Skip to content →

指輪物語:指輪の持ち主

Der Herr der Ringe: Der Ringträger

評価:5/10

指輪物語テーマの協力ゲーム。
カルカソンヌ」デザイナーの新作。

手札4枚なのだが、3枚は普通に、1枚は他プレイヤーにだけ見えるように持つ。
あと、指輪を1人が保持する。

滅びの山までのルートをカードをプレイして進んでいく。

手番では、まず見えているサウロンカードを指輪保持者の前に置く。
場に出たサウロンカードと同じ枚数だけ黒の乗手が前進。
黒の乗手に追いつかれると敗北。

あと、指輪保持者の前にサウロンカードが5枚溜まると、そのプレイヤーは闇落ちしてサウロン陣営になる。
サウロン陣営になると「プレイヤーの負け」=「そのプレイヤーの1人勝ち」となるので、どんどん妨害してくる。

サウロンカードが溜まる前に指輪カードを使用することで指輪保持者を変更でき、そうするとサウロンカードはリセットされる。

カードドロー時に1枚だけ裏向きで持つことを選べる。
他プレイヤーの選択肢が広がるので、そうしていきたいのだが、サウロンカードだった場合悪いことが前倒しになるっていうジレンマがある。

なかなかテーマと合っているし、オリジナリティもあって良いんじゃないでしょうか。

Published in ボードゲーム