Skip to content →

タグ: 4

スモールサムライエンパイア

Small Samurai Empires

評価:4/10

武士道で殺し合うマジョリティ争い。
Tabletop Simulatorでプレイ。

チップをボード上に裏向きで配置していく。
チップを配置した瞬間にボード上に示されたアクションを実行。
全員がチップを配置し終えた後に、順番にチップを公開して、そこに示されたアクションを実行。

そうやってエリアマジョリティをやって通常点や地域点を獲得していく。
ラウンド毎に各プレイヤーが1枚ずつ追加する運命カードの枚数によって、地域点の倍率が変わってくる。

概要を書くとクニツィアの「サムライ」と似た印象を受けるのだが、プレイしてみると別物。
アクションに他プレイヤーの駒除去があったり、他プレイヤーのチップの上書きがあったりして完全な気持ち次第のマルチ展開。

個人的な好みからは完全に外れるが、ルールはしっかり考えているように感じるので、マルチに抵抗が無い人には良いかもしれない。

ローマタクシー

Roman Taxi

評価:4/10

古代ローマのタクシーで稼ぐ。

客を拾って指定された場所に時間以内に届ける。
ド直球ピック&デリバー。
客は相乗り可能なので、効率的に回っていきたい・・・ってことだろうが、一人を届けるので精いっぱい!
場に並ぶ色カードで移動するのだが、次のその色のマスまで一気に進む。
途中に目的地があっても無視して進む!
時間制限もソコソコ厳しいので、寄り道する暇は無い。

ただひたすらピック&デリバリーを続ける作業。

オール・イン・オール

All in All

評価:4/10

宇宙レリックを集めるチキンレース。
「順風満帆」のデザイナー。エッセン新作。

各自、手札6枚を持っていて、そのうち1枚は「サボータル」カード。

手番ではいずれかのプレイヤーの手札からババ抜きする。
引いたカードは場に並ぶ。
その後、ラウンドから降りるかどうかを全員が決定する。
ババ抜きの時に「サボータル」を引いてしまうとラウンドが終了して、それまでに降りていない全てのプレイヤーは何もできずに終わってしまう。
既に降りているプレイヤーはアクションを行える。
アクションは「場からカードを1枚取る」「手札から自分の前にカードを1枚出す」。
後で降りる程、早くアクションが出来る&アクション数が増える。

ラウンド毎に、手札6枚未満のプレイヤーは6枚まで補充。

自分の前に同じカード3枚セットが3セット出せれば勝ち。

変わったルールだが、面白さに結びついていない印象。
勝っているプレイヤーからババ抜きしたいのだが、そうし続けるとバーストのリスクが高くなってしまうので、結局は平均的にババ抜きしてしまう・・・
イマイチ自分の判断が勝敗に結び付いている気がしない。

アトリエ ~巨匠たちのスタジオ~

Atelier

評価:4/10

絵具を集めて絵画を描く(?)
デザイナー不明。

手番ではダイス4個を振って、出目に対応するアクションを実行。
出目が気に入らないダイスは残しておいても良くて、次の手番に残して置いたダイスを振りなおしてアクションを実行できる。

絵具のセットコレクションで絵画を獲得するのが目的。
絵具の獲得方法が特殊でまず自駒を色のエリアに配置する。
絵具獲得アクションをすると自分がマジョリティを取っている全てのエリアの絵具を1つずつ獲得できる。

絵具を一気に手に入れたいので駒をたくさん配置したいが、絵具の獲得の出目が出ないと何ともならない。
そこら辺のタイミングの取り合いが面白どころかな?

絵画カードに特殊効果と得点があるのだが、これのバランスがデタラメな印象。

フォシリス

Fossilis

評価:4/10

恐竜の化石発掘。
新人デザイナー。

アクションポイント制で、自駒を移動したり足場をスライドさせたり、見えている化石を拾ったりしていく。
拾った化石を使って恐竜カードを獲得するのが主な得点手段となる。
あと、スライドして落とした足場は自分のものになって、アイテムカードの購入に使える。

恐竜カードには1~3つの化石が示されていて全ての化石を集めると「完全復元」としてボーナスが貰える。
が、1つでも集めることが出来れば「部分復元」となってボーナスは貰えないがカード自体は獲得できる。
カードにはアイコンが3つ書かれていて、このアイコンのマジョリティ得点やセットコレクション得点は部分復元でも取れるので、誰も完全復元をしない!
完全復元で得られるボーナスよりも、マジョリティやセットコレクション得点を狙う方が明らかに得点が大きいのだ・・・

