Skip to content →

プロフティア

Profiteers

評価:6/10

舞台は南北戦争。
プレイヤーは武器商人となって暴利をむさぼる。

南軍、北軍それぞれに武器を提供して債券を獲得する。
提供した武器で、戦況をコントロールすることで債券価値を上下していく。
戦争が終結すると勝利した陣営の債券価値は上がり、敗北した陣営の債券は紙切れとなる。

最終的に一番金を儲けたプレイヤーの勝ち。

武器の提供以外に、葬儀屋や酒場を経営することも出来て、葬儀屋は激戦になって死者が出るほど儲かり、酒場は戦闘が起こらず兵士が余るほど儲かる。
これらの商売を重視するプレイヤーは債券が出回る前に早期終結させるか、引き分け終了として債券価値を下げることを目指すことになる。

戦争テーマだけど、プレイ感は株ゲームっぽい。
そう捉えると、銘柄が2種類だけなのだが、上記「葬儀屋」や「酒場」等の特殊カードが単調にならない工夫として効いている。

少し変わったシンプルゲームが好きな人に受けそう。
もう何回か遊んでみたい。

Published in ボードゲーム