Skip to content →

タグ: 4

ブッダ

Budda

評価:4/10

「オーヘル」系トリックテキング。
Tabletopiaでプレイ。

1~14。4スート。特殊カードが14枚。(5人プレイ時)
マストフォロー切り札有り。

カードの強さは
ブッダ(1枚)>陽(5枚)>切り札>その他>陰(5枚)。
出した時に陰か陽か決められる陰陽カード(2枚)とトリックを無かったものにするブラックホール(1枚)。
同値は先出勝ち。

手札を見た後に、自分が取れるトリック数を同時ビッド。

ビッドが的中しないと得点を得られず、差が開くほど失点が多くなる。

スカルキング」との大きな違いは「カードが配りきりか否か」。
カードが沈んでいるかどうかの不確定要素を、誰かが突然出す「ブラックホール」に置き換わっているわけだけど、これがマルチっぽくなっていて好みじゃ無くなっている。

信濃國土豪衆

Shinanokoku Dogoushu

評価:4/10

駒を移動させながら「カルカソンヌ」風配置パズル。
同人ゲーム。

「カルカソンヌ」的な絵合わせ配置をやっていくのだが、各自駒を1つ持っていて、この駒に隣接する位置にしかカードを配置出来ない。
基本的に移動は1手番に1歩のみなのだが、川を使うと一気に長距離移動が出来る。
2辺の絵が合うと得点2倍、3辺が合うと得点3倍・・・となる。
手札は5枚持っているので、先を見越した計画性が必要になってくるってことだろうか?

基本ルールは悪くないのだが、視認性が問題。
パズル要素があるゲームなので、雰囲気よりも見やすさを優先してほしかった。 
終盤に計画性を求めるデザインになっているので、尚更。 
1辺を半分に区切って、平地、山の2要素で4パターンを表すんじゃなくて、普通に4要素にすれば、不要な混乱を避けられたんじゃなかろうか。
「ああ!置けるかと思ったら逆だった!」っていうハプニングはリアルタイム系以外では要らない気がする。

唐苑

Tang Garden

評価:4/10

「カルカソンヌ」的なタイル配置で庭作り。
「西安」デザイナーと「シニョーリエ」デザイナーの共作。
Tabletopiaでプレイ。

共通盤面にタイルを配置するか、それらのタイルの上にオブジェクトを置いていく。

タイル配置やオブジェクト配置で、ステータスを上げることで人物を盤面に配置することが出来る。
人物は、それぞれ好みの風景やオブジェクトがあるので、それにあった盤面を作っていく。

色々と工夫があって、ルールだけ聞くと面白そうなのだが、中盤からダレてしまった・・・
オンラインということもあって、風景やタイルの確認に手間取ったのが要因かも。

スノウェア

Snowhere

評価:4/10

表が炎、裏が雪という1種類のカードだけで行う協力ゲーム。
「ザ・ゲーム」のベンドルフの新作。

カードを炎の面を上にしてテーブル上に広げる。
他のカードが被さっていない炎カードを1枚取り、裏返して炎カードの上に置く。
これを繰り返して、炎が見えなくなることを目指す。

非常にふわっとしたゲーム。
セットアップのカード状態次第で難易度が激変するんじゃないだろうか・・・

正直、全然面白く無いのだが、無難なゲームを出すよりもこういうチャレンジングなゲームを出すベンドルフの姿勢は称賛したい。

ザ・シージ・オブ・ルネダール

The Siege of Runedar

評価:4/10

ドワーフとなって襲い来るオークの群れから砦を守る。
クニツィアの新作。協力ゲーム。

メインシステムは個人デッキ12枚のデッキビルド。
12枚中2枚はオークカードで、手札に入ってしまうと敵が進行してくる。
よりよいカードをデッキに追加していくのだが、追加するたびにオークカード以外のカード1枚を除去しなければならない。
なので、デッキの総数は12枚から変わらない。

