Skip to content →

タグ: boardgame

ヤジルス

評価:3/10

ウノ+絵合わせパズル

カード配置の部分が、ウノの良さであるテンポの良さ消してる感じ。

配置で悩むというよりは、カードを動かさないように気をつけて置くのに時間がかかる。

久々に体感した同人テイスト。

倉庫の街

評価:8/10

今回は、拡張なしでプレイ。

倉庫の街ってこんなにキツいゲームだっけ?

拡張ないとシンプルな分、キツいゲームになるなぁ。

キングダム

評価:7/10

得点タイルを置くか、自分の城を置くか。

手番にできるのはどっちか一つだけ。

高得点タイルを置いた上で、その隣に自分の城置きたい!

でも無理。

置きたい!

無理!

ジレンマ

ロンドン

評価:7/10

ワレスゲームって、軽い気持ちで手を出したら、怖いボードゲーマーが飛び掛ってくるかと思ってましたが、誰も飛び掛ってきませんでした。

カードを日本語化しといたからだと思います。

カード名から場景を想像できたので、終始穏やかでした。

トローデルおばさんの雑貨屋

評価:5/10

ボードを一周する間に色んな商品をバスケットにつめて、お題の3商品よりもギリギリ軽くなるのを目指す。

重さは本当に天秤にかけて重さを比べるんですが、この時の結果待ちのワクワク感はなかなかのもんです。

子供なら興奮のあまり奇声あげることでしょう。

僕は大人なので「ほぉ、なるほどなるほど」と言います。

ドメモ

評価:6/10

他の人の目線や仕草からも推理しだすと、チャクラが開放されて大自然と一体になれます。

あんまりボードゲームやったことない人に、「これが海外ボードゲームじゃ!」とかます為に生まれたゲーム。

マンハッタン

評価:4/10

昔のゲームだけあって、ちょっと尖ったゲームデザインです。

イラストも尖っています。

パワーポイントの素材のように尖っています。

ストリームス

評価:6/10

能動的ビンゴ。

自己最高記録の100点が出ました。

上達している気がする。

いかさまゴキブリ

評価:8/10

前回の反省をふまえ、8人でプレイ。

正式なプレイ人数の3~5人を完全に無視してますが、初期手札を7枚にしたら全然問題なく遊べました。

8人もいるとさすがに目が行き渡らなくて、イカサマしまくり。でも、それが良い。

気がつけば床にカード落ちまくってます。

前回とは違い、えらい面白かったです。

ルールに曖昧な部分が多いので、今回決めたルール。

・警備役が変わったら、手番は新しい警備役に移り、警備役が一枚プレイするか1枚引くまでイカサマ禁止。

・山札尽きたら、山札を作り直すまではイカサマ禁止。

・蟻カードの処理や、蚊カードの処理中はイカサマあり。

・ゴキブリカードの上にカードを重ねられるのは、ゴキブリカードをプレイした人以外。

・ゴキブリカードの上に重ねられたカードの効果は有効。

・イカサマ指摘は現行犯のみ有効。

・警備役はクモや蚊で人に渡すカードでも蛾のカードを渡して良い。

イカサマにも有る程度のルール(2枚以上同時はダメとか)があるので、実は紳士のゲーム。