Skip to content →

万里の長城(シド・サクソン)

Die Chinesische Mauer

評価:5/10

ネットワーク系多人数アブストラクト。
シド・サクソン。1994年。

タイルを1枚ずつ共通の場に配置していって、4×4の形が出来たら得点計算。
(自分の一番大きなグループの四角の数)×(そのグループが接している辺の数)
が得点。

ラウンド毎に16枚のタイルが公開されて、そこから1枚選びとって配置していく。
ガチガチアブストラクト。

タイル総枚数は64枚で、16枚ずつ×4ラウンドの総得点で競う。
ラウンド毎に有利不利があるのが特徴。

多人数アブストラクトの例にもれずマルチ味が気になる。
4人プレイはペア戦のバリアントがあって、そっちの方が断然良い。

Published in ボードゲーム