Skip to content →

大聖堂の建築

評価:5/10

小説「大聖堂」の二人用ゲーム。

フェルト作。

3×3に並んだカード。

2人がこのカード上に縦横斜めの列にマーカーを置き合う。

2人が被った場所は競りで取り合う。

この競りが変わっていて、値付けの際にチップをコイントスして、表になった方が自分のビット額になる。

チップは何枚でも使えるので、コイントスの運が悪くても何枚も使えば競り落とすことは可能。

後は、カード効果をアレコレして、資材を取ってお金取って建設っていう定番の流れ。

ってことで、今回のフェルトポイントは上記のマーカー配置とコイントス競り!

残念ながら、これといった新鮮味はないね・・・

Published in ボードゲーム