」のタイルしか取れず、「鉄の鍵」を見つけると「書斎」のタイルを取れるように、「真鍮の鍵」を見つけると「金庫」のタイルを取れるようになる。

気がすんだら一番小さい数字の扉タイルを取って抜ける。

その後、扉タイルの小さい順にブラックマーケットで盗んだ品を芸術品に変えていく。
セットコレクション要素有り。

鍵の部分が工夫と言えば工夫だけど、平凡すぎる・・・

大猟

Fette Beute

評価:4/10

カード2枚プロットで餌の奪い合い。
アミーゴの新作。
Tabletopiaでプレイ。

各自が同じ構成の動物カードセットを持つ。
ここから2枚を伏せて出し、順番に1枚ずつ公開して、その効果を発動していく。

カード効果は
・食料カードを山から1枚獲得
・食料カードを他プレイヤーから1枚奪う
・1枚奪いを防御
・1枚目をコピー
・1人だけ出すことが出来れば食料カード3枚ドロー、2人以上出したら出さなかったプレイヤーが1枚ドロー

最初に同じ種類の食べ物を5枚揃えたら勝ち。

大体3ラウンド目か4ラウンド目が肝となるので、それまでにリーチを作っておいて、かつ先手番でないと勝ち目はない。
ちなみに、手番順はラウンド毎に自動で回るタイプだ。
その勝機をつかめたら、心理戦2択に勝つか負けるか。
もしくは、その前のラッキードローであっさり勝負が決するか・・・

浅い・・・

ノヴゴロド

Novgorod

評価:4/10

カードだけでピック&デリバーを表現。
「アークライト」や「ジェンテス」デザイナーのエッセン新作。

テーブルにカードを並べてマップを形成。
各都市からカードを手札に入れることが、その都市への通行許可となり、商品の積み込みや、上位商品への加工ができるようになる。

わかってしまえばゲームルール自体はそこまで複雑ではないのだが、カードだけですべてを表現しているので手続きが強烈にわかりにくい!
その上、カードだけで表現していることによるゲームの面白さに対するメリットは一切ない!

新作が出るとツイツイ購入しちゃうデザイナーなんだけど、個人的にはハズレ率が高い・・・だけど買っちゃう・・・変な魅力。
今作は流石に駄作と言わざるを得ない・・・

ミニスキュル

Minuscule

評価:4/10

お手軽正体隠匿レース。

最初に配られる正体カード2枚の虫をより前に進めて終えることを目指す。

手札は5枚。
1枚ずつプレイして虫の順位をゴネゴネ。
カード補充はないので、5周したらゲーム終了。
その時点の順位で得点が決まる。

今回6人プレイだったので、1周する間に状況が変わりすぎるのでコントロールは不可。
少人数だと若干の心理戦があるのかもね・・・