Skip to content →

タグ: 2

ウォリアーズ 拡張1

Warriors: Dragon Hordes Expansion

評価:2/10

「ぼろ儲けカンパニー」的な枚数比べにダイスバトルをプラス!
アランムーン作。

自分の前にカードを並べて、最終的に色ごとの枚数が多いプレイヤーが得点。
カードプレイは簡略化されていて、7枚配られたカードの中から4枚を選んで配置。
その後、攻撃カードを出したプレイヤーが他プレイヤーにダイスロールバトルを仕掛ける!

このダイスロールが醍醐味なんだろうが、細かいルールが多くて全く入り込めなかった。
いきなり拡張入りで遊んだのも良くなかったのかもしれないが・・・
何にせよ大味なゲームということは変わらないだろう。

フラックス

Fluxx

評価:2/10

ルールがコロコロ変わるカードゲーム。
最初は勝利条件すら決まっておらず、ゲームを進めるうちに勝利条件が決まっていく。

とにかく、カード効果が派手!
勝利条件も簡単に変わっちゃうので、何を目指せば良いのかもわからない。
本気で勝とうとすると、邪魔ばっかりになって延々終わらない。
途中までは「えりゃー!」「うへぇー!」と言ってられるが、そんなバリエーションも尽きて無言でカードを出すだけのマシーンと化す。

今回で第5版らしい・・・
結構売れてるのね・・・

トレーラー パーク ウォーズ

評価:2/10

夢のトレーラーパークを作って幸せのフラミンゴを集める。

謎テーマの謎ゲーム。

トレーラーパーク自体が何なのかあまりわかってないのだが、キャンピングカー的なものを止めて住む場所だろうか。

日本では全く馴染みが無い・・・

各プレイヤーが自分のトレーラーパークを持ち、様々な人々を住ませたり、アメニティを設置して幸せのフラミンゴを集めていく。

テキストびっちりのカード7枚を手札としてもち、そこから3枚までプレイして、1枚を捨てる、その後7枚になるまで補充。

「若者が隣にいると文句を言うおばあさん」「パーティーアメニティがあるとご機嫌になるパーティー娘」みたいなフレーバーを楽しむゲームだろう。

ミサイルを撃ち込んで住民ごとトレーラーを吹っ飛ばしたり、ゴキブリを大量発生させたり、変な住人を送り込んだりっていう攻撃要素も満載!

システム的には全く意味のないトレーラーパークの名前決めタイルがあったりして、変なおじさんが悪ふざけで作ったゲームとしか思えない。

Werde der neue Zar

評価:2/10

3つのダイスでやる「カタン」。

去年、エッセンで購入。

細々とルールが変わっているのだが、全てが改悪。

一体何をしたかったのか・・・悪ふざけ以外の何物でも無い。

ロードキルラリー

評価:2/10

ひき殺した人間の数を競う不謹慎レースゲーム。

手札にはいろんな使い道がある。

・カードに書かれた特殊効果。

・スピードの変更

・弾丸

・人間をひき殺す際の確率アップ

更に、ヒットポイントも兼ねていて、ダメージを受けた際に捨て札にしないとイケナイ。

手札0枚でダメージを受けるとクラッシュ。

レースゲームなのに、とにかくテンポが悪い。

1マス動くごとにダイスロールによるダメージチェックが入るし、特殊カードだらけなので確認にも手間取る。

ゲーム的にも酷い出来だが、何と言っても内容が不謹慎すぎる!

これを面白がれる人間には近寄りたくない。

PO-KE-NO

評価:2/10

トランプでやるビンゴ。

トランプを別途用意して、ディーラーが1枚ずつめくる。

自分のボードにめくられたカードがあったら、そこにチップを置く。

1列最初に揃ったら勝ち!

ビンゴそのもの!

他に3種類のゲームがついてるけど、全部やることは同じだ!!

