Skip to content →

メドウ

Meadow

評価:6/10

「ウィングスパン」以降、たくさん発売されている自然テーマゲーム。
ドリームホーム」デザイナーの新作。
Tabletopiaでプレイ。

オールユニークな水彩画イラストカードが200枚以上というのが売りっぽかったので期待せずに挑んだのだが、遊んでみると面白い!

各自が自分の前にカードをプレイしていって生態系を作っていく。

土地は自由におけるが、得点はなし。
生き物には配置条件があって、必要なアイコンが既に場に配置されている必要がある。

必要となるアイコンの上にカードの置く必要があり、そうすることでアイコンが隠れてしまう。
このルールが秀逸で、ただ気持ちよくなる拡大再生産ではなく、やりごたえのあるパズルになっている。

カード獲得方法が少し変わっていて、手持ちの数字タイルをメインボードの脇に置いて、そこから数字分進んだ先にあるカードを獲得する。
メインボードは列毎にカードの種類が異なっているので、このルールが生きている。
また、ゲーム中盤でカードセットが入れ替わり、数字タイルの価値が変わってくるのにも感心させられた。

「ウィングスパン」フォロワーのゲームは雰囲気重視でシステムはおざなりなものが多い印象なんだけど、このゲームはシステムもしっかりしている。
ルールを読んだ段階だと、そこまで期待してなかったんだけど、遊んでみると「アイコンの特徴づけ」「ゲームをダレないようにする中盤の工夫」「タイルの使用順の悩ましさ」等々・・・感心させられる部分が多かった。

遊んでいる最中は「思ったよりも面白いぞ!」ぐらいだったのだが、後から反芻していると細かい気遣いが見えてくる感じ・・・

もちろん売りとなっている綺麗な水彩画イラストも楽しさに貢献しているだろうから、実物でも遊んで、再評価してみたい。

Published in ボードゲーム