Skip to content →

探偵クラブ

Detective Club

評価:6/10

「ディクシット」風カードでやる「エセ芸術家ニューヨークへ行く」。

出題者がお題を決めて、他のプレイヤーに教えるのだが、一人だけお題を知らせてもらえないプレイヤーがいる。
そのプレイヤーは、さもお題を知っているかのように、お題に沿ったイラストカードを出す。

出題者は、お題を知らないプレイヤーの味方なので、ゆっくり進行したり、紛れやすいお題を出すことで手助けをする。

二つのゲームを組み合わせただけだが、それぞれの良さを十分引き出している。
ただ、お題公開後に、自分が出したカードの意味を説明するパートがあって、ここは得手不得手が出そうで、少し心配な箇所ではある。(説明しないバリアントルールもある)

Published in ボードゲーム