Skip to content →

タグ:

コーラ:ライズ・オブ・アン・エンパイア

Khôra: Rise of an Empire

評価:6/10

慶應HQの「インプルーブメント・オブ・ザ・ポリス」の海外版の逆輸入日本語版。

システム的な変更な無さそう。
イラストやボード等、コンポーネントがリッチになっている。

日本でリメイクされたバージョンもあって同人版からは大分綺麗になったのだが、カードや箱絵がどうも垢抜けて無かった。
今回のリメイクでようやくどこに出しても恥ずかしくない見た目になれた気がする。

これで、慶應HQの名が海外からも注目されて、何年後かにアッキトッカ的な復活を果たしてくれないだろうか。

ゴッドスピード

Godspeed

評価:5/10

宇宙開発ワーカープレイスメント。
新人デザイナー。

職種の異なるワーカーを5つ持っている。
これでワーカープレイスメントするのだが、使えるのは2つだけ。
他の3つは何に使うかというと、ラウンド開始時の悪いイベント回避と資源獲得順の競りに使う。
イベントと競りはワーカープレイスメントの前。
自分がやりたいアクションに必要なワーカーは保持しつつ、残りを競りに突っ込むか、ワーカープレイスメントでの選択肢を増やすために競りではワーカーを温存するかで悩むのがこのゲームの面白どころだろう。

他はオーソドックスな目標達成、建物建設、トラックのマジョリティ争い等々・・・
見所は無いが、しっかり調整されていて手堅くまとめたゲームという印象。
見た目はゴツいけど、要素はスッキリしてるしね。

一番緩いと思われる4人プレイだったので、そこまで緊張感は無かったが、3人や5人だとワーカーの使い道がより悩ましくなりそう。

護民官:拡張

Tribune: Expansion

評価:6/10

護民官」の拡張。
新たなアクションエリアの追加と、ブルッティープレイヤーの追加による6人プレイ対応。

追加されるアクションエリアは3つ。
「奴隷市場」は新たに追加された奴隷カードを消費して、奴隷効果を発動するか、勝利条件の1つである「パトロン」タイルを獲得できる。
「大聖堂」は毎ラウンド公開される「皇帝の寵愛」タイルの条件を達成することで獲得できる。
「皇帝の寵愛」タイルも新たな勝利条件の1つ。
「カンピドリオ」では「特殊能力」タイルを獲得できる。

「パトロン」と「皇帝の寵愛」の2つの勝利条件が追加されたわけだが、どちらも獲得にお金が必要になるので、基本ゲームにあった「お金」の勝利条件が無くなっている。

あと、プレイヤー人数を増やすためなのか、1人のプレイヤーがブルッティープレイヤーとして参加できる。
ブルッティープレイヤーはワーカーを持っておらず、専用のアクションカードをプレイすることで行動を決定する。
今回、ブルッティープレイヤーをやらせてもらったのだが、できるアクションが、「他プレイヤーが取らなかったカードを取る」や「他プレイヤーが乗っ取りを行わなかった派閥の乗っ取りを行う」等々・・・
全然、自分の狙った行動が出来ない!
NPCみたいな存在感であまり面白くは無かった。

ブルッティーの方はさておき、新たなアクションエリアの追加は複雑になりすぎず、プレイ幅を広げていて良いんじゃないでしょうか。

護民官

Tribun

評価:6/10

ワーカープレスメントで獲得したカードでマジョリティ争い。
サンクトペテルブルク」や「ディマッヒャー」のシュミール作。2007年。

ワーカーの配置フェイズと実行フェイズが別れているタイプのワーカープレイスメント。
アクションエリアは「カード・お金獲得」と「派閥の乗っ取り」の大きく2種類にわかれていて、前者で獲得したカードを使って、後者を実行する感じ。

で、派閥は乗っ取りを実行した瞬間のボーナスと、自分が支配している間のボーナスがあり、このボーナスが派閥によって様々。
ゲームの勝利条件が6種類あって、最初にそのうち3種類を達成したプレイヤーの勝利となる。(達成数を増減することでプレイ時間を調整できる)
この勝利条件と派閥のボーナスが複雑に絡み合っているので、日本語化したサマリーは必須。

昔、遊ばせてもらったような気がするのだが、内容は全く覚えていなかったので新鮮な気持ちで楽しめた。
複数の勝利条件が設定されていることで、特定の派閥に固執しにくくなっていて、派閥の乗っ取りが思った以上に爽やか!
さらに想像以上のスピーディーなゲーム展開が好印象。

時代に埋もれているゲームっていう印象だけど、未プレイの人は一度遊んでみると良いと思うよ。
第2版も発売されたみたいだけど、シュピールヴォルクスの限定発売だから手に入りづらいかも・・・

(追記)
10年前に記事をアップしていた・・・
全然感想が違う・・・
自分でルールを読んだことで理解が深まったのか、趣向が変わったのか・・・

コンテナ(10周年記念版)

Container

評価:7/10

コンポーネントが大きくなった新版をプレイ。
「投資銀行」という追加ルール付き。
旧版のショートルール(コンテナの総数を減らす)が通常ルールになっている。

プレイ自体久々。
自身の行動がバタフライ効果的に世界に影響を与える感じは、まさに経済ゲーム!

新版での追加要素である「投資銀行」は、金でコンテナを、コンテナで金を競ることが出来るようになっている。
やりたいことが無い時の逃げ道として機能するほか、借金や島での入札を断った際のお金が世界に循環するようになるので、序盤に起こりがちなデフレが緩和されている。
中々良い追加ルールなんじゃないでしょうか。

思い返してみると、色々考えがわいてくるので、そこまで間を置かずに再戦したい。

ことばのクローバー!