あと、アイテムカードの能力と得点もデタラメな感じもあって、不信感だらけのゲームデザイン・・・

ギミックを楽しむゲームだよってことかもしれないが・・・それにしてはルールが多すぎる気がするし・・・うーん・・・

バルビュ

Barbu

評価:4/10

色んな得点形式のトリックテイキングの後に急な七並べ。
BGAでプレイ。

「トリックを取るな」や「ハートを取るな」や「クイーンを取るな」みたいにディールごとに異なるルールでトリックを行う。
マストフォロー切り札無しで手札交換も無いので、かなり手札運のゲーム。

そして、最後のゲームがなぜか「七並べ」!!
得点も今までの約3倍!
テレビのクイズ番組的な大逆転要素!
知らなかったから笑えたが、なんだこれ!

スィンドゥラー

Swindler

評価:4/10

スリになって、袋から金品盗む。
マティアス・クラマーのエッセン新作。

袋から1枚ずつチップを引いていって、「ドクロ」を引くとバースト。
その前に引くのをやめるっていうバーストゲーム。

場には「同じチップを2枚連続引く」や「青い鍵2つを支払う」等の注文カードが並んでいて、それの達成を目指す。

袋からチップを引き始める前に注文カードを予約しないと駄目だったり、袋ごとに入っているチップの構成が違ったり何か工夫をしようとする意気込みは感じるのだが、楽しさには繋がっていないように感じた。
むしろテンポを削いでしまっているような・・・

デザイナー名でルールを読まずに飛びついたが、ちょっとコレはハズレかも。

わいわいウシさん

Animal Party

評価:4/10

動物ダイスを使った子供向け「ヤッツィー」。

「ヤッツィー」なのだが、役が1枚めくられたカードに示された1種類のみ!
「ヤッツィー」の売りである「どの役を狙うか」って判断が無い。
役が揃えばカード獲得。
揃わなければ、揃ったダイスはロックしたまま次の人の手番。

ただひたすら必要ない目を振りなおすのみ!
全くプレイヤーの意志が介入しない100%運ゲー。

ブレッド&ビアー

Bread & Beer

評価:4/10

すこし変わったカードドラフトでパンとビールを作る。
「タイニーエピック」シリーズのデザイナー。エッセン新作。2人用。

豊作の年(ラウンド)と、不作の年(ラウンド)が交互に訪れる。
豊作か不作かでカードプレイ方法が少し異なる。

豊作の年は、各自が手札5枚から1枚をプレイ→残り4枚を相手に渡す→また1枚プレイ→残り3枚を相手に渡す→・・・・を繰り返す。
不作の年は、手札交換が無くなり、手札から1枚ずつプレイしていくのだが、場に3枚のカードがあり、手札からカードをプレイする代わりに場のカード1枚をプレイでき、代わりに手札1枚を場に補充する。

カードはどれも3種類のプレイ方法がある。
「リソース獲得」「リソースを消費して得点化」「永続能力の追加」。

カードドラフトの難易度が結構高くて、たまたま上手くいった / いかなかった って印象が強い。
しっかり考えて遊ぶとそこら辺の感触も変わってきそうだけど・・・どうだろうか。

リソース獲得で使ったカードは次ラウンドの手札になるので、それを上手く使うのがコツだろうか?

ドッグパーク

Dog Park

評価:4/10

犬を集めて散歩させるっていう平和なテーマのゲーム。

ラウンドではまず、犬の競りを行う。
そうして、獲得した犬を連れて散歩に行く。
この時、犬ごとに示されたリソースを支払わないと散歩についてきてくれない。

散歩は1~4歩好きな歩数を選んで進むスゴロク。
色んなリソースを取るためにはゆっくり進みたいが、ゴール順に応じてボーナス、ペナルティがあるので、そんなにゆっくりもしていられない。

これを数ラウンド繰り返して、最終得点は犬種ごとのマジョリティ争い。

テーマ以外で見る部分は無いかな・・・
システム的には素人が作ったゲームという印象。

カードイラストはオールユニークなので、観賞用としては良いかもしれない。