Skip to content →

タグ: 4

ぶたブタぶた

Schweinebammel

評価:4/10

足し算と引き算のゴーアウト系。

基本カードは1~10のブタカード。(写真は特殊カードばっかりだけど・・・)
場札のカードと同じカードを1枚プレイする。
もしくは2枚同時にプレイする方法もある。
「場札のカード + 1枚目のカード = 2枚目のカード」って出し方。
「場札のカード – 1枚目のカード = 2枚目のカード」も可。
手札を無くしたら勝ち。

プレイ感は他のゴーアウト系と変わらないのだが、問題は収束性。
「ウノ」は最後の1枚が上がれる可能性は25%以上だが、このゲームは10%。
妙に長引くことがある。他プレイヤーからの妨害もあるからね。
瀬戸際の妨害合戦がゴーアウト系の楽しみ!ってことで、ここはひとつ。

ザ・ループ

The Loop

評価:4/10

タイムマシンを使って悪さを働くDr.FOOを止める。
協力ゲーム。キャッチアップゲームズのエッセン新作。

毎ラウンド増えるDr.FOOの複製と時空の裂け目を除去しつつ、ミッションを達成していく。
個人デッキから3枚のカードを引いて、そこに示された様々な能力を使う。
カード能力は、複雑では無いがオールユニーク。

協力ゲームとテキスト効果は相性が悪い・・・
周りの状況を把握するのが大変過ぎて、連携がなくなり各自がソロプレイパズルをすることになる。
見方によっては、奉行問題の解決とも言えるが・・・

コロニア

Colonia

評価:4/10

4段階のリソース交換。
ディルク・ヘン。

「原料を得る」>「原料を使って商品を得る」>「商品を出荷してお金を得る」>「お金を使って得点を得る」
という4段階のリソース交換。
この工程を1周すると1ラウンド終了。
これを6ラウンド行う。

なんだか、気だるいゲーム。
1ラウンド目は楽しいのだが、2ラウンド目で「え?あと5ラウンドもやるの?」と気づき、3,4ラウンドのまどろみ・・・
5,6ラウンドに急な締まってくるのだが、とろーんとまどろんでいる脳を再起動することは不可能。

コトバーテル

KoToBaaTeru

評価:4/10

お題の言葉を限られた文字で伝える。
同人ゲーム。

例えば、「メロンパン」というお題が回ってきたら持っている手札で「メリソタン」と提示。
それを場札や山札と交換して「メロソハン」ぐらいまで調整していって、パートナーにお題を伝える。

麻雀的な手番システムなのだがダウンタイムがちょっとしんどい。
ちょっとした機微から推理する要素もなくは無いが、それを削ってでもテンポを優先したほうがパーティーゲームとしては正解な気がする。

ピープル・ウィズ・メモリー

People with Memory

評価:4/10

世界の偉人が描かれたカードを使った2種類のゲームが遊べる。
ポルトガルのピタゴラス発。

13種類のジャンルに赤、青、緑、黄の4枚。
ランクの概念は無いけど、トランプと似た構成。

1つ目のゲームは、ほぼ「ダンシングドラゴン」。
訳の種類は無く、同じジャンルを4枚集めるのみ。
なので、サインも1種類のみでOK。
なぜか、プレイ人数が4人までに限定されている・・・

2つ目のゲームは、ほぼトランプの「カルテット」。
手札が配りきりじゃなくて、手番の最後に山から1枚引く。
ただし、引いたカードは公開してから手札に入れるので、直ぐに他プレイヤーに奪われてしまう。

どちらのゲームも、元のゲームの面影が強すぎる・・・
変更要素もプラスに働いているように見えない。

アッコン

Akkon

評価:4/10

クローズビッドでカード獲得。
ゴールドジーバー末期の作品。

6か所あるエリアにクローズビッド。
全員がパスした後に、値をチェックしてマジョリティを取れたプレイヤーがカード獲得。
ビッドに使わなかった駒を使って、カードを使用することが出来る。
カード効果で4種類のステータスを上げていく

最終的に一番進んでいるステータスと一番進んでないステータスの合計が得点となる。

カードには攻撃的なものも多く、対象も任意に選べるので、マルチ色は強い。

危険な印象を受けたのでショートゲームで遊んだが、それでも長い!