So Clover!

評価:6/10

8種類の単語を4つの単語で伝える連想ゲーム。
今年のSDJ推薦リスト入り。

マイボード上にランダムでカードを4枚セットする。
マイボード上の各辺に2つの単語が並ぶことになるので、それら2つの単語を表す1単語を、その辺に書き込む。

そうやってすべての辺にヒントを書き込んだ後に、カードを取り外してそれらに山からダミーのカード1枚を加えて他のプレイヤーに見えるように公開する。

他のプレイヤーはヒントを元に、最初にセットしていたであろう位置にカードをセットしていく。

お題を書いている時点では「これじゃわからないだろう・・・」と思うのだが、実際に解いてもらうと、意外とスルスルと気持ちよく解いてくれる。
解く側も解かれる側も、うまく進むと気持ちいい。

故宮:叛軍

Gùgōng: Pànjūn

評価:6/10

「故宮」の拡張。
4つのモジュールが追加。

今回は、4つ目の「追加の布告と新たな贈り物カード」以外を適用して遊んだ。

1つ目は「好山園エリアの追加」。
新たなアクションエリアでマジョリティ争いを行う。
ラウンド最後、もしくは特定の値のカードがプレイされる度に決算が行われ、マジョリティを取っているプレイヤーがボーナスを得られる。

2つ目は「小作農の叛乱エリアの追加」。
新たなアクションエリアで、簡単にキューブを獲得できる。
使いすぎると叛乱が発生して、各プレイヤーは捨て札からカードを1枚同時出し。
これによって、出した捨て札がを手札に回収出来たり、宮殿トラックを1歩後退させられたりする。

3つ目は「宮殿の階段」。
何も効果の無かった宮殿トラックが、2ルートに分けられる。
片方は収入or支払いがあるトラック。
もう一方はマス数が少ないが、マスに入る時に条件があるトラック。

拡張無しの「故宮」はベースシステムは面白いものの窮屈過ぎる印象があったのだが、それを解消してくれる拡張。
2つのエリアの追加でキューブが不足しすぎることは無くなるし戦略幅も増えた。
宮殿トラックの変化は展開の単調さを緩和してくれる。
拡張を遊んだ後だと、拡張無しは遊べないかな・・・

コネクト 37

Connect 37

評価:6/10

タイル配置で連番を作る。
カワサキファクトリー新作。

1~37のタイル。
手札2枚。手番開始時に1枚ドロー。

共通ボード上の好きな場所にタイルを置いてから、「そのタイルの上にチップ(or ダブルチップ)を置く」か「手元のチップを重ねてダブルチップにする」かを行う。

これを繰り返して、最終的に4つ以上数字が連続しているタイルグループ上のチップが得点。

ルールはこれだけ。
これだけなのだが、とても良く出来ている!

連番を作る際の協力と妨害のバランス。
絶妙に状況を変化させるのに広すぎず狭すぎない盤面。
チップを積み重ねて好機を待つか、薄くでも機会を増やすかの戦略性。
ゲーム開始時に何枚か抜かれたタイルによる運。

このシンプルさで、この悩ましさは完全にプロの所業。
見た目も完全に商業品レベル!

多くの人同様、僕も「なんで手番開始時にドローなの?」という疑問がわいた。
ダウンタイムを減らすなら手札3枚で手番終了時にドローの方が効率的だ。
あえて手番開始時にして、引けるか引けないかのドキドキを優先したとよんでるのだがどうだろうか。

ドローのタイミングよりも、同点が起こりやすいゲームなので何かタイブレイクを付けて欲しかったかな。

ゴースト

Ghosts

評価:5/10

クニツィアのカウントアップ系。

「有頂天」や「精霊さん」のリメイクみたい。
リメイク元を遊んだこと無いので違いは不明。

1~3、6スートが3枚ずつ+ミストカードが6枚。

手札からカードを1枚出して、カウントアップしていく。
カウントが8以上になるものしか無ければ(もしくは自主的に)場のカードを全て引き取って-1点。

特にプレイするカードに縛りは無いのだが、直前と同じスートのカードを出すとカウントアップしない&手番順が逆回転になる。

なので、カウントが7になると、その隣のプレイヤーと同じスートの出し合い合戦が始まることになる。
対岸でそれが始まると「おー!やっとるな」と野次馬感覚でみることになるのだが、「ミスト」を出すと自分の手番をスキップできるので、急にその戦いに参加する羽目になったりする。

そこまで戦略めいたものは無い手軽なゲームなんだけど、山が一周しかしないので出たスートを覚えておくと若干有利になる部分だったり、同じスートの出し合いによって自然と盛り上がるゲームデザインは流石のクニツィアと言ったところか。

ゴースト・オブ・クリスマス

Ghosts of Christmas

評価:5/10

タイムパラトリックス」のリメイク。
基本ルールは同じだけど、バリアントルールが付いている。

バリアントではビッドは無くなり、取ったトリック数で得点が決まる。
0トリック:6点
1トリック:1点
2トリック:2点
3トリック:3点
4トリック:4点
5トリック:5点
6トリック以上:0点

元のルールではミゼールに点が無いのが不満だったので、これは良いのでは!と思ったのだが・・・
今度はミゼールが強すぎる・・・
0トリックは3点ぐらいで良かったんじゃないだろうか。