Skip to content →

タグ: 4

ディテクティブ・ポーカー

Detective Poker

評価:4/10

誰が勝つかに賭ける「テキサスホールデム」。
BGAでプレイ。

「テキサスホールデム」同様手札は2枚だが、そのうち1枚は自分だけが見れて、もう1枚は自分以外のプレイヤーだけが見れる。

その状態で7枚のコインを誰か(自分も可)にベットていく。
この時、「本当は置いたプレイヤーの左隣」だったり「最強では無く最弱の手だと思う」というブラフカードも一緒に仕込むことが出来る。

ポーカーからブラフ要素を減らした「テキサスホールデム」を再びブラフ側に寄せた形になるか・・・

これなら「テキサスホールデム」遊ぶか、他のブラフゲーム遊んだ方が良いんじゃないかと思うけど・・・

「テキサスホールデム」好きが戯れで遊ぶ為のゲームという感じかな。

Plapparagei

Plapparagei

評価:4/10

ドデリド」や「ゴキブリサラダ」等、ドライハーゼンお得意の正しい言葉を言う系ゲーム。
ビズ20」や「ドラゴンズブレス」のレナ・ブルクハルト。
今作は父親の名前が無い!独り立ちだ。

各自が山札を持っていて、そこから1枚ずつめくっていく。
めくった時にルールに従って言葉を発さないとイケナイ。
ミスると場のカード総取り。

基本的にはめくったカードの「動物の色」を言う。
ただし、2色は禁止カラーとなっていて、動物がその色の場合「帽子の色」を言う。
帽子の色も禁止だった場合、何も言わない。

他にも、直前のカードと動物の種類が同じなら「動物の名前」を言う。
吹き出しマーク付きのオウムだったら「直前の人と同じこと」を言う。
さらに、オウムが2連続で出て、そのうち1枚以上が吹き出しマーク付きだったら全員が「パラトル!」と言って、一番遅かったプレイヤーがミス扱いとなる。

あと、禁止カラー変更のカードもある。

色々とややこしくて、楽しさよりも緊張感が勝ってしまう感じ・・・
途中で駒の入れ替えが起こったりするので、テンポの取り方も難しい。

こういうゲームは、「わかってるけど間違えちゃう」のが楽しいのであって、複雑な分岐処理が楽しいわけじゃないんだよな・・・
勝負が拮抗するとゲームが終わらないのもマイナス・・・

ガネーシャ

Ganesha

評価:4/10

インドを旅行中に寺院を訪れたら、僧が遊んでいる「古来から伝わるゲーム」に誘われる。
という謎の設定のゲーム。

基本は、盤面の宝石を集めていって、良い所で得点化するだけ。

宝石の取り方が変わってるんだけど、その意味が分からない・・・
ただでさえ意味が分からないのに、特殊効果タイルがある。
更に、その特殊効果がほとんど機能しない・・・
全面的に謎なゲームだった。

スペシャリスト

The Specialists

評価:4/10

窃盗集団を編成して世界各国のカジノや銀行を襲う。
「春秋戦国」「レイルロードレボリューション」のデザイナーコンビ。

ダイスドラフトと「デウス」的なカードコンボ。

スタートプレイヤーが(プレイヤー人数+1)個のダイスを振る。
各プレイヤーはダイスを1個取って、手元のダイスを使って人物カードを獲得する。

人物カードはチームに引き込むか、このラウンド限りの使い捨てとするか。
チームに引き込む方がコストが高いのだが、それを上回るメリットがある。
それまでに獲得した同色の人物カードの能力を全て起動することが出来る。
使い捨てはコストは低いのだが、チームに引き込んだときのような連鎖起動は無く、ラウンド終わりに捨てなければならない。

ルールを読んだときは、チーム編成の面白さを期待したのだが・・・
実際遊んでみると淡々としたプレイ感。
「春秋戦国」「レイルロードレボリューション」はWhat’s Your Gamesの功績だったのだろうか。

ミッションISS

Mission ISS

評価:4/10

国際宇宙ステーションISSを協力して組み立て。
シュミットの新作。

完全協力ゲーム。
プレイヤーは、宇宙飛行士を操って新たなモジュールを増築したり、研究を行っていく。

少しカードプレイ方法が変わっている。
各自5枚ずつのオープン手札の状態で始まる。
自分の手番では、自分の手札から枚と、他のプレイヤーの手札から1枚の計2枚をプレイする。
プレイしたカードは自分の捨て札として持って置き、カードプレイが出来なくなると捨て札をオープンにして新たな手札とする。

この捨て札を手札とするのは、手番を使う上に年月も経過することになるので、バランスよく手札を分配することが大事になる。

アクション自体はそこまで複雑じゃなくて、「移動」「研究」「モジュール増築」「エクササイズ」の4種類。
どれも必要なのだが、ゲームの進行によって重要度が変わってくることになる。

おかしな部分は無いけど、単調だし、多くの協力ゲームが出ている中にあって、あえてこのゲームを選ぶことは無さそう。
強いて上げるなら、テーマがリアルな宇宙開発ってところに刺さる人はいるかも・・・

