Skip to content →

タグ:

タバヌシ:ウルの建築士たち

Tabannusi: Builders of Ur

評価:6/10

「テオティワカン」「テケン」に続くタスチーニの新作。

タスチーニ作によく見られる細かい処理分岐が全然頭に入ってこないのは相変わらず・・・
なのだが、色々と見どころのあるゲームデザイン。
ダイスによるアクション選択の面白さ、次手番のアクションを見せて計画を立てやすくする工夫、建設地と建物のウィンウィンのインタラクション等々。

最近のタスチーニには苦手意識があったのだが、今作は良い。
過去作も調べてみたら好き嫌いの法則性が分かった!

ネームクレジットでタスチーニが最初に書かれているゲームは苦手。
後にタスチーニが書かれているゲームは好き。
前者は「テオティワカン」「テケン
後者は「ツォルキン」「マルコポーロの旅路」「カウンシル・オブ・フォー」「トリスメギストス」等々
ゲームデザインの幹を作るのは苦手だけど、デザインの引き出しの多さは凄いってことだろうか。(あくまで個人的な感想だけど・・・)

タイムライン・チャレンジ

Timeline Challenge

評価:5/10

様々な形式のタイムライン。

「4枚のカードそれぞれの年代レンジを当てる」
「2枚のカードの差を当てる」
「1枚のカードの西暦をセットして各桁の成否判定」
等々・・・
様々な出題形式で争う。

敗者逆転要素として、最下位2人のタイマンバトル等、TVショー的な味付けもあって遊びごたえがある「タイムライン」。

探偵稼業

Detective Life

評価:5/10

手札制の神経衰弱。
曼荼羅」の麻生忠嗣さん作。

タイル構成は8色×6キャラクター。
同じキャラクターを連続して指摘するのが目的。

山札ドローした後に他プレイヤー1人と手札を交換して情報共有する。
同じキャラクターのタイルの所在が大体わかったら1枚ずつ選択していき、成功した分だけ獲得できる。
最終的に獲得したタイルでマジョリティ争いをする。

システム的には良く出来てるのはわかるんだけど、いかんせん記憶がしんどすぎる・・・
「曼荼羅」もしんどいゲームだったので、デザイナーの趣向なのかな。

ちょっと遊ぶ人に求めるスキルが高すぎる気がする。
テンポを良くしたり、記憶要素を減らしたりして、もうちょっと気楽にしてくれた方が好み。

大聖堂拡張セット

The Pillars of the Earth: Expansion Set

評価:5/10

6人まで遊べるようになる拡張。

「大聖堂」と言えば、ワーカーの袋引きだが、多人数だと流石に運が過ぎるということか、
各自3つ目のワーカーは袋から出しておいて、早くアクションをしたプレイヤーは3つ目のワーカーの順番が遅くなるルールが追加されている。

あと、いくつかのアクションエリア、カードが追加されている。

過去の名作とされるゲームは「遊び直しても変わらず面白い」(ともすると当時よりも面白く感じる)ものと、「最近のゲームと比較して色褪せて感じるゲーム」があるのだが、今作は後者。

同作者同時期の「キューバ」は前者だった。

単に多人数に向いていなかっただけという可能性も否めないが・・・

タケ

TA-KE

評価:4/10

日本がテーマの二人用ゲーム。
エルガウチョ」のデザイナー。

中央に5山並んだチップスタックから1枚ずつ獲得していく。
取ったチップの下から現れたチップの種類で得点計算が発生。

得点は、(中央の山に見えているその種類のチップの数)×(自分の獲得したそのチップの数)。
得点計算はどちらの手番であっても両方のプレイヤーに対して発生する。

あと、獲得したチップを消費することで特殊能力を使えたりする。

ルールにおかしな部分は無いのだが、いかんせんプレイ感が地味・・・
双方に対して得点計算が発生するので、大きな差が付きづらく徐々に点差が開いていく感じになる。

繰り返して遊ぶと味が出てきそうな気もするが・・・初回の退屈さに挫けてしまった。

ダイナソーアイランド:ロールライト

Dinosaur Island RAWR'N WRITE

評価:5/10

「ダイナソーアイランド」を紙ペンゲーム化。
最近増えてきている複雑な紙ペンゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

