Skip to content →

タグ:

グリーンタウン

Green Town

評価:5/10

パズル色強めのネットワークビルド?

他プレイヤーの建物を使うと、そのプレイヤーに得点が入るのだが、どっちのプレイヤーの建物を使っても達成できるっていう状況が多発するので、途中まではプレイヤー間でバランスとりあって、最後の最後にキングメイカー問題!ってことが起こりやすそう・・・

今回、初回プレイということもあって順当にプレイしすぎたのも問題かも・・・
終盤になって気づいたけど、上書きを使って、あえて既存の接続を切るプレイングが肝になるんじゃなかろうか・・・
そこら辺を意識しつつ、もう一度遊んでみたい。

最初はホテル周りに自然がいっぱいなのに、徐々に建物が建って自然が外側に追いやられていく様は良いシミュレート。

クジャクの誘惑

Enchanted Plumes

評価:6/10

逆ピラミッド型にカードを配置してクジャクを完成させる。
新人デザイナー。

カード構成は10色0~9の計100枚。
手番では手札から1枚か2枚プレイした後に手札補充。

カードプレイは、自分の前に配置していく。
ぺンギンパーティーっぽい配置の仕方なのだが、少し緩くて「前の段のどこかにある色」であれば配置可能。
1段目は何枚置いても良いのだが、次の段に配置してしまうと、前の段に戻ることは許されない。

1段目はカードの数値がマイナス点。
2段目以降はカードの数値がプラス点となる。
さらに、ピラミッドを完成させるとボーナス点ももらえる。

このゲームで一番感心させられたのはカード補充の仕方。
山札の横に5枚のカードが公開されている。
「山札から1枚引く」か「手札と場札を1枚交換する」かを2回行う。
つまり、場札からカードを取りたい場合は手札が増えない。
手番では最大2枚カードをプレイできるので、そうし続けたい場合山からランダムドローをし続けざるを得ないことになる。
このちょっとした工夫が、このゲームを平凡な物じゃ無くしているように感じた。

今回5人プレイだったので、他プレイヤーのことなんてあんまり考えず、良いカードもどんどん場に流したが、少人数だとそこら辺の駆け引きも生まれそう。
少人数でも試してみたい。

クウィックス:デュエル

Qwixx: Das Duell

評価:4/10

二人用になった「クウィックス」。

紙ペンシートじゃ無くて、ボードになった。

基本ルールは同じだけど、他プレイヤーのダイスロールでチェックするルールは無くなって、自分のダイスロール結果のみ適用する。

共通のボード上に駒を置いていくので、相手プレイヤーの駒が置かれている場所には置けない。
ただし、各列の一番右の駒だけは例外で、そこに駒を置く場合は相手の駒を除去して置ける。
一番右の駒が自分の駒の場合は、そこに重ね置きすることも可能。

元の「クウィックス」からダイス運が強いゲームだけど、あーだこーだ言う対象が一人だけなのでちょっと盛り上がりに欠ける・・・
パーティーゲームを2人で遊ばせるのはちょっと無理があるかもね・・・

クルセイダーズ:ディバイン インフルエンス

Crusaders:Divine Influence

評価:5/10

クルセイダーズ」の拡張。
販売元のTMGが倒産して発売されないかと思われたが、レネゲードに拾われて販売までこぎたという曰くつきの拡張。
未発売だけど、BGAでプレイ。

基本ゲームだと「強すぎる!」と言われた「インフルエンス」アクションの変更と、建物の種類が倍に増えたってのが大きな変更点かな。

基本のインフルエンスは「ただただ得点する」っていう地味なアクションながら、アクションパワーを強化すると毎手番高得点を叩き出せるっていうズルみたいな戦略が問題だったみたい。

拡張では盤面に新たに布教タイルというものが追加されて、これを獲得するアクションに変更された。
得点効率は減ったのだが、ちょっとしたボーナスが貰えるようになっている。

あと、建物の種類が増えている。
新建物の効果は、
「軍隊トークンを裏返す」「マンカラ駒を1つ追加」「マイボード上の建物を除去」「マンカラタイルのアップグレード」と、どれも魅力的。

実際遊んでみると、「ちょっとインフルエンス弱くし過ぎじゃない?」という展開で、新建物によってブーストされた軍事戦略が猛威を振るった。
インフルエンスによって得点チップが減りにくくなって間延びしたり、情報量が増えてダウンタイムが増加してしまったのも気になった・・・
1回遊んだ感じだと、あまり良くない拡張な気がしているのだが・・・
オンラインで遊んだ弊害なのか、どうなのか、実物でも遊んで確かめてみたい。

