Skip to content →

タグ:

グランブルストーン

Grumble Stone

評価:4/10

タイル配置でマイボードを強化していくゴーレムバトル!
BGAでプレイ。

手番では、ダイスを2つ振って、出目と対応するマイボード上の列のアイコンが起動する。
アイコンは「攻撃」「シールド」「回復」「金」。
序盤は「金」が多く手に入るので、その金を払ってタイルを購入してマイボード上に配置する。
そうすることで他のアイコンが増えていくことになる。

そうやって強化することで、自分以外のHPを0にすることを目指す!

「カタンに感化された中学生が考えたんか!?」って感じのダイスバトルゲーム。

クーフシュタイン

Kuhfstein

評価:5/10

はやりの2重構造のタイルパズル。
12王国の玉座」のデザイナー。エッセン新作。

タイルを取って自分の前に置いていく。
カードに示された形状が出来たら、そのカードに示された位置に牛を置いて得点。
牛は各自4個ずつしか持っておらず、適当なタイミングで回収しないとダメなのだが、1アクションで1グループしか回収できない。
カードの形状を作るだけじゃなくて、牛が良い感じにグループになるように配置することも考えないとイケナイ。

ルールを読んだときに感じた通りの安定した面白さ。
が、今となってはこの構造に驚きは感じられないかな・・・

クイックピクト

Quickpict

評価:6/10

みんなで協力してお題が被らないようにイラストを描く。
協力ゲーム。

「青い」「長い」「ハイテクな」等の形容詞カードが場に複数枚並んでいる。
そこに「キャラクター」「料理」等のお題が1つ公開される。

制限時間内に1人ずつ形容詞を決めて、それがわかるようにイラストを描いていく。
この時、どの形容詞を選んだかは伝えず、イラストで表現する。
次のプレイヤーは、前の人が選んでいないであろう形容詞を選んでイラストを描く。
これを繰り返して、最後に、回答者プレイヤーがそれぞれのイラストの形容詞を当てることを目指す。

シンプルなルールのイラストゲームだが、制限時間のルールが効いていて、イラストが上手いだけではダメで、形容詞に合いつつ、皆に伝わる対象を選ぶ発想力も大事になってくる。

同人ゲームとは思えない、まとまりのあるパーティーゲーム。

クチュール

Couture

評価:6/10

「ゴールデンアニマル」のリメイク。
テーマがファッションショーに変更。

テーマが変わった以外にも、カード効果も変わっている。
「特定のカードが含まれるエリアの入札額アップ」するカードが追加されていたり、早取りセットコレクション、マイナスのマジョリティ得点が追加されている。

「ゴールデンアニマル」を遊んだときに、「面白いけど、得点調整次第でもっと上を目指せるゲーム」と感じたんだけど、その調整をやってきた!
「ゴールデンアニマル」よりも面白くなっているけど、まだ上を目指せるぞ!

クーハンデル・フェスティバル

Kuhhandel: Festival

評価:6/10

「クーハンデル」をスピーディーに。
ニュルンベルク新作。

「クーハンデル」は面白い競りゲームなのだが、プレイ時間が長いのが欠点・・・
基本ルールを変えずに、展開を早くしてきた!

まず、山札が無くなり、各自に家畜カードを均等に配るようになった。
手番で「競売」する場合は、手札から家畜カードを出して競売にかける。
しかも1枚じゃなくて2枚!

各家畜4枚ずつっていう構成は変わらないんだけど、4枚のうち3枚を揃えると得点化できるようになった。
残り1枚は、既に購入済みの場合は失点となり、手元に残っている場合は、以降お金として使えるようになる。
あと、ワイルド家畜カードもあって、セットが作りやすく、ゲームが終わりやすくなっている。

あと、「取引」も少し変わっていて、同時出しじゃなくて、手番プレイヤーが出した枚数を見てから、もう一方のプレイヤーが提示できるようになった。
0金カードのブラフがより有効になった。
僅差で負けた時の致命傷具合は変わらずだが・・・

かなりスピード感は増している!
でも、終盤に絶対勝てないプレイヤーが出てしまう感じは、変わらず・・・

クーカーキング

Ku-Ka-König

評価:5/10

なんでもくれる王様におねだり。
シュタウペの新作。

場に3枚ずつ8セットが並べられる。
プレイヤーは同時に欲しい1セットを指さす。
バッティングしなければ、それらのセットを獲得してラウンドから抜ける。
バッティングした場合は、そのセットの右端1枚を取り除いてから、もう一度同時に1セットを指さす。

基本的にコレだけ!

