Skip to content →

タグ:

タイニータウン:ビレッジャーズ

Tiny Town : Villagers

評価:6/10

「タイニータウン」の拡張第2弾。
拡張のペースが早い!

新たな建物と、村人駒の追加。

各自のボード上に村人駒3つ。
村人駒のいるマスに資材駒を置いて建物を完成させると、その建物に村人が住み込む。

そうやって建物に住んでいる村人を消費することで特殊能力が使用できる。

村人の特殊能力はゲーム開始時にランダムで決まる2種類。
今回は、「建築コストが1つ少なくできる」と「建物1つを別の建物に建て替えられる」だった。

第1弾よりは良いと思うが、今拡張も新鮮さよりもややこしさが勝っている印象。
基本だと単純すぎると感じていたり、もうちょっとソロ寄りにしてほしいって感じている人には良い拡張かも。

ダーウィンズ ジャーニー

Darwin's Journey

評価:6/10

ダーウィンを追って探検と研究の旅。
ニュートン」コンビの新作。
今、キックスターターで出資募集中
Tabletop Simulatorでプレイ。

基本はオーソドックスなワーカープレイスメント。
各ワーカーに封蝋チップを追加することが出来、そうすることで強力なアクションエリアを起動できるようになる。

あと「ロレンツォ」にもあったルールで、同じエリアにワーカーが置かれているアクションを行うと追加コストが必要になる。
序盤はこの資金繰りが中々シビアでワーカープレイスメントらしさがある。

他にもアクションエリアの解放だったり、博物館への標本の配達だったり、特徴はあるのだが、どれも小粒で衝撃は無い。

「ニュートン」同様セットアップのランダム性が高いので、セットアップ後の盤面から強い動きを読み取る感じは似ている。
ワーカープレイスメントで、ある程度動きが制限される為「ニュートン」初回プレイ時ほどの絶望的な選択肢の多さは無いが、その分ゲームとしてのインパクトが弱いかな。
面白いには面白いが、ちょっと個性が弱すぎて、数多のゲームの中に埋もれそうな気はする。

黄昏の篝火

Bonfire

評価:5/10


消えた篝火(かがりび)を再び灯す。
フェルトのエッセン新作。

いつもの重量級フェルトゲーム。
評判が良かったので期待したのだが、やっぱり重量級フェルトは合わない・・・
トゥーマッチ・・・

個人ボード上にタイルを配置することで、アクションタイルを補充して、そのアクションタイルを使ってリソース変換や目的獲得や能力獲得を行う。
他プレイヤーのことはほとんど気にすることは出来ず、基本は自分の効率を考え続けるソロプレイ。
狙っている目標が被りそうなら意識する感じか。
他は他プレイヤーの動きをランダマイザとして使っているだけのように感じる。
ここら辺のバランスが合わない理由か・・・

最初は繋がりが見えず、フワフワしたプレイ感なのだが、途中からボーナスがブーストし始めて面白くなってきた。
もう1回遊んだら、最初から楽しめるかも・・・

ダック

Duck

評価:6/10

「ヤニブ」を洗練させたカードゲーム。
フッフ発。

カード構成は3スート、0~8。
0と8のみが1枚ずつしかなく、他は3枚ずつ。

手番ではカードを何枚かプレイして1ドロー。
プレイ方法は「同じ数字1枚以上」or「同スートの連番3枚以上」。

ドロー方法に工夫があって、「山札」or「左隣のプレイヤーの捨て札の一番上」or「右隣のプレイヤーの捨て札の一番上」から選択する。
多人数でも選択肢が増え過ぎない今風の調整で良いね!

手番の開始時に手札合計が10以下なら「ダック」といって終了宣言できる。
そうすると即終了。他プレイヤーに追加手番など無い!
各プレイヤーの手札合計を比較して、「ダック」したプレイヤーが単独最小値ならダック成功でボーナス得点。
そうじゃなければダック失敗で失点を負う。

あと、各自が手札から1番大きな数字のカードを得点として獲得できる。
ただし、手札合計が一番大きいプレイヤーはこの権利無し!

基本的に手札合計を低くすることを目指すのだが、ダック出来ないなら、ある程度大きい数字のカードを残しておきたい。
妙なジレンマが加わっていて、独自の面白さを生み出している。

カード構成の変更で役が揃いやすくなっているので、ダラダラせずにすぐに勝負が決まる!
小箱カードゲームに求めるものをわかってらっしゃる!

タワー・オブ・パンケークス‼

Tower of Pancakes!!

