Skip to content →

タグ:

ワバンティ

評価:4/10

盤面のマットやナットが渋いアブストラクト風ゲーム。

40年前のゲーム。

ナットを自分の陣地に導くのがゲームの目的。

手番ではダイスを5個振って、全ダイスを使ってナットの移動を行う。

2~6の目ダイスは目の数と同じナットの列をまとめてズズズっと1マス移動させる。

1の目ダイスは好きなナットを1マスだけ動かせる。

移動の結果ナット群が2つに分離しちゃうような移動はできない。

この分離禁止ルールがゲームを悩ましいものにしている。

ナット数は限られているので、全体的にズルズルと移動させないと陣地まで持っていけないようになっている。

今回、5人プレイだったのが、これがダメだった。

1ゲーム目は、初手番と2番手だけでゲームが決着。

2ゲーム目は、もつれこんでゲームが終わらなくなって協議終了。

多人数だと思惑が絡まり、ナットの形状も絡まり・・・ゲームが終わらないのだ。

と、酷いゲームなのだが、切り捨てられない魅力がある。

ナットが有機物のように動き読み切れない。

ダイスによるランダム要素がそうさせるのか。

少人数だと、マシになりそうな気もするので二人プレイとか試してみたい。

ワンダーランド

評価:5/10

ミニチュアのテーマパークをみんなで観光。

手番には、自分の駒を2マスまで動かすだけ。

そうやって、各自がもっている目的カードに記されたマスへ自分の駒を移動させることを目指す。

誰かが移動すると着いていくことができるってのが特徴。

着いていくのはノーコスト。

なので、気楽に着いていける。

このみんなで移動する感じが、テーマと合っていて非常に楽しい。

まぁ、ゲーム的に考えるとあまり相乗りされたくないので、地味な移動をしがちにはなるけど・・・

今回は絵葉書重視のプレイヤーが一人もいなかったので、5つの目的を如何に達成するか勝負になった。

絵葉書だと勝負にならないんじゃないかと思っていたが、最初から割り切っていけば何とかなる気もしてきた。

むむ、もう一回プレイしたくなってきた。

(追記)

絵葉書重視でやってみた。

結果2位なので、十分戦えそう。

でも、やっぱり目的カードの引き運は高いので評価6→5で・・・

もうちょい深みがほしかった・・・

分ければ資源

評価:6/10

崩さないようにゴミを積むバランスゲーム。

積む順番と個数は、カードプレイで決定される。

カードプレイ方法は全員一斉。心理戦です。

崩したらもちろんマイナスポイント。

積み切れたらプラスポイントになる。

だが、今回プレイした感じだと、全員が協力しないと積みきることは困難。

ゲーマーはギリギリの積み方しがちだからね・・・

見た目からなめてかかってしまったが、意外と面白い。

タイトルから伝わるエコ思想、しかと受け止めました。

ワニに乗る? 大いなる冒険

評価:6/10

ワニに乗る?がミッション達成形式に。

ミッションカードが3枚配られて、このカードを全部達成するを目指す。

カードには3つの動物が描かれていて、その3匹が接触したら達成。

バランスゲームとミッションの組み合わせは新しい感覚で楽しい。

ただ、動物が5種類しかいない中の3匹なので他のプレイヤーの手番に偶然達成してしまうことが起こりがち。

大人向けに、4匹カードも用意してほしかったなぁと思った。

ワイルドヴァイキング カードゲーム

評価:5/10

子供向け競りゲーム。

赤・青・黄の船カードを赤・青・黄のヴァイキングカードで競る。

ヴァイキングカードの補充タイミングも、競りのタイミングもダイス次第。

船カードの出る順番は3枚までわかっているので、そこらへんをみつつ競り値を決める。

子供向けにしては難しい気がするけど、ゲーマーには嬉しい難しさだ。

ワイン商

評価:5/10

自慢のワインセラーを作る。

手札のワインで場のワインを競って、手札が上限を超えたらピラミッド状にワインを積み上げる。

積み上げる時に、セットを作るとボーナス点が入るのだが、コイツが曲者。

ボーナスって聞くと、ついつい狙いがちになるのだが、あまり狙いすぎてはイケナイ。

手札を圧迫して、競りの自由度が下がってしまうのだ。

この自分で自分を制限する感じが苦しくも悩ましい。

そんなにボーナスを意識せずにもっと自由にやれば良かった。

裸足で駆け回れば良かった。

ワニに乗る?回してドボン!

評価:5/10

流木に乗ったワニに乗る?

基本的には、ワニに乗る?と一緒ですが、土台が回転するようになっていて、

ダイス目で「1回転」か「ちょっと回転」を出したら回転させなければならない。

でも、この回転アクションで崩しちゃうことはあまり無さそう。

ダイス6面のうち3面が、この回転関係なので、連続すると若干ダレることもある。

コマが全部違う動物っていう部分が個人的にはグッときた。

ワードバスケット キッズ

評価:5/10

普通のワードバスケットとの違いは

・2文字でもOK(最後の1枚は3文字以上)

・特殊カードの変更(「なんでもカード」、「どうぶつカード」、「たべものカード」「3文字以上カード」「4文字以上カード」)

です。

2文字OKなら、一瞬で終わるでしょ!!?大人よ!われわれ!

と思ったら、「れ」を前に硬直していました。