エリスの算盤

評価:4/10

乱世での商人となって移り変わる情勢を見て立ち回る。
ゲームマーケット新作。

人間、ドワーフ、エルフ。3つの国が争う乱世。
プレイヤーは商人となって、陣営を支援して領地を拡大させていく。
領地を拡大すること自体が目的なわけじゃなくて、自分が購入した陣営の権利書の価値が出来るだけ高くなるように盤面を形成していく。

同人ゲームでは中々見ない凝ったベースシステムなので、ダイスロールが大味する気がしつつも、他は良さそうで注目していた。
が、実際遊んでみると問題は「ダイスロール」じゃなかった・・・
5人で遊んだっていうのも悪かったのかもしれないけど、とにかく引き運がものを言う。
情勢にあったカードを引けるか否かが肝。あと、ドラゴンのカードが強すぎる。
更に、総手番数が変わってしまうラウンド終了やスタートプレイヤーのルールは納得いかない。

調整すれば、他にない魅力的なゲームになりそうな気もするのだが・・・
惜しい・・・

ツンガル

Tungaru

評価:4/10

ポリネシア諸島での発展。ダイスプレイスメント。
「ロココ」のマティアス・クラマーじゃない方のデザイナーコンビ。
他だと「バルパライソ」や「江戸」も作っている。

代表者がダイスを振って、全員がそれと同じ出目のダイスを持つ。
「ロレンツォ」的なダイス目決定法なのだが、ダイス目の大小に意味が無いゲームデザインなのであまり機能してないかも・・・

他にも、何か工夫した風のシステムが色々あるのだが、どれも芯を捉えていないというか意味合いが不明なものが多い。
ダイスプレイスメントだが、インタラクションはほとんど無くて、各自が自分のやりたいことをやっていく感じ。

得点タイルは同じ種類を集める方が効率が良いので、それぞれが自分の担当を集める感じになるし・・・
最近の重量級ゲームによくある、「効率探しパズル」系ゲーム。
個人的には退屈に感じるタイプのゲームだった・・・

5人プレイだと、若干の窮屈さが出そうなので、もうちょっとインタラクションを感じられるかも・・・大きくは化けなさそうだが・・・

(追記)
5人でも遊ぶ機会があったけど、5人だとマスの狭さが生じてインタラクションが生まれたり、戦略が特化のみじゃなくなるので面白くなった。
5人専用かもしれない。

竜の議会

A Conclave of Wyrms

評価:4/10

ファンタジーテーマのトリックテイキング。

マストフォロー切り札有り。
ウィザード的最強カードとジェスター的最弱カード。
最低ランクと最高ランクが同時に出たら最低が勝つ。
トリックを無かったものにする棲み処カード。
等々・・・

最初に取るトリックを同時ビッド。
これが当たると50点。
他に同スート「1、2、3」、「4、5、6」、「7、8、9」のセットコレクション得点。
ジェスター全て集めるセットコレクション。
棲み処カードでトリックが流れるので、セットコレクションを揃えるのは困難。
見た目よりも地味な展開になりがち。

このゲームの特徴となっている部分が面白さにつながっていない印象。
特に棲み処によるトリック流しが解せない。

カステッルム:マーストリヒト

Castellum: Maastricht

評価:4/10

オランダのマーストリヒトという都市の防衛の歴史。
新人デザイナー。

基本システムはワーカープレイスメント。
と言っても、アクションの種類は大したことなくて大別すると「カード獲得」と「資源獲得」の2種類。
資源を消費してカードを獲得して自分の防御力を高めていく。

その後、各プレイヤーに敵カードを配り、自分か他プレイヤーに配置してく。
1つの場所に1枚ずつしかカードを配置出来ないので、他プレイヤーに強い敵を置いたり、防御力が高いところに弱い敵を置いて防御力を無駄にさせたりする。

防衛出来た数が多ければ報酬が貰えるのだが、基本的に全員が貰えるので特に意識することは無かった。

全く見る部分が無い・・・
歴史を知ってほしかったのだろうか。

フン族

Huns

評価:4/10

フン族の長となることを目指す。
フランス人デザイナーのゲーム。

5色のダイスと5色のカードデッキ。
スタートプレイヤーが5色のダイスを振って、各自が1個ずつ順番にピックしていく。

ピックしたダイスの目Xで「その色のキューブをX個獲得する」か「その色のカードをX枚引いてそこから1枚を手に入れる」。
キューブは、自分の荷車に積み込んで全て埋まると得点。
カードは、永続効果や1回だけの効果等々のテキスト効果を持っている。

オールユニークのテキストカードばっかりなので、さぞ派手な展開かと思ったのだが、めちゃくちゃ地味!
ずっこけるぐらい地味!
カード取らずに普通にキューブ埋めてるだけで勝てる可能性があるぐらい地味。

カードテキスト好きにも、渋ゲー好きにもハマらない、どこがターゲットなのか・・・
謎なゲームだ。