Skip to content →

タグ: マヤ

マヤ(ベンジャミン&ギルバート)

Maya

評価:6/10

タイル配置でマジョリティ争い。

「マンダラ」や「カフェ・ファタール」のコンビ。

エッセン新作。

マイカラーのタイルを個人山として持ち、そこから5枚が手札。

手番では「タイル1種類を複数枚表向きで配置する」か「タイルを1枚裏向きで配置して3枚ドロー」のいずれかを行う。

都市の周辺の表向きのタイルでマジョリティ争い。

裏向きのタイルは都市を拡張し、マジョリティ得点を増やす。

「サムライ」のようなプレイ感なのだが、得点源をプレイヤーが拡張するって部分が面白い。 

タイルドローするには得点源を増やす必要があるので必然的に場所が広がっていく。

普通のゲームだと、同時にたくさん配置する方が手番を省略出来て得な感じがあるが、タイル配置時の得点がそうとも言い切れない感じになっているのも面白い。

同じくホワイトゴブリンの「ヘラス」にもあったちょい古ゲーマーが喜びそうな調整だらけ。

もう1回遊んだら、評価アップの可能性あり。