グランドバザール

評価:2/10

価格が変動する宝石の売買。

アゼルバイジャン共和国のゲームパブリッシャー。エッセン新作。

サファイヤ、ルビー、エメラルドの3種の宝石。

これらを売買してお金を稼ぐ。

各ラウンド価格変動カードがめくられて、価格が変動する。

その後、各プレイヤーが宝石の売買をする。ただし、最低1枚は宝石を購入しないとイケナイ。

これを27ラウンド繰り返すのみ!!

価格変動が1しか動かない!地味すぎる!

必ず1枚購入しないとダメっていうルールがあるので、プレイに工夫のしようがない!

アゼルバイジャン共和国・・・まだまだだね・・・

俺のケツをなめろ!

評価:2/10

昔の国産ゲームのリメイク。

漫画が原作みたい。

戦車カードを並べて、その火力で敵の戦車を撃破していく。

攻撃力が3D+1の戦車だったらダイス3つ足した合計に1足した数が戦力となる。

これで敵の防御力以上の値を出せば、撃破!

連続して撃破していって山のカード全部を撃破すると得点!

っていう、これぞ昔の国産ゲームっていうゲームデザイン。

特殊効果カードもあって、もう100%国産!

更に、得点カードは6枚しかないのだが、獲得しても最後まで中身を見てはいけない。

中身は-1点から3点まであるらしいのだが、こんなの6人でやったら3点引いたプレイヤーがほぼ勝つじゃないか・・・

あと、カード運が異常に高い。

能力の高い戦車カードをたくさん引いたらバシバシ撃破して勝利点カードを引けるよ。(でも、3点を引けないと勝てるとは限らないよ!)

逆に戦車カードが引けないと勝負にすら参加できない。

いやぁ、酷い。いや、酷いというか普段遊んでいるボードゲームとは別次元にある感じ。

プレイしていると、これはゲームなのか迷宮に入って、くらくらしちゃうよ!

ROE UP!!

評価:2/10

経営を学べるカードゲーム。

こういう手合いのゲームは酷めなゲームが多いが、このゲームは特にヒドい。

プレイヤーは経営者となって自社の利益を上げることを目指す。

正確にはROE(Return On Equity)ってのを上げることを目指す。

なんじゃそれって感じだが、このROEってのを学ぶゲーム。

工場を作って、その生産ライン上に商品カードを置いて利益を上げていく。

利益率の高いプレミアム商品と通常商品があるのだが、利益率の差が激しい。

プレミアム商品はダイスロールに成功しないと配置できないのだが、特に工夫のないダイスを1個振って○以下なら成功ってやつ。

プレミアム商品を引けて早めにダイスロールを成功させたプレイヤーが勝つ!

終了条件も酷い。

山札の中に3枚ある終了カードが引かれたらダイスを振って2以下が出たら直ちに終わる。

下手したら、1回も手番が来ないうちに終わる。

逆に、ダイス目が悪くて延々と終わらないことなる。こうなると地獄だ。

プレイヤーキャラクター毎の特殊能力のバランスも悪すぎる。

そもそも、ダイスが必要なゲームなのに、ダイスが付属してない!

学習ツールなのかもしれないが、ゲームとしては褒めるべき点は無い!

こういう国産ゲームを見ると、悲しくなるね・・・

ボーンキック

評価:2/10

久々にヒドいゲームに出会ってしまった。

サッカーがテーマで、パスカードをつなげていって、最後にシュートカードを出す。

シュート後の処理がスゴイ。

「左上、左下、右上、右下」のいずれかを「言う」。

相手は対応するキーパーカードを持っていたらナイスブロック!

ってわけです・・・

そうなると、ハンドマネジメントに何か工夫があるのかと思ったが、何もない。

とにかく運が大部分を占めるゲーム。

サッカーを表現したかったであろう細かなルールも、処理分岐を多くしているだけでマイナス要素でしかない。

ウヴェさん。どうしたんですか!!

がっかりですよ。

(が・・・この翌年、「アグリコラ」を出すというね・・・人生って不思議!)