Skip to content →

タグ:

クアック&コー

Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg

評価:6/10

クアックサルバー」の子供向け版。

バッグビルドってのは同じだけど、手番システムはかなり変わっている。

手番制になっていて、手番では自分の袋からチップ1枚引くだけ。
チップに示された数字分だけ自駒を進めて、チップの種類に応じたボーナスを得る。

ハズレの「マジックハーブ」チップを引くと何もなしで次のプレイヤーの手番。
3枚目の「マジックハーブ」を引くと、それまでに手に入れたルビーを使って新たなチップを購入でき、全てのチップを袋に戻す。

これを繰り返して最初にゴールマスに到達したプレイヤーの勝ち。

子供向けとは言え、チップのボーナス効果は様々でコンボも組める。
手番制ながら、テンポが良くてサクサク進む。
これを遊ぶと元の「クアックサルバー」がややこしく感じて来る。

弱者救済具合も程よくて、自然と接戦となる。

逆にコレをベースに大人向け「クアック&コー」を作り直してくれないだろうか。

グレート・ウェスタン・トレイル(第2版)

Great Western Trail

評価:8/10

グレート・ウェスタン・トレイル」の新版。
細かい調整がされている。

数値的な変更点が多いのだが、ここら辺はやり込んでいる人しか違いはわからなそう。
大勢のマニアに研究されているゲームだろうから、多分バランスが良くなるように調整されているのだろう。
あとは、インディアンから盗賊への変更、駒の色の変更等のポリコレ対応。

牛の種類が1種類増えるヴァリアントが付いている。
新たに追加されるシンメンタール種は、カンザスシティー(ゴール)に着いたときに手札にあると成長して価値が高いカードと入れ替えられる。

よっぽどなファンじゃなければ買い替える必要は無さそうだけど、今後、新版のアートワークで2種類のマップ(独立拡張?)が出るのが悩みどころ・・・
旧版の「北方への道」拡張とも互換性が無いから、発売予定らしい新版用の拡張も買い替えないとダメだしね・・・
いやらしい商法だ・・・

グーテンベルク

Gutenberg

評価:5/10

活版印刷で様々な書物を作る。
エッセン新作。

活字やインクを手に入れて、個人注文や共通目標を達成して得点やお金を得ていく。

ラウンドの開始時にアクションキューブを5種類あるアクションにプロットする。
アクションにいくつキューブを置いても出来るアクションは1回だけなのだが、キューブの数が多い人から手番を行える。

コンポーネントの活字や歯車が派手で目を引くが、システム的にはオーソドックスな作り。
驚くような展開は無いが、変な部分も無いので安心して楽しめる感じ。

クレイジーレース(シャハト)

Crazy Race

評価:5/10

ムガル」「ステーションマネージャー」と同時に発売されたシャハト鉄道三部作の1つ。

ゴールまで行って折り返して帰ってくるスゴロクレース。
各プレイヤーは駒を3つ持っていて、それぞれ同時に進めていくのだが、既に自駒が占有しているスペースはスキップして進める。
なので、交互に駒を進めていくと歩数を省略できる。

駒が進むのを決定する方法は競り!
毎ラウンド4種類の移動方法が提示されるので、そこにカードを裏向きで置いていき、公開して合計が一番大きな額のプレイヤーが移動権を得る。

裏向きでカードを置いていくタイプの競りゲームは苦手なジャンルなのだが、構造がシンプルで他プレイヤーの気持ちの読み解きがやり易く、ギリギリ楽しめた。

ただ、競り負けたプレイヤーのカードは(ほぼ)全没収というシビアさで、優しさは無い。

クァンゴ 

QANGO

評価:4/10

シンプルな二人用アブストラクト。

交互に自駒を置いていって勝利条件を満たした方の勝ち。
勝利条件は
「1つのエリア3マス全てに自駒を置く」
「2×2の正方形の形で自駒を置く」
「直線5マスに自駒を置く(斜め可)」
のいずれかを満たせば良い。

2回遊んだ限りだと先手が異常に有利で、4,5手番で勝負が決してしまう。
単に僕のアブスト力が足りないだけなのか・・・

クエスト

Quest

評価:7/10

レジスタンス:アヴァロン」の続編(?)。
同じくアーサー王陣営とモルドレッド陣営の戦い。

ベースシステムは同じなのだが、短時間化される工夫が施されている。

まず、リーダーが作戦メンバーを決めた後の投票が無くなっている。
リーダーの言うことは絶対!
ただし、一度リーダーを務めたプレイヤーは2度とリーダーになれない。
リーダーは次のリーダー役を指名する。

