Skip to content →

タグ: ロスト・ルーインズ・オブ・アルナック

ロスト・ルーインズ・オブ・アルナック

Lost Ruins of Arnak

評価:6/10

デッキビルドで遺跡探検。
チェコゲームズエディションのエッセン新作。

ラウンド開始時に、マイデッキから手札が5枚になるように引く。
その後、手番順で1アクションずつやっていく。
基本的にラウンド中の手札補充は無くて、手札が無くなったら(ほぼ)やることが無くなるのでパスアウト。
これを5ラウンド繰り返すとゲーム終了。

最初は1アクションで2,3枚カードを使ったりするので1ラウンドがすぐ終わって、「え?もうラウンド終わり?あと4ラウンドでゲーム終わり?」となるのだが、徐々にできることが増えて、4,5ラウンド目でようやくコンボが決まっていく感じのゲームデザイン。

この「もうちょっとやりたかった!」と思わせる切れの良さが今作の魅力。

アクションは「カード購入」「トラック前進」「ワーカープレイスメントアクション」「アクションエリアの解放」等々。
ワーカープレイスメントはもちろん早取りだし、トラックにも早取りボーナスがある、カードも良いカードが出ていたら人よりも早く手に入れたい!
シビアすぎない良い塩梅のインタラクションになっているんでは無いでしょうか。

購入できるカードには、すぐに使用できないけどコストの安いアイテムカードと、すぐに使用できるがコストの高いアーティファクトカードがあって、ラウンドが進むごとにアーティファクトの割合が増えるようになっている。
テーマとシステム両方にマッチした作りになっていて上手い。

そして、なにより、遺跡探険っぽい雰囲気作りが上手い!
やり込むタイプのゲームじゃなさそうだけど、誰と遊んでも程よくニコニコ楽しめるタイプのゲーム。