Skip to content →

タグ: 4

大猟

Fette Beute

評価:4/10

カード2枚プロットで餌の奪い合い。
アミーゴの新作。
Tabletopiaでプレイ。

各自が同じ構成の動物カードセットを持つ。
ここから2枚を伏せて出し、順番に1枚ずつ公開して、その効果を発動していく。

カード効果は
・食料カードを山から1枚獲得
・食料カードを他プレイヤーから1枚奪う
・1枚奪いを防御
・1枚目をコピー
・1人だけ出すことが出来れば食料カード3枚ドロー、2人以上出したら出さなかったプレイヤーが1枚ドロー

最初に同じ種類の食べ物を5枚揃えたら勝ち。

大体3ラウンド目か4ラウンド目が肝となるので、それまでにリーチを作っておいて、かつ先手番でないと勝ち目はない。
ちなみに、手番順はラウンド毎に自動で回るタイプだ。
その勝機をつかめたら、心理戦2択に勝つか負けるか。
もしくは、その前のラッキードローであっさり勝負が決するか・・・

浅い・・・

ノヴゴロド

Novgorod

評価:4/10

カードだけでピック&デリバーを表現。
「アークライト」や「ジェンテス」デザイナーのエッセン新作。

テーブルにカードを並べてマップを形成。
各都市からカードを手札に入れることが、その都市への通行許可となり、商品の積み込みや、上位商品への加工ができるようになる。

わかってしまえばゲームルール自体はそこまで複雑ではないのだが、カードだけですべてを表現しているので手続きが強烈にわかりにくい!
その上、カードだけで表現していることによるゲームの面白さに対するメリットは一切ない!

新作が出るとツイツイ購入しちゃうデザイナーなんだけど、個人的にはハズレ率が高い・・・だけど買っちゃう・・・変な魅力。
今作は流石に駄作と言わざるを得ない・・・

ミニスキュル

Minuscule

評価:4/10

お手軽正体隠匿レース。

最初に配られる正体カード2枚の虫をより前に進めて終えることを目指す。

手札は5枚。
1枚ずつプレイして虫の順位をゴネゴネ。
カード補充はないので、5周したらゲーム終了。
その時点の順位で得点が決まる。

今回6人プレイだったので、1周する間に状況が変わりすぎるのでコントロールは不可。
少人数だと若干の心理戦があるのかもね・・・

馬鹿から大統領に

From Idiot to President

評価:4/10

アメリカの大統領選。
「フォーラムロマーナムの商人」のイゼンゼー作。

タイトルや箱絵(金髪の鷲)からトランプ批判のゲームだろう。
一応、システム的にも見る部分が無くは無いが・・・
ほぼ点数丸見えのマジョリティ争いなので、最終ラウンドの最後手番が非常に有利。
ラウンド毎にスタートプレイヤーは左隣に回るだけなので、最初から誰がその超有利プレイヤーなのかわかっている。
なので、途中でその超有利プレイヤーを潰せば良いわけだが、あんまり気分が良いものでは無い・・・
完全に全員でバランスを取ると最初に配られる秘密のボーナスカードの差がものを言うことになるし・・・なんともかんとも。

12王国の玉座

King of 12

評価:4/10

バッティングキャンセルだらけのカードゲーム。
エッセン新作。

各自が12面ダイスを振って、一番大きな目の人が2点、2番が1点。
判定の前に全員同時カードプレイ。
ダイス目を変えたり、結果数値を増減させたり、勝敗判定を逆にしたり。
ただし、同じカードがバッティングすると双方キャンセルされてしまう。

数値判定も同値がキャンセルされてしまう。
更に、ラウンド終了時の得点も同値だとキャンセルされてしまう!

全員が同じカードセットをもって始めるので相手の思考を読み合うわけだが、全員が2段階ぐらい読み合うので思いもよらないバッティングがあって、まぁ思い通りにならない。
このはちゃめちゃなプレイ感が「楽しい!」となるか、「何これ・・・」となるかで評価がわかれるんだろうな。

レッドアウトポスト

Red Outpost

評価:4/10

米ソ宇宙開発競争はアポロ11号の月面着陸で終止符が打たれた・・・
と思われたが、ソ連は裏で宇宙開発を続けていて、惑星への移住が完了していた。
という魅力的なテーマのゲーム。

基本は、ワーカープレイスメント(ムーブメント)なのだが駒が全員共通。
6色のワーカーがあり、いずれか1つを移動させて倒してアクションを行う。
移動させたワーカーに対して影響力が上昇し、決算時にこの影響力が一番大きいプレイヤーが得点を得る。(場合によっては失う)

興味深いシステムなのだが、アクションに「任意の」得点や影響力の上げ下げが多くて嫌いなタイプのインタラクション。
「最前手はコレだが目立つと攻撃されるから、そこそこの手にしておくか・・・」みたいな思考になるのはどうも苦手・・・

「目立つことは許されない」っていうのが共産主義を表してるのか?って話になった・・・

ぼくちく!!