キングスジレンマ

King's Dilemma

評価:4/10

「ゲーム・オブ・スローンズ」的な世界観で、各プレイヤーは家長となり国王の決断を補佐していく。
今年のドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門ノミネート。

非常に好き嫌いの出るゲーム。

ボードゲームのルールブック冒頭にある世界観やテーマを説明する「イントロダクション」。
これを楽しんで読めるかどうかが、今作が向いている向いていないが分かれる気がする。

僕は、基本的に「イントロダクション」を読まない。
テーマが大事そうなゲームの時は読むけど、それでも流し読みだ。

このゲームは、「イントロダクション」をひたすら読むゲームとも言える。
プレイ部分の投票は、おまけというかなんというか・・・
「イントロダクション」で得た情報と、各プレイヤーに与えられたバックストーリーからの情報というなんとなくの情報を元に想像して投票しなければならない。

その領域に到達するだけの資質も根気も無い我々は、無機質にステータス上げ下げに没頭するだけになった・・・

これが「ドイツ年間ゲーム大賞」ノミネートとは・・・
「ドイツ年間ゲーム大賞」のゲームを楽しむ人たちの多くは、このゲームを楽しめないように思うのだが・・・
でも実際、最近コレ系のゲームよく見るよね・・・

モンスター・エクスペディション

Monster Expedition

評価:4/10

「カーニバル・オブ・モンスター」の続編(?)。
同じなのは世界観だけで、システムもデザイナーも違う。
今回は、プフィスターによるダイスバースト。

各自が3色のキャンプカードを持つ。
それぞれ、海、空、森のモンスターに対応している。

場には10枚のモンスターカードが並んでいる。

キャンプ1つを選んで、そのレベルに応じた個数のダイスを振る。
目を一つ選び、その目のダイス「全て」を確定させてボード上に移動させて、他を振りなおす。
また、「同じ目のダイス全て」を確定させて・・・と繰り返すのだが、既にボード上にある目のダイスは確定できない。
ダイスを振りなおしたのに、ダイスを1つも確定できない場合はバーストして、ボード上の一番高い目のダイスが除去されてしまう。

気が済むまでダイスを振ったら、確定済みのダイスを使ってモンスターを獲得する。
この時、キャンプと対応するモンスターしか獲得できない。

また、各キャンプには成長に必要な目が指定されていて、その目のダイスを確定できていると成長して今後使用できるダイスの数が増えていく。

非常に単調!
大体の最適解がすぐわかり、考えどころはほとんど無い!
モンスターに特殊能力があるにはあるのだが、非常に淡泊!
ダイスゲームでありながら何も感情を揺さぶらない無味無臭なゲームになっている。

プフィスターは中量級以上だと大体面白いけど、軽量級となると一気に打率が下がる感じがする・・・

キャンディデイト

Candidate

評価:4/10

アメリカの大統領予備選挙がテーマ。
91年発売。  

選択された選挙区の票をかけての裏向きカード出しバトル! 
この時代らしく強烈なカード効果もチラホラ。 
手札が良くないときは先の選挙の根回しに使うなど、タイミングを計る面白さはある。 
ただ、大半がカード運とマルチで構成されているので、今遊ぶには厳しいか… 
テーマ好きならオススメできそう。

テケン:太陽のオベリスク

Tekhenu: Obelisk of the Sun

評価:4/10

「テオティワカン」のタスチーニによる新作。
盤面のダイスを1つ取ってアクションをするダイスドラフト。

手番では、ダイスを1つ取って、その場のアクションをするだけ・・・なのだが、端々のルールが細かすぎる!

日向、日蔭のダイス位置変更も、変な規則性だし・・・(普通に1段スライドするだけじゃダメだったのか?)
神殿複合体周りのごちゃつき具合には悪意すら感じる。

ゲームバランスとプレイアビリティのトレードオフってことかもしれないが・・・
個人的には、多少のゲームバランスを欠いてもプレイアビリティを上げてもらいたかった。
いや、工夫すれば両立出来た気もする・・・
そうなってくると、むしろこの複雑さは狙ってやっている???
なんなんだ!タスチーニ!
ルチアーニが見張って無いと、君はそういうところあるな!