クレバーキッズ

Clever Junior

評価:5/10

ガンシェンクレバー」の子供版。
今年のドイツ年間ゲーム大賞キッズ部門ノミネート。

対象年齢5歳以上なだけあって、すごく簡略化されている。

手番プレイヤーは、ダイス5個を振って1色すべてのダイスを使ってチェック。
他プレイヤーは使われなかったダイスから1色選んでチェック。

色毎にチェックの制限がある。
左から順番にチェックしないとダメだったり、ビンゴ式だったり、ペアじゃないとチェックできなかったり。

手軽にワーキャーと楽しめるけど、意図しないイジワルが起こりがちなので子供だけで遊ぶにはちょっと危険性があるかも。

クアック&コー

Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg

評価:6/10

クアックサルバー」の子供向け版。

バッグビルドってのは同じだけど、手番システムはかなり変わっている。

手番制になっていて、手番では自分の袋からチップ1枚引くだけ。
チップに示された数字分だけ自駒を進めて、チップの種類に応じたボーナスを得る。

ハズレの「マジックハーブ」チップを引くと何もなしで次のプレイヤーの手番。
3枚目の「マジックハーブ」を引くと、それまでに手に入れたルビーを使って新たなチップを購入でき、全てのチップを袋に戻す。

これを繰り返して最初にゴールマスに到達したプレイヤーの勝ち。

子供向けとは言え、チップのボーナス効果は様々でコンボも組める。
手番制ながら、テンポが良くてサクサク進む。
これを遊ぶと元の「クアックサルバー」がややこしく感じて来る。

弱者救済具合も程よくて、自然と接戦となる。

逆にコレをベースに大人向け「クアック&コー」を作り直してくれないだろうか。

グレート・ウェスタン・トレイル(第2版)

Great Western Trail

評価:8/10

グレート・ウェスタン・トレイル」の新版。
細かい調整がされている。

数値的な変更点が多いのだが、ここら辺はやり込んでいる人しか違いはわからなそう。
大勢のマニアに研究されているゲームだろうから、多分バランスが良くなるように調整されているのだろう。
あとは、インディアンから盗賊への変更、駒の色の変更等のポリコレ対応。

牛の種類が1種類増えるヴァリアントが付いている。
新たに追加されるシンメンタール種は、カンザスシティー(ゴール)に着いたときに手札にあると成長して価値が高いカードと入れ替えられる。

よっぽどなファンじゃなければ買い替える必要は無さそうだけど、今後、新版のアートワークで2種類のマップ(独立拡張?)が出るのが悩みどころ・・・
旧版の「北方への道」拡張とも互換性が無いから、発売予定らしい新版用の拡張も買い替えないとダメだしね・・・
いやらしい商法だ・・・

グーテンベルク

Gutenberg

評価:5/10

活版印刷で様々な書物を作る。
エッセン新作。

活字やインクを手に入れて、個人注文や共通目標を達成して得点やお金を得ていく。

ラウンドの開始時にアクションキューブを5種類あるアクションにプロットする。
アクションにいくつキューブを置いても出来るアクションは1回だけなのだが、キューブの数が多い人から手番を行える。

コンポーネントの活字や歯車が派手で目を引くが、システム的にはオーソドックスな作り。
驚くような展開は無いが、変な部分も無いので安心して楽しめる感じ。

クレイジーレース(シャハト)

Crazy Race

評価:5/10

ムガル」「ステーションマネージャー」と同時に発売されたシャハト鉄道三部作の1つ。

ゴールまで行って折り返して帰ってくるスゴロクレース。
各プレイヤーは駒を3つ持っていて、それぞれ同時に進めていくのだが、既に自駒が占有しているスペースはスキップして進める。
なので、交互に駒を進めていくと歩数を省略できる。

駒が進むのを決定する方法は競り!
毎ラウンド4種類の移動方法が提示されるので、そこにカードを裏向きで置いていき、公開して合計が一番大きな額のプレイヤーが移動権を得る。

裏向きでカードを置いていくタイプの競りゲームは苦手なジャンルなのだが、構造がシンプルで他プレイヤーの気持ちの読み解きがやり易く、ギリギリ楽しめた。

ただ、競り負けたプレイヤーのカードは(ほぼ)全没収というシビアさで、優しさは無い。

クァンゴ 

QANGO

評価:4/10

シンプルな二人用アブストラクト。

交互に自駒を置いていって勝利条件を満たした方の勝ち。
勝利条件は
「1つのエリア3マス全てに自駒を置く」
「2×2の正方形の形で自駒を置く」
「直線5マスに自駒を置く(斜め可)」
のいずれかを満たせば良い。

2回遊んだ限りだと先手が異常に有利で、4,5手番で勝負が決してしまう。
単に僕のアブスト力が足りないだけなのか・・・