Skip to content →

Board Game Memo Posts

ダイナマイト

評価:5/10

基本的にはノイと同じ。

ノイと同系統のゲームってのは数多くあるが、それぞれ微妙に特徴を出している。

「ダイナマイト」の特徴は、カウントアップではなくカウントダウン。

20から始まって、どんどん減らしていって0以下にしちゃうと爆発。

増やすか減らすかっていう違いだけなのだが、緊張感が全然違う。

あと、20しかないので異常に早くゲームが終わる。

1ディール1,2分で終わる。

常々、ノイって運ゲームなのに長いよなぁって思ってたので、こいつぁ良い。

とぼけた絵も良い。

ノイ

評価:4/10

カウントアップバースト系の代名詞。

どんどん数字カードを出していって、合計が101を超えたらダメっていうシンプルなゲーム。

昔のゲームだけあってこれといったひねりはない。

手札運が全てだ。

「ピッグテン」等、より洗練されたカウントアップゲームが出ているので・・・出番は少なそうだ・・・

なんというか・・・伝統行事的にたまにプレイさせていただこう。

マオリ

評価:6/10

場からタイルを取って個人ボードに配置するタイル配置ゲーム。

奇抜なルールはなく、わかり易いゲームだ。

ピッタリ絵柄をあわせて自分の島を作るって言うタイル配置ゲームの面白さを素直に楽しめる。

貝殻を使うことでタイル選択の幅が広がるのだが、この貝殻の使いどころが程よく悩ましくて良い。

追加ルールを入れることでより悩ましく、計画性が必要になりそうだ。

追加ルールも試してみたい。

P.I.

評価:6/10

私立探偵となって3つの事件の真相を追う。

って書くと、小難しいゲームな気がするがシンプルな論理推理ゲーム。

全員が同じ事件を追うのではなくて、各自に割り当てられた事件を追う。

プレイ感としては「マスターマインド」に近い。

多少他人の動きから推理することができるが、ほぼ個人の戦いなので、待ち時間が短くなる少人数の方が良さそうだ。

システム的に「これはっ!!」って部分はないのだが、テーマ買いはあり。

ハードボイルドなボードゲームは珍しいので、タフで優しい男なら買って損なし。

手をどけろ

評価:5/10

後置き勝ちのエリア取り合戦。

昔のゲームだけど、よくできている。

お互いに独り占めがないように監視しあうヤラシイゲーム。

そんな監視の目をぬって、如何に得点できるか。

プレイ中は、どうやったら得点できるかよくわからない。思い返してもわからない。

もう一回ぐらいプレイしてみたい。

アグリコラ 牧場の動物たち

評価:6/10

二人用アグリコラ。

アグリコラは昔にやったきりなので、比較はあまりできないが、僕はこっちのほうが好き。

まず、ややこしいカードがない!

さらに時間も短くて、30分で終わるし十分な満足感がある。

牧歌的なテーマでごまかしてるけど、実は運の要素が一切無い厳しいゲーム。

実力の差が如実に出るだろう。

あと、プレイ毎に変化する部分がないので、何度もプレイすると飽きちゃう不安はある。

まぁ、展開は色々ありそうなので数回で飽きちゃうことは無さそう。

アベカエサル

評価:6/10

同じカード構成の山札を使ってのレース。

カーブでのインコース、皇帝前への入り口で、如何に他のプレイヤーの邪魔をするかが肝。

今回、5人でのプレイなのに3,4人用の面を使用・・・

異常に狭い!が、パス多発で面白かった。

このコースだと6は使える時に使っとくべきだったな。(1位の時に6が手札を圧迫する・・・)

レースゲームの中では一番面白い。

ほしくなっちゃうじゃないか!

シャーロック

評価:4/10

3枚一致させる神経衰弱。

と聞くと、普通のより難しく感じるが、そんなことはない。

カードがちょっと特殊で、裏面には証言者、表面には容疑者が描かれている。

証言者は6人、容疑者は5人いる。

それぞれの組み合わせで6×5の30枚のカードになっている。

これによって、カードの裏面からも推理することができる。

もともと神経衰弱は苦手なのでアレだが、それほど悪くはないが、別に良くもない。

マウアー

評価:5/10

かなりシンプルなバッティングゲーム。

一人が親役になる。

全員が1つパーツを握って、一斉にオープン。

親はバッティングしてたら建てられる。

子はバッティングしなかったら建てられる。

全部のパーツを建てきったら勝ち。

それだけだと、シンプルすぎてゲームと呼びづらいが、

塔と門は隣に並べられなかったり、何も握らないっていう選択肢があったり

ちょっとしたルールによってゲームになっている。

ただ、そこはかと漂う同人臭。

そんな泥臭さをコンポーネントでカバーしている。

自分の前に城壁ができていくとなぜか嬉しい。

ティータイム

評価:6/10

取るなら3枚以上とれ、取らないなら1枚も取るな!っていうコロレットみたいな得点システム。

カードには表裏があり、同じ絵の表と裏は打ち消しあう。

順番に場からカードを取っていくんですが、最初のプレイヤーは1枚、次は2枚(以下)、それ以降は3枚(以下)。

縦か横か斜めに1直線に並んでいるっていうのが取るときの条件。

二人プレイだと、自分が取らないと相手が取らなきゃダメってなもんで邪魔が容易。

3人以上だと、もうちょっと建設的な展開になるのかな?

4人はちょっとコントロールできなそうだけど・・・

再プレイしてみたい。