Skip to content →

タグ: 炎のピラミッド

炎のピラミッド

Flaming Pyramids

評価:5/10

BGAで異常に盛り上がったので、現物を取り寄せて遊んでみた。

結果、「悪くないけど、BGA初見の衝撃程では無い!」

やっぱり、崩壊連鎖はコンピューターがやるか人間の手でやるかで虚無感と言うか脱力感が段違いだね。

カード構成を理解したことで、若干の戦略めいたことを考えられるようになったけど、このゲームの本質ではない気もするし・・・

レアアイテムではあるので、初回の衝撃を披露するB級(C級?)ゲームとして活躍させられる人は持っていて損は無いかもしれない。

炎のピラミッド

Flaming Pyramids

評価:6/10

「ペンギンパーティー」+「ウノ」。
ニュージーランド発。
BGAでプレイ

手札からカードを1枚ずつ出して、全員で1つのピラミッドを作っていく。
最初に手札&個人山札が無くなったら勝ち。

タイルを積み重ねるのにいくつかルールがあって、それが守れないと崩れてしまって、それらのタイルが個人山札に入ってしまう。

一回でも崩れると連鎖的にバコバコ崩れていく。

この崩れ連鎖が異常に盛り上がる。

結果的に一緒に遊んだ5人のうち4人が実物を購入するという異様なことに・・・
冷静に見るとめちゃくちゃ粗いゲームだし、下手したら終わらない可能性もあるし、何が魅力なのか解明できないんだけど・・・
とにかく、ここ最近で一番爆笑したゲーム。

デジタルで自動的に無慈悲に為す術なく崩されていくのが面白いんじゃないか・・・
実物が届いたらリアルで遊んでも盛り上がるか試してみたい。

注:これ読んだだけで購入すると絶対後悔するから、一回BGAで遊んでからの方が良いですよ。