Skip to content →

タグ: DTC

DTC

評価:6/10

カードで行う「ブラフ」。

トランプの「ダウト」のように、自分の手札からカードを何枚か出しつつ、そのカードの数字を言う。

ブラフ宣言しなかったら、それらのカードを受け取った上でオーバービットを行う。

前のプレイヤーがホントのことを言ってたら、自分の手札から1枚加えるだけで良いのだが・・・

嘘だったら、これまたエライ嘘をつかないとダメになる。

今回は、ついつい嘘を避けて、ホントのことを言う展開になったが、半分ぐらいは嘘をついていかないと勝てなそう。

渡された側も、自分がオーバービットできそうな手ならブラフ宣言しないしね。

序盤は情報が少なく、かなりギャンブルっぽいのだが、カードが減ってくるとカウンティングが効果を発揮する。

終盤に向けて徐々に盛り上がっていきたいところだが、終盤はギャンブルせずに手堅くなって行くので、尻すぼみ感がでちゃうのは残念。

「ブラフ」+「ファブフィブ」って感じか。

回るカードが大きく変わらない部分は「スプリングフィーバー」っぽくもある。

が、これらのブラフゲームに勝るゲームではない感じ。