Skip to content →

タグ:

ムタボ

評価:6/10

超上級「テレストレーション」。

ルールは「テレストレーション」と全く同じで、文字→絵→文字→絵を繰り返す伝言ゲーム。 

特徴はお題の難解さ!

上の句お題と下の句お題を組み合わせて文章を作る。

「浮き輪をつけたサイは超高層ビルに住んでいる。」とか

「バスローブを着たズッキーニが10年間郵便を待ち続けている。」とか

超難度なお題が出来上がる。 

絶対伝えきることは無理で、「テレストレーション」で巻き起こる奇想天外な「間違い」が必ず起こるようになっている。  

このゲームは「出来上がった一連の流れを見て笑い合う」ってのが目的。

得点計算など一切なく、完全なアクティビティと割り切っている。

コンポーネントが紙と鉛筆なので、「テレストレーション」よりも劣ってるじゃないか!と思ったのだが、紙だと思い出として残るって言うメリットがある。 

これぞアナログならではの醍醐味!

ムチョマッチョ

評価:4/10

2枚同時出しでの数字比べ。

マッチョ押しだが、マッチョ要素は薄め。

カード同時出しで、大きい数字を出したプレイヤーから場札を取っていくっていうタイプのゲーム。

カードを出す枚数が1枚じゃなくて2枚ってのが特徴。

獲得するのも2枚なのだが、そのうち1枚は手札に戻り、もう1枚が得点となる。

この時、取ったカードのうち点数がより低い方を得点化しないとイケナイ。

というように、少し変わった処理が入るのだが、この処理が面白さ・ゲームの深みに結び付いていないように感じた。

「手札の強さキープと得点獲得のタイミング」が焦点だと思うのだが、もっとスマートに表現できた気がするが・・・どうなんだろうか。

村の人生:港町拡張+酒場拡張

評価:6/10

「村の人生」の拡張2種。

旅エリアを変更する「港町」と特殊カードを得られる「酒場」。

「酒場」

特殊カードを獲得できる酒場の追加。

「港町」

基本だと弱いとされていた旅を強化。

戦略の幅を出している。

また、最初に目的カードを2枚ずつ配ることで、指針を持たせてプレイしやすくしている。

基本ゲームはリプレイ性が低いんじゃないかと感じていたので、バリエーションを増やす良い拡張じゃないかな。

改めてプレイしてみて「村の人生」はテーマ設定の勝利だね。

プレイ中のフレーバー会話が弾んで、楽しいセッションを作りやすい。

ムーン

評価:4/10

惑星テーマのトリックテイキング。

4スート、1~14とアステロイドカードっていう特殊カード4枚。

マストフォロー、ノートランプ。

最初に3枚を同時出し。これがテーブル札と呼ばれ、トリックに勝った時に取れるトークンを示す。

トリックの勝者が自分のテーブル札に出したスート1つを選んでその惑星トークンを得る。

また、フォローできなかったプレイヤーの中で最低ランクのプレイヤーは出したスートの惑星トークンを得る。

アステロイドカードは最弱のジェスター的な扱いで、特殊カードを引くことが出来る。

この特殊カードは通常カードを出す前に出すことが出来て、手札交換やら惑星トークン交換が出来る。

トリックに勝てなくてもトークンが取れるので、ボイドが有効。

ボイドを狙うには、最初に出す3枚が同色になるので選択肢が減るってことだろうが・・・

そんな細かいこと関係なしに、トリックテイキング部分に工夫が無さ過ぎて面白くない。

普通だけならまだしも、特殊カードによって存在しないスートがいきなり復活したりする。

これをプレイ人数ラウンド続けるのは、なかなかキツい。

カードの写真はきれいなので、天文好き向けかな・・・

ムガル(新版)

評価:7/10

シャハト「ムガル」をセルフリメイク。

変更点が結構ある。

路線ボードが追加されていて、売却アクションの際に売却せずに駅舎を置けるようになっている。

最終的に路線ごとに置いた駅舎の数の二乗が得点として獲得できる。

これによって、ライバルのいない緩い競りが起きにくくなっている。

あと、カード構成がわかりやすく。

獲得する株券色と売却できる株券色の組み合わせが固定になっている。

旧版はこの組み合わせがバラバラだったので見通しが悪かったが、新版はスッキリ!

あと、初期株券の数が増えていて、序盤のアイドリングが無くなっている。

総じてブラッシュアップが効いていて良くなっている!

旧版を持っている人でも「ムガル」好きなら買う価値はありそう。

ムラーノ

評価:6/10

ムラーノ島に建物を建てて目的カード達成。

フェアプレイスカウトアクション6位。

特徴はアクションの選択方法。

盤面外周に共通の駒であるゴンドラが数隻。

これらゴンドラのうちの1つを反時計回りに移動させて、移動先のアクションを実行する。

魅力的なアクション周辺でゴンドラが渋滞することがあり、その場合はお金を余分に支払ってゴンドラを複数動かさないと望みのアクションを行えない。

このアクション選択が肝かと思ったのだが、意外と緩い。

ゴンドラの位置をコントロールするっていうよりは、選択肢を減らすシステムと考えた方が良さそう。

そうやって選んだアクションで、盤面に建物を建てたり、自分のゴンドラ乗りを島に置いたりして、目的カードを達成していく。

目的カードもアクションで購入しないといけないのだが、枚数が増えるほど購入コストが高くなる。

目的カード達成型のゲームは指針を立てやすいので、とても遊びやすい。

雰囲気も良いし、初心者でも遊べるんじゃないかな。

ブラント夫妻は雰囲気作るのが上手いね。

ただ、目的カードやら建物カードのムラはありそうなので、ゲーマーには向かないかも。

あと、他プレイヤーの目的が見えないのでソロプレイ感は強い。

無碍光

評価:4/10

まさかの仏教カードゲーム。

仏具店で購入できたらしい本格派。

このゲームを持っているのは熱心な仏教徒ゲーマー。もしくは行ききっちゃったゲーマーだろう。

数字の描かれた念仏カードを自分の前に出していって合計108にしたら勝ち。

他にも煩悩カードってのがあって、ようは攻撃カード。

他のプレイヤーの念仏カードに煩悩カードを付けて無効化することができる。

煩悩カードを付けられたら、強力な念仏で取り除くか、僧侶や菩薩で一掃する。

正直、システム的には見るところはないが、アートワークは秀逸。

煩悩にまみれたゲームコレクターには是非プレイしていただきたい。

ムガル

評価:7/10

ゲシュンク+株。

競りゲームなのだが、競りのルールがゲシュンクとそっくり。

競り勝つと、株の売買ができる。

カードだけしかないのに、株価の変動が上手く表現されている。

ゲシュンクは一人が抜ける競り。

一方、ムガルは残り一人になるまで続く競り。

なので、最終的に1対1でコインの投げ入れ合戦になることがある。

このタイマン投げ入れ合戦がムガルの醍醐味。

ただ、ゲーム慣れしていないとイマイチ良くわからないゲームであることは確か。

ゲシュンクをまだやってない人はゲシュンクからプレイした方が良い。

村の人生

評価:6/10

世代と時間による死。

これらの要素で、「村の人生」を上手く表現している。

テーマの再現度は高い。

死はコマが減って嫌なだけではなく、歴史に残って得点になるってのが村っぽくポジティブで良い。

後手番は不利なのに、ゲーム開始時の4番手に救済処置がないのはなぜだろう。

1回プレイするのは非常に楽しいのですが、リプレイ欲は低いかも。