マジョリティを取ることで高得点になるカードや、セットコレクションカードがあり、ゲームが進むと誰がどのセットが欲しいか見えてくる。
あまりに順調にいっているプレイヤーがいると、自己犠牲的にバッティングに行く必要もある。
これが古臭いお仕事なわけだが、システムがそれを強要しているわけじゃないので、心が汚いプレイヤー同士だとお仕事ゲームになるし、そうじゃなければワイワイバッティングゲームとなる。

クナール

Knarr

評価:6/10

得点化にデメリットをいれた拡大再生産。
コーデックス ナチュアラリス」のデザイナー。

手番では、(基本的に)手札から1枚を自分の前に出す。
出したカードと同じ色のカード全てに描かれているボーナスが貰える。
ボーナスと言っても、リソース獲得や得点なので、複雑なものでは無い。
その後、共通場からカードをドローするのだが、今出したカードの色のスロットに置かれているカードをドローする。

同じ色のカードをたくさん出すと1手番で色々もらえてお得なのだが、一気に得点を得るには自分の前のカードを消費することで得点カードを取る必要がある。
せっせと溜めた効果を失うことになるので悩ましいが、ただただ拡大していくだけのゲームでは無くなっているのが、今作の魅力。

基本的にカードを溜め込んで終盤付近に一気に得点化していくのが強そうだが、慣れると別の戦略も取れそうな雰囲気も感じる。

以前、BGAでプレイした時は、「まぁまぁ面白いね」ぐらいでスルーしていたが、実物で遊ぶとより面白かった。

クアト

Qu4to

評価:6/10

カードの上下をひっくり返せる大富豪系ゲーム。
ブラジル発。
BGAでプレイ。

スカウト!」みたいに上下で数字が異なるカード。
1/11、2/10、3/9、5/8、6/7と4だけは上下無く、どちらにしても4。

大富豪みたいにどんどん強いカードを出していくのだが、リードの役に限定されることが無く、より強い役を出せば、ランクが下がっても良い。

パスした際の処理が特徴で、「山からカードを1枚引く」もしくは「手札1枚の上下をひっくり返す」。
これによって、手札を強化してゴーアウトを目指す。

「オーディン」もそうだったけど、今作も「スカウト!」を簡略化して遊びやすくしたようなゲーム。
「オーディン」は場札を拾うところにフォーカスし、今作はダブルランクにフォーカスしている。
どちらも、より手軽に味わえる一味変わった大富豪を実現している。

クルーバージュ

Clueverge

評価:6/10

場に並ぶ16枚のカードから、真犯人を推理する。
ゲームマーケット新作。

4×4に裏向きにカードが並べられる。

手番では、
自分の駒を裏向きのカードの上に寝かせて置き、そのカードを自分だけ見るか、
自分の駒を動かさずに、カード1枚を表向きにするか。

犯人が分かったら、対象のカードの上に自駒を立てて置く。

カードには、容疑者、凶器、動機、手掛かり、アリバイがあり、それらが相互に影響して犯人が確定する。
個の相互関係が、そこそこややこしくはあるのだが、それによって色んな展開が生まれるようになっている。

推理ゲーム好きな人には是非遊んでみてほしいゲーム。
ただ、他プレイヤーの駒が置かれているカードは見ることが出来ないので、どうしても3分の1ぐらいまでしか絞り込めないので、「絶対、確定してから回答したい!」って人は注意。

くねくね進め

Schlängeln

評価:5/10

蛇がニョロニョロ顔を出すギミックが秀逸な子供向けゲーム。

全員の前の衝立があって、その下から蛇が顔を覗かせている。
手番では、他のプレイヤー1人に「青」とか色を言う。
言われたプレイヤーは「青」の縞が直近にある蛇を「青」が見えるまで進める。
直近じゃない所に「青」があったら「あとで!」と言う。
蛇の全身が見えたらそれを獲得できて1点。

当たり続ける限り連続で手番が出来る。

何よりも、蛇が顔を出すギミックが秀逸!
子供じゃなくても、蛇がゆっくり這い出てくる様を見るとなぜか興奮してしまう!
蛇の長さがマチマチなので「まだ出てこないの?長!」「短!」とか言い合うのも楽しい。