Skip to content →

コプラス

評価:5/10

「コ」と「+」のタイルを使ったタイル配置ゲーム。

数奇ゲームズの新作。

「ブロックス」のようなタイル配置ゲームなのだが、タイルが「コ」の形と「+」の形の2種類しか無い。

「コ」「+」「コ」「+」・・・と交互にタイルを置いていく。

タイルは既存のタイル(自分のじゃなくても良い)に隣接する形で置いていく。

タイル配置時の地のマークが大事で、キャラクターの目の合計が得点となる。

ただし1回の得点が10点以上になるようなタイル配置は不可。

誰かがタイルを置けなくなったらゲーム終了で、自分の中の最大グループ以外のグループは減点対象となる。

つまり、3、3、2という3グループを作ったら2のグループは減点対象。

あと、全体での最大ボーナスと1ブロックだけのグループには減点がある。

この得点形式が肝になっていて、一つ大きいグループを作るか、小さいグループをたくさん作るか、戦略の幅を出している。

細かいルールや盤面のアイコン数えが「楽しさ」よりも「煩雑さ」を押し出してしまっている。

アブストラクトは少ないルールの方が美しく感じる。

Published in ボードゲーム