「ダイナソーアイランド」の要素をそのまま、紙ペンゲームに落とし込んだ感じ。
建物配置にちょっとしたパズル要素が追加されているが、大して悩むことは無い。

相変わらず「ジュラシックパーク」的な雰囲気はバツグンで、危険度と箱庭づくりのバランス取りは楽しい。

でも、TabletopiaのUIがダメ過ぎて、遊びにくい遊びにくい・・・

長時間紙ペンゲームが増えてきているが、個人的にはあまり魅力を感じない・・・
製造コストを考えると作りやすいんだろうけど、通常のボードゲームと比べると絶対的にワクワク感が劣る・・・

ダイブ

Dive

評価:6/10

村の通過儀礼で聖なる石を素潜りで拾う。
シットダウンゲームの新作。

透明なプラスチックシートを重ねて海を表現。
上からのぞいて、何枚目に何がいるかを予想。

各プレイヤーは、マイボード上にチップをプロットして計画を立てる。
と言っても難しくは無くて、1~5のチップを1~5層目に好きなように分配するだけ。

全員がプロットしたら、1枚ずつシートをめくって何がいるか確認していく。
各階層毎に数字比べして、一番数字が大きいプレイヤーがそこの恩恵を得られる。

また、チップの表裏で「その層にサメがいるかいないか」の予想も行う。
これが外れてしまうと、そのプレイヤーはダイブはそこで終了で、それ以降の階層のチップは無効となる。

透明シートのギミックが全てのゲーム。
「大人だったら、大体わかっちゃうんじゃない?」と思ったんだけど、想像以上にミスる。
変わったコンポーネントを使うと、デザイナーが意図しない結果になりがちだけど、今作はしっかり狙い通りの難易度になっている気がする。

他の部分は最小限のルールにしているのにも好感が持てる。

ただ、何回も遊ぶゲームとしての耐久性は無いかも・・・
変わり種ゲームとして色んな人に披露するのには良さそう。

探偵ナーゼ

Inspektor Nase

評価:5/10

親が子にお題を伝える協力ゲーム。
「アンユージュアルサスペクツ」やら「シミロ」系。
シュタウペの新作。

場に並んだ5つのカードのうち正解の1つを子に伝える。
伝え方はダイスのイラスト。
親は、5つのイラストダイスをふって、そのうち1つを「正解のカードを表すもの」として出す。
子プレイヤーは相談して、「正解じゃない」と思うカードを1枚除去。

これを繰り返して、正解の1枚だけを残すことを目指す。

偶然にも、前に紹介した「シミロ」とソックリ。
イラストダイスってのが特徴だけど、それが特に面白さに貢献してはいないかな。

あと、大人同士で遊ぶと、簡単すぎる気がする。
子供の奇想天外な発想を大人たちが楽しむのが正解かも。

大猟

Fette Beute

評価:4/10

カード2枚プロットで餌の奪い合い。
アミーゴの新作。
Tabletopiaでプレイ。

各自が同じ構成の動物カードセットを持つ。
ここから2枚を伏せて出し、順番に1枚ずつ公開して、その効果を発動していく。

カード効果は
・食料カードを山から1枚獲得
・食料カードを他プレイヤーから1枚奪う
・1枚奪いを防御
・1枚目をコピー
・1人だけ出すことが出来れば食料カード3枚ドロー、2人以上出したら出さなかったプレイヤーが1枚ドロー

最初に同じ種類の食べ物を5枚揃えたら勝ち。

大体3ラウンド目か4ラウンド目が肝となるので、それまでにリーチを作っておいて、かつ先手番でないと勝ち目はない。
ちなみに、手番順はラウンド毎に自動で回るタイプだ。
その勝機をつかめたら、心理戦2択に勝つか負けるか。
もしくは、その前のラッキードローであっさり勝負が決するか・・・

浅い・・・

タイニータウン:ビレッジャーズ

Tiny Town : Villagers

評価:6/10

「タイニータウン」の拡張第2弾。
拡張のペースが早い!

新たな建物と、村人駒の追加。

各自のボード上に村人駒3つ。
村人駒のいるマスに資材駒を置いて建物を完成させると、その建物に村人が住み込む。

そうやって建物に住んでいる村人を消費することで特殊能力が使用できる。

村人の特殊能力はゲーム開始時にランダムで決まる2種類。
今回は、「建築コストが1つ少なくできる」と「建物1つを別の建物に建て替えられる」だった。

第1弾よりは良いと思うが、今拡張も新鮮さよりもややこしさが勝っている印象。
基本だと単純すぎると感じていたり、もうちょっとソロ寄りにしてほしいって感じている人には良い拡張かも。