評価:4/10

めくったカードの動物の取り合い。
ダイソーの100円ボードゲーム。

個人山札から1枚を同時にめくって、自分のカードに示された動物の駒を奪い合い。

バッティングしようがしまいが関係なく早く取れば良いだけ!

バッティングが起こったら、今回誰もめくっていない動物の駒を取るぐらいのひねりはあって良かったんじゃないだろうか。

京都議定書

Kyoto

評価:4/10

大気汚染、温暖化、種の絶滅、地球規模の問題を各国が話し合って解決。
交渉ゲーム。
エッセン新作。

毎ラウンド、必要となるカードと寄付金が提示される。
全員で話し合って、必要なものを出し合う。
だが、ゲーム終了時の手札だったり手元のお金は得点になるので、誰も出したがらない・・・

各自が秘密の目標カードが配られ、それによっては使った方が良いカードがあったりするのだが、基本的にみんな出し渋る。
交渉時間が90秒に制限されていることもあって、あまり交渉が成立しない・・・
オタオタするうちに時間切れとなることが多かった。
そうなると、どんどん地球の状況は悪化していきバッドエンドとなる。

バッドエンドの場合は得点が1位のプレイヤーは脱落で2位が勝利。
12ラウンド耐え抜いたらグッドエンドで得点1位のプレイヤーが勝利。

今回、4人プレイで世界を滅ぼしたいプレイヤーが2人いたので6ラウンドで地球は滅んだ。
秘密の目標次第だと思うけど、基本的に地球は滅びそう。
地球環境系ゲームにはありがちなヤツだ。

サモア

Samoa

評価:4/10

招待隠匿で得点分配。
999ゲームズのエッセン新作。

各自が5つの仮面の内1つを担当する。
ラウンド最後まで正体は秘密。

場には5つの仮面それぞれの列。

手番では山札を1枚引いて、それを表向きでいずれかの列に置くだけ。
この時、仮面の上に置くか下に置くかを選べる。
いずれかの列に上下合わせて5枚のカードが置かれたら、その列の上下どちらのカード枚数が多いかを比べる。
全ての列で、多い方の側のカードが得点化される。
逆側のカードは捨て札。

これを山が尽きるまで続けて、最後に「誰がどのマスクなのか」予想を行う。
1人当てる毎に5点。
逆に全員に自分の正体がバレてしまうと、カードから得られる得点が0点になってしまう。

構造自体は分かりやすいのだが、とにかくバレたくなさ過ぎて、結局均等に分配しちゃう。
「アンダーカバー」とか「クランス」と同じ系統。
「アンダーカバー」のようにルールは最低限で心理戦に寄せるわけでも無く、「クランス」のようにアブストラクトな先読みだったり「誰でも得点」みたいな小目的の工夫も無い。

どっちつかずで、ぼんやりした心理戦のようなイチャイチャが長々続くのはシンドイ・・・

タワー・オブ・パンケークス‼

Tower of Pancakes!!

評価:4/10

お客の猫たちにパンケーキを焼いて提供するトリックテイキング。
ゲームマーケット新作。

4スート、1~8。
マストフォロー切り札無し。

トリックの上位2名はパンケーキを提供(手元にあるパンケーキをボード上に配置する)。
トリックの下位2人はパンケーキを焼く(ストックから手元にパンケーキを獲得)。

ハイランクのカードは勝ちやすいので提供数は少なく、焼く数は多くなっている。
逆にローランクのカードは負けやすいので提供数は多く、焼く数は少なくなっている。

焼くだけ焼いて最後まで提供できなかったり、1匹の猫に提供しすぎた場合は失点となる。

ベースは良いのだが、もろもろの詰めが甘すぎる!
自分の考えが反映されていると感じる部分が少なくて、負けると不満、勝っても達成感が無いゲームになっている。

遊び終わった後に、色々と改良案を出したくなるゲーム。
磨けば光るものを感じるが、原石が過ぎる気もする。