評価:4/10

お客の猫たちにパンケーキを焼いて提供するトリックテイキング。
ゲームマーケット新作。

4スート、1~8。
マストフォロー切り札無し。

トリックの上位2名はパンケーキを提供(手元にあるパンケーキをボード上に配置する)。
トリックの下位2人はパンケーキを焼く(ストックから手元にパンケーキを獲得)。

ハイランクのカードは勝ちやすいので提供数は少なく、焼く数は多くなっている。
逆にローランクのカードは負けやすいので提供数は多く、焼く数は少なくなっている。

焼くだけ焼いて最後まで提供できなかったり、1匹の猫に提供しすぎた場合は失点となる。

ベースは良いのだが、もろもろの詰めが甘すぎる!
自分の考えが反映されていると感じる部分が少なくて、負けると不満、勝っても達成感が無いゲームになっている。

遊び終わった後に、色々と改良案を出したくなるゲーム。
磨けば光るものを感じるが、原石が過ぎる気もする。

タイニータウン:富のちから

Tiny Towns: Fortune

評価:6/10

「タイニータウン」にお金の要素が追加される拡張。

お金は建物を同時に2件以上建てると獲得できる。(他にも新建物の効果で獲得可能)
お金を使うことで、手番プレイヤーが宣言した資源を無視して自由な資源を配置できる。
あと、ゲーム終了まで残しておくと得点となる。

手番での不自由さを無くして自由な街づくりが出来るようにした拡張。
この自由さが今風に寄せたってことかもしれないが・・・、個人的には「タイニータウン」の良さを削いでしまっているように感じた。

通常の「タイニータウン」は5人以上だと窮屈すぎる所があったので、大人数でやるときは入れても良いかも・・・

探偵クラブ

Detective Club

評価:6/10

「ディクシット」風カードでやる「エセ芸術家ニューヨークへ行く」。

出題者がお題を決めて、他のプレイヤーに教えるのだが、一人だけお題を知らせてもらえないプレイヤーがいる。
そのプレイヤーは、さもお題を知っているかのように、お題に沿ったイラストカードを出す。

出題者は、お題を知らないプレイヤーの味方なので、ゆっくり進行したり、紛れやすいお題を出すことで手助けをする。

二つのゲームを組み合わせただけだが、それぞれの良さを十分引き出している。
ただ、お題公開後に、自分が出したカードの意味を説明するパートがあって、ここは得手不得手が出そうで、少し心配な箇所ではある。(説明しないバリアントルールもある)

ダイスビンゴ(新版)

Würfel Bingo

評価:5/10

6✕6バージョンが追加された「ダイスビンゴ」。

連番が5つでもいいようになっているので狙いやすい!
回数が増えるので、ダレるかと思ったがそんなことは無かった!

台湾製茶録

Fomosa Tea

評価:5/10

台湾の茶産業の歴史。

SOSOスタジオの新作。

ベースはワーカープレイスメント。

アクションエリアが、茶摘みエリア、製茶エリア、販売エリアにわかれている。

茶摘みエリアと製茶エリアの関係性が変わっている。

茶摘みエリアにワーカーが置かれると、同じ列にある製茶エリアのワーカーも連動して前に進む。

最後のマスまで移動するとお茶を完成させるのだが、そのワーカーは手元に戻ってきて、そのラウンド再び利用可能となる。

他プレイヤーのワーカーでも連動して動くので、上手くトレンドにのっていくことが大事になる。

システムが独特で見どころはあるのだが、そこを際立たせる方法が雑に感じた。

要素の繋がりが見えにくいので、2回目からが本番のゲームっぽい。

少しルールを間違えてプレイしていたので、もう一度遊んで再評価してみたい。

多重塔

Tajuto

評価:6/10

袋引きで六重の塔作り。

クニツィアのエッセン新作。

袋の中の塔パーツを手探りで引いて積み上げていく。

段数は手の感触で大体わかるが色はわからない。

その驚きを楽しむワーキャーゲームかと思ったのだが、そこはクニツィア!

意外と考えどころがある!

それを生み出しているのは塔パーツを1つだけ保持しておくことが出来るってルール。

各パーツは1つしかないので他プレイヤーへのけん制としてだったり、自分の次の踏み台として保持する。

塔を建設することで得られる瞑想ポイントを使って、アクションを増やすタイルだったり、得点タイルを購入していく。

これらのタイルの取り方でプレイヤー毎のプレイスタイルが確立していく。

ダイスやカードめくりに比べて、袋引きの方が引いた時の盛り上がり方が良い気がする。

引きの前に溜めが作れるのが良いのかな?