Skip to content →

タグ: レジェンド

レジェンド

評価:5/10

冒険家クラブの一員となって、世界のレジェンドを探す。

「テーベ」式手番システムを使ったシンプル目なセットコレクション。

ニュルンベルク新作。

手番では、自分の駒を動かして、移動先で2種類のアクションのうち1つを実行。

1つは「手札補充」

もう1つは「場所と同じ色の手札を消費して探検」

探検して自分の駒を配置しておくと決算時に得点を生み出してくれる。

マップ中央付近の「冒険家クラブ」だけはアクションが特殊。

手札から1~3枚を決算用の山に入れ込む。

このいれこんだカードが決算に影響を与えてくる。

みんなの時間マーカーが決算ラインを切ると決算。

決算用の山をシャッフルして、1枚ずつめくっていく。

同じ色のカードは重ねて置いていき、5色目が出たら終わり。

出てきた5色に対応する場所だけが決算エリアとなる。

この決算が4回起きたらゲーム終わり。

「テーベ」をベースに複雑さを削ぎ落とした感じで中々良いのだが・・・

一緒にロマン的なものも削ぎ落としてしまったか・・・

いや、それだけじゃなくて、システム的にもしっくりこない印象も受ける。

決算場所決定の大雑把さ。それをリカバーするかと思われたボーナスの貧弱さ。

後で駒を配置したら元からいた駒を押し下げるっていう攻撃性。

1手1手は考えちゃうので長めのダウンタイム・・・

ゴテゴテしてないところを評価して6をあげたいところだけど、ちょい足りずの5だ。

ただ、ドイツ語から大雑把に訳した(と言うか予想した)ルールなので間違えてたらスイマセン。