カードプレイで移動したり、オークを攻撃したり、資源を生み出したり、脱出路となるトンネルを振ったりする。

金塊を全て盗まれる前に、トンネルを掘り切って脱出することを目指す。

デッキビルドでプレイヤーそれぞれが専門色を増していく感じは面白いんだけど、基本的に同じことの繰り返しなのでダレてくる。

コンボカラー

Combo Color

評価:4/10

1マスずつ自分の色で塗っていくだけのシンプルゲーム。
アンタークティカ」のデザイナー。

最初はスタート位置から隣接する1マスを塗る。
その後は、自分の塗ったマスでも他人が塗ったマスでも、とにかく塗られているマスの隣接マスを塗っていく。

全マス塗り終わったらゲーム終了。
各ステージに応じた得点権を行う。

今回は一番簡単なレベル1のマップ。
太陽が1つ1点。水と竪琴は「水×竪琴」が得点となる。

レベル1なのでマップが狭い上に4人プレイということもあって、手番の綾で勝敗が決まってしまった。
もっと複雑なマップなら印象が変わるかも。

デッドマンズ・ダブロンズ

Dead Man's Doubloons

評価:4/10

海賊テーマなので、バチバチの殴り合い。
殴り殺されても幽霊船となってゲームに参加出来て、あわよくば勝つことも・・・

船長は島を移動して宝を目指し、船は島周りを周回して互いに略奪攻撃合戦。
システム的にはカードプロット。
3枚のカードをプロットして、左から1枚ずつアクションを実行していく。

このゲームの特徴は、殺されても幽霊船となってゲームに残れる。
一部アクションに制限が加わるものの、ダメージを受けなくなるし攻撃力もアップする。
1人が幽霊船になると、攻撃をしかけまくり一時は全員が幽霊船に・・・
幽霊船のままだと、最終得点で減点があるので何とかお金を集めて復活を試みる。

殺されてもゲームに残れるし、一方的にやり返せるのは精神衛生的に良い。
殴り合い系のゲームは好みではないのだが、カラッとした殴り合いで好感が持てる。

チャイ:ティー フォー 2

Chai:Tea for 2

評価:4/10

「チャイ」っていう1~5人用ゲームの2人専用版。
Tabletopiaでプレイ。

メインシステムはダイスプレイスメント。
ダイス7個を振って、順番にダイスプレイスメントしていくだけ。

マイボードが茶葉の加工工程になっている。
マイボード上の茶葉駒を移動させていって、ゴールとなる船カード上に置くことで得点。

マイボードの横にカードをセットすることで、加工を加速させたり、船以外の得点経路を作ったりできる。
っていうのが特徴かな。

至って平凡なゲーム・・・
純粋にダイス目が高い方が使い勝手が良いので、思った以上にダイス運が強い。
元の多人数用のルールを知らないけど、今作だけ遊んでみた感じでは、2人用にしている意味がわからない・・・

ゴブリンの戯言、フェアリーの決め事!

Goblins Drool. Fairies Rule!

評価:4/10

韻がテーマのパズルゲーム。

カードは両面仕様で表がフェアリーで裏がゴブリン。
カードの要素としてアイコンがあるのと、カード名の脚韻がゲームに影響している。

手札は公開で、場のカードと交換して「手札からゴブリンを無くす」か「フェアリーを6枚集める」と勝ち。
手札から1枚を場に出して、出したカードと同じ韻の場のカードを裏返す。
その後、出したカードと同じアイコンのカードを手札に持ってくる。

カード名が英語なので、韻の確認が大変大変・・・
韻をアイコン化してくれたらプレイアビリティが上がりそうだが、そうなるとガチ過ぎる展開になるかも・・・
ガチなシステムと、ポエミーなイラストと韻システム。相容れない・・・

原文で韻を踏んでいるのを再現している邦題が秀逸。

ルプスブルク

Lupusburg

評価:4/10

少人数でできる「人狼」。
発売後に第2版ルールが公開されたみたい。
今回は、第2版ルールでプレイ。

各自が2枚の住民を担当する。
あと、村人側が勝利しても、その中で最高得点者を決めるので、全員敵!

「人狼」慣れしているプレイヤーなら何かあるかもしれないけど、議論するとっかかりが無い。
今となってはもっと優れた少人数「人狼」があるので、あえてこれをプレイする必要は無さそう。