Skip to content →

カルバ

評価:6/10

黄色じゃないHABAシリーズ。

ドーン作。

「テイクイットイージー」に代表される、みんな同じタイルを自分のボードに置いていく系ゲーム。

4色の探検家と遺跡駒をボードの淵に配置してゲームスタート。

タイルを置いて同じ色の探検家と遺跡を繋ぐことを目指す。

が、ただ繋ぐだけではダメで探検家駒を進めないとイケナイ。

タイルを配置せずに捨てることで探検家は進む。

「絶対に配置しないとイケナイんだけど、これをどこに配置すりゃ良いんだ!?」っていう苦しさがこれ系ゲームの楽しさの一つだと思うんだけど、それを削ってるわけです。

その分、遺跡の早取りボーナスによっていつ探検家を進めるかの選択に楽しさがある。

苦しい楽しさよりも、プラスの楽しさを優先したってことだろうか。

あと、タイルによってはダイヤや金塊が置かれて、それを探検家で拾っていかないとイケナイ。

遺跡の早取りとゆっくりダイヤ回収のバランスをとっていくわけです。

同系統と少しプレイ感が違っていて楽しい。

他の同系統ゲームと同じく安定性はバツグン。万人受けするだろう。

Published in ボードゲーム