Skip to content →

セブンドラゴン

評価:4/10

正体隠匿と色合わせ。

「アクエリアス」のリメイク?(どっちが先だ?)

最初に、各プレイヤーの色が秘密裏に配られる。

各自、その色のドラゴンを7枚接続することを目指す。

カードプレイによって、色をつなげていく感じはクニツィアの「京都」っぽくもある。

そこに正体隠匿要素をプラス。

中々良さげだが・・・

特殊カードが解せない!

手札を全てチェンジしてしまうものから、「全員がゴールカードを時計回りに回す」ってとんでもないものまで。

これらの特殊カードによって、途中段階の無意味さたるやスゴいものがある。

途中まで他のプレイヤーに作らせておいて、最後に奪って完成させれば良いのだ。

特殊カードを抜いて遊べば、良い感じになるかも・・・

そうなると、収束性がヤバイかな?

Published in ボードゲーム