「アヴァロン」では、悪が負けた時にマーリンを当てる大逆転チャンスがあったが、今作は逆。
善が負けた場合、善のラストチャンスがある。
話し合いの後に全員が両手で「悪だと思うプレイヤー」を指さす。
悪は正直に手を下げて、残った善のプレイヤーが悪全員を指していて、かつ1人も善を指していなければ逆転勝利。

ルールを絞り短時間化させつつ、ゲームの肝は残した良いアレンジ。
様々な能力を持ったキャラクターも15種類ぐらい付属しているんで、人狼をやり込んでいるプレイヤーでも満足できるんじゃないだろうか。

グレンモアII:クロニクルズ

Glen More II: Chronicles

評価:7/10

「グレンモア」のリメイク。
今風にルールをアレンジ。更に8つの拡張が入っている。

1ではタイルの配置制限として道と川があったが、川だけになっている。
これは悩み所が絞られることになって良い変更じゃないだろうか。
ただ、イラストの川が分かりにくいので配置ミスが起こりやすくなっているのはマイナス・・・

あと、1では除去した駒でマジョリティ争いしていたが、これを開始タイルの城の上にいる駒数に変わっている。
あんまり意味合いは変わっていないかな。

一番大きな変更点は人物タイルの追加。
人物タイルは獲得しても自分の領土に配置せず、代わりに専用ボード上のボーナスを獲得できる。
このボーナスは早取りなのだが、後になれば配置コストが安くなるようになっている。
見るところが増えるので、人によって評価が分かれそうだけど、個人的には十分許容範囲内。
良い追加要素だと思う。

後は8つの拡張要素。
今回は一番簡単そうな「ハイランド人」ルールを入れたけど、これはあまり大きな影響が無さそう。
でも8つも拡張があれば末永く遊べて良いんじゃないでしょうか。

デメリットは箱が大きくなりすぎていることかな・・・
どうにかコスモス大箱ぐらいのサイズに収めてほしかった・・・

クレイジータイム(新版)

Crazy Time

評価:6/10

クレイジータイム」の新版。

少しルールが変わっている。
追加ルールを教えてもらえないのが、「敗者の1人」から「勝者」に変更。
あと、追加ルールを当てることによるボーナスが無くなった。

前者はともかく、後者は改悪なんじゃ?と思ったのだが、全然そんなことなかった。

パーティーゲームに大事なテンポを削がなくなっているのが何よりも良い。
とても良いリメイク!

グルーミー・グレーブズ

Gloomy graves

評価:7/10

ファンタジー世界で墓堀人となって墓を掘る。
「もっとホイップを」「パンドリア」のジェフリー・アラーズ新作。

ドミノ風カードを配置して同じ色のグループを大きくすることで得点していく。
このゲームは、共通墓場と個人墓場、2つの場があることが特徴。
手番では各墓場に1枚ずつカードをプレイする。
そして、2つの墓場のグループを合算して得点化していく。

共通墓場のトレンドを見つつ、個人墓場をそれに合わせるか、逆を行って他プレイヤーを出し抜くか・・・

各プレイヤー各色1回ずつしか得点出来ない制限、チケライ式の手札補充、手札4枚場札3枚という程よい運と計画性、共通墓場への配置制限による盤面の固定化、等々・・・
細かい調整が好みにドンピシャ!

妙なテーマとイラストで間口を狭めているのがもったいない・・・

クロックワーカー

Clockworker

評価:6/10

同人ゲーム「プラネトリコ」をホビージャパンが商品化。

テーマが宇宙開拓から地球に残されたロボットの発展に変わっている。
テーマ的には元の宇宙の方が時間差で返ってくるワーカーに意味とロマンがあって良かった気がするが、ここら辺は趣味の問題かな。

ルールやカード効果にも手が入っている。
カード効果は見比べてみたけど、ほとんどの効果が変わっていた。
変更の良し悪しは、語れる程遊んでないので、なんとも・・・

リソースの得点化が「各リソース1個ずつで3点」固定だったのが、場に5枚公開されている得点タイルに変わった。(取られるたびに補充される)
3人プレイだったので気にならなかったが、4人だと巡り運みたいなのが気になっちゃうかもね・・・
元版は「ケイラス」みたいに「3色セットを集める」っていう基本指針を示していて、良いルールだと思うんだけど・・・ドライ過ぎる展開を嫌ったのかな?
その分、ワイルド資源が追加されている。

ちょっと強引に間口を広げようとしすぎって気がしなくはない・・・
ハンドル切ってからの変化が遅いゲームなので、もっと計画できるようにした方が良かった気がする。(例えば、得点タイルは手札式にするとか)
もうちょっと丁寧に調